メガネのフレームにはどんな種類がある?似合うメガネの選び方

メガネのフレームにはさまざまな種類があります。流行っているからといって、黒縁メガネに手を出そうとはしていませんか?

黒縁メガネでも、そのフレームによって印象は大きく違ってきます。自分に似合うメガネフレームを見つけるには、フレームの特徴や似合うタイプ、似合わないタイプを知って置くと選びやすくなります。

あなたに合うメガネフレームを見つけるヒントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの収納は100均で作れる!簡単にできるメガネ収納

メガネの収納に困ったことはありませんか?顔を洗う時や寝る前など、置き場所がないためについつい置いた場...

眼鏡とサングラスの2wayになる調光レンズとは?特徴をご紹介

普段からメガネをかけている人は、まぶしくともサングラスをかけることができませんよね。そんなときに役立...

メガネでオススメなのは?メンズのビジネス向きフレーム

ビジネスシーンでは相手にできるだけ良い印象を持たせたいですよね。知的で説得力の増すメガネですが、選び...

メガネの形状記憶フレームの特徴とは?子供におすすめな理由

メガネの形状記憶フレームとはいったいどんなものなのでしょうか?私は小学校3年生からメガネをかけて...

眩しいのはサングラスが透明だから?眩しくないサングラスとは

眩しいときにかけるサングラスは透明だと意味がないのでしょうか?サングラスをかける理由として、...

伊達メガネやレンズなしはダサい?ダサいメガネの特徴

伊達メガネでレンズなしがダサいと言われてしまう理由、メガネでダサいと思われてしまう理由とは?...

メガネの印象をプラスに変える方法!男性向けメガネの選び方

メガネには良い印象を与えるときと悪い印象を与えてしまうことがありますがメガネ男子の印象をもっとアップ...

サングラスとメガネは違いがあるようで違いがない

サングラスとメガネにはどのような違いがあるのでしょうか?レンズの黒いものがサングラスで透明なものがメ...

サングラスレンズの色の特徴と選び方や日本人に合うものを紹介

サングラスのレンズの色にはどのような特徴や効果があるのでしょうか?運転をするときにかけるサングラスと...

サングラスの度付きで安いのは?失敗しない購入の方法

サングラスの度付きで安いものを買おうかどうか迷っているなら、ここを確認して決めると失敗しにくいです。...

サングラスの形の種類や特徴とは?似合う型を見つける方法

サングラスにはさまざまな形や種類があります。お店に行ってひとつひとつ合わせるのもいいですが、自分の顔...

メガネ女子はかわいい!男子にモテるかわいいメガネ女子になろう

メガネをかけている女子をかわいいと思う男性はたくさんいます。女性からしてみれば、どうして男性がメガネ...

メガネを作るときにはコンタクトで行くべきかの判断について

メガネを作るときには、お店にコンタクトをしていったほうがいいのでしょうか?コンタクトをしなければ...

メガネの違和感は鼻に出やすい?その原因や対処方法をご紹介

メガネをかけるとなんだか鼻に違和感があるときはどうしたらいいのでしょうか?新しいメガネを買って、何日...

メガネやサングラスをスポーツする時に使う目的や選び方

普段メガネの人がスポーツサングラスをかけたいときには、コンタクトをしている人が多いかと思います。しか...

スポンサーリンク

メガネフレームの種類はかなり多い

メガネのフレームは昔からあるクラシックタイプのものから、その流れを組んで最近流行し始めたものなどたくさんの種類があります。

代表的なものにはスクエアと呼ばれる長方形のフレームのものや、レトロな印象の丸メガネであるラウンドタイプ、ウェリントンや、オーバルなど。

このように沢山のフレームが有るのは、そのフレームの数だけ色々な人に似合うメガネがあるという証拠でもあります。

同じタイプのものでもデザインによってレンズの縦幅やフレーム幅などが変化しており、顔の形や顔のパーツの配置などで選択する最適なフレームが変わってきます。

この多くの種類の中から、自分に似合う形と素材で出来たフレームを選択して、度数の合うレンズを入れて使っていくわけです。

また、フレームに使われている素材にもいろいろな種類があります。

メガネのフレームにはこんな種類の素材があります

フレームの素材もメガネを掛ける人の印象を左右しています。

昨今流通するようになって久しいセルフレーム

プラスチックから出来ており、太さから色までさまざまなデザインのものがあります。

クリアカラーのものまで作り出せるので、プラスチックを素材にメガネを作れるようになってからは、メガネのファッション性や使われ方にも変化が出てきました。

メガネの素材といえば、金属で出来ているメタルフレームのものが馴染み深い

細くて華奢なフレームになりやすく、スタイリッシュなイメージをもたせてくれるのがメタルフレームです。

その他のフレーム素材

もべっ甲や木材などいろいろなもので出来ているメガネがあります。

金属とプラスチックを組み合わせているものなどもあるので、使い方次第でどんどんお洒落ができそうですね。

メガネフレームは顔の種類によって似合う、似合わないがあります

メガネのフレームは顔の形や比率によって似合うものと似合わないものがあります。

メガネは眉から顎までを三分割して、その三分の一に収まる縦幅のメガネを探す

そしてその縦幅のメガネをかけたときにレンズの中央、または内側よりに瞳があるというのがベストの状態です。

そして顔の形の特徴によって、フレームの形も変わります。
丸顔ならばその輪郭が与える印象とは真逆になる四角いフレームが似合いますし、ベース顔や面長の方ならウェリントンのような丸みも併せ持つフレームが似合います。

あまり似合わない形のフレームが主体となったデザインのものでも、フレームの太さによって似合う似合わないが左右される場合もありますし、フレームのカラーによっては劇的に似合うようになることもあります。

次の項目ではフレームのカラーについて紹介します。

似合うのはどんなフレーム?カラーで選ぶメガネ

メガネのフレームカラーを選ぶときには顔の中にあるカラーというものを意識して色を選択していきます。

肌に馴染むものなら肌色の一部であるベージュやブラウン、ベースカラーとなるカーキなどの色味を、顔の他のパーツで行くなら唇や目の色に合わせるなどの選択方法もあります。

赤系統は基本的にどんな人の顔にも入っていますのでトーンを変えて持ってくると比較的似合う人が多い色です。

フレームの色によって相手の受け取る印象は違う

紫なら優雅でミステリアス、黄色なら元気で弾けるような、などその色自体が持つ印象も加味しながら選んでいくのもおすすめです。

色のイメージはなりたい自分に近づけるために利用しておくと、意外な自分の一面を引き出す鍵にもなります。

フレームカラーを決める前になりたい自分のイメージが固まっているかということも考えてみるといいかもしれませんね。

メガネフレーム選びはなりたいイメージに合わせるのもオススメ

メガネのフレームは印象を大きく左右します。
なりたい自分のイメージに合わせてフレームを選択してくと、選びやすいです。

スタイリッシュなイメージならメタルフレームでスクエアに近い形を選択する、などテンプレート的なものもありますが、欠けてみないと自分に似合うかどうかということは具体的にわかりません。

自分がなりたいイメージに近いフレームを見つけるポイント

好きな色、好きな形、好きなタイプのメガネ、などちょっと気になる程度でも鏡の前でかけてみて確かめるのが大事です。

いろいろ試していくうちに自分に似合う色や自分に似合う形、自分らしいと思えるメガネが見えてくると思います。

最初は底まで固まっていなかったイメージを固めるためにもいろいろ試してみるというのは効果的に働きますので、どんなものにしようか悩んだらできるだけ試すようにしてみましょう。

メガネはあなた自身に印象をつけることで、なりたいあなたに近づけてくれます。
お気に入りが見つかるといいですね。