メガネのフレーム「ウェリントン」とは?特徴と選び方をご紹介

メガネはフレームによって印象がガラリと変わりますよね。そんなメガネのフレームの「ウェリントン」にはどんな特徴があるのでしょうか。

男性にも女性にも合うウェリントンですが、とくに似合うのはこんな顔のタイプの人のようです。顔のタイプによって似合う、似合わないフレームがあるのは確かですがフチの太さやフレームのカラーなどを選ぶときのちょっとしたポイントを押さえることで似合うものを探しやすくできます。顔色をよく見せるコツとは?

ウェリントンフレームを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。あなたに合うウェリントンフレームの探し方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネ【メンズ】の選び方とは?メガネ選びのコツとポイント

いつも同じようなメガネのフレームを選んではいませんか?顔の印象が変わって見えるメガネは、なかなか服の...

運転免許の取得・メガネやコンタクトで視力補助をして検査を

車の運転免許証を取得したくても、視力が悪いと裸眼で視力検査をパスすることができません。そんなときは、...

メガネの上手な選び方!女子向け40代でも老けて見えないメガネ

40代になるとメガネを選ぶポイントも、いろいろと変わってきますよね。「見やすいメガネ」や「疲れないメ...

カラーレンズとサングラスの違いとは?それぞれの特徴をご紹介

カラーレンズとサングラスにはどのような違いがあるのでしょうか。カラーレンズとサングラス、それぞれの特...

メガネケースを手作りしてみよう!簡単な作り方をご紹介します

メガネケースはメガネを購入したお店のものを使っている人も多いでしょうが、友達が持っているかわいい手作...

サングラス【メンズ】を選ぶ基準とはスポーツごとに特徴をご紹介

スポーツをするときには、サングラスをかけることで見やすさや目の保護、眩しさに邪魔をされないなど様々な...

伊達メガネやレンズなしはダサい?ダサいメガネの特徴

伊達メガネでレンズなしがダサいと言われてしまう理由、メガネでダサいと思われてしまう理由とは?...

メガネのサイズの測り方とは?サイズを確認して眼鏡を選ぼう

メガネにはサイズが書いてあるのを知っていますか?測り方を知っておくのもいいですが、自分の顔のサイズに...

メガネのレンズの正しい外し方と長持ちさせるコツについて

自分がかけているメガネのフレームとレンズの間の汚れが気になる場合、レンズを外してきれいに拭こうと考え...

メガネのレンズが傷だらけになる原因とは?予防方法をご紹介

メガネを大切に扱っていても、レンズにキズがついてしまうことがあります。なぜメガネのレンズは、いつ...

メガネの形の選び方。輪郭に合わせた自分に似合うメガネの探し方

メガネを選ぶ時には、自分にはどんなフレームの形が似合うのかよくわからないという方は多いと思います。自...

遠視の眼鏡で目が大きくなるのはナゼ?遠視メガネの特徴

遠視の眼鏡はどうして目が大きく見えてしまうのでしょうか?この違和感から、かけたくないと子供に言われた...

サングラスの選び方とは!スポーツをするレディース向け

スポーツ用のサングラスを買うときには、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか?レディー...

サングラスが似合わない女性の特徴と似合うサングラスの選び方

サングラスをしてオシャレを楽しみたいと思っても、サングラスが似合わない女性もいます。自分にはサングラ...

メガネのつるがゆるいときの対処法と自分で直すときの注意点とは

メガネのつるがゆるいと感じてきたら、メガネが落ちていたり、下がってきたりするのでとても不便ですよね。...

スポンサーリンク

ウェリントンフレームとはどんなメガネ

顔の印象を変えられるだけでなく、今やファッションアイテムとしてすっかり定着したメガネですが、フレームの形や素材、色選びで、その雰囲気は変わります。知的でありながら可愛らしい印象を与えつつ、大人の女性の魅力も感じさせたいとなれば、一体どんなメガネを選べば良いのでしょうか。

ファションアイテムも、今は、古典的な雰囲気が流行しています。その中でも、特に人気なのが、ウェリントンフレームのメガネです。

スクエア型のフレームほど堅くなく、丸メガネほど個性的でもない中間に位置する、このウェリントン型のメガネは、年齢や性別問わず、あらゆるファッションにも似合います。
どんなメガネを選べばよいのか、どんなメガネが流行っているのかなど、あなたがフレーム選びに悩んでいるのであれば、このウェリントン型のメガネも考慮の一つに加えてみてはどうでしょう。

ウェリントン型フレームとは、縦の幅が広く、逆台形型で四角型に近いながらも、角が少し丸みをおびています。ウェリントン型は男性的なイメージがある人も多いかもしれません。もともとは、男性の間で、スクエアよりも気軽にオンの日もオフの日も、どちらでも使いやすいと流行しました。

遊び心がありつつも、オシャレなメガネであるこのウェリントンですが、女性がかけると、大きめのフレームのおかげで小顔効果が在るだけでなく、大人のオシャレ感を出しながら、カチッとした雰囲気にもよく似合うので、仕事でもプライベートでも女性らしさがが生まれると、キャリアウーマンの女性にも好まれて行ったようです。

いつもカジュアルな服装をしている主婦であっても、このメガネのおかげでカチッと感が演出できる優れものなのも、このウェリントンフレームと言えるでしょう。

メガネのウェリントンフレームはフチによって印象が変わります

ウェリントンフレームは、縦幅が広く、四角に近い逆台形型でありながら、少し丸みを帯びた形のフレームです。今やメガネの中でも標準的な形とも言えるウェリントン型ですが、メガネ初心者であってもかけこなしやすく、どんなファッションにも似合うのがこのウェリントンと言えるでしょう。使いやすく、それでいてオシャレ感がでる、最強の形と言っても過言ではありません。

ウェリントンフレームは、選ぶフチによって、印象に様々な変化を与えます。一般的にウェリントンフレームと言うと、プラスチックのセルフレームを想像すると思いますが、メタル素材の物や、リムの太さなど、多種多様に存在するのです。

一般的にイメージされるフチ太いフレームは、顔にインパクトを与えます。インパクトをより強くしたい時は、黒などのはっきりとした色がお勧めです。印象が強すぎるという場合は、ブラウンカラーや顔に馴染みやすいデミカラーにすると、優しい印象に変わります。

上品な印象があり、知的で女性的なイメージにぴったりなのが、細いフチのウェリントンフレームです。フレームが細ければ、それだけ顔の表情を邪魔しないので、目元をはっきりと印象づけてくれます。仕事でもプライベートでもどちらでもしっくりと馴染むんでくれるでしょう。

あなたの顔が、面長なのであれば、幅の広いウェリントンフレームを選んでみましょう。広い幅をスッキリと細く見せてくれます。ちょっと大きめのメガネは小顔に見せてくれるのです。

上部だけセルになっていて下がメタルになってる、コンビフレームもお勧めです。落ち着いた大人の雰囲気を醸し出します。

メガネのウェリントンフレームが似合う顔のタイプ

あなたが、四角顔や三角顔であればウェリントンフレームのメガネは、似合いません。
四角顔の人は、メガネとほぼ同じ顔の形であるため、顔の形が強調されてしまいます。また、三角顔であれば、顎のシャープさが強めに出てしまうので、オススメはしません。

ウェリントンフレームが似合う顔の形と言えば、比較的丸い印象の卵型か面長、丸顔の人です。ウェリントン型は、四角いフレームの仲間です。角が在ることで、輪郭が出来、丸みも在るので、柔らかい印象を与えます。丸みのある顔との相性は抜群と言えます。

卵型や丸顔の人が、丸みのあるメガネをかけてしまうと、更にその丸さが強調されてしまいます。台形に近いウェリントンフレームは、顔の丸みをうまくカバーしてくれます。もちろん丸顔には、スクエア型も似合いますが、クールになりすぎてしまうかもしれません。女性の優しさも残したい、クールになりすぎたくない人には、このウェリントンフレームがオススメです。

丸顔の人は、少し横幅が広めのウェリントンフレームを選びましょう。バランスがよく、小顔に見せてくれます。フレームはあまり太くないタイプを選びましょう。顔がスッキリとした印象に変わります。

一番、ウェリントン型が似合うのが、面長の人です。大きめのウェリントンフレームが顔の長さを緩和してくれます。面長の人は、顔が長い上に、アゴがシャープで一見怖そうな印象を与えますが、このウェリントンフレームをかけることにより、優しい印象になります。
面長の人には、太いフレームが似合います。メガネをより強調して、面長をカバーしてくれるでしょう。

フレームのウェリントンはいろいろなシーンで使いやすいメガネ

ウェリントンは、仕事をする女性にもカチッとした印象を演出することができるため、人気の形です。キリッとした中にも、女性らしさが在るため、仕事のときだけでなく、プライベートでも、女性に好まれています。

性別だけでなく、年齢や服装、どんなときにでも、合わせやすいのがこのウェリントンフレームの特徴です。色々なシーンで活躍してくれます。

四角に近いこの形は、仕事中には、できる人という雰囲気、日常やプライベートでは、少し丸みがあるため優しく話しかけやすい印象を与えます。そのため、自分の印象を変えるためにファッションアイテムとしても、このウェリントン型のメガネを選ぶ人も少なくありません。

仕事であれば、細めのメタルフレームのウェリントンタイプを選んでみてはどうでしょうか。丸襟の女性らしいジャケットやアクセサリーであったとしても、メガネがその印象を邪魔することなく、あなたを仕事のできる人に見せてくれます。

プライベートのファッションが、優しいワンピースやカーディガンなど、キュートな服装が多いのであれば、細身のべっ甲にフレームが似合います。上品な雰囲気とべっ甲がぴったりとくるでしょう。

カジュアルな服装が多いのであれば、フレームを個性的なタイプにしてもよいかもしれません。髪をアップしたり、顔周りをスッキリさせることで、メガネをより強調して、印象づけてくれるでしょう。

ウェリントンフレームで顔色を明るく

メガネをウェリントンフレームにすると決めたのであれば、後は、フレームの太さや色、素材にこだわって見ましょう。

その時は、自分の好みに合わせることも大切ですが、若々しい雰囲気を保ちたいのであれば、自分の肌の悩みをカバーしてくれるようなメガネを選んでみてはどうでしょうか。

ただ、流行りだからという理由で、メガネを選んでしまうと、今の自分にしっくりこないこともあります。フレームの色は、肌の印象を特に左右し印象を変えてくれます。

目の下のクマが目立ち始めたと感じるのであれば、フレームの下部分が明るい色になったグラデーションタイプのフレームを選んでみてはどうでしょうか。目の印象を強調しつつも、下部分が明るく見えるので、クマが目立つことなく若々しい雰囲気になります。また、色が単色ではないので、個性が出て、さりげないオシャレ感も強調できます。

また、黒などのはっきりした色のフレームを選ぶと顔をシャープにみせ、茶系や肌に馴染みやすいデミカラーにすると、優しい雰囲気になります。ゴールドなどのメタルフレームは、光を集めて、顔色を明るく見せてくれます。

メガネも顔の一部です。メイクをするのと同じように、その肌に合わせてメガネフレームも選ぶと良いでしょう。