メガネにブルーライトカットやUVカットは必要?特徴をご紹介

メガネを購入するときに迷ってしまうのがブルーライトカットやuvカットのオプションではないでしょうか?

パソコンをよく使う人や、スマホをよく見る人はブルーライトカットメガネにしたほうがいいのでしょうか?また、メガネのuvカットとはどんな特徴があるのでしょう。紫外線をカットしてくれるのはサングラスのような色の濃いレンズではなく、紫外線透過率というものが大きく関係しています。

これからメガネを買う予定の人は、自分の生活に合ったメガネを選べるようにブルーライトカットやuvカットについて知っておくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスとメガネは違いがあるようで違いがない

サングラスとメガネにはどのような違いがあるのでしょうか?レンズの黒いものがサングラスで透明なものがメ...

サングラスは偏光レンズと調光レンズどちらがいい?特徴をご紹介

車を運転するときに、眩しくてよく見えないというときはありませんか?サンバイザーを下げても西日のときに...

サングラスレンズの黄色はどんなシーンに役立つ?色の特徴

サングラスのレンズはどんな色にしたらいいのか迷ってしまいますよね。サングラスの色はシーン別に得意とす...

サングラスに求める効果とは。大切なのはレンズの色ではない

 サングラスに求める効果はなんでしょうか? 変装したいという方や、メイクをしていないからなど...

メガネが似合うコーデ【冬】のポイントを紹介します

冬のコーデはなんとなく重くなりがち。メガネをするとなおさら地味に見えてしまう、そんな悩みを解決するコ...

メガネの傷を修理したい。自己流がオススメ出来ない理由とは

2・3年使っていると愛用のメガネが曇ったように感じませんか?実はそれには、細かな傷がついてしまっ...

メガネで髪型がショートな女子のオススメヘアアレンジ方法

ショートとメガネは相性が良いのを知っていますか?メガネをかけるとどうしても真面目っぽく見えてしまう、...

サングラスフレームの色は黒?ブラウン?選ぶポイントを紹介

サングラスのフレームはどんな色だとしっくりくるのでしょうか?まだまだサングラスをかけることに抵抗のあ...

サングラスは安物でも効果はあるの?紫外線対策はココを確認

サングラスの安物は効果がないどころか、紫外線対策には向いていない?!色の濃いサングラスをかけていれば...

メガネとファッションの相性は大切!男性向けメガネの選び方

自分に合ったメガネ選びに迷った時には、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。失敗のないメ...

メガネの横幅が小さい!自分にピッタリなメガネを選ぶ方法

メガネの横幅が小さいと、メガネの掛け心地が悪くなって日常生活も過ごしにくくなってしまいます。できれば...

男性のメガネから心理がわかる?メガネ男子の気持ちを見抜く

あなたの好きな人はどんなメガネをかけていますか?顔の印象が大きく変わるメガネはかけている人の心理が隠...

サングラスのフレームに歪みが出た時の対処方法について知りたい

太陽の眩しさが気になるアウトドアなどの場面で欠かせないサングラスですが、何度もかけているうちに起きる...

サングラスで紫外線対策効果の強いものは?選び方のポイント

サングラスで紫外線対策が強いものが欲しいときには、どんな選び方をしたらいいのでしょうか?イメ...

メガネはウェリントン型にしよう!レディース向けの選び方

面長の人に似合うと言われるウェリントン型のメガネ。しかし、どんな種類や色のメガネを選べばよいのかわか...

スポンサーリンク

ブルーライトは必ずしもカットしなければいけないものではない

パソコンや携帯電話が復旧し、後にスマートフォンが発売されたことによって私たちが画面を見る機会は増えてきました。
何時間も一つの画面を見ることは疲れてしまうことです。
しかし必要な情報を得るためには止められません。
そんな酷使している目を守るために、ブルーライトをカットするメガネが登場しています。

ブルーライトとは

可視光線の380mmから500mmの紫から青色の短波長光のことを言います。このブルーライトはパソコンや携帯電話だけではなくテレビにもあります。
画面の明るさを強調させるため、ブルーライトが強く発光しているのです。

予備知識がない場合はブルーライトは悪いものだと認識されてしまいますが、ブルーライトは昼間には体に良いものと言われています。
それは人はブルーライトを浴びた瞬間に「活動が始まる」と認識したり、体内の時計センサーとしての役割がブルーライトにはあるからなのです。

なぜブルーライトは体に悪影響を与えると思ってしまうのか

それはブルーライトを浴びる時間と関係しています。
ブルーライトを夜に浴びてしまうと、体内の時計センサーが「まだ昼間だ」と勘違いしてしまうのです。
そうすることによって体には不調が起きてしまいますし、目にも負担がかかってしまうのです。
ブルーライトは決して悪いものではありません。
しかし長時間画面に向かって作業をしている人など、眼精疲労を感じる方はブルーライトが原因の場合があります。
そのような場合にはブルーライトカットができるメガネがオススメなのです。

メガネのブルーライトカットとは

実は人が生活している日常の中にはブルーライトが沢山存在しています。
先程紹介したパソコンやスマートフォン、テレビだけではなく、LED照明の光にもブルーライトが含まれているのです。

なぜブルーライトがあると眼精疲労を起こしてしまうのか

それはブルーライトが大気中の粒子と衝突して散らかってしまう性質があることが関係しています。
その性質が眩しさの原因となっており、眼精疲労を引き起こしてしまうのです。

ブルーライトは睡眠障害とも大きく関係している

夜睡眠前にブルーライトが含まれるスマートフォンを操作することで、目を刺激してしまい脳を活性化させてしまうのです。
様々なブルーライトから得られる障がいを軽減させるためにも、ブルーライトカットのメガネは活躍してくれます。
最も手軽で簡単なブルーライト対策と言えるでしょう。
スマートフォンだけであればブルーライトをカットするシートなどがありますので、それで対応できるかもしれません。
しかしブルーライトは他の光からも出ているので、全てをカットするためにはメガネをかけることが一番なのです。

ブルーライトカットメガネの特徴は光を浴びるとメガネのレンズが青く光ること

これはブルーライトをカットするためにレンズが青い光を反射しているためです。
室内ではあまり感じないかもしれませんが、外に出てブルーライトカットメガネを着用しているとレンズが青くなります。
改良されているブルーライトカットメガネは違和感を感じない透明な物もあります。
透明であれば、普段からブルーライトカットをカットもできるので一石二鳥で使えることができるでしょう。

メガネのUVカットとは

紫外線を気にする女性は多いです。
日焼けを防止するために、小まめに日焼け止めクリームなどで対策をしている人もいるかもしれません。
実は紫外線は目にも影響を与えているのです。
紫外線は長時間浴びることによって、白内障や黄斑変性症などの病気を引き起こす可能性があります。
他にも視界が歪んだり、見えなくなってしまう可能性もあり、長時間外出をする際には目を紫外線から守ることも必要なのです。

紫外線から目を守るためにはUVカットメガネがオススメ

UVカットメガネと聞くと紫外線をカットするために色の濃いレンズが使われていると思う人もいるでしょう。
しかし色の濃さは紫外線をカットすることに影響はありません。
影響がないと言うことは透明なレンズのメガネであってもUVカットをすることができるのです。
そのためUVカットメガネでも、デザインが多くあり選ぶ幅は広がります。
デザインが多彩であれば自分に似合うものを選びたくなってしまうことでしょう。

UVカットメガネを選ぶ上で最も重要なことは紫外線透過率が低いメガネを選ぶこと

紫外線透過率とは紫外線をどれだけ通過させるかと表した数値のことです。
この数値が低ければUVカットの効果が高いと言われています。
メガネ店に行くと、しっかりと数値が明示されているので、購入する際には確認することをオススメします。

メガネをかけることでUVケアができます

紫外線をカットすることは重要なことです。
しかし多くの人は紫外線は夏の暑い時期にだけ予防しているのではないでしょうか。
実は紫外線は1年中あるもので、いつも予防する必要があるのですが、なぜ夏場だけと思う人が多いのでしょうか。
それは紫外線は夏場の時期に非常に強くなるからです。
ただ冬の時期であっても、スキー場で日焼けをしてしまったと言う人も聞いたことがないでしょうか。
これは砂や雪面は紫外線を強く反射してしまうために、日焼けをしてしまうのです。
冬でも紫外線はしっかりとケアしなければいけません。

紫外線の恐ろしい所は、目に紫外線を浴びても肌が黒くなったりシミやそばかすができてしまうのです。
それは目に紫外線が当たることによって脳に「メラニンを作れ」と信号が行くためです。肌だけではなく目もしっかりとした紫外線をしなければいけないのです。
目から紫外線を守るためにはUVカットメガネが活躍します。

UVカットメガネは普通のメガネレンズとは違う

レンズに通る紫外線を吸収したり反射させることができます。
メガネをするだけで紫外線を対策することができるのは手軽でオススメです。

お店によってはUVカットメガネと言っても種類があります。
例えば正面からの紫外線だけではなくレンズの裏側の反射によって入る紫外線をカットするものもあるようです。
お店によってお値段も違いますし、オプションを付けるかつけないかで料金が変動する場合もあります。
自分の使う用途に合わせて、UVカットメガネを作ってみてください。

ブルーライトとUVカットをつけたメガネの相場とは

メガネを選ぶ時には必ずメガネ屋さんに行くことでしょう。
そこで購入するメガネはおそらく、ブルーライトをカットするだけのメガネを選ぶのではなく、自分に合った度が入ったメガネを購入することでしょう。
確かにブルーライトカットやUVカットは生活する上で重要なことですが、人の中には重要視していない人もいるのです。

メガネ屋さんのブルーライトカットやUVカットはオプションとして付けられている

あるお店では対象レンズを購入することで、オプションでブルーライトカットやUVカットを付けることができるなどのキャンペーンをしていました。
まずはメガネ屋ではブルーライトカットなどの用途を考えるのではなく、しっかりと自分の視力あったメガネを作るようにしてください。

メガネ屋さんでは店員さんが対応してくれることが多いです。
その際に自分は紫外線を気にしているや、パソコンを見る時間が多いのでブルーライトカットにも興味があると伝えておくことで、レンズにブルーライトカットなどを付けてくれることでしょう。
レンズはお店によって価格は様々です。
数千円くらいでオプションで付けることができるお店が多いようです。