メガネのウェリントンが似合わない顔のタイプとは?選ぶポイント

メガネのウェリントンフレームが似合わないのはどんな顔のタイプの人なのでしょうか?誰にでも合いやすいと店員さんが言っていたけれど、なんだかしっくりこないような…。

ウェリントンのメガネは、カジュアルにもきれいめコーデにも合わせやすいおしゃれの定番アイテムですがどうも似合わないという人はメガネの合わせ方が間違っているのかもしれません。

メガネを選ぶときにはこのようなポイントやコツがあります。顔の形を変えることはできませんが、自分にしっくりくるメガネを選ぶときにはココに注目してみてください。きっと、あなたに似合うメガネが見つかるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネ【女性40代】の選び方とは?似合うメガネを見つけるコツ

40代女性はどのようにして、メガネを選んだらいいのでしょうか?若作りしすぎるのも、老いて見えるのも嫌...

メガネの鼻パットの位置で正しいのは?ズレないポイントを紹介

メガネの鼻パットの位置が合っていないような…。メガネを使っているといつのまにかずれやすくなってし...

面長さんに似合うメガネフレームとは?メガネの選び方をご紹介

面長さんにはどのようなメガネフレームが似合うのでしょうか?選び方を間違えてしまうとメガネフレームはコ...

メガネを作るのにかかる値段とは?安いメガネと高いメガネの違い

メガネを作るときに大きく値段が変わるのは何が原因なのでしょうか?小学生の頃からメガネをかけている...

メガネのフレームにはどんな種類がある?似合うメガネの選び方

メガネのフレームにはさまざまな種類があります。流行っているからといって、黒縁メガネに手を出そうとはし...

ふだん眼鏡をかけている人がサングラスの度付きを買う時の選び方

眼鏡ではなく度付きのサングラスが欲しい、運転をしているときなど普段眼鏡をかけている人は眩しいときにサ...

メガネでスクエアタイプが似合うのは?メンズメガネの特徴や印象

メガネのフレーム選びは本当に一苦労ですよね。いくつのもの店舗に足を運んで、いくつかを試しに掛けてみた...

メガネのレンズの非球面とは?非球面レンズの特徴をご紹介

メガネのレンズは非球面のほうがいい?今までは球面レンズだったけれど、進められたとおりに非球面レンズに...

老眼鏡のレンズの価格とは?老眼鏡の値段と正しい選び方

老眼鏡のレンズはどのくらいの価格なのでしょうか?近視や乱視のメガネよりも値段は高い?それとも安い?...

サングラスのフレームの種類をおすすめ顔タイプ別に紹介します

サングラスは日本人に似合わない?いえいえ、そんなことはありません。自分の顔のタイプにあったフレームの...

サングラスが日本人に似合わない理由と選び方を紹介します

サングラスが日本人に似合わないことにはどんな理由があるのでしょうか?サングラスもメガネと同じように、...

【男のメガネの選び方】丸顔男性のメガネの選び方と似合う形

メガネを購入したいけど、自分にはどんなメガネが似合うのかわからずに困っている男性もいますよね。メガネ...

メガネの形選び、丸顔に似合う形のメガネ【メンズ編】を解説

丸顔の男性の中には、自分に似合う形のメガネがわからずに頭を抱えている人もいますよね。丸顔のメンズがメ...

メガネが似合うコーデとは?メンズにおすすめなコーディネート

メガネをメンズコーデに合わせるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?メガネの...

メガネのタイプ選び。丸顔におすすめのフレームタイプと選び方

メガネを購入するときは、似合うメガネを購入して印象良く見せたいと思いますよね。似合わないメガネを購入...

スポンサーリンク

メガネのウェリントン型が似合わないのはこんなタイプ

メガネのウェリントン型が似合わないのはこんなタイプがあります。

  • 四角顔
    四角顔の男性がウェリントン型をかけた場合は、真面目な雰囲気が強調されますので、ビジネスマンには向いていると言えます。
    しかし、四角顔が強調されるので、堅物だったり古くさい印象に見えてしまう恐れもあります。
    それは女性にも言えることですので、四角顔の人の多くはウェリントン型が似合わない場合が多く見受けられます。
  • 三角顔
    顎のラインがシャープな三角顔のタイプは、ウェリントン型をかけた時に、ほっそりとした顎のラインが綺麗に強調できる場合と、顎の細さが際立って貧相に見える場合があります。
    ですので、「三角顔=似合わない」とまでは言いませんが、人によってはイマイチな組み合わせになる可能性もあります。
  • 目の小さい人、または一重の人
    ウェリントン型が似合うとされる人は、目が大きかったり、二重だったりと、目鼻立ちのハッキリした人です。
    目の小さい人や、一重の人がかけると、キツい印象になりがちですので、必ず試着をして考えてみましょう。

メガネのウェリントンが似合わないのは白すぎるのが原因

メガネのウェリントンが似合わないのは白すぎるのが原因かも知れません。

肌が白いと、フレームの濃い色のメガネをかけると、白さが際立ったり、フレームが浮いて見えることもあります。
肌の白さ際立つのは悪いことではなさそうですが、言い換えると病弱で具合の悪そうな顔色に見えてしまうということです。
濃い色のをかけたら必ずなると言うわけではありませんが、黒やブラウンなどの濃い色のフレームをかけた時に、違和感を感じたら、水色や透明感のあるブラウンなど、薄い色のものも試着してみてください。

また、肌の色が黒めの人は、「黒やブラウンは馴染むけど、薄い色のものはしっくりこない」といった肌の白い人とは逆の現象が起こることもありますので、店頭でしっかり試着をして選ぶようにしましょう。

メガネのウェリントンが似合わない理由はフレームが大きすぎるため

メガネを選ぶ際にポイントになるのは、自分の輪郭の形だけではありません。
そのメガネの縦幅が自分の顔の眉毛から顎までの長さの三分の一となるものにするとバランスを取ることが出来ます。
ですので、メガネのウェリントンが似合わない理由はフレームが大きすぎるためといった事も考えられます。

もし、小顔の人がフレームの大きいウェリントンをかけて、顔の半分がメガネとなってしまうとどうでしょう。
なんだかバランスの悪い感じになってしまいますよね。
ですので小顔の人は、スクエアやオーバルなど、縦幅の狭いものを選ぶと良いでしょう。
また、面長の人がスクエアやオーバルなど、縦幅の狭いものを選ぶと顔の長さが強調されるものになってしまうこともあります。
そんな時は、ウェリントンのような縦幅のあるメガネをかけると、バランスの取れた顔になります。

似合うメガネの選び方のポイント

似合うメガネの選び方のポイントについてもご紹介します。

メガネを選ぶ時は、自分の顔に馴染むかという事を考えて選ぶと思いますが、それだけではなく、自分の普段着る服に合うかどうかもポイントとなります。

ですので、メガネを試着した時に、全身を映すことの出来る姿見も見て考えると良いでしょう。
また、普段の服だけではなく、仕事で着る制服やスーツなどにも合うかも大切です。
どちらにも合うようなメガネを選ぶのが一番ですが、仕事とプライベートのオンとオフを使い分けたいという人は、2種類のメガネを購入するというのも一つの手です。

その時のシーンに合わせたメガネをかけるというのも、頭の切り替えやファッションのバリエーションを広げたりするのに役立ちます。

似合うメガネはきっと見つかる!このバランスをチェック

「似合うメガネはきっと見つかる!」メガネを選ぶ時は、このバランスをチェックしましょう。

そのチェックポイントは、「眉毛とメガネのバランス」です。
理想としては、メガネの上のフレームが丁度眉毛の位置に来るか、上のフレームから少し眉毛が出るくらいです。
眉毛が大幅に出てしまうと、少し間抜けな印象に見えてしまいます。

ウェリントンが似合わないという人の中には、これが理由の人もいるかも知れません。
そういった人が、眉毛をメガネに合わせたいと考えた時に、もし可能であれば、眉毛の上側を剃るなどして減らし、眉毛の下側にアイブロウペンシルで描き足すようにすると、眉毛を下にすることが出来、フレームとの相性も良くなるかも知れません。

「本当にそうなるかを試したいけど、わからないのに眉毛を剃るのは嫌」という人は、ドーランのような濃いファンデーションを塗ったり、肌色の絆創膏やテーピングで眉毛を隠してから、眉毛を下の位置に描いてみて、いい感じになるようであれば、改めて自眉を調整しても良いですし、あまりいい感じにならないのであれば、今まで通りの眉毛にすると良いでしょう。