メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲気のあるメガネが向いていますよね。

そんなビジネスシーンにおすすめなのがメガネのフレームなしのリムタイプです。ツーポイントとも言われているこのメガネの特徴とは?

今よりも大人に見せたい人におすすめなメガネのフレームなしについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネに付いた傷は自分で研磨できるの?レンズの傷について

メガネのレンズに付いた傷を自分で研磨して、キレイにしたい!でも、ちょっと待ってください。...

サングラスのフレームに歪みが出た時の対処方法について知りたい

太陽の眩しさが気になるアウトドアなどの場面で欠かせないサングラスですが、何度もかけているうちに起きる...

メガネをかけても可愛いと言われる髪型にするなら

メガネを好きな男性は意外と多いのはご存知でしたでしょうか?しかし、メガネをかけると、顔の印象が大...

眼鏡の調整が必要なときとは?鼻パッド部分の調整について

眼鏡の鼻パッド部分がなんだか合っていないような、この部分だけ調整にお店に行くのもなぁ、自分で直すこと...

老眼用メガネの選び方!自分にピッタリを探す正しい方法を紹介

老眼用のメガネの選び方とは、どんなことに気をつけて選んだらいいのかわからないという人もいるでしょう。...

メガネをプレゼントするならこのフレーム!彼氏にあげたいメガネ

そういえば、ブルーライトメガネが欲しいと言っていたような・・彼氏にメガネをプレゼントしたいけれど、ど...

メガネの黒縁をかけるなら細いもの!オススメな理由とは

黒縁メガネは、真面目な印象を与えることができるファッションアイテムですが、付け方を間違えてしまうと地...

メガネは黒縁?それともべっ甲?迷った時は似合うほうに決めよう

もう何年も黒縁メガネをかけているけれど、べっ甲メガネは自分に似合うのだろうか・・と迷ったときには、ま...

メガネのネジのゆるみを解消するには?購入店へ相談するのが一番

メガネのネジがゆるみ不安定な状態を改善するには、ネジを締め直す必要があります。自分でネジを締め直...

メガネの違和感に慣れない原因と改善するための対処法を紹介

メガネをかけて違和感を感じても、じきに慣れるだろうとそのまま使い続けてしまうことはありませんか?それ...

メガネが似合わない人はいない?似合う人の特徴を真似しよう

メガネが似合わないからいつもコンタクトをしているけれど、最近目の疲れがひどい・・という人は似合うメガ...

メガネの印象でどう変わる?女性のメガネはココがポイント

女性のメガネ姿からはどのような印象を受けやすいのでしょうか?メガネをかけると、きつく見られてしま...

メガネの傷消しについてレンズに付いた小さな傷への対処法とは

メガネの傷消しについて、レンズに小さな傷を発見したら、なんとか自分で傷消しができないものかと考えてし...

メガネのネジの締め方とは。ネジなのでドライバーで締めます

メガネのネジって、とっても小さいですよね?その、小さいネジをよく見ると、きちんとプラスかマイ...

メガネの似合う色の選び方ポイントとは?髪や肌の色

メガネを初めて買うときには似合う色が何色なのか気になりますよね。選び方を間違えてしまうと、顔色が悪く...

スポンサーリンク

メガネのフレームなしの特徴とは雰囲気を変えたくない男性におすすめ

メガネっ子のイメージが強いあなた。それは学生時代から掛けてきた眼鏡の影響もあるかもしれません。メガネっ子というだけあって、その響きからも大人のイメージは伺えません。

折角、社会人になったのですから、もっとイメージを変えたい、かといってコンタクトにするにはなんとも勇気が必要なのも事実です。

そこで、顔の印象や雰囲気をそれほど変えたくない、それでいてメガネっ子のイメージを排除したいというあなたにオススメなのが、このフレームの無いメガネです。

一般的に縁無しメガネやリムレスメガネと呼ばれ、レンズとメガネフレームを2箇所で留めているのでツーポイント型メガネとも呼ばれています。

フレームがないので、その分軽くなり、見た目も自然です。メガネを掛けても、素顔と印象がさほど変わる事はありません。メガネが自体が目立ちにくいので、かけているような感じが強くなることもありません。はじめてメガネをかける人、印象を変えたくない人にはオススメです。

しかし、レンズ自体に穴を開けて金具で留めなければならないため、強度はやや乏しく、取扱には十分な注意が必要です。通常の眼鏡は、リムでレンズを守っています。ツーポイント型メガネはテンプルとブリッジのみでレンズを支えているので、レンズを保護するものがありません。落としたときにも壊れやすくなります。

部品もすくないので、ネジがグラつくこともあります。スポーツする人や、激しい動きの仕事が多い人は避けるべきでしょう。安全面の関係から、ガラスで作ることはできないのも特徴の一つです。

メガネのフレームなしが似合う男性はこの顔タイプ

主張しすぎない、それでいてオシャレなメガネと言えばフレームなしのメガネではないでしょうか。果たして、どんな顔の男性にこのフレームなしのメガネが似合うのでしょう。
丸顔の人には、スクエア型、フォックス型、ハーフリムやリムレスが似合います。四角顔の人には、オーバル型やラウンド型、ボストン型やリムレスがオススメです。三角顔の人には、オーバル型やラウンド型、リムレスが良いでしょう。

ここでお気づきだとおもいますが、要は、殆どの顔のタイプにこのフレームなしのリムレスメガネは違和感なく似合ってしまうのです。メガネが似合わないと悩んでいる人や、どんなメガネを掛けたら良いのか、どんなメガネを選べばよいのか迷っている人こそ、メガネ自体が目立ちにくい、このフレームなしのリムレスメガネを選ぶことをオススメします。
顔のタイプは関係ありません。それでいて、エレガントさや知的さだけでなく、シャープな印象を与えることができる万能なメガネと言えるでしょう。

メガネのフレームなし「リムレス」はビジネスシーンにもおすすめ

フレームなしのメガネ「リムレス」のメガネは、最も目立たないメガネとも言われています。よって、どんなファッションのときでも、違和感なく使用可能です。

プライベートのときだけでなく、スーツなどとも相性は抜群です。ビジネスシーンで使用すれば、知的でクール、それでいて理性的な雰囲気を出すことができ、デキる男という印象に変化します。

ビジネスシーンにおいて、第一印象はとても大切です。他の人とも差を付けるためにも、是非、このリムレスのメガネを選んでみてはどうでしょうか。

フレームなしのリムレスメガネと一言で言えども、レンズの形は様々です。もし、他の人と差を付けたい、更にお洒落でデキる人と思われたいというのであれば、レンズの形で個性を出すのも良いかも知れません。

勿論特殊な形にするのは難しいことですか、オーバル型やウェリントン型やボストン型のレンズにすることは可能でしょう。

デメリットは?メガネのフレームなしは使い分けが○

但し、最初にも述べたように、リムレスはフレームなしのメガネであるため、レンズ自体に穴を開けて金具で留めています。そのため、通常のフレームありのメガネと比較すると、強度に欠けています。激しい動きの仕事が多い人は避けるべきです。

レンズを留めているネジが、古くなってくると外れやすくなることもあります。こまめにねじを締め直さなければなりません。その様なことを繰り返していると、フィッティングさえも不可能になり、しまいには買い換えなければならないこともあります。

レンズを留めているネジは、汗や皮脂の影響を受けやすく変色しやすいため、こまめにメンテナンスする必要があります。リムレスのメガネを使用している人は、定期的にメガネ店へ出向くことが大切です。

リムレスメガネは、目立たない上にシャープな印象を与えることができるため、男性にも女性にも人気のある理想的なメガネです。その一方で、メガネの寿命が比較的短く、ネジも汚れやすいというデメリットもあります。直接レンズにネジでメガネを留めているため、ネジが視界に入ることに違和感を覚える人もいるかもしれません。

グラついてきたフレームなしメガネをかけ続けていると、目の焦点が合わなく、快適な視界が得られずに目に負担をかけてしまうこともあるでしょう。

ですから、定期的に、メガネ店へ出向いてフィッティングやメンテナンスができるという前提で、このリムレスメガネを選ぶことが賢明です。

コンタクトレンズや、フレームありのメガネなど、リムレスメガネに変わるものと、用途によって使い分けをすることが最もベストな方法かもしれません。運動などをするときには、フレームのあるメガネやコンタクトレンズを使用することが無難です。使い分けできてこそ、オシャレでかっこいい大人の男性をアピールすることができるのです。

メガネのフレームなしが似合う男性コーデとは

フレームなしのリムレスメガネに似合う男性のコーデも気になるところだと思います。リムレスはリムがない分、主張しすぎず、無駄な装飾もないためどんな顔や服装にも自然に馴染んでくれます。

とは言え、普段のファッションではイマイチ、キマらないとお悩みのあなた。リムレスのメガネだからこそ、ファッションにメリハリを付けてあげることで季節感を出したり、トレンドを取り入れたりすることが大切になります。

クセのないシンプルなリムレスでは、どうしても顔周りが寂しくなってしまうというあなた。存在感を強調できるようなアクセサリーを取り入れて、視線をそこに集中させてみてはどうでしょうか。男性なら、ちょっとゴツめな、インディアンジュエリーなどを取り入れるのも良いでしょう。

また、足元も骨太なブーツがオススメです。男性らしさを強調することができます。これはリムレスタイプのメガネだからこそデキる技です。野暮ったい雰囲気を排除し、洗練されたスマートな男性を醸し出すことができます。

ビジネスシーンであれば、アクセサリーを身に着けたり足元をブーツにするわけには行きませんが、ちょっと癖のある時計や、靴にも高級感を出すと、あなたの印象もガラリと変わります。ベルトや小物などで、統一感を出しても、嫌味がなくカッコよく決まるのは、このフレームなしのメガネの効果とも言えるでしょう。

フレームなしのメガネは、主張しすぎず大人の魅力を最大限に引き出すというメリットもある一方、強度が弱いなどのデメリットもあります。リムレスメガネのメリットとデメリットをしっかりと理解しつつ、このメガネをかけ熟してこそ、本当に魅力的な大人の男性と言えるのかもしれません。