メガネをかけた女性は仕事ができるように見える?メガネの選び方

仕事ができる女性に見られたいのなら、おすすめはメガネをかけることです。しかし、メガネをかけることで印象が暗くなってしまうこともあります。

では、ビジネスシーンに合うメガネとはどんなメガネなのでしょうか?顔の印象を大きく変えてしまうメガネはこのようにして選ぶことで、知的に見せたり話しやすい印象をもたせたりすることができますよ。

もちろん、表情も大切ですがまずは仕事に適したメガネを身に着けてはみませんか。仕事に使えるメガネの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

老眼鏡の選び方!年齢別の度数と近点チェック・失敗しない選び方

新聞や雑誌を読むとき、気がつくと腕が伸びている。スマートフォンの文字が読みにくいなどの症状に頭を悩ま...

メガネケースを手作りしたい人必見!簡単な作り方を紹介します

メガネケースを手作りする人が増えてきていますが、裁縫が苦手だと作れないのではないかと思ってしまうこと...

メガネに付いた傷は自分で研磨できるの?レンズの傷について

メガネのレンズに付いた傷を自分で研磨して、キレイにしたい!でも、ちょっと待ってください。...

鼻にふきでものコレはメガネが原因?メガネニキビの予防方法

メガネをしていると、鼻にニキビができやすい?鼻の部分、しかもメガネが当たるところにニキビができる...

メガネのレンズが傷だらけになる原因とは?予防方法をご紹介

メガネを大切に扱っていても、レンズにキズがついてしまうことがあります。なぜメガネのレンズは、いつ...

メガネのボストン型が似合う女性とは?ボストンの特徴

メガネのボストンが似合うのはどのような女性なのでしょうか?ボストンフレームに挑戦したいけれど、なんだ...

メガネをするとメイクが見えない、そんなときの対処方法

メガネを普段かけている人はメイクをするときに見えないけれど、そのときだけコンタクトするのも大変ですよ...

メガネが近視メガネの時のメイクのポイント術を紹介します

近視のメガネをかけると目が小さく見えてしまう理由とは?メイクで、デカ目にしようとするとそこだ...

メガネのコーティングの寿命と普段の正しいレンズケアについて

今お使いのメガネが「ちょっと見えにくくなってきたなぁ」とか、「細かい傷が気になるなぁ」という方はいま...

サングラスをかけるとき日本人は眉毛をだすからダサくなる

サングラスは日本人に似合わないと思ってはいませんか?実はサングラスの似合わない原因のひとつに眉毛が出...

メガネに似合う髪型とは?男子にオススメなヘアスタイル

メガネ男子は髪型によって、かっこよく見えたりダサく見えたりしてしまいがちです。地味に見えがちなメガネ...

サングラスのサイズの確認方法。メンズサングラスの選び方

新しいサングラスを購入しようと思う時には、フレームやサイズ、レンズのカラーに迷う方が多いと思います。...

メガネ【女性40代】の選び方とは?似合うメガネを見つけるコツ

40代女性はどのようにして、メガネを選んだらいいのでしょうか?若作りしすぎるのも、老いて見えるのも嫌...

男性に似合うメガネの色とは?女性ウケがよいメガネを紹介します

メガネ男子が人気ですが、そのメガネ本当に似合っていると言えますか?男性の場合は、自分に似合う色を...

ウェリントンメガネが似合う女性のタイプとは特徴を紹介

ウェリントンメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?女性にも人気のあるウェリントンメガネの特徴を...

スポンサーリンク

仕事のできる女性に見られるメガネ選びで大切なのはフレーム

仕事ができる女性に見られるメガネ選びで大切なのはフレームです。

「仕事が出来る」と聞くと、賢そうでクールなイメージがありますよね。
しかし、それだけでは不十分と言えます。
というのも、例えば銀行や証券会社のような真面目な印象のある仕事でしたら、かっちりして見えるフレームで問題ないでしょう。
しかし、服飾店や雑貨店など、接客を中心とする職業の場合は、そういったフレームにしてしまうと、お客様から「とっつきにくそう」と思われてしまう可能性があります。

ですので、メガネは真面目で賢そうに見せるだけではなく、フレンドリーに見えるイメージのものを選ぶことも大切なのです。
とはいえ、仮にあなたが商社などに務めるOLさんだとすると、ファニーなフレームを選んでしまうと、制服にも合わなくなってしまいますので注意が必要です。

仕事で使える女性のメガネの型とは

仕事で使える女性のメガネの型とは、どういったものなのでしょうか?

メガネをかけることで真面目やクールな印象に見られたいというのであれば、おすすめは長丸を横にした形の「オーバル」と長方形の形に近い「スクエア」です。
どちらもかけると知的な雰囲気に見えます。
知的に見えるといえば、フレームを釣り目のようにした「フォックス」も悪くはありませんが、、ビジネスの場面ではちょっとやりすぎ感があります。
また、スクエアよりもフレームの大きい「ウェリントン」も真面目には見えるので、男性にはおすすめですが、女性が職場でかける場合は、黒髪でひっつめ髪などにしてしまうと、真面目を通り越して堅物に見えてしまうこともあります。

ですので、普段から薄化粧にして髪型も華やかなものにしていない人でも硬すぎることのない、オーバルとスクエアはおすめです。

仕事用にもプライベートにも使える女性におすすめなメガネの素材

メガネ選びで大切なのは、フレームのデザインだけではなく、素材も大切です。

仕事用にもプライベートにも使える女性におすすめなメガネの素材

  • メタルフレーム
    軽量で弾力性があるため、折れる心配の少ないメタルフレームですが、中でもチタン素材のものがおすすめです。
    チタンは軽くて丈夫なだけではなく、錆びにくいところもメリットです。
    フレームが細いので、顔なじみの良いところも特徴の一つです。
  • セルフレーム
    くっきりとしたフォルムのセルフレームは、全年齢からも高い支持を集めていますよね。
    デザインも豊富ですので、真面目なタイプから、ちょっと変わったフレームが欲しいという方にも幅広く対応することが出来ます。
    ただし、フレームに重量があるものもありますので、ものによっては、長時間かけていると耳や鼻に負担がかかってしまう場合もあります。
  • フチ無し
    フチ無しは、リムレスとも呼ばれるタイプです。
    レンズ周りのフレームがありませんので、フレームありだと視界が気になるという人や、フレームのあるメガネに抵抗があるという人におすすめのフレームです。
    しかし、レンズに直接金具を当てるため強度は、やや弱いものとなります。

知的なメガネ女性に見せたいのなら前髪はスッキリと

仕事が出来る女性に見せたい時に、大切なのは知的さだけではなく、清潔感も重要なポイントになります。
メガネをかけて仕事で出かける時に、知的なメガネ女性に見せたいのなら前髪はスッキリとさせましょう。

ですので、前髪は横に流すか、おでこを出すようにすると清潔感もありながら、知的な雰囲気にすることが出来ます。
その次に大切なのは、レンズを清潔に保つことです。
髪型もフレームも素敵なのに、レンズがホコリや指紋で汚れていたら残念な感じになりますよね。

そうならないように、時々水洗いをしたり、メガネ用のクリーナーやメガネ拭きで綺麗なメガネにするようにしましょう。
ハンカチで拭く方もいますが、ハンカチですと繊維でレンズに細かい傷が入ってしまう可能性がありますので、出来るだけメガネ拭きで拭くようにしましょう。

仕事用メガネに合うメイクとは

メガネで顔が誤魔化せるからといって、すっぴんや手抜きメイクにしていませんか?
せっかく良いメガネをかけているのですから、メイクでより素敵なOLさんになりましょう。
そんな仕事用メガネに合うメイクとは、どのようなものなのでしょうか。

  • フチ無し、又は細いフチのメガネ
    フチ無しや、細いフチのメガネはフレームがスッキリしている分、アイシャドウを太めに塗ることで、印象のある目元にすることが出来ます。
    アイラインも太めにしてしまうと、濃い印象になってしまいますので、アイラインは細めに描くようにしましょう。
  • フチの太いメガネ
    セルフレームのようにフチの太いメガネの場合は、メガネそのものにインパクトがありますので、アイシャドウはやや控えめにして、アイラインをやや太めに描くようにしましょう。
    メガネをかける時全てに言えることですが、マスカラを塗る時は、まつ毛が長くならないようにしましょう。
    まつ毛を長くしてしまうと、まつ毛がレンズに当たって、傷や汚れの原因になってしまいます。