似合うメガネはスクエア?オーバル?迷った時の判断ポイント

メガネにはスクエアタイプとオーバルタイプがありますが、この2つのどちらにしようかで悩んでしまうこともあると思います。
まず判断ポイントとして一つあるのが、あなたの顔型です。
それぞれ似合う顔型や似合わない顔型がありますので、迷った時の判断基準になるのではないでしょうか。
ただ、メガネ選びで重要なのが、自分の顔のサイズに合ったメガネを選ぶことです。
フレームの色でも印象が変わりますので、そこから似合うメガネを選ぶのも方法の一つだと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おしゃれなウェリントンメガネ!レディースにもオススメな理由

ウェリントンメガネをかけている男性をよく見かけます。おしゃれな印象があり人気のフレームの1つですよね...

メガネのフレームの色は自分の肌の色に合わせると失敗しません

これからメガネを買う人は、フレームを何色にしようかと迷うのではないでしょうか。黒縁にしたいけ...

メガネフレームのおすすめ素材は?それぞれの特徴について

メガネのフレームを選ぶ時、どんなところに注意をしていますか?自分に似合う形のフレームやつけ心地も重要...

スポンサーリンク

メガネの形状のスクエアとオーバルの特徴と人に与える印象

メガネは顔の中でも目を取り囲む非常に目立つ存在です。私は中学生の頃からずっとメガネをかけているのでメガネをかけた顔が「普段の顔」になっています。
メガネをかけ始めたばかりの頃は「ウェリントン」という台形を逆さにして角を取った形のメガネをかけていました。

「ウェリントン」はメガネの基本形とも言える形で誰にでも似合いやすい形です。

私が「ウェリントン」を選んでいたのは何となくメガネらしくて最もメガネ屋さんに多く並んでいた形だからです。しかし、ある時いつも同じ形のメガネばかりでつまらないと思いました。もっと自分に似合うメガネがあるかもしれないと。
そこで改めてメガネの形を調べてみて、「オーバル」と「スクエア」がお洒落で自分には似合うのではないかと思いました。

「オーバル」も「スクエア」もレンズの縦の幅が短いので、顔の長さがあまりない私の顔にはこの2種類が似合いそうであると考えたのです。

「オーバル」は楕円の形をしたレンズで、「スクエア」は長方形の形をしています。

「オーバル」は角が無くて丸いので優しい印象を受けます。
反対に「スクエア」は角があるのでシャープな印象になります。

似合うのはスクエア?それともオーバル?スクエアタイプのメガネが似合う顔型

私は顔の長さからレンズの縦幅が短い「オーバル」と「スクエア」が自分に似合いそうだと考えました。
顔の形は一概には言えませんが、傾向として顔の長さが短い場合には「オーバル」と「スクエア」が似合うと考えられます。

レンズの縦の幅が長いものは顔に占めるメガネの比率が大きくなりすぎてメガネが目立ちすぎてしまいます。
更に「オーバル」と「スクエア」のどちらがより似合うのかは顔の輪郭に関係してきます。顔の輪郭が丸い場合には角のある「スクエア」、顔の輪郭が角ばっている場合には「オーバル」が似合うでしょう。
因みに、顔の長さが短い丸顔にはレンズの形が細めで外側が上がっていてキツネの目の形に似た「フォックス」も似合うでしょう。
「ウェリントン」は万人に似合うと言われるほどで、これも似合います。

オーバルタイプのメガネが似合う顔型と、スクエアタイプのメガネが似合わない顔型

顔の長さが短い丸顔では「スクエア」が最も似合いますが「スクエア」でも似合います。

しかし、顔の長さが短くても輪郭が四角や三角の場合には「オーバル」は似合いますが「スクエア」は似合いません。丸い形は癖が少ないので何にでも合う傾向にあるのですが、角というのは特徴があり目立ちます。そのため、輪郭が角張っている場合にはメガネまで角があるものをかけると角が多すぎて堅いイメージになってしまいます。
顔の形が四角や三角に近い形をしている場合には「オーバル」を選ぶと良いでしょう。

メガネはサイズ選びが大切、最適なサイズを知る方法

メガネを選ぶ時には、顔の形やフレームの形の前に、メガネ自体の大きさに着目して選ぶと似合うメガネを見つけやすくなります。

まず、メガネのレンズの縦の幅についてです。鏡を見てみましょう。眉が前髪で隠れている場合には前髪をピン等でとめて眉を出します。顔のした端(あご)と眉の距離を3等分したラインを想像します。そのうちの一番上の区分にぴったりと収まるサイズのメガネが顔の長さに対してバランスの良いメガネです。

横幅については、顔の幅に収まるくらいの幅が良いでしょう。顔の幅よりも極端に短すぎると顔が大きく見えてしまいます。サングラスの場合は多少存在感があっても良いので顔幅よりも大きめでも良いのですが、メガネの場合は顔の一部的な存在なのでメガネの存在感が大きくなりすぎない方が自然に見えるのです。

実際はスクエアでもオーバルでも大丈夫、自分の顔サイズに合うフレームや色選びを間違わなければOK

顔の形によって似合うフレームが決まっています。顔のサイズに合うフレームを選ばないと顔が大きく見えたりアンバランスになります。このように言われても、実際に「似合うといわれている定義」通りのメガネをかけている人は少ないのではないかと思います。
顔の形やパーツは個人個人で異なります。顔を構成する要素は輪郭、目、眉、鼻、口、頬、耳、髪型など多くあります。そうしてそれらの形や大きさに色、同じ人でも太ったり痩せたりで肉付きも変わってきます。男性の場合は髭も関係します。
そうしてメガネも「オーバル」でも実際にはフレームの幅やレンズの大きさ、微妙な曲線の違い、フレームの素材や色など様々な要素が違ってきます。

そのため、一概にどの顔型にはどのフレームの形が似合うとは言えません。正直言って「かけてみないと似合うかどうかはわからない」というのが事実ではないかと思われます。私もこれまではメガネらしい形の「ウェリントン」を何となく選んでいましたが、「オーバル」をターゲットにして選んでみたいと思います。しかし、メガネ屋さんへ行ったらまずは全ての形をかけてみようと思います。先入観にとらわれずにとりあえず試してみると思わぬ形のメガネが凄く似合うかもしれません。
そう考えると毎回同じような形のメガネを選ぶのは勿体無いように思えます。形、色、素材の様々なフレームをかけてみたいと思います。