眼鏡の修理は他店でも可能?気になる眼鏡の修理について

眼鏡が壊れてしまったら購入した店舗に修理を頼むのが一般的ですが、引っ越しなどを理由に、購入した店舗に簡単に行けなくなってしまったら、どうしたら良いのでしょうか。

近くの眼鏡店、購入した店舗ではない他店に修理を依頼することを考えますよね。

しかし他店で修理をしてくれるのか?そこが気になるところです。そこで他店でも修理をしてくれる場合、修理が難しい場合についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスの選び方、ドライブ向きのサングラスは

サングラスを選ぶ時は、見た目のデザインや予算などから決める選び方をしている人が多いと思いますが、かけ...

メガネのサイズが書いてある場所とサイズ表記の見方を解説

メガネのサイズが合わないと、つけ心地が悪くなって日常生活を過ごしにくくなります。これからメガネを購入...

メガネは顔の形で似合うかどうかが決まりますタイプ別にご紹介

メガネは顔の形によって似合う、似合わないがありますが自分の顔にはどんなメガネが似合うのか知りたいです...

老眼鏡のレンズ交換の値段の相場はいくら?老眼鏡の買い替えどき

こないだ買ったばかりなのに、よく見えないなんだかしっくりこないというときには老眼鏡のレンズを交換して...

顔のタイプ別メガネの選び方とは?モテるメガネを見つける方法

自分の顔に合うメガネの選び方とは?なんとなくいつもと同じような無難なものを選んではいませんか?...

メガネのブリッジが折れた時の修理とお店に行けない時の対策

普段使っているメガネのブリッジが折れてしまった!そんな時に真っ先に浮かぶのが「折れたフレームを瞬...

サングラスが似合う条件とは?似合わないならココを変えよう

サングラスが似合う条件とはいったいなんでしょうか?私もサングラスなんて恥ずかしくてかけることができな...

メガネのテンプルの長さとは?短いもの見つける方法

メガネを選ぶときにはどんなことを基準にしていますか?似合う、似合わないで選ぶことはもちろん掛け心地も...

メガネの耳あてがあたって痛いときにはフィッティングに行こう

メガネの耳あて部分があたって痛い・・・。こどもが触ったときに歪んでしまったのが原因?メガネ屋...

サングラスの似合う形を顔のタイプ別に紹介します

日本人はサングラスが似合わないと思ってはいませんか?実はきちんと顔のタイプに合わせて選ぶことで似合う...

メガネフレームの正しい選び方。似合うフレームを見つけるルール

メガネのフレームにはたくさんの種類があり、自分に似合うメガネを探すのは難しいですよね。フレー...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

眼鏡の大きいサイズをチェックするには?大きい眼鏡の見つけ方

眼鏡で大きいサイズはどれですか?と聞くのはなかなか勇気が必要ですよね。そんなときに役立つのが、自分で...

眼鏡の鼻あてが緑になるのは緑青!原因と対処法を解説

眼鏡の鼻あてが緑に汚れていたら、一体何の汚れなのか気になる人もいるのではないでしょうか。もしかして眼...

メガネのタイプ選び。丸顔におすすめのフレームタイプと選び方

メガネを購入するときは、似合うメガネを購入して印象良く見せたいと思いますよね。似合わないメガネを購入...

スポンサーリンク

眼鏡の修理は他店でも可能?購入店での修理が基本

いつも使用している眼鏡のフレームが曲がってしまったら、部品が取れてしまったら…。どこに依頼したらいいのでしょうか?

修理は購入店に依頼しよう

基本的に一番おすすめなのが、眼鏡を購入したお店に修理を依頼することです。

大抵は眼鏡購入時に、アフターケアのサービスもついてきているはずです。保証期間や修理内容によっては無料で行ってもらえたりします。お店にとっては顧客ですので快く引き受けてもらえるでしょう。

また自店舗で販売していた眼鏡であれば、フレームや部品などの在庫を大抵揃えていますので、その場でやってもらえるか取り寄せになる場合は迅速に行ってもらえるでしょう。自社の商品でしたらその眼鏡の形状や性質などの知識を持っているので、確実な修理が望めます。

チェーン展開している眼鏡店であれば、購入店舗以外でもやってもらえることが多いので、店舗に確認してみましょう。

購入時に受け取った保証書がないと対応してもらえない場合が多いので、保証書はなくさないようにしてくださいね。

他店でも眼鏡の修理が可能な場合

基本的には眼鏡の修理依頼は購入店にお願いすることをおすすめしますが、簡単な修理でしたら、購入歴の有無に関わらず他店でも承ってくれる場合があります。眼鏡の状態にもよりますが一度相談してみましょう。

修理してもらえる可能性が高い事例

レンズが外れた

この場合フレームにレンズを再びはめることで直るので、承ってくれる可能性が高いです。しかしフチなしやハーフリムの場合は技術が必要なので、店舗の判断によります。自分で入れ直すのは壊す可能性が高いのでおすすめしません。

ネジが取れた、紛失した、ツル(テンプル)が外れた

ネジが取れただけであれば自分でミニドライバーを用いて直すことも可能です。

もしネジを紛失してしまったという場合でも、大抵の場合はお店で新たなネジを用意して直してくれます。

ただし特殊なネジで店舗に在庫を置いていないものだったりすると、料金や修理日数がかかることがあります。またテンプルが外れた際も、ネジで留めるものであれば修理可能なことがほとんどですが、溶接が必要なものとなると、他店だと受け付けてもらえないことがあります。

フレームが歪んだ

ちょっと曲がったという程度であれば、直してもらえることが多いでしょう。ただし交換が必要な場合、大幅な調整が必要になった場合は難しいです。

他店で眼鏡の修理を断られる可能性が高い場合

  • フチなし眼鏡の中心部が破損した場合
  • フレームが折れた場合
  • レンズの傷や破損

これらのような激しい破損の場合は他店だと難しいことが多いです。

修理しきれなかったり壊してしまう可能性があり保証できないからです。

破損具合によっては他店で受け付けてくれる場合もある

例えば眼鏡の中心部からボキッと折れてしまっていたら、直すには特殊な技術が必要になるので他店ではやってもらえないことがほとんどですが、有償なら修理を受け付けてくれる可能性があります。またレンズの傷や破損の修理も他店では難しいです。新たなレンズ交換でしたら承ってくれるところもあります。

実際に直せるかどうかは眼鏡の状態を見ないとわからない場合が多いので、他店に持っていって相談してみるのも手です。

大型眼鏡店ゆえに他店の眼鏡の修理を断られる場合も

多くの大型眼鏡店は自社商品や各メーカーの商品を販売しています。その場合、一般的な眼鏡であれば修理内容によっては他店のものでも直してもらえる可能性があります。
しかし、フレームの企画・生産まで自社で一括して行っている眼鏡屋の場合は、他社メーカーが生産した眼鏡の修理は断っている場合が多いです。自社製品以外は部品の対応ができないからというのと、もし破損が生じてしまった場合保証をつけられないからです。

他店の眼鏡が修理可能かどうかは眼鏡屋の公式HPなどに記載している場合がありますので、一度チェックしてみましょう。

他店で眼鏡を修理した場合の気になる修理費

アフターサービスを行っている購入店舗に依頼する場合は無料なことが多いですが、他店購入品の場合は基本的に修理費がかかります。
しかしクリーニングやフレームの調整など、簡単なメンテナンス作業でしたら他店のものでも無料で行ってくれることがあります。

部品交換が必要になったり、外部業者に委託しなければならず店頭で対応できないような場合は基本的に有料になると考えておきましょう。

修理費はおよそ「~1万円程度」

ヒンジ部分の修理やフレームの溶接などは、5000~1万円ほどが目安になります。眼鏡の素材、形状によってはさらにかかってしまうこともありますし、修理内容によっては1000円程度で済むこともあります。

他店に修理を依頼する場合はあらかじめ費用を確認しておきましょう。

専門店にお願いすることもできる

眼鏡の修理・調整を専門に行っているお店もあります。修理の専門店なだけあって、他店では断られてしまった眼鏡も引き受けてくれる場合が多いです。

近くにそういった店舗がない場合はネットでサービスしているところもあり、壊れた眼鏡を写真に撮り送って、修理が可能であれば郵送して依頼することができます。

思い入れのある眼鏡を直したい場合はそういった専門店を利用してみるのもいいでしょう。また眼鏡の真ん中でポキッと折れてしまったり激しく壊れてしまったが、どうしても修復したいという場合も、修理専門店に一度相談してみるといいです。