メガネレンズの値段の違いとは?自分に合うメガネをかけよう

メガネのレンズには値段の違いがありますが、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?私は小学校3年生からメガネをかけていますが、視力がとても悪いから高いメガネになってしまうのは仕方のないことなのだと思っていました。

しかし、ただ視力が悪いことがレンズの値段に直結しているのではなくレンズが高額になるのにはきちんとした理由があったのです。

安いレンズが、悪いものというわけではない理由を紹介します。セット価格で収まらない人はこのようなことがレンズの値段に関係しているので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お...

サングラスの選び方は眉毛で決まる!似合うサングラスの見つけ方

サングラスでクールに決めたいのに、なぜか面白くなってしまった、こんなことはありませんか?サングラスの...

チタンフレームの特徴とは?メガネを選ぶポイントを紹介します

チタンフレームのメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?いつもはフチの印象が強いセルフレームをか...

オーバルのメガネは優しい雰囲気に見せたいメンズにおすすめ

メガネの中で「オーバル」というフレームがあることはご存知でしょうか?そのフレームは、優しい雰囲気...

メガネと老眼鏡の違いとは?老眼鏡とわかりにくいメガネ

メガネと老眼鏡の違いとは?普段メガネをかけている人が老眼になったときには、どんなメガネに変わるのでし...

メガネをファッションのコーデとして取り入れるときのポイント

メガネをファッションのひとつとしてコーデしてみたけれど、真面目な学生にしか見えない・・という人はいま...

メガネの横幅が大きいものはあるの?メガネの合わせ方

メガネの横幅があるものが欲しい!顔の大きい人におすすめなメガネとは?どのようなメガネを選んだらい...

サングラスレンズの黄色はどんなシーンに役立つ?色の特徴

サングラスのレンズはどんな色にしたらいいのか迷ってしまいますよね。サングラスの色はシーン別に得意とす...

メガネをかけても可愛いと言われる髪型にするなら

メガネを好きな男性は意外と多いのはご存知でしたでしょうか?しかし、メガネをかけると、顔の印象が大...

メガネは視力がいくつから必要?メガネを作るタイミング

視力がいくつからメガネは必要となるのでしょうか?大人の場合は、運転ができるかどうかがメガネをかけ...

メガネとマスクの同時着用でのずれる悩みを解決。原因や対処法

毎日の生活にメガネが欠かせない女子にとって、困るのが花粉の季節や風邪の時期ではないでしょうか。...

メガネの傷消しについてレンズに付いた小さな傷への対処法とは

メガネの傷消しについて、レンズに小さな傷を発見したら、なんとか自分で傷消しができないものかと考えてし...

メガネのレンズが外れたら直せる?外れたときの対処方法

メガネのレンズが外れたら、自分で直すことはできるのでしょうか?無理にはめようとすると、メガネが壊れて...

老眼鏡のレンズ交換の値段の相場はいくら?老眼鏡の買い替えどき

こないだ買ったばかりなのに、よく見えないなんだかしっくりこないというときには老眼鏡のレンズを交換して...

メガネを作るのにかかる値段とは?安いメガネと高いメガネの違い

メガネを作るときに大きく値段が変わるのは何が原因なのでしょうか?小学生の頃からメガネをかけている...

スポンサーリンク

メガネの値段の相場とは?

メガネのチェーン店などの出現によりメガネの相場価格というものは多少の変動を経て現在に至っています。

メガネの値段はレンズとフレームそれぞれの値段を足したものが総額となっています。
大体の値段帯が、
単焦点レンズ(レンズ+フレーム)→約2万円~
累進多焦点レンズ(レンズ+フレーム)→約3万8000円~
くらいのことが多数です。

もちろんこれより廉価なものだともっと安く手に入れることもできますが、基本的にフレームは安いものを選んでいたり、それで十分でも視力のおかげで値段が高くなるということが多いと思います。

レンズのおかげで平均か、もしくはそれ以上の値段を払うことになったという経験は目の悪い私にもよくあることなので、半ばあきらめているのですが、ではなぜレンズの値段は少々お高めと感じてしまうものが多いのでしょうか?

メガネレンズの値段の違いはオーダーメイド制のため

レンズの値段が高いと感じたことのある方はなかなか特殊な視力だったり、乱視と近視のどちらの特徴も持っていたりしませんか?

同じ度数のものでもメガネのレンズの値段は安いものから高いものまであります。
この差をつけている部分はその視力や目に必要な補強の種類、さらに焦点の位置などが個人により変化するため、オーダーメイドのレンズが必要な場合に高くなってしまうのです。

生活の必需品ですので、見え方がいいほうがいいですよね。
となるとオーダーメイドのレンズにしなければ見え方に違和感が残る…という形で値段が高くなってしまうのですが、これは仕方のないことでもあります。

目の状態がひとりひとり違ううえ、顔の形や左右の高さなども個人で大きく差があります。
いろいろな事案に対応できるレンズというものはなかなかありませんのでひとりひとりに合わせてレンズからフレーム、さらには掛ける人の状況や状態に合わせて作り変えていく必要があります。

そのため値段に個人差があり、ものによって変わってくるのですね。

メガネの値段の違いはレンズの性能の違い

さきほどどうしてレンズが高くなってしまうのかをご説明しました。
ですがその文の中には安いものもある、という記述がありましたね。

では値段が安いものも高いものもあるのはどうしてなのか、という疑問が生まれると思いますが、その値段の違いはそのレンズの性能からきています。

レンズの度数が同じでも出来ることがたくさんあるレンズは自ずと値段が上がります。
そうでない場合はお安く手に入りますが、見え方に違和感があったり、なんだか歪んで見えたりと人によっては合わないこともあるのです。

そしてそのレンズの性能は設計によって違います。
レンズの性能を決めているのは『素材』『表面処理』『設計』の3つのポイントです。

それらの組み合わせにより値段が算出されています。

値段によってどんな設計を組み込めるのか、どんな素材を使えるのか、どんな処理が出来るのかが変わってくるため値段も変わってきます。

メガネのレンズの仕組みがわかってきましたか?

メガネレンズの値段の違いはオプション代金

どんな眼鏡を作りたいかでレンズの値段に差が出てきます。

値段を抑えることも大切ではありますが、どんなときに使うメガネなのか、どんな使い方をしたいのかということによってもレンズの選び方は変化します。

例えば多焦点レンズにすることで、よりしっかり見えるようにしたい、パソコンをたくさん使うのでブルーライトをカットできる物がいい、など個人によってメガネに求めるものは変わってくるのです。

そのためそのオプションをどんなものを、どれくらい付けたか、ということも値段が変わってくる要因となります。

メガネをどんな目的のためにかけるのかということで、レンズの内容も変わってきます。
コーティングの種類を変更したり、色レンズを入れてみたり、設計が特殊なものを使ったり、レンズの素材にこだわってみたりと、使う人のニーズに合わせて変化するのがメガネのレンズです。

レンズによる値段変動はこうした細かな部分から起こるのですね。

メガネレンズの調整や薄型にする人は追加料金がかかることも

いつも同じ店でメガネを作ってもらっているけれど、ちょっと気になるお店があるから行ってみたい…というようなこと、メガネを長年かけているユーザーならよくあることです。

こうしたときはメガネを作るときにどんなことをどんなふうに店の人に尋ねるかで、メガネの価格を左右することもあります。

価格を尋ねるときにはメガネ一式をどれくらいから作れるのか、ということを聞きたいと思いますが、ストレートに聞いてしまうと店員さんも売りたい一心でおすすめをしてくれます。

ですがこうしたときに、『このお店ではメガネ一式どれくらいの値段のものがよく売れているか』を尋ねてみましょう。

お店の相場を尋ねる質問になるため、店員さんのおすすめではなくこの店のお客さんがどんなものを購入しているのかを知ることが出来るのです。

宣伝やチラシなどを見て来てみたけれど予算よりも高いものを購入する羽目になったという状態を、お客さんの相場を知ることで防げるのです。

宣伝では2万円前後を提示していてもオプションを付けたことにより高くなってしまうということがあるため、そのお店の相場を知っておくということも購入するかどうかのポイントになるということですね。

メガネを購入する際は価格が変動してしまうことを見越しつつ、ですが予算からオーバーしすぎないようにお店も慎重に選んでいきたいですね。