メガネの位置が正しいかチェック!自分でできるフィッティング

メガネがよく落ちてしまう、きつくてメガネをかけにくいなど、メガネに関してのお悩みをお持ちの方もいますよね。自分がかけているメガネの位置が正しいかどうかわからずに困っている人もいるでしょう。

メガネの位置が正しいかどうかは、自分でフィッティングを行なうことで判断することが可能です。自分のメガネの位置を調整したいと思ったら、まずはチェックをしてみましょう。

ここでは、メガネの位置が正しいかを自分で判断する、フィッティングの方法についてお伝えします。

また、自分に合った快適なメガネの状態についてもご紹介しますので、そちらも併せてご覧ください。自分に合ったメガネをかけることができれば、毎日の生活も過ごしやすくなりますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネが似合わない人はいない?似合う人の特徴を真似しよう

メガネが似合わないからいつもコンタクトをしているけれど、最近目の疲れがひどい・・という人は似合うメガ...

鼻にふきでものコレはメガネが原因?メガネニキビの予防方法

メガネをしていると、鼻にニキビができやすい?鼻の部分、しかもメガネが当たるところにニキビができる...

カラーレンズメガネのグレーが与える印象とオシャレの楽しみ方

カラーレンズのメガネをオシャレのアイテムとして取り入れてみたいと思っている男性もいますよね。グレーの...

メガネの黒縁が似合う女性と似合わない女性の違いを紹介

メガネの黒縁はシンプルだからこそ似合う女性、似合わない女性がハッキリします。しかし、自分の顔のタイプ...

メガネとファッションの相性は大切!男性向けメガネの選び方

自分に合ったメガネ選びに迷った時には、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。失敗のないメ...

メガネのサイズが書いてある場所とサイズ表記の見方を解説

メガネのサイズが合わないと、つけ心地が悪くなって日常生活を過ごしにくくなります。これからメガネを購入...

メガネのボストン型を女性がかけるときはココがポイント

メガネのボストン型とはどのようなメガネなのでしょうか?ボストン型のメガネが似合う女性のタイプとは?...

老眼鏡とルーペの違いとは?自分に合うメガネをかけよう

老眼鏡とルーペにはどのような違いがあるのでしょうか?老眼鏡は年を感じさせるからとかけるのを先延ばしに...

サングラスで紫外線対策効果の強いものは?選び方のポイント

サングラスで紫外線対策が強いものが欲しいときには、どんな選び方をしたらいいのでしょうか?イメ...

眼鏡を初めてつけて慣れない。慣れるまでの期間や対処方法

初めて眼鏡をつくったけれど、なんだか疲れる、クラクラするというような人は多いと思います。初め...

サングラスの選び方は眉毛で決まる!似合うサングラスの見つけ方

サングラスでクールに決めたいのに、なぜか面白くなってしまった、こんなことはありませんか?サングラスの...

プールでメガネが禁止の場合は?対処方法を紹介します

プールではメガネが禁止なことが多いですよね。普段、メガネをかけている人にとっては困ってしまう問題です...

メガネのつる部分があたって痛いときの対処方法と予防方法

耳にあたるメガネのつる部分が気になる、痛いときにはメガネが歪んでいることが原因かもしれません。...

メガネの調整が必要なときとは?幅が気になるときはココを確認

メガネの幅がなんだかしっくりこない・・これは調整が必要なのでしょうか?メガネを購入して、定期的にフィ...

メガネの似合う髪型とは?メガネ女子におすすめな髪型

メガネに似合うのはどのような髪型なのでしょうか?メガネをかけているときこそ、髪型に力を入れるべきなん...

スポンサーリンク

メガネの位置が正しいかはフィッティングでチェック

フィッティングとはメガネが正しい位置で顔にかかる状態に合わせることです。
正しくフィッティングされていないと、ずり落ちてきたり見た目が悪いだけでなく、きついことで傷みを感じたり頭痛や肩こり、目の疲れなどを引き起こすことが頻発します。

フィッティングはメガネを購入するときにお店でやってもらえることがほとんどですが、使っている間に歪んでしまったりしてそれが崩れてしまうことなどもあり定期的な調整が必要です。

正しい位置でメガネを掛けていないと目の焦点が合わず、無駄に疲れてしまったりなどの問題もたくさん起きてしまい健康被害が出ることも稀にありますので、快適な状態にないと感じたらフィッティングを見直してみたり、店に持ち込んだりという方法で調整を行う必要があります。

ではその調整、フィッティングはどのように行っていくのか、ということを紹介していきます。

メガネの位置が正しいかチェックするポイント

メガネの位置が正しいかチェックするのにはいくつかのポイントがあります。
それらを見ていき、今自分がかけているメガネはきちんと正しい位置にかかっているのかを確かめてみましょう。

メガネが正しくかけられているかチェックするポイント

  • メガネをしっかり掛けた状態で大きくうなずいたり、頭を左右に振ってメガネがずれないか。
  • メガネを掛けて正面から鏡を見たときに左右が平行になって顔にかかっているか。
  • メガネをかけて真正面から平行に鏡を見たときに、瞳がレンズの中心にあるか。
  • メガネを外して真上から見たとき左右のレンズの向きがあやふやになっていないか。
  • メガネを外してレンズが自分の法を向くように持ったとき、左右のテンプル(つる)の角度が揃っているか。
  • メガネを外して真横から見たときにテンプルの高さがそろっているか。
  • メガネを掛けてテンプルの先端が耳の付け根に沿って曲がっているか。
  • メガネをかけて真正面から鏡を見たとき、鼻パッドは肌に平行に、かつ均一な圧力で接触しているか。

これらが自分で確かめられるメガネg正しくかけられているかのチェック項目になります。

これらのうち2つ以上がうまく出来ていないと、うまく合っていないメガネを掛けているということになります。
どれかひとつでも欠けていたら調整をしに行くほうが賢明です。

フィッティングで正しいメガネの位置を判断するには

メガネ屋さんでフィッティングをするときに見ているポイントがあります。
そのポイントを見て自分で調整を行えば、応急処置的にある程度正しい位置でメガネを掛けられる状態を作れるのではないでしょうか。

メガネ屋さんが見ているフィッティングのポイント

  • レンズが目に対して正しい位置にあるか。
    レンズの本領を発揮できる位置に瞳を合わせることで正しい位置でものを見られるようにします。
  • 顔に対してフレームが正しい位置にあるか。
    メガネを支えているのは『鼻』『顔の脇』『耳の後ろ』の3つの点です。
    この3点にかかる重さのバランスが取れていないとどこかひとつに負担が集中してしまったりして、体に影響が出てきたりします。
  • フレームと顔のバランスが取れているか。
    メガネのサイズが顔にあっているか、という部分はメガネのデザインによって変わってきます。
    人によって合うメガネのレンズやフレームの形は違います。
    メガネのデザインや形があっている上で、さらにそのバランスが取れているかを見ていきます。

この3点がメガネ屋さんでフィッティングをしてもらう際に、私達が見られている部分です。
これらを自分で補おうとすれば出来ないことはないと思いますが、無理して自分で調整するとメガネを壊してしまうこともあるため調整はなるべくメガネ屋さんで行いましょう。

自分に合った快適なメガネとは

ここまでどんな点を注意してフィッティングがされているのかということを見てきましたが、ではどんな眼鏡が理想的なのでしょうか?
その定義についてお話します。

快適なメガネとは

メガネを快適に使うには『よく見える』『よく掛かる』『よく似合う』という3つの点を満たすことが必要です。
そしてその3つは下記のような項目を通して満たすことになります。

  • 光学的要素
    メガネの光学的な正確さが備わっている状態を『よく見える』状態といいます。
    メガネはレンズの種類や度数、瞳孔間距離など光学的な部分で私達の『見る』を助けてくれています。
  • 力学的要素
    耳と鼻の三点がしっかりと支点、力点、作用点として作用している状態を『よく掛かる』状態に保つことで快適なメガネとなります。
    メガネの重さや大きさ、レンズなどでもそれは変化します。
  • 美的要素
    全体の雰囲気や顔とメガネのバランスを合わせて『よく似合う』状態を作ります。
    顔やファッションに似合うこともメガネには必要なことです。

これらすべてが合わさり、『よく見え、よく掛かり、よく似合うメガネ』が快適なメガネとなります。

メガネを正しい位置に調整したいときはメガネ屋さんで

メガネが正しい位置にかかっているかどうかということは自力で調整すればできそうなものですが、無理に行うと壊すだけでなく、今以上に調整が狂い、体に影響が更に出るような状況となってしまう可能性も考えられます。

メガネの正しい位置を自分一人で見るのには限界がある部分もありますし、他人から見てもらうことではじめて分かるバランスなどもあるため、できることならメガネの調整はメガネ屋さんでプロに行ってもらうのが一番です。

メガネを長年使っていても、メガネ屋さんで毎日メガネを扱っている方のほうがやはり知識や経験は上です。

今後も安心してメガネを使うためにも、定期的にメガネ屋さんにメガネを持ち込み調整を行ってもらいフィッティングしてもらうほうがいいです。

できるだけ無理をせずにメガネを正しく調整してもらいましょう。