眼鏡の度数は弱めたほうがいい?大切なのは目の個性を知ること

眼鏡の度数はきちんと視力検査をして合わせたはずなのに、なんだか目が疲れる、ずっとかけているのが辛いというときには、よく見えすぎているのかもしれません。

視力を矯正するために眼鏡をかけるのに、度数を弱めたほうが見やすくなるのはなぜなのでしょうか?

眼鏡の度数は弱めたほうがいいのはどんな仕事をしている人?眼鏡が合わない、疲れる人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのパッドが緑になるのはナゼ?原因と対処方法を紹介

いつのまにかメガネのパッドが緑になっていたという経験はありませんか?なぜこのような現象が起きてしまう...

メガネの黒縁で大きめをかけるのは止めましょう!メガネの選び方

メガネの黒縁は大きめをかけとけば小顔に見える、可愛く見えると思ってはいませんか?確かに、黒縁...

ウェリントンメガネとは?特徴や受ける印象、コーデ術を紹介

ウェリントンメガネとはどんなメガネなのでしょうか?顔の印象が大きく変わるメガネだからこそ、自分に似合...

セルロイドとアセテートのメガネフレームの違い!特徴と長所

メガネのフレームは、大きく分けると金属系フレームとプラスチックフレームに分類されます。そして、プ...

メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲...

メガネをかけた女性は仕事ができるように見える?メガネの選び方

仕事ができる女性に見られたいのなら、おすすめはメガネをかけることです。しかし、メガネをかけることで印...

メガネのネジの締め方とは。ネジなのでドライバーで締めます

メガネのネジって、とっても小さいですよね?その、小さいネジをよく見ると、きちんとプラスかマイ...

サングラスの横幅が合わない。調整する方法や対処方法

サングラスの横幅が合わないときには調整が必要ですが、他のお店で購入したものでも直してもらうことはでき...

メガネで目が小さく見える時のメイク方法!近視女子のお悩み解決

近視用のメガネをかけている女性の中には、メガネのせいで目が小さく見えてしまう事に頭を悩ませている人も...

メガネの選び方。女性がメガネを決めるときはココがポイント

女性がメガネを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?印象が大きく変わってしまうメ...

メガネケースを手作りしたい人必見!簡単な作り方を紹介します

メガネケースを手作りする人が増えてきていますが、裁縫が苦手だと作れないのではないかと思ってしまうこと...

運転免許取得に必要な視力とメガネ等と明記された場合の注意点

運転免許を取得するには、視力検査をパスしなければなりません。不合格になってしまった場合はメガネ着用が...

メガネの違和感に慣れない原因と改善するための対処法を紹介

メガネをかけて違和感を感じても、じきに慣れるだろうとそのまま使い続けてしまうことはありませんか?それ...

サングラスの選び方は眉毛で決まる!似合うサングラスの見つけ方

サングラスでクールに決めたいのに、なぜか面白くなってしまった、こんなことはありませんか?サングラスの...

【メガネの選び方】顔の輪郭別、本当に似合うフレーム探しのコツ

新しいメガネを購入する時に、どうしても前のタイプに近い形のフレームを選んでしまうという方も少なくない...

スポンサーリンク

眼鏡で度数を弱めにするのは良いこと?悪いこと?

視力検査の結果、1.0まで見えるくらいに矯正できるけれど、0.8くらいの矯正力のメガネにしてみたらなんだか目が楽になった。

こんなお話を聞いたことのある方がこのページをご覧下さっているかと思います。

この話は完璧な嘘というわけでも無いのですが、実際のところこの方法には『個人差による』ものだという結論になります。

これは何故かと言うと、メガネで矯正している目は人により違い、すこし矯正力を落とすことがその目にとって良い事とは限らないからです。

そもそも同じような生活環境でも、視力が低くなる人とそうでない人がいることからも、このことは個人差のあることだとわかります。

度数を弱めなメガネにして楽になる人の理由

『近くのピント合わせが楽になった』からなのだと言えそうですが、そうでもないかもしれません。

ピントを合わせるという行動はふたつの目が一緒に動くことです。
一緒に動き手元などの近くを見たとき、目は寄り目に近い状態が起こっていると思います。

この寄り目の状態では遠くがはっきり見えるという事はほぼ無いと思われます。

ここで生まれてくるのが、目は遠くをぼやけさせているというか、勝手に近くにピントを合わせてくれている、という状態です。

もし度数の弱いメガネを使用していたら、この状態が目に起きたとき、ピント合わせの機能をサボらせていることになります。

度数の弱い眼鏡をかけ続けた場合

上手くピントが合わせられなくなってくる可能性も十分考えられるでしょう。

こうした見方をしていくと、一概に度数の弱いメガネのほうが楽ができる、とは言い難いですね。

眼鏡の度数を弱めにしたほうがいい人

一概に良いとは言えないと申しましたが、弱めの度数のメガネをお薦めケースもあります。

近くをよく見る人には度数弱めを勧める

近くをよく見る人なら遠くまではっきり見える必要は余りありません。
あまりにも弱すぎても問題ですが、近くのものを見る機会が多い、手作業を仕事にしている方やスマートフォンやパソコンを使う機会が人一倍多い場合は少し弱いくらいの度数のもののほうが目が疲れにくくなるかもしれません。

これは矯正がしっかりなされているがために目が疲れやすくなるという『過矯正』という状態を避けることに繋がります。

もし近視の場合などは度数が強すぎて過矯正の状態にあるがために、目が疲れやすくなっているという状態が起きやすいです。

なんだか目が疲れやすいと感じているメガネユーザーさんは、度数の見直しをしても良いかもしれませんね。

弱めの度数で作るPC眼鏡の選び方

近くを見ることが多い方はメガネの使い分けでより目を疲れさせすぎることなく、かつ安全に暮らしていける環境を作ることができます。

近くを見るときはブルーライトカットや弱めの度数の加工がされたPC用メガネなどを使い作業して、普段は普段用の度数のレンズが入ったものを使うといったような使い方がおすすめです。

PC用のメガネは軽いものを選ぶ

PC作業などは長時間に及ぶことが多くなるため、その軽さが重要になってきます。
フレーム事態は軽くとも、レンズの重さも加算されるため重すぎると鼻や耳などメガネの支点となっている部分が疲れてしまいやすくなるのです。

そのためデザインも大事ではありますが、できるだけ軽さを重視して選んでいくのがおすすめです。

眼鏡の度数が強いのを弱めてもらうときの注意点

メガネの度数を弱めてもらうときには徐々に弱めていくようにしましょう。

メガネのレンズに限らずなんでもそうですが、なにか変化を与えるときは徐々に、ゆっくりなだらかに行っていくほうが慣れやすいです。

もし度数を弱くしてもらうなら、その時には処方箋にある視力と並べて、今の矯正力ではこんな風に見えすぎてこんな風に疲れてしまう、ということを具体的に伝えましょう。

目が疲れていると言っても、どんな見え方が疲れてしまう見え方なのかということは千差万別です。

具体的に見えすぎて頭痛や吐き気がある、遠くまで見えすぎて疲れてしまうなどの理由を具体的に述べて弱めてもらいましょう。

度数を弱めることには先述したようにリスクが有る部分もあります。
単に疲れるということなら、少し普段の習慣なども見直した上で本当にメガネの度数を落とす必要があるのか考えてみるといいでしょう。

眼鏡を作るときには眼科とお店を上手に使いましょう

メガネを作るときには眼科もお店も上手に使って快適なメガネを作りましょう。

眼科ではしっかりとした検査で本来の視力と、目の個性や目が見えなくなっている原因が本当に視力低下なのか、異常がないかなどのことを調べていきます。

メガネ店ではその視力をもとにどういった見え方なら快適に過ごせるか、どれくらいの矯正にするか、メガネが快適に使える状態になっているかなどをサポートしてくれます。

そのためまずは眼科でしっかりと検診を受けて、視力低下の原因は本当に見えなくなっているだけなのか、異常がないかを調べてもらい、本来の視力にどのくらいの共済が必要なのかということを知ってから、メガネ店で見えやすいメガネを作っていくのがおすすめの手順です。

メガネ店ではこんな見え方に困っているという具体的に困っていることをきちんと伝えれば、どんな対策が適切かということをメガネ店の店員さんも親身に考えてくれると思います。

できるだけ落ち着いて選べるようなお店を選んで、じっくり選んでいきましょう。