カラーレンズをメガネに入れるポイントと女性に似合うカラー選び

カラーレンズというとサングラスを思い浮かべますが、普段使いのメガネや、仕事に使うメガネのレンズをカラーレンズに変えることも可能です。

しかし気になるのは、カラーレンズは仕事場で浮いてしまわないか、マナー違反ではないのか?という点です。実はカラーの濃度を変えることで仕事場でも、普段でも違和感なく使用することが可能です。

そこでおすすめのレンズの濃度、また女性のカラーレンズの選び方、似合うカラーについて紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネサイズの選び方。自分に一番似合うメガネを見つける方法

メガネサイズの選び方に困っていませんか?メガネ屋さんに行くと色々な形をしたメガネが揃っているため...

メガネのフレームなしタイプは知的に見せたい女子におすすめ

メガネ女子の間で密かに気になっているのが、フレームなしタイプのメガネ。フレームなしのメガネをかけ...

眼鏡のレンズの仕組みと目が小さくならない眼鏡の選び方を解説

眼鏡女子にとって、目が小さく見える現象は避けたいものですが、近視が進行すると眼鏡のレンズを替える必要...

メガネと老眼鏡、両方の特徴を持つ遠近両用メガネについて

遠くのものが見えにくくメガネを使用しているのに、今度は近くのものが見えにくい!これって老眼が始まった...

スポンサーリンク

仕事用のメガネでもOK?カラーレンズは濃度が重要

子供を出産してからは年月の経過が異常に早い気がします。子供が小さいうちはドタバタとした毎日を過ごし子供がある程度成長して少し時間にゆとりができました。そうして自分の顔をゆっくりとみる時間ができて見ると…老けた自分が鏡にうつっていました。もう40代に突入したのでこんなものかとも思いますが、目の下のくまやシワなどの寄れた感じがどうにも気になります。目の周りのシワに効く美容液などを使ってみても劇的な効果はみられません。
そんな時によい事を思いつきました。私は普段メガネをかけているので、色の付いたメガネに替えると手っ取り早く目の周りの老化を隠せるのではないかと思ったのです。
早速カラーレンズのメガネについて調べてみました。
まず気になったのが、私は仕事をしているので、仕事をしている時にカラーレンズのメガネをかけるとマナー違反になってしまうのかどうかという点です。

カラーレンズはお客様や取引先の方など外部の人によく合う職業では使用しない方が良いということです。

カラーレンズの色の濃さにもよりますが、色が入っているとわかり目元がカバーできるには15パーセント程度の色が必要です。そかし、そのくらい色が入ると周囲から明らかに色が付いたメガネと分かるので、サングラスをかけていると認識されてしまう場合もあります。お店で店員さんがサングラスをかけていたり、仕事で接する初対面の人がサングラスをかけていると「何だろう?」と違和感を感じます。接客業や仕事で多くの人と接するような職業ではカラーレンズはかけない方が良いでしょう。
しかし、事務職などでいつも同じ職場のメンバーとだけ働く場合には、最初に「カラーレンズのメガネにしました」と説明しておくと問題ないと思われます。
カラーレンズが受け入れられるかどうかは職場次第と言えるようです。

女性のメガネのカラーレンズ選びのポイント

私の職場はお客様に接する事は殆ど無い職業なのでカラーレンズは大丈夫そうです。
そこで、カラーレンズのメガネ作りを勧めるべく、レンズの色を選びたいと思います。
顔の中で目の周りは最も人からもよく見られる場所です。そこを覆う色は顔の印象に大きく影響を与えます。自分に最も似合う色を選びたいものです。
顔の上に重なるものなので肌の色、髪の毛の色などが関係しますが、最も影響が強いのは唇の色です。しかし、もともとの自分の唇の色ではなく、よく使用する口紅の色が影響します。顔の中で最も色みの強い部分は唇なのでその影響も大きくなるのです。
口紅を一本使い切ると次は何色にしようかと迷います。口紅の色の種類は非常に豊富だからです。しかし、色は大まかな系統に分類されます。メガネは一本作るとそうそう買い換えないものなので、口紅の色の分類は非常に大まかに2系統に分類してあうカラーレンズの色を考えます。
口紅の色がピンクやパープル系などのローズ系の場合には、ブルー系のカラーレンズが似合います。ブルーをはじめ青みがかったピンク、パープルなども含みます。
口紅の色がレッドやブラウン、ベージュなどのオレンジ系の場合には、ブラウン系のカラーレンズが似合います。オレンジやブラウン系のピンク、コーラルなどです。

カラーレンズは肌の色と重なるものなので、肌の色が濃いめの場合には色のトーンが低いものを、肌の色が白い場合にはクリアーな綺麗な色を選ぶと良いでしょう。

自分に似合うカラーレンズメガネを付けている女性はどう見えるのか

色にはパワーがあります。正確には人が色を認識したときに脳が反応して好ましく思うとプラスの作用があり、不快に思うとマイナスの作用が起こります。赤くてオレンジ色にグラデーションになった夕焼けや青い宝石のような海の色を見ると人はとても気持ちがプラスに傾くものです。芸術家は自然が美しい地域の出身者が多いと言われています。美しい景色や色は人間にとってはとても影響力のある存在なのです。
そのため自分に似合うカラーレンズを身につけていると自分の気持ちも上がり、周囲からも素敵に見られることは確かです。

自分に合ったカラーレンズを身につけていると、顔色が良く見えて溌剌とした印象を与えます。若く見えて自分にも自身がつくので明るく活動的になれるでしょう。

カラーレンズ別!与える印象や効果について

カラーレンズのメガネはおしゃれさだけではなく実用性もあります。
それは色によって異なります。
ブラウン系は視野の輪郭をしっかりとさせることができ、優しい印象になります。
ブルー系は肌のくすみを抑えてくれて、クールな印象になります。
グリーン系は肌の赤みを抑えてくれます。また自然な見え方で気持ちが安らぎます。
ピンク系は肌の色が明るく見えて若々しく見えます。可愛らしい印象になり楽しい気持ちになります。

女性が似合うサングラスを選ぶコツ

カラーレンズの色を濃くするとサングラスになります。

似合うサングラスを選ぶ時のポイントは、レンズの上のフレーム部分と眉毛の重なりです。眉毛全体がフレームから出てしまうと間の抜けた印象になってしまいます。できるだけ眉毛が隠れるものを選ぶと自然な印象になります。
フレームの幅が顔幅と同じくらいもものを選ぶとバランスが良くなります。レンズの大きさは、面長の顔の場合にはある程度大きめのものを、丸顔などで顔の長さが短い場合にはレンズの縦の長さが短いものを選ぶと良いでしょう。