メガネのウェリントンが似合わない顔のタイプとは?選ぶポイント

メガネのウェリントンフレームが似合わないのはどんな顔のタイプの人なのでしょうか?誰にでも合いやすいと店員さんが言っていたけれど、なんだかしっくりこないような…。

ウェリントンのメガネは、カジュアルにもきれいめコーデにも合わせやすいおしゃれの定番アイテムですがどうも似合わないという人はメガネの合わせ方が間違っているのかもしれません。

メガネを選ぶときにはこのようなポイントやコツがあります。顔の形を変えることはできませんが、自分にしっくりくるメガネを選ぶときにはココに注目してみてください。きっと、あなたに似合うメガネが見つかるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

老眼鏡の度数の調べ方は簡単?あなたに合った老眼鏡の探し方

最近、近くのものが見えにくい、新聞を読んだあとに視界がぼやける、などなんとなく違和感を感じ始めたら老...

サングラスの形別の名前は?色々な種類のサングラスと特徴

サングラスが好きで、色々なサングラスを集めている男性もいますよね。一言でサングラスと言っても、その形...

メガネをネットで買うには?度数を確認する方法

ネットでメガネを購入するときには、まず自分の視力がどのくらいなのかを知らなくてはいけませんよね。眼鏡...

眼鏡の調整が下手かどうかを見分ける方法と調整のタイミング

眼鏡の調整がいまいちしっくりきていないような…。もしかしてあのお店はフィッティングが下手なのでは...

眼鏡の鼻あてが緑になるのは緑青!原因と対処法を解説

眼鏡の鼻あてが緑に汚れていたら、一体何の汚れなのか気になる人もいるのではないでしょうか。もしかして眼...

メガネのレンズにヒビが入ってしまう原因とは?傷をつけない方法

メガネのレンズにいつのまにかヒビのような傷がついてしまった?メガネをかけている人にありがちなこの細か...

メガネで困るのは髪型?前髪の長さに困ったときの対処方法

メガネで気になることといえば髪型、前髪とのバランスではないでしょうか?伸びてきたら、横に流しておけば...

メガネタイプの老眼鏡で安いものと高いものの違いと選び方

最近なんだか小さい文字が見えにくい、気がつくとスマホを遠ざけているなど老眼鏡が必要と感じてはいるけれ...

眩しいのはサングラスが透明だから?眩しくないサングラスとは

眩しいときにかけるサングラスは透明だと意味がないのでしょうか?サングラスをかける理由として、...

サングラスの形の種類と特徴!正しいメンズサングラスの選び方

メンズのサングラスにはさまざまな形があり、自分に似合う形はどれなのだろうと迷う方も多いと思います。...

メガネストラップの付け方や選び方のコツで可愛くオシャレに

メガネストラップを付けてみたいけど、付け方がわからないというあなた。メガネストラップは付け方や使...

メガネの形は顔の輪郭やバランスを大切に。似合うメガネの探し方

新しいメガネを購入する時には、どんな形にしようか悩みますよね。お店にはたくさんの種類があり、自分...

遠視の眼鏡で目が大きくなるのはナゼ?遠視メガネの特徴

遠視の眼鏡はどうして目が大きく見えてしまうのでしょうか?この違和感から、かけたくないと子供に言われた...

サングラスの似合う髪型とは?おすすめやポイントを紹介します

サングラスがよく似合う人は髪型もキマっていることが多いですよね。残念サングラスにならないためにはどの...

メガネで可愛い女子を目指して好印象を与える方法とは

メガネで可愛い女子になるにはどうしたらいいのでしょうか。メガネをかけなければならないなら、やっぱり好...

スポンサーリンク

メガネのウェリントン型が似合わないのはこんなタイプ

メガネのウェリントン型が似合わないのはこんなタイプがあります。

  • 四角顔
    四角顔の男性がウェリントン型をかけた場合は、真面目な雰囲気が強調されますので、ビジネスマンには向いていると言えます。
    しかし、四角顔が強調されるので、堅物だったり古くさい印象に見えてしまう恐れもあります。
    それは女性にも言えることですので、四角顔の人の多くはウェリントン型が似合わない場合が多く見受けられます。
  • 三角顔
    顎のラインがシャープな三角顔のタイプは、ウェリントン型をかけた時に、ほっそりとした顎のラインが綺麗に強調できる場合と、顎の細さが際立って貧相に見える場合があります。
    ですので、「三角顔=似合わない」とまでは言いませんが、人によってはイマイチな組み合わせになる可能性もあります。
  • 目の小さい人、または一重の人
    ウェリントン型が似合うとされる人は、目が大きかったり、二重だったりと、目鼻立ちのハッキリした人です。
    目の小さい人や、一重の人がかけると、キツい印象になりがちですので、必ず試着をして考えてみましょう。

メガネのウェリントンが似合わないのは白すぎるのが原因

メガネのウェリントンが似合わないのは白すぎるのが原因かも知れません。

肌が白いと、フレームの濃い色のメガネをかけると、白さが際立ったり、フレームが浮いて見えることもあります。
肌の白さ際立つのは悪いことではなさそうですが、言い換えると病弱で具合の悪そうな顔色に見えてしまうということです。
濃い色のをかけたら必ずなると言うわけではありませんが、黒やブラウンなどの濃い色のフレームをかけた時に、違和感を感じたら、水色や透明感のあるブラウンなど、薄い色のものも試着してみてください。

また、肌の色が黒めの人は、「黒やブラウンは馴染むけど、薄い色のものはしっくりこない」といった肌の白い人とは逆の現象が起こることもありますので、店頭でしっかり試着をして選ぶようにしましょう。

メガネのウェリントンが似合わない理由はフレームが大きすぎるため

メガネを選ぶ際にポイントになるのは、自分の輪郭の形だけではありません。
そのメガネの縦幅が自分の顔の眉毛から顎までの長さの三分の一となるものにするとバランスを取ることが出来ます。
ですので、メガネのウェリントンが似合わない理由はフレームが大きすぎるためといった事も考えられます。

もし、小顔の人がフレームの大きいウェリントンをかけて、顔の半分がメガネとなってしまうとどうでしょう。
なんだかバランスの悪い感じになってしまいますよね。
ですので小顔の人は、スクエアやオーバルなど、縦幅の狭いものを選ぶと良いでしょう。
また、面長の人がスクエアやオーバルなど、縦幅の狭いものを選ぶと顔の長さが強調されるものになってしまうこともあります。
そんな時は、ウェリントンのような縦幅のあるメガネをかけると、バランスの取れた顔になります。

似合うメガネの選び方のポイント

似合うメガネの選び方のポイントについてもご紹介します。

メガネを選ぶ時は、自分の顔に馴染むかという事を考えて選ぶと思いますが、それだけではなく、自分の普段着る服に合うかどうかもポイントとなります。

ですので、メガネを試着した時に、全身を映すことの出来る姿見も見て考えると良いでしょう。
また、普段の服だけではなく、仕事で着る制服やスーツなどにも合うかも大切です。
どちらにも合うようなメガネを選ぶのが一番ですが、仕事とプライベートのオンとオフを使い分けたいという人は、2種類のメガネを購入するというのも一つの手です。

その時のシーンに合わせたメガネをかけるというのも、頭の切り替えやファッションのバリエーションを広げたりするのに役立ちます。

似合うメガネはきっと見つかる!このバランスをチェック

「似合うメガネはきっと見つかる!」メガネを選ぶ時は、このバランスをチェックしましょう。

そのチェックポイントは、「眉毛とメガネのバランス」です。
理想としては、メガネの上のフレームが丁度眉毛の位置に来るか、上のフレームから少し眉毛が出るくらいです。
眉毛が大幅に出てしまうと、少し間抜けな印象に見えてしまいます。

ウェリントンが似合わないという人の中には、これが理由の人もいるかも知れません。
そういった人が、眉毛をメガネに合わせたいと考えた時に、もし可能であれば、眉毛の上側を剃るなどして減らし、眉毛の下側にアイブロウペンシルで描き足すようにすると、眉毛を下にすることが出来、フレームとの相性も良くなるかも知れません。

「本当にそうなるかを試したいけど、わからないのに眉毛を剃るのは嫌」という人は、ドーランのような濃いファンデーションを塗ったり、肌色の絆創膏やテーピングで眉毛を隠してから、眉毛を下の位置に描いてみて、いい感じになるようであれば、改めて自眉を調整しても良いですし、あまりいい感じにならないのであれば、今まで通りの眉毛にすると良いでしょう。