メガネのスポーツ用を購入する!野球用を選ぶときのポイント

子供が野球をするときにはどのようなスポーツ用メガネを選んだらいいのでしょうか?小学生のうちは壊してしまうことが多いメガネとはいっても、スポーツをするときには目の安全を守ってくれるものを選びたいですよね。

普通のメガネ違ってスポーツ用メガネにはこのような特徴があり、思いっきり野球をすることができます。

スポーツ用メガネにはゴーグルタイプとそうではないものがありますが、野球に適しているのはどちらでしょう。

頑丈なゴーグルタイプと見た目がスッキリしているタイプとありますが、年齢や子供に合わせて選んであげることが大切です。

野球用メガネを選ぶときのポイント、気をつけることを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネレンズの値段の違いとは?自分に合うメガネをかけよう

メガネのレンズには値段の違いがありますが、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?私は小学校3年生...

メガネの横幅が大きいものはあるの?メガネの合わせ方

メガネの横幅があるものが欲しい!顔の大きい人におすすめなメガネとは?どのようなメガネを選んだらい...

顔の小さい人におすすめなサングラスとは?選び方を紹介します

顔が小さいとサングラスが似合わない…。どうしても子供っぽく見られてしまうと悩んでいる人におす...

メガネ姿がかっこいい男性とは?女性が求めるメガネ男子

女性がメガネをかけている男性をかっこいいと思ってしまうのには理由があります。いったいどんなところを魅...

サングラスの度付きで安いのは?失敗しない購入の方法

サングラスの度付きで安いものを買おうかどうか迷っているなら、ここを確認して決めると失敗しにくいです。...

サングラスが似合わない理由と似合うサングラスの選び方を解説

サングラスをファッションに取り入れたいと考えていても、自分にはサングラスが似合わないというお悩みを抱...

オシャレに見えるメガネコーデ!メガネの形別の印象と合うコーデ

メガネをファッションに上手に取り入れれば、コーデのアクセントになってオシャレ度もアップします。ですが...

プールでメガネが禁止の場合は?対処方法を紹介します

プールではメガネが禁止なことが多いですよね。普段、メガネをかけている人にとっては困ってしまう問題です...

サングラスが似合わない人の特徴と似合う人の特徴を説明

おしゃれの象徴でもあるサングラス、挑戦したいけれど日本人には似合わない特徴が当てはまりすぎるのを知っ...

メガネの黒縁をかけるなら細いもの!オススメな理由とは

黒縁メガネは、真面目な印象を与えることができるファッションアイテムですが、付け方を間違えてしまうと地...

メガネをかけるなら老眼?それとも遠近両用?メガネの選び方

なんだか最近、手元が見えにくい…そろそろ老眼鏡が必要?今までメガネをかけていなかった人は、老眼鏡...

サングラスの選び方のポイントとは?色やイメージで選ぼう

サングラスはどんなものが日本人に似合うのでしょうか?日本人にも似合うサングラスの選び方のポイントとは...

眼鏡の度数が合わないときとは?メガネに慣れるまでの期間

眼鏡の度数が合わないと、頭痛やめまいなどのような体調不良が起きやすくなってしまいます。買った...

眼鏡を掛けている人の印象と魅力!モテるメガネ女子の作り方

眼鏡を愛用している女性にとって、「メガネ女子は男性から見てどんな印象を持たれているんだろう」と気にな...

メガネで目が小さくなるのをどうにかしたい!解消させる方法

メガネをすると目が小さくなるのを解消したいけれど、毎日コンタクトをするのは疲れてしまいますよね。...

スポンサーリンク

野球で使うスポーツ用メガネとは

野球で使うスポーツ用メガネとはどういったものなのでしょうか?

スポーツを行う際にかける専用のメガネがあります。
通常のメガネと違うところは、物がぶつかったり、落下しても壊れづらい素材だったり、激しい動きでもズレないような工夫がされています。
また、UVカット加工もしておけば、目を紫外線から守ることも出来ます。
それ以外の大きな特徴は、レンズやフレームが顔に沿ったカーブがかかっている物があるということです。

スポーツを行う際は視界の広さが重要になります。
いざという場面で「フレームが視界を邪魔して見ることが出来なかった」となっては大変です。
そうならないように、フレームが視界を邪魔しない、顔にフィットしたスポーツ用メガネがあるのです。

また、メガネをピッタリと固定できるゴーグルタイプもあります。
バンドを頭の後ろに巻き付けますので、余程の事がなければ落下する心配もありません。
しかし、ゴーグルタイプはキャップを脱いだり被ったりする時に邪魔になることもありますので、購入を考えている時は、キャップも一緒に持っていき、邪魔にならないか確認することをおすすめします。

野球でスポーツ用メガネを使うならどのタイプ

野球でスポーツ用メガネを使うならどのタイプが良いのでしょうか?

スポーツ用のメガネには2パターンあります。
通常のメガネのようにツルを耳にかけるものと、ツルの部分がバンドになっていて、ゴーグルのようにバンドでかけられるものです。

ゴーグルタイプの良さはなんといってもその固定力ですよね。
メガネをかけている人なら誰でも経験があると思いますが、汗などでメガネがずり落ちてしまうことってありますよね。
なんでもない時なら良いのですが、練習や試合の大事な場面でメガネがずり落ちてよく見えないなんて事があったら、いい動きが出来なくなります。
また、ボールや人とぶつかった時にメガネが落下してしまう可能性もぐっと低くなりますので、ゴーグルタイプはスポーツのためのメガネと言えます。

対して通常のメガネのようにツルを耳にかけるタイプのメガネですが、ゴーグルタイプに比べてずり落ちたり、衝撃に弱そうなイメージがありますよね。
しかし、スポーツ用のメガネでしたら、内側にシリコンのクッションが付けられていて、ずり落ちたり物がぶつかった時の衝撃耐性も、通常のメガネよりも格段に高いものとなっています。
ゴーグルタイプですと、キャップやヘルメットをかぶったり脱いだりする時に引っ掛かる事があるのに対し、メガネタイプはその心配が少ないものとなっています。

野球をするときにスポーツ用メガネをかけるなら

スポーツ用のメガネにはゴーグルタイプとメガネタイプの二つがありますが、野球をするときにスポーツ用メガネをかけるならどちらが良いのでしょうか?

どちらにも良い点はありますが、やはりメガネタイプが良いのではないでしょうか。

ゴーグルタイプは安定感がありますが、頭の後ろにバンドがありますので、キャップやヘルメットをかぶるスポーツである野球には不向きと言えます。
また、気温や汗のかいた量によってレンズが曇ったり、目の周りが汗で痒くなってしまうこともあります。
それでもゴーグルタイプを使用したいと言う場合はキャップの邪魔にならなかったり、汗でレンズが曇らないような通気性の良いものを選ぶと良いでしょう。

ゴーグルタイプはサッカーやバスケットボールのように帽子をかぶらないスポーツに向いているタイプと言えます。

スポーツ用メガネを使うときに気をつける事とは

スポーツ用メガネを使うときに気をつける事とはどんな事があるのでしょうか?

メガネ拭きを常備しておく

野球のように外でプレイするスポーツは、練習中や試合中に急な雨が降るときがあります。
その時にレンズに雨が当たってユニフォームなどの裾でメガネを拭く人がいますが、それをすると、ユニフォームに付着している砂粒も一緒にこすってしまいますので、レンズに傷が付いてしまいます。
少し面倒かも知れませんが、ポケットにメガネ拭きを常備しておき、それでさっと拭くようにすると、メガネに傷をつけてしまう可能性が低くなります。
そのメガネ拭きは定期的に綺麗なものと交換して、洗って綺麗な状態を保つようにしましょう。

スペアのメガネを準備する

衝撃に強く作られているスポーツ用のメガネですが、それでも壊れない可能性は100%とは言えません。
そういった不足の事態に備えて、スペアのメガネ準備しておくと、万が一の場合にも対応できます。

メガネではなくコンタクトの場合は?使える年齢

メガネをかけることが煩わしいと感じた時に別の選択を考えるとなると、コンタクトレンズですよね。

メガネではなくコンタクトの場合はどのようになるのでしょうか?
また使える年齢はいくつくらいからでしょうか?

コンタクトの利点といえば、やはりメガネの欠点である「壊れる」、「フレームが視界を邪魔する」、「曇る」などといった事を解消できることでしょう。
しかし、コンタクトはサッカーや野球のように選手同士やボールなどがぶつかる可能性が高いスポーツには危険が伴います。
コンタクトを選択することを考えている場合は医師とよく相談をして決めましょう。

また、コンタクトの使用が可能な年齢ですが、実は法的には特に決められていません。
とはいえ、コンタクトはメガネよりもメンテナンスや取り扱いが難しいので、一人でコンタクトの扱いが出来る年齢になったら使用できると考えましょう。
ですので、中学や高校くらいが目安の年齢と言えます。