眼鏡のレンズ交換は他店で購入したフレームでも大丈夫

今使っている眼鏡が合わなくなってきたら、新しいメガネをフレームごと購入するか、レンズだけを交換するかという選択になりますよね。

今使っているフレームがお気に入りで使いやすいのでれば、レンズ交換だけという方法でも良いでしょう。

そこで、気になるのが、「他店で購入したメガネでもレンズ交換してくれるのかどうか」というお悩みではないでしょうか?

店員さんにイヤな顔をされたらどうしよう…と心配な方もいると思いますが、その心配はいりません。

多くの方がレンズ交換のみでも来店するので、そのことでイヤな顔をする店員さんはいませんよ。
気になる方は、気軽に眼鏡屋さんに相談してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスの度付きで安いのは?失敗しない購入の方法

サングラスの度付きで安いものを買おうかどうか迷っているなら、ここを確認して決めると失敗しにくいです。...

メガネ【女性30代】の選び方自分に似合うものを見つけよう

老けてみえるのは嫌だけれど、若作りしていると思われたくない微妙なお年頃の30代。髪型や洋服はもちろん...

メガネを作るのにかかる値段とは?安いメガネと高いメガネの違い

メガネを作るときに大きく値段が変わるのは何が原因なのでしょうか?小学生の頃からメガネをかけている...

メガネケースを手作りしたい人必見!簡単な作り方を紹介します

メガネケースを手作りする人が増えてきていますが、裁縫が苦手だと作れないのではないかと思ってしまうこと...

メガネの縁がグレーの場合の印象と感想。似合うメガネの選び方

最近は手軽な価格でメガネが購入できますので、ビジネスシーンやプライベートに合わせてメガネを着替える人...

メガネを外すと別人になるのを防ぐには?ギャップを減らす方法

メガネを外すと別人になる時、それがプラスに働けばいいですがマイナスに働くのはどうにか避けたいですよね...

メガネのセルフレームの調整のやり方と自己流よりも専門店のワケ

メガネが落ちてくる、すぐにずれてしまうなどメガネに不具合はないでしょうか。そのメガネ、もしかする...

メガネでかわいい女子に変身!人気のフレームと男子の本音

自分に似合うメガネやおしゃれでかわいいフレームのメガネをかけている女性は魅力的に見えますよね。メガネ...

メガネの傷を修理したい。自己流がオススメ出来ない理由とは

2・3年使っていると愛用のメガネが曇ったように感じませんか?実はそれには、細かな傷がついてしまっ...

サングラスの選び方とは?運転をするときに適したものをご紹介

運転をしているときにサングラスをかけたいと思う場面があっても、毎日のことでなければ車のサンバイザーで...

メガネの選び方。女性がメガネを決めるときはココがポイント

女性がメガネを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?印象が大きく変わってしまうメ...

サングラスの調整はテンプルでするの?掛け心地が悪い時には

サングラスにも調整が必要。テンプル(つる)の部分が耳と顔幅にフィットしないと、サングラスがす...

メガネのボストン型に似合う髪型はコレ!バランスがポイント

メガネのボストン型にはどんな髪型が似合うのでしょうか?ボストン型が似合う、面長さん、三角顔さん、四角...

サングラスの選び方、ドライブ向きのサングラスは

サングラスを選ぶ時は、見た目のデザインや予算などから決める選び方をしている人が多いと思いますが、かけ...

老眼鏡は必要?近視でメガネをかけている人の老眼鏡の選び方

近視でメガネをかけている人は老眼にならないというのはホントでしょうか?なぜ、このように言われているの...

スポンサーリンク

他店で購入した眼鏡のレンズ交換は可能なのか

「メガネをうっかり落としてレンズが外れちゃった!」
そんな時に、メガネを購入したお店に持っていきたいところですが、あいにくそのお店からかなり離れた位置にいて、車を運転したくても、壊れたメガネで運転するのは危険ですよね。
そんな時、「目の前にメガネ屋さんが!」
でも、それと同時にこんな事を考えませんか?
「自分のメガネを買ったのとは違うチェーン店だから、持ち込んでも断られるかも…」
このように、他店で購入した眼鏡のレンズ交換を依頼することは可能なのでしょうか?

100%ではありませんが、おおむね「YES」です。
というのも、多くのメガネ店では修理の知識の高い店員さんが常にいますから、例え他店のものであっても、レンズの交換や、外れてしまったレンズの修理を有料ではありますが、受け付けを行っています。
受け付けOKが100%ではないのには、理由があります。
その訳は、金やプラチナ、べっ甲、竹など、特殊なフレーム、また、ハイカーブレンズやプリズムレンズなどの特殊なレンズの場合は受け付けが出来ない場合があるからです。
そういった特殊なフレームやレンズを持ち込む際は、ご注意ください。

他店で眼鏡のレンズ交換をしてもらう時間は

他店で眼鏡のレンズ交換をしてもらう時間は、どのくらいかかるのでしょうか?

他店のものを持ち込んだ場合でも、ちょうど良いサイズのレンズの在庫がそのお店にあれば、20分から30分ほどで交換が完了します。
ただし、特注のレンズですと取り寄せになりますので、1週間かかると思っておきましょう。
さらにレンズに直接ネジをつけるフチなしのメガネや、そのほかの特殊な構造のフレームの場合は、それ以上の時間がかかることもありますのでご注意ください。

複数の眼鏡を持っている人でしたら、数週間他のメガネで過ごすことが出来ますが、1つしか眼鏡を持っていない人となると、そんなに長い期間メガネなしでは困りますよね。
そういった時は、思い切ってもう一つ購入してみるのはいかがでしょうか?
あまり予算がないのであれば、あくまでも予備なのですから、フレームやレンズなどは安いものにしても良いのです。
そうしておけば、こういった不足の事態でも柔軟に対応することができます。
それに、レンズ交換よりも早く手元に届くかも知れませんよ。

眼鏡のレンズ交換のタイミング

眼鏡のレンズ交換のタイミングは、どういったものを目安にすると良いのでしょうか?

人間の視力は数ヶ月や数年経つと変わってしまうこともあります。
ですので、少しでも見えづらいなと思った時に、メガネ店に行ってレンズの交換を依頼すると良いでしょう。
また、レンズに傷が入ってしまったり、コーティングの一部が剥がれてしまったなど、レンズトラブルがあった時も、それが交換のタイミングだと言えます。

「ちょっと見えづらくても大丈夫」と思って使い続ける人もいますが、見えづらいメガネを掛け続けていると、目が疲れやすくなり、その目の疲れから、肩こりや頭痛に繋がることも考えられます。
そういったトラブルが起こる前に、綺麗なレンズに交換してもらいましょう。

眼鏡のレンズの素材の特徴

眼鏡のレンズに使われる素材には、大きく分けて2つの種類があります。
それぞれのレンズの素材の特徴についてご紹介します。

  • ガラス
    昔から使い続けられてきた、レンズの素材です。
    屈折率が高いため、視力がかなり悪い人でも薄いレンズを作ることが出来ます。
    また、比較的熱や傷に強いという特性も持っています。
    しかしその反面、衝撃に弱く、落とすと簡単に割れてしまいます。
    他にも、レンズ自体に重さがありますので、レンズのサイズが大きいものですと、かけ続けていると、重みを感じてしまいます。
  • プラスチック
    ガラスと比べて軽くて衝撃に強く、多少の衝撃でも割れることは少ないのがプラスチックのレンズです。
    そのため、現在ではほとんどの眼鏡のレンズにプラスチックが使われています。
    しかし、熱や傷に弱く、傷防止のコーティングをしておかないと、ちょっとしたことですぐに傷がついてしまいます。
    ただ、加工はしやすいので、傷防止加工以外にも、UVカットをかけたり、形状を特殊なものにも出来るので、形やカラーバリエーションを豊富にすることが出来る素材です。

他店の眼鏡でも大丈夫!見えにくくなったらまず相談

「他の店の眼鏡を持ち込んだら嫌な顔をされたらどうしよう」そんな心配をする人もいらっしゃることでしょう。
でも、他店の眼鏡でも大丈夫です。
なぜなら、そのようなお客さんは毎日来るからです。
ですので、見えにくくなったら、遠慮なくまずは相談してみましょう。

心配性な人は、「ネットでここのお店は対応が良いって見たので来ました」とか、「知り合いが良い店だって言ってたのでお願いしに来ました」などと、言えば店員さんも快く相談に乗ってくれるでしょう。
ただし、お店の人から「どこのサイトに載っていましたか?」とか、「うちの顧客の方からお聞きになったのですか?」などと突っ込んで聞いてくることもありますので、適当にその答えを準備しておきましょう。

そうすれば、例え他店の眼鏡であっても、想像よりも簡単にレンズ交換を行うことが出来るはずです。