長く使うにはどうしたらいい?セルロイドメガネのお手入れ方法

高級なセルロイドメガネはできれば長く使いたいですよね。しかし、いつのまにか白くなって新しいメガネに変える人は多いのではないでしょうか?

セルロイドメガネはどのようにお手入れをしたらいいのでしょう。メガネのレンズの汚れには敏感でも、フレームの汚れは見落としがちです。

きちんとお手入れをしてあげることでメガネフレームの寿命を伸ばすことができますよ。毎日のお手入れ方法、一週間に一度するお手入れ方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの似合う髪型とは?メガネ女子におすすめな髪型

メガネに似合うのはどのような髪型なのでしょうか?メガネをかけているときこそ、髪型に力を入れるべきなん...

メガネのアンダーリムが似合う顔のタイプを紹介します

メガネにはさまざまなフレームの種類がありますが、その中でも個性的な印象を与えるアンダーリムにはどのよ...

メガネで似合う色を見つけるには?いろいろな診断方法をご紹介

自分に似合う色とは?顔の印象に大きな影響をあたえるメガネの形にこだわる人は多いと思いますが、自分に似...

メガネのコーティングが剥がれてしまう原因や予防方法を紹介

なんだか最近、よく見えないような・・とメガネを見てみると細かいキズがついている!?なんてことはありま...

サングラスは安物でも効果はあるの?紫外線対策はココを確認

サングラスの安物は効果がないどころか、紫外線対策には向いていない?!色の濃いサングラスをかけていれば...

メガネレンズの値段の違いとは?自分に合うメガネをかけよう

メガネのレンズには値段の違いがありますが、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?私は小学校3年生...

眼鏡の調整が下手かどうかを見分ける方法と調整のタイミング

眼鏡の調整がいまいちしっくりきていないような…。もしかしてあのお店はフィッティングが下手なのでは...

サングラスが似合わないのは鼻のせい?原因と対処方法を紹介

サングラスが似合わない、しっくりこないのは鼻が低いことが原因なのでしょうか?なぜかサングラス...

メガネで可愛い女子を目指して好印象を与える方法とは

メガネで可愛い女子になるにはどうしたらいいのでしょうか。メガネをかけなければならないなら、やっぱり好...

顔のタイプ別メガネの選び方とは?モテるメガネを見つける方法

自分の顔に合うメガネの選び方とは?なんとなくいつもと同じような無難なものを選んではいませんか?...

マスクでメガネが曇らないようにする方法やアイテムをご紹介

マスクをするとメガネが曇ってしまうのが嫌!という人は多いと思います。走ったわけでもないのに、息が荒い...

メガネが似合うコーデ【冬】のポイントを紹介します

冬のコーデはなんとなく重くなりがち。メガネをするとなおさら地味に見えてしまう、そんな悩みを解決するコ...

老眼鏡の度数の調べ方は簡単?あなたに合った老眼鏡の探し方

最近、近くのものが見えにくい、新聞を読んだあとに視界がぼやける、などなんとなく違和感を感じ始めたら老...

メガネひとつでこんなに印象が変わる!しっかり者に見えるメガネ

メガネの印象は強いものですが、それを逆に使ってしっかり者に見せることもできます。メガネの地味や暗いと...

カラーレンズメガネをコーデに取り入れてオシャレ度をアップ

今オシャレさんたちの間で密かなブームになっているのがカラーレンズのメガネです。実際にコーディネートに...

スポンサーリンク

メガネのセルロイド素材とは

最近では見ることの少なくなったセルロイドのメガネですが、そもそもセルロイド素材とはどういったものなのでしょうか?

セルロイドとはプラスチックの一種

プラスチックと一言に言ってもその種類は無数にあります。
その中でもセルロイドは、世界で一番初めて作られたプラスチックで、滑らかな手触りで成形もしやすく、長きに渡り愛されてきた素材です。
メガネ以外にも、おもちゃや文房具にも使われていました。

セルロイドメガネがメジャーではなくなった理由

セルロイドは加工もしやすく高い強度を持つ半面、工程の都合上同じ色のメガネを一度に大量生産しなくてはならないことや、年数が経つと独特のニオイがしてくるといった欠点もあります。
そのため、現在ではセルメガネという名前で呼ばれつつ、実際は少ない数での生産が可能で、ニオイの心配もないアセテートで作られる事が多くなっています。

セルロイドのメガネが白くなってしまう原因

手触りや風合いで愛されているセルロイドのメガネですが、長年使用していると、フレームが白くなってしまうことがあります。

セルロイドの色が変化してしまう原因

汗、皮脂

メガネをかけている以上、フレームに汗や皮脂が付いてしまうことは避けられません。
きちんと拭いていても汗や皮脂との化学反応によってセルロイドのフレームが白くなってしまうことがあります。

整髪料

髪を整えるために整髪料を付ける人は多いと思いますが、それがフレームに付いてしまうと、その場合もフレームを白くさせてしまう原因になってしまいます。

石鹸やハンドソープ

メガネを綺麗にするために、石鹸やハンドソープといった、アルカリ性の洗剤で洗ってしまっている人はいませんか?
アルカリ性の洗剤はよくすすぎ落としても、化学反応でレンズやフレームを白くさせてしまいます。
洗剤を使う時は、必ず中性洗剤で洗うようにしましょう。

ちなみに、白くなってしまった場合は、メガネ店などで研磨することが出来ますので、再び綺麗にすることは可能です。

セルロイドのメガネのお手入れ方法

お気に入りのセルロイドは、出来るだけ長く使いたいですよね。
そのために、お手入れ方法についてもご紹介します。

セルロイドの手入れの基本

いきなり乾拭きせず、水で表面の汚れを流してから、中性洗剤で洗うことです。
中性洗剤以外ですと、メガネ専用の洗剤を使うと良いでしょう。
それから、メガネを拭くものは、基本はメガネ拭きのような繊維のキメが細かく柔らかい布で拭くようにしましょう。
レンズに傷防止加工がされていればティッシュでも大丈夫ですが、おすすめという程ではありません。
やはりメガネクロスが一番です。
くれぐれもタオルや服の裾など、硬い布で拭くようなことはしないようにしましょう。
硬い素材の布はレンズやフレームに傷をつけてしまう恐れがあります。

セルロイドメガネの手入れでしてはいけない事

セルロイドメガネと長く付き合うためには、手入れが欠かせませんが、その中でしてはいけない事についてもご紹介します。

超音波洗浄機での手入れ

メガネをピカピカにしてくれる超音波洗浄機は、実はセルロイドのフレームには不向きです。
その理由は、フレームの中に入り込んだ皮脂が超音波によって浮き上がってしまい、よりくすみが強くなってしまうことがあるからです。
セルロイドのメガネの場合は、手洗いを基本にしましょう。

お湯でメガネを洗う

メガネについた脂を素早く落としたかったり、寒い季節などは、メガネをお湯で洗いたいと考えるかと思いますが、それはやめましょう。
というのも、セルロイドやレンズは熱に強く作られていないため、お湯で洗うとレンズのコーティングが剥がれてしまったり、セルロイドのフレームが割れるなど、破損の原因になってしまいます。

メガネを付けたままお風呂に入る

お湯で洗うことはもちろんですが、かけたままお風呂や温泉に入って、ついでにメガネを洗うなんてことはやめましょう。
熱でメガネが壊れてしまう可能性もありますし、石鹸やボディソープなどでメガネを洗いますと、メガネを白くさせてしまう原因になります。
視力がかなり悪くて、そのためにかけているという方は、お風呂専用のメガネを購入するか、古い眼鏡をお風呂用として使うようにしましょう。

セルロイドメガネの手入れは週に一回しましょう

メガネのレンズが汚れたらサッと水洗いしてからメガネクロスで拭く程度で良いですが、セルロイドメガネのフレームの手入れは週に一回ほど行いましょう。

メガネの表面の汚れは中性洗剤やメガネ用の洗剤で落ちますが、そういった物を使っても、落ちなくなってしまう頑固なシミや汚れが付くこともあります。
そういった時は、セルロイド専用のクリームを使って磨くことをおすすめします。
クリームの中に小さな粒の研磨剤が入っており、それをクロスで10分から20分ほど磨くと表面が白くなってしまったところも元の輝きを取り戻す事が出来ます。

値段は2千円以上しますので、少々値が張ると感じる方もいらっしゃると思いますが、セルロイドのメガネを大切にする人は、一つ購入してみてはいかがでしょうか。
ちなみに、このクリームには研磨剤が入っていますので、くれぐれもレンズは磨かないように気をつけてください。

高価で取り扱いに注意事項も多いセルロイドのメガネですが、一度手にするとその魅力の虜になるとまで言われています。
もし、機会があれば是非一度手に取って試着をしてみてはいかがでしょうか。