メガネでレディースのスクエアが似合うタイプや選び方を紹介

スクエアメガネとはどんなメガネなのでしょうか?また、どんな顔のタイプの人が似合うのでしょう。

知的な印象を与えることができるスクエアメガネですが、レディースには少し冷たい印象や真面目すぎる印象を与えてしまうかもしれません。

しかし、選び方を間違えなければビジネスシーンで役立ちながらも女性らしい優しい雰囲気を出すことができるようです。

レディースに向いているのはどのようなスクエアメガネなのでしょうか?似合うタイプや選ぶポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの曇り止めのジェルタイプの特徴や使い方をご紹介

寒い時期、困ってしまうのがメガネの曇りですよね。マスクをしていると曇ってしまうのは仕方ないと思っては...

メガネの黒縁をかけるなら細いもの!オススメな理由とは

黒縁メガネは、真面目な印象を与えることができるファッションアイテムですが、付け方を間違えてしまうと地...

サングラスの種類と特徴。レンズの機能性と上手な選び方

今はファッションアイテムとしても定番になったサングラス。女性の方でも多くの方が愛用していますよね...

メガネの印象でどう変わる?女性のメガネはココがポイント

女性のメガネ姿からはどのような印象を受けやすいのでしょうか?メガネをかけると、きつく見られてしま...

眼鏡と老眼鏡の違いは何?老眼鏡を初めて買う場合

眼鏡と老眼鏡にはどのような違いがあるのでしょうか?手元が見えにくい、今かけている眼鏡を外すと見え...

メガネで目が小さく見える時のメイク方法!近視女子のお悩み解決

近視用のメガネをかけている女性の中には、メガネのせいで目が小さく見えてしまう事に頭を悩ませている人も...

メガネのレンズが傷だらけになる原因とは?予防方法をご紹介

メガネを大切に扱っていても、レンズにキズがついてしまうことがあります。なぜメガネのレンズは、いつ...

スクエアメガネをかけるときのポイント女子力を上げるメガネ

スクエアメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?女子にかけてもらいたいと人気なスクエアメガネです...

メガネのウェリントンが似合わない顔のタイプとは?選ぶポイント

メガネのウェリントンフレームが似合わないのはどんな顔のタイプの人なのでしょうか?誰にでも合いやすいと...

メガネのサイズの測り方とは?サイズを確認して眼鏡を選ぼう

メガネにはサイズが書いてあるのを知っていますか?測り方を知っておくのもいいですが、自分の顔のサイズに...

メガネでサングラスを上からかけるタイプの使いやすさとは

メガネの上からサングラスをかける「オーバーグラス」にはどのような特徴があるのでしょうか?普段...

メガネのコーティングの寿命と普段の正しいレンズケアについて

今お使いのメガネが「ちょっと見えにくくなってきたなぁ」とか、「細かい傷が気になるなぁ」という方はいま...

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

メガネはコーティングが剥がれたときが寿命?メガネの扱い方

メガネのコーティングが剥がれたときには、交換や買い換えしか方法はないのでしょうか?メガネのコ...

メガネをするとメイクが見えない、そんなときの対処方法

メガネを普段かけている人はメイクをするときに見えないけれど、そのときだけコンタクトするのも大変ですよ...

スポンサーリンク

レディースメガネのスクエアフレームの特徴と似合うタイプ

メガネのスクエアフレームの特徴と似合うタイプについてご紹介します。

スクエアフレームはその名の通り、四角い形が特徴です。
といっても、ガチガチに真四角なものはほとんどなく、角が軽く丸みを帯びているものが主です。

本来スクエアは正方形のことを差しますが、長方形も含めた四角形とも捉えられますから、長方形の形をしたフレームでもスクエアと呼ぶようです。

そんな真面目そうに見えるスクエアフレームですが、どういった顔のタイプの人に見えるのでしょうか?
一番おすすめとされるのは、丸顔の人です。輪郭の丸さと、スクエアの四角さとがバランスが取れて、上手くマッチします。

逆に似合わないとされるのは、顎の細い三角顔の人です。
顎の華奢さが強調されてしまい、キツい印象に見られがちになってしまいます。

レディースにおすすめなスクエアメガネの素材とカラー

「真面目に見られたいからスクエアにしよう」、「自分の顔に似合うからスクエアにしよう」など、スクエアフレームを選ぶ人の意見はそれぞれですが、レディースにおすすめなスクエアメガネの素材とカラーも見ていきましょう。

メガネ素材

セルフレーム

人気のセルフレームは、そのフチの太さから顔の印象をガラリと変えることが出来ます。
また、カラーバリエーションも豊富ですので、自分好みのカラーを選びましょう。

メタルフレーム

チタンを筆頭に軽くて丈夫なメタルフレームもおすすめです。
色のバリエーションが少ないのがネックですが、万が一折れたりしても、修理がしやすいのも特徴のひとつです。

フチなし

「フチの太いものも、細いものもなんだかしっくり来ない」そんな時にはフチのないタイプを選んでみてはいかがでしょうか。
フチのないぶん顔なじみが良く、フレームが視界に入るのが気になると言う人にはおすすめです。

メガネのカラー

真面目な印象の強い黒は、基本の色として候補のひとつに上げられるでしょう。
しかし、その硬い印象から、堅物に見られてしまうことも念頭に置いておきましょう。

ブラウン、シルバー

黒より明るい印象がありながら、真面目な印象を残すことの出来るブラウンとシルバーもおすすめです。
セルフレーム時はブラウン、メタルフレームはシルバーというように選ぶと良いでしょう。

暖色系

レディースの場合は、赤やピンクなどの暖色系を選ぶ人もいます。
その時、ワインレッドやダークピンクなど、色味を抑えてものを選ぶとビジネスシーンにも合わせることが出来ます。

寒色系

暖色系だけではなく、青や水色も選択肢のひとつとして試着してみるのも良いでしょう。
カジュアルなイメージがありますが、落ち着いた色味のものを選べば、フォーマルな場でも不自然なく合わせることが出来ます。

メガネには組み合わせが多数あります。その中で自分に合うものを探してみましょう。

スクエアメガネはレディースのビジネス用にピッタリ

顔は人間にとって窓口です。
いくら仕事が出来る人でも、ひと目で信用されなければ、相手にされないなんてことも考えられます。
そんな時にスクエアメガネはレディースのビジネス用にピッタリです。

スクエアメガネは真面目そうに見えますので、相手に信頼されることもあります。
ですが、あまりに真面目そうに見せすぎると、融通の利かないとっつきにくい人に見られてしまうこともありますので、要注意です。

ですので、同じスクエアメガネはでも、黒いセルフレームより柔らかい印象のメタルフレームの方が、相手にとっても安心感を与えます。
仕事で大切な信頼を得るためにも、雰囲気の良いフレームを選ぶようにしましょう。

逆に派手な印象のある人は、黒などのセルフレームで真面目な一面を見せるのも良いですね。

レディースメガネをきれいに見せてくれるメガネを選ぶ方法

メガネはかけ方によって、かけた方が美人に見えたり、かけることで野暮ったさが出てしまうこともあります。
出来れば、メガネ美人に見られたいですよね。

メガネ美人になるメガネの色

ブラウン

日本人との肌色とのバランスの取りやすいブラウンはおすすめの色のひとつです。
髪色が茶色の人にも黒髪の人にも合わせやすく綺麗に見せてくれます。

ピンク

ピンクも女性の肌を明るく見せてくれるおすすめの色です。
とはいえ、パステルカラーのピンクでは悪目立ちしてしまいそうです。
そんな時は、メタルフレームのピンクや、ツルの色をピンクにしたものを選ぶと、程よいバランスのピンクにすることが出来ます。

青系

青系は、肌の色を白く見せてくれるので、透明感のある肌に見せたい時におすすめの色です。
ただし、あまり色白の人がこの色を選びますと、病弱そうな顔色に見えてしまうこともありますので、要注意です。

レディースのメガネは普段のメイクから選ぶのもひとつ

レディースのメガネは普段のメイクから選ぶのもひとつの手です。

アイシャドウを印象的に見せるアイメイクをしている人は、セルフレームのようにフレームにインパクトがあるものを選ぶとバランスが取れます。

アイシャドウよりも、アイラインで目のインパクトを持たせるようにしている人は、メタルフレームやフチ無しのようなメガネを合わせると良いでしょう。

ただし、どのメガネにも言えることですが、まつ毛にマスカラをたくさん重ね塗りをして長くしてしまうと、レンズにまつ毛が当たってしまい、レンズの汚れの原因になってしまいますので、長さはあまり出さないようにしましょう。

また、リップやチークに使う色でも、メガネのカラーを選ぶ時の参考にしましょう。