サングラスのフレームの種類と特徴。女性向け似合う形の探し方

女性向けのサングラスもいろいろな種類があり、どれを選べばいいか悩む方は多いと思います。
形もさまざまな物があり、カラーもたくさんの種類があります。

サングラスの形にお悩みの方には、自分の輪郭から似合う形を探すのがおすすめです。
輪郭別に似合う形は違うので、これを覚えておけばメガネ探しの時にも役立ちます。

女性向けのサングラスのフレームの種類や、おすすめの形をご紹介します。

今は、サングラスはファッションの一部。いろいろなサングラスを店頭で試してみて、お気に入りを見つけて下さいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡の修理は他店でも可能?気になる眼鏡の修理について

眼鏡が壊れてしまったら購入した店舗に修理を頼むのが一般的ですが、引っ越しなどを理由に、購入した店舗に...

これって老眼?メガネを外すと見やすい近視の人の見え方

メガネを外すほうが手元がみやすいのは老眼の初期症状なのでしょうか?今まで使っていたメガネの度数が合わ...

サングラス【レディース】の選び方ポイントはバランス

レディースがサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 選び方を間違えて...

メガネの選び方【面長メンズ編】選び方の基本と似合うメガネ

「面長の自分にはどんなメガネが似合うんだろう」こんなお悩みを抱えている男性もいますよね。メガネの選び...

メガネの作り方!小さなお子さんや不器用な人でもできる簡単工作

お子さんが夏休みや冬休みの自由研究で悩んでいたら、工作でメガネを作ることを提案してみてはいかがでしょ...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

メガネ【メンズ】の選び方とは?メガネ選びのコツとポイント

いつも同じようなメガネのフレームを選んではいませんか?顔の印象が変わって見えるメガネは、なかなか服の...

眼鏡の調整が下手かどうかを見分ける方法と調整のタイミング

眼鏡の調整がいまいちしっくりきていないような…。もしかしてあのお店はフィッティングが下手なのでは...

メガネとコーディネートするときのポイント【レディース】編

メガネをかけるとどうしても地味に見えてしまいますよね。メガネをかけこなしている人とそうでない人に...

メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?...

サングラスの似合う形を顔のタイプ別に紹介します

日本人はサングラスが似合わないと思ってはいませんか?実はきちんと顔のタイプに合わせて選ぶことで似合う...

メガネのウェリントンが似合わない顔のタイプとは?選ぶポイント

メガネのウェリントンフレームが似合わないのはどんな顔のタイプの人なのでしょうか?誰にでも合いやすいと...

メガネと老眼鏡の違いとは?老眼鏡とわかりにくいメガネ

メガネと老眼鏡の違いとは?普段メガネをかけている人が老眼になったときには、どんなメガネに変わるのでし...

カラーレンズメガネの色別の印象は?メガネでオシャレを楽しもう

カラーレンズをファッションアイテムとして取り入れている人もたくさんいますよね。これからファッションア...

メガネのフレーム交換の値段はどのくらい?壊れたときの対処方法

メガネのフレーム交換だけしてもらいたいときにはどのくらいの値段がかかるのでしょうか?交換するフレ...

スポンサーリンク

サングラスで定番の使いやすい種類の形

サングラスで定番の使いやすい種類の形には、どういったものがあるのでしょうか?

  • ウェリントン型
    ウェリントンは、レンズの形が台形を逆さまにして、丸くさせたような形をしています。
    メガネとしても定番の形ですよね。
    レンズの大きさが大きいので、目を紫外線から守るのにも向いているタイプです。
  • オーバル型
    長丸を横にした形のレンズを持つ、オーバルも定番の形のひとつです。
    フチの太さでかなり印象が変わりますので、自分の服装の雰囲気に合ったものを選びましょう。
  • ボストン型
    ウェリントンよりもさらにレンズを丸くさせた形のボストンは、ウェリントンと同じように、多くの人に似合うタイプです。
    レトロな雰囲気も併せ持っていますので、あえてレトロ感を出したり、かっちりした服装の時もカジュアルダウンさせることの出来る形です。
  • スクエア型
    長四角を横にした形のスクエアは、メガネの時は真面目そうに見えますが、サングラスにすると雰囲気がガラリと変わります。
    レンズの縦幅が大きいものでしたら、カジュアルな雰囲気ですが、縦幅の狭いものにすると、強面な印象になるのも面白いところですよね。

サングラスをファッションのポイントに!おしゃれに見える種類の形

「サングラスをファッションのポイントに!」おしゃれに見える種類の形をご紹介します。

  • ラウンド型
    まんまるなレンズが特徴的なラウンド型は、オシャレな人なら一つは持っていると言っていいほど定番の形です。
    カジュアルな服装はもちろん、ワイルドな服装に合わせると、その辛さを軽くしてくれるのもおすすめポイントです。
  • ブロウ型
    フレームが上側だけにあるブロウ型ですが、フレームの上がブロウ(眉毛)に見えることからその呼び名がついたそうです。
    かけ方によって、ちょっと怖そうな印象になったり、その人に合っていないと、野暮ったく見えることもある、ちょっとクセのあるサングラスです。
  • ティアドロップ型
    パイロットの目を守るために開発され、レンズが涙の形をしたティアドロップ型は、見た目の格好良さだけではなく、機能の高さからも人気を集めるサングラスです。そんなティアドロップですが、かける人を選ぶ形とも言え、オシャレや外見に自信のある人ではないと、周りから浮いてしまうのが難しいところです。
  • バタフライ型
    レンズが外側に行くにつれて大きくなるバタフライ型は、その名前の通り、蝶々のハネのようになっています。
    見た目には派手ですが、レンズが大きいので紫外線を防ぐだけではなく、小顔効果もあるサングラスです。
    ただし、使う人はオシャレ上級者ではないと、使いこなすことが出来ないでしょう。
  • フォックス型
    フォックス型はレンズの形が狐のツリ目に似ていることから、その名がつけられました。
    ツリ目になっていますので、使いこなすのは難しいですが、ドレスと合わせるとエレガントな雰囲気も出すことが出来ます。
    リゾートなどの特別な時にかけると、その場の雰囲気に合いますが、普段街を歩く時はあまり馴染まないかも知れません。

サングラスの種類に迷ったら輪郭の形を参考に

サングラスの種類に迷ったら輪郭の形を参考にしてみてはいかがでしょうか。
人間の輪郭は主に「面長」、「丸顔」、「四角顔」そして「三角顔」の4つに分かれます。
自分の顔のタイプに合ったサングラスを選ぶと失敗しませんよ。

  • 面長
    顔が長めの面長さんは、その大人っぽい雰囲気を活かすサングラスをかけると良いでしょう。
    特にレンズの縦幅の大きい、「ウェリントン」や「ティアドロップ」がおすすめです。
  • 丸顔
    童顔に見られがちな丸顔さんは、「スクエア」や「ブロウ」のようにスタイリッシュなサングラスでバランスを取るのがおすすめです。
    より可愛さを出したい人は、「ボストン」や「ラウンド」のように丸いレンズをかけますと、その印象を強くすることが出来ます。
  • 四角顔
    フェイスラインのしっかりした四角顔さんは、「ボストン」や「オーバル」のように曲線のレンズをかけるようにすると、優しい雰囲気になっておすすめです。
    「ラウンド」なども、ファニーな雰囲気をプラスすることの出来る形です。
  • 三角顔
    顎のラインがシャープな三角顔さんは、「ボストン」や「スクエア」のようにレンズが大きいサングラスをかけると、シャープなフェイスラインを際立たせることが出来ます。

ただし、レンズが大きすぎると、顎の華奢さが強調されて、貧相なイメージに変わってしまう可能性がありますので、ご注意ください。

サングラスのカラーの種類と機能性

サングラスのレンズの色といえば、黒が一番に思い出されますが、もちろんそれ以外の色もありますよね。
それぞれのサングラスのカラーの種類と機能性についてもご紹介させていただきます。


  • ベーシックなサングラスのレンズのカラーですが、その色の濃さゆえ、日陰や夜など、暗い場所では他のものが見えづらくなるのが難点です。
    とはいえ、どんな服にでも合うのが一番の利点ですね。
  • グレー
    黒を薄くしたグレーは、周囲の景色を暗くしすぎないところが良いですよね。
    また、かけている人の目を見ることが出来ますので、会話する相手にも安心感を与えることが出来ます。
  • ブラウン
    日本人の肌の色との馴染みの良い、ブラウンもおすすめの色です。
    女性のカジュアルウェアにもよく合いますので、サングラス初心者にもおすすめの色です。
  • ブルー
    クールなイメージのブルーは、目が疲れづらいのがおすすめポイントです。
    運転やサイクリングなど、アウトドアの場面にもピッタリです。
  • グリーン
    目に優しい効果のあるグリーンも、アウトドアの場面で活躍します。
    アウトドア用のウェアとの色の相性も良いのが嬉しいところです。
  • イエロー、オレンジ
    見た目にファニーな印象のあるイエローですが、「サングラスをかけると視界が暗くなって嫌!」という人でも、視界を暗くしないので、そういった方におすすめの色です。
    ただし、日差しの強い場所では眩しさを感じてしまうかも知れませんので注意が必要です。
  • ピンク
    可愛らしい印象のあるピンクは、眩しさを軽減するというよりは、オシャレさを優先させる人におすすめの色です。
    肌色も明るく見えますので、見た目の美肌効果が欲しい人はこちらのサングラスにしてみると良いですよ。
  • パープル
    エレガントな印象のあるパープルもオシャレ優先のカラーと言えます。
    こちらもピンクと同様に見た目の美肌効果があり、特に肌の白さを強調させたい時におすすめのサングラスです。

眉毛が見えるか見えないかでも印象が違う

サングラスをかける時に、眉毛が見えるか見えないかでも印象が違うのはご存知でしたでしょうか?

サングラスを選ぶ時は、見た目や機能、それから自分に似合うかどうかで選ぶと思います。
もちろんそれが選ぶ上で重要なポイントですが、それだけではなく、「サングラスに対して自分の眉毛がどこにあるか」というのも重要になります。

サングラスをかける時にレンズが大きいと、眉毛が隠れる事がありますよね。
こういった場合は、クールでスタイリッシュな雰囲気を出すことが出来るでしょう。

次にサングラスから少しだけ眉毛が見える状態の場合ですと、これが理想と言われており、落ち着いた雰囲気が出て、話す相手にも眉毛での表情を伝えることが出来ます。

そして、サングラスから眉毛が大きく離れている場合はどうでしょうか。
この場合ですと、少しとぼけた雰囲気になってしまいますので、一歩間違うと間抜けな印象を与える恐れもあります。
とはいうものの、あえてそのように見せる着こなしもありますので、わざとサングラスを鼻の先までずらしてかけるやり方もあります。

そのようにして、サングラスには、種類や形、色だけではなく、着こなしにもさまざまなものがありますので、ご自身のファッションや用途に合わせたサングラスを選びましょう。