メガネのボストン型の特徴とは?この顔のタイプが似合う人

メガネのボストン型にはどのような特徴があるのでしょうか?似合う人の特徴とは?

メガネのフレームは違和感のないように新しいメガネにするときにも、ついつい以前と似たようなものを選んでしまいますよね。ボストン型のメガネに挑戦したいけれど、自分の顔のタイプに似合うのか似合わないのか知りたいという人はぜひ参考にしてみてください。

似合う人に当てはまらなくても選ぶときにちょっとしたことに気をつければ似合うものを見つけることができるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネを常用しなくてはいけない視力メガネをかけるタイミング

メガネを常用するようになる視力はどのくらいなのでしょうか?ゆるやかに視力が低下していると、メガネ...

目が細いとメガネが似合う?自分にピッタリなメガネの探し方

目が細いのがコンプレックス・・・。メガネをかけると細い目がさらに細く見えてしまう近視の人に似合うメガ...

メガネレンズの値段の違いとは?自分に合うメガネをかけよう

メガネのレンズには値段の違いがありますが、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?私は小学校3年生...

メガネのサイズの測り方とは?サイズを確認して眼鏡を選ぼう

メガネにはサイズが書いてあるのを知っていますか?測り方を知っておくのもいいですが、自分の顔のサイズに...

メガネの種類とは?名称と似合う顔のタイプを紹介します

いざ、メガネを選ぼうとしてもどんなものが自分に似合うのかわかりませんよね。そもそも、メガネにはどのよ...

眼鏡の調整が必要なときとは?鼻パッド部分の調整について

眼鏡の鼻パッド部分がなんだか合っていないような、この部分だけ調整にお店に行くのもなぁ、自分で直すこと...

サングラスを購入する際のメンズの度付きの選び方や相場をご紹介

かっこいいサングラスが欲しいけれど普段からメガネをかけているから、もし買うとしたら度付きのサングラス...

メガネの選び方。女性がメガネを決めるときはココがポイント

女性がメガネを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?印象が大きく変わってしまうメ...

サングラスのレンズに傷がついたときの対処方法と予防方法

サングラスのレンズにいつのまにか傷がついてしまった…。こんなときにはどうしたらいいのでしょうか?...

メガネのパッドが緑になるのはナゼ?原因と対処方法を紹介

いつのまにかメガネのパッドが緑になっていたという経験はありませんか?なぜこのような現象が起きてしまう...

メガネでオススメなのは?メンズのビジネス向きフレーム

ビジネスシーンでは相手にできるだけ良い印象を持たせたいですよね。知的で説得力の増すメガネですが、選び...

メガネのボストン型を女性がかけるときはココがポイント

メガネのボストン型とはどのようなメガネなのでしょうか?ボストン型のメガネが似合う女性のタイプとは?...

メガネでレディース【40代】に似合うものとは?メガネの選び方

40代女性に似合うメガネとはどんなメガネなのでしょうか?似合うメガネの探し方は顔の形や普段の服装...

メガネは使い分けたほうがいい?度数によっての違いとは

メガネは度数で使い分けをしたほうがいいのでしょうか?メガネをすると視力が下がる、メガネをかけないと負...

【メガネの選び方】顔の輪郭別、本当に似合うフレーム探しのコツ

新しいメガネを購入する時に、どうしても前のタイプに近い形のフレームを選んでしまうという方も少なくない...

スポンサーリンク

メガネのボストン型とは

ボストン型のメガネは逆三角形を丸くしたような、少しレトロで知的なイメージのフレームです。

このボストンタイプのフレームはアメリカのボストンで流行ったことをきっかけにこうした名前となって流通するようになりました。

真ん中より少し高い位置からのびたフレームは、シルエットとレトロ感がおしゃれだと流行しました。

クラシックタイプのメガネであるため、少し合わせるお洋服などを気にかけるとさらにドレスアップしたイメージになることも期待できます。

同じクラシックなタイプの丸メガネよりも似合う人が多く、癖がある見た目ではありますがかけてみるとうまく使えばおしゃれに見える万能なメガネといえます。

購入を悩んでいるなら、試してみてはいかがでしょうか。

メガネのボストン型が似合う人の特徴

かけてみたい、という気持ちだけでは流石においそれと購入できないメガネです。
ボストンタイプのフレームのメガネがどうしても合わない、ということも人によってはあります。

ボストン型のメガネフレームが似合う人は比較的丸顔以外の人

丸顔の人には直線的なフレームのほうがスッキリとした印象を付けられるので、ボストンタイプはなかなかハードルが高いです。

ボストンタイプのフレームを選ぶ際には以下のような特徴を捉えつつ、どのような形状のボストンタイプのものを選べばよいか悩みましょう。

ボストン型のメガネフレームと似合う顔型

  • 面長な人
    面長なお顔の方はボストンタイプの中でも縦幅がより広いものを選んでかけてみましょう。
    顔の長さをメガネの形状で緩和できるので、ボストンタイプの中でもしっくりとくるフレームのはずです。
  • 逆三角形な人
    輪郭が逆三角形なお顔の方は丸に近い形のボストンタイプのフレームを選んでみましょう。
    ちょっとはっきりとした印象になりがちな輪郭を丸に近い形のフレームが中和してくれます。
  • ベース顔型の人
    ベース顔の方には丸に近い形のボストンフレームが似合います。
    丸みが輪郭の角ばった印象を丸くしてくれます。

こういった特徴を捉えつつ、似合うボストンタイプのフレームに出会えるよう探してみましょう。

メガネのボストン型が似合う人とはイメージに近づく方法

ボストンタイプのフレームが似合う人になるために、どんなイメージを持ったフレームかということを考えながら選んでいくことも大切です。

フレームは形の他にも素材でイメージがずいぶん違います。
ボストンフレームもそれは同じことなので、どんな素材がそのフレームにどんなイメージを与えているか考えてみましょう。

メガネの素材によるイメージの違い

  • すべてメタル素材のボストンフレーム
    顔なじみがよく、知的で洗練されたイメージを持つフレーム。
  • フロントがメタル素材×テンプルがセルフレーム
    横から見たときと正面から見たときのイメージが違うため個性的な雰囲気を持っています。
  • すべてセルフレームで太めなタイプ
    顔に強めな印象を残せるフレーム

このように素材でもイメージが大きく異なります。
ボストンフレームはビジネスでもカジュアルでも取り入れやすいフレームですので、自分のなりたいイメージや似合うイメージを持った素材のフレームを選んでおきたいですね

メガネのボストン型が似合うよう、ここもチェック

顔の形やフレームの素材なども気にしながら選ぶほうがいいですが、メガネを選ぶ際には、フレームの太さや有無なども含めて考えていくとさらに自分に似合うものの幅を広げて考えられます。

フレームの太さに関していえば、同じカタチのフレームでもずいぶんイメージが変わります。
自分の顔に合ったフレームの太さというものがあるため、同じ形でもフレームの細いもの、太いものなどいろいろ試してみることをおすすめします。
意外と自分に似合う太さのフレームなら憧れの形のメガネを掛けられるかもしれません。
リムの有無でいうと、レンズの周りにフレームが合ったほうが似合う人、無いほうが似合う人などなどいろいろあります。
メガネのタイプにもよりますが、レンズ周りのフレームの有無だけで顔の印象は変わります。

このリムが無いものは表情を遮ることなく顔に馴染むため、インパクトは弱いですが、目元の印象を大事にできます。

こうしたフレームのことだけでもいろいろな違いがありますので、とにかく色々なタイプを試して見るだけでも、似合うものが見つかる可能性はあります。

顔の形はボストン向きなのになぜかメガネが似合わない原因

顔の形はボストンフレームに似合う形のはずなのに、かけてみるとなんだかしっくりこない、という方もいらっしゃいます。

ボストン向きの顔の形をしていても、顔の印象を決めているのは底だけではないため、なんだか似合わない、しっくりこないといったことが起きてしまうのです。

顔の印象を左右しているのは顔型もそうですが、輪郭や目の形、肌の色や髪型などでも大きく変わってきます。

もしかすると選んだボストンタイプのフレームの形と、顔のパーツの位置が合っていないのかもしれませんし、肌の色とフレームの色が合わない、馴染んでいないといったことが起きているのかもしれません。

他にも前髪との相性が悪かったり、髪型のイメージとメガネのイメージが上手く噛み合っていなかったりといろいろな原因が考えられます。

単にメガネが合っていないのではなく、そのフレームの形のこの髪型が合わないのかもしれない、というような形の原因である可能性も考えつつ、フレームを選びましょう。

ボストンタイプのメガネはうまくハマれば本当におしゃれに決まります。
いろいろなポイントを抑えつつ、お気に入りのメガネを見つけられるといいですね。