サングラスが似合わない理由と似合うサングラスの選び方を解説

サングラスをファッションに取り入れたいと考えていても、自分にはサングラスが似合わないというお悩みを抱えている女性もいるのではないでしょうか。

サングラスが似合わない理由は一体何なのか、原因を知りたい人もいることだと思います。

ここでは、日本人女性にサングラスが似合わない原因と、似合うサングラスの選び方についてお伝えします。

自分に似合うサングラスを見つけて、オシャレを思いっきり楽しみましょう。

ファッションに取り入れるときのコツについてご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスレンズの黄色はどんなシーンに役立つ?色の特徴

サングラスのレンズはどんな色にしたらいいのか迷ってしまいますよね。サングラスの色はシーン別に得意とす...

メガネの曇り止めのジェルタイプの特徴や使い方をご紹介

寒い時期、困ってしまうのがメガネの曇りですよね。マスクをしていると曇ってしまうのは仕方ないと思っては...

メガネがずれるのはどうして?防止する方法を紹介します

メガネがずれるのはどんなことが原因なのでしょうか?フィッティングをしてもらってしばらくするとまたずれ...

メガネは黒縁?それともべっ甲?迷った時は似合うほうに決めよう

もう何年も黒縁メガネをかけているけれど、べっ甲メガネは自分に似合うのだろうか・・と迷ったときには、ま...

サングラスは安物でも効果はあるの?紫外線対策はココを確認

サングラスの安物は効果がないどころか、紫外線対策には向いていない?!色の濃いサングラスをかけていれば...

眼鏡を初めてつけて慣れない。慣れるまでの期間や対処方法

初めて眼鏡をつくったけれど、なんだか疲れる、クラクラするというような人は多いと思います。初め...

眼鏡のレンズに厚みが目の大きさに関係?自然に見える眼鏡選び

近視が強い方は眼鏡のレンズの厚みが気になりますよね。また厚みのある眼鏡をかけると、目が裸眼よりも小さ...

【メガネに似合う髪型】ボブヘアーのおすすめヘアアレンジを紹介

メガネに合うボブの髪型には一体どんなアレンジ方法があるのでしょうか。メガネとボブスタイルでオシャレを...

鼻のメガネ跡を消す方法!簡単にできる対処方法をご紹介

今までは、時間がたてばすぐに鼻についたメガネ跡は消えていたのに最近はなんだかずっと残っているような…...

サングラスで安物と高価なものとの違いについてご紹介

サングラスで安物と高価なものにはどのような違いがあるのでしょうか?見た目ではよくわからなくとも、...

メガネはウェリントン型にしよう!レディース向けの選び方

面長の人に似合うと言われるウェリントン型のメガネ。しかし、どんな種類や色のメガネを選べばよいのかわか...

眼鏡のレンズが外れたときにはどうしたらいい?対処方法とは

眼鏡のレンズが外れたときには、すぐ直したいために自分で無理にはめてしまいたくなってしまいますが、それ...

メガネフレームの正しい選び方。似合うフレームを見つけるルール

メガネのフレームにはたくさんの種類があり、自分に似合うメガネを探すのは難しいですよね。フレー...

メガネの収納は100均で作れる!簡単にできるメガネ収納

メガネの収納に困ったことはありませんか?顔を洗う時や寝る前など、置き場所がないためについつい置いた場...

メガネで可愛い女子を目指して好印象を与える方法とは

メガネで可愛い女子になるにはどうしたらいいのでしょうか。メガネをかけなければならないなら、やっぱり好...

スポンサーリンク

サングラスが似合わないのはなぜ?サングラスが似合わない理由

サングラスにあなたはどんなイメージがありますか?

海外セレブがかけているイメージ、それとも大好きな女優やモデルがかけていてかっこいいというイメージでしょうか。そのような人たちは、かけなれているせいか、サングラスがしっくりと似合います。

自分もそうなりたいとイメージしてかけてみたのに、全然似合っていないなかったなんてこと、ありませんか。

オシャレアイテムとして、ファッションに取り入れたいと思っても、似合わないのであれば、結局諦めるしかないのでしょうか。そもそも、なぜ、サングラスが似合わないのか考えたことはありますか。

似合わない理由を探ることが、似合うサングラスに巡り会えるヒントとなる

実際、サングラスが似合わないのにはいくつか理由があります。

顔にあったサングラスを選んでいない

顔の大きさとサングラスのバランスが悪い場合があります。フレームが小さすぎたり大きすぎたりはしていませんか。顔の幅と同じサングラスを選びましょう。

サングラスと顔のバランスが悪い

あなたの顔はどんな顔ですか。

サングラスとのバランスを考えた時、似合っている人というのは、たいていエキゾチックな整った顔立ちの美女という印象でしょう。

男性であれば、甘いマスクのナイスガイと言ったところでしょうか。

男女共に言えることですが、サングラスの似合う人は、彫りが深い顔立ちをしています。要するにソース顔ということになります。

日本人はサングラスが似合わない?

フラットでのっぺりとした起伏の少ない顔立ちには、そんなサングラスは似合うはずもありません。顔とのバランスが悪くなってしまいます。

しかし、諦めてはいけません。日本人にあうサングラスも存在します。海外製のサングラスは海外の人に似合うように作られていることが多いのです。

日本製のサングラスを選ぶと良い

もしあなたが、彫りの深い欧米よりの顔立ちであれば問題はないと思いますが、通常の日本人であれば、日本製のサングラスにするか、自分の顔にあうバランスを考えてサングラスを選ぶことで、違和感なくかけることができるでしょう。要するに、バランスが大切なのです。

サングラスと全体の雰囲気が合っていない

服装がサングラスにあっていないというようなことはありませんか。例えば森ガールのような、ふんわりとした雰囲気の人が、海外セレブがよくかけているような色の濃い太いフレームのサングラスをかけていたらどうでしょうか。バランスが良くないと感じることは言うまでもありません。

髪型も大切

顔とサングラスが合っていても、全体との雰囲気がいまいち合っていないなければ、サングラスは似合わないのです。全体の雰囲気とのバランスを図るということは、とても大切になります。

サングラスが似合わない理由はレンズの色や日本人の肌の色が原因のことも

そのサングラスが似合わない理由は、日本人のあなたに、そのサングラス自体が合っていないということに他なりません。

サングラスのレンズの色が濃い、日本人の肌の色と合わないような色であれば、基本的にそのサングラスは似合わないのです。

欧米人は日本人に比べ彫りが深い顔をしています。よって、色が濃い黒いレンズのサングラスでも、サングラスのインパクトに、顔が負けないのです。

一方、日本人は、どちらかと言えばさっぱりとした平たい顔の人が多いでしょう。そのため、レンズが黒く濃色ののサングラスをかけると、サングラスだけが浮いてしまうことがあります。

日本人の肌の色は黄色、薄いレンズのサングラスがおすすめ

白い肌や黒い肌というようなはっきりとした色とは違います。ですから、サングラスのレンズの色は、濃い黒色ではなく、薄い茶色などのほうが、日本人には似合うのです。

カラーレンズも同様に、薄い色であれば似合うことがあります。黒いサングラスが似合わないというのであれば、薄い色のレンズで挑戦してみてはどうでしょうか。

サングラスが似合わない理由を知ってサングラス選び!似合うサングラスの選び方

サングラスが似合わない理由がわかったところで、あとは似合うサングラスを選ぶ方法を探っていきましょう。

  • 顔の大きさにあったサングラスを選ぶ
  • 眉毛がフレームのトップに被るようなサングラスを選ぶ
  • レンズの色が薄いサングラスを選ぶ
  • 鼻パッドの高さが合うサングラスを選ぶ

この4点が、サングラス選びには大切になってきます。

他にも、大切なことはいくつかありますが、特に初心者に気をつけてもらいたいのが、インパクトのありすぎるフレームは選ばないということです。

太すぎず、細すぎず、適度な太さのフレームを選ぶことが無難

細いのであれば一見良いのではないかと思いがちですが、逆に上品に見えすぎて、雰囲気に合わないという人もいるのです。適度に洗練された、サングラスを選ぶのが無難でしょう。

サングラスが似合わない人顔の形に合うサングラスを選ぶのもポイント

サングラスが似合わないとお悩みであれば、ぜひ、自分の顔をよく鏡で見てみましょう。サングラスは、顔の形に合わせて選ぶべきです。

顔の形に合うサングラスを選ぶと、すんなりと違和感なく馴染むことがあります。

顔の形にあうサングラスを選ぼうと、顔の形と同じサングラスを選ぶと、逆に顔の形の欠点が強調されてしまいます。

欠点をカバーできるような、全く違う形のサングラスを選ぶことがポイント

面長顔

顔に長さがあるので、その長さをカバーできるような、フレームの上下の幅があるフレームを選ぶとバランスがとりやすくなります。

丸顔

丸顔の人は、縦と横の比率が同じと言えます。ふっくらとして柔らかい雰囲気があります。よって、角のはっきりとしたサングラスをかけるとシャープでスッキリとした印象になります。逆に、選んでは行けないのが、レンズが丸いフレームです。

四角顔

エラが張っている四角い顔の人が、角のあるサングラスを選ぶと、逆に欠点を強調してしまいます。できれば、丸みを帯びた、曲線的なフレームを選びましょう。優しい雰囲気を醸し出すことができます。

三角顔

顎が尖っていて、すっとしたイメージの三角顔の人は、丸みのあるフレームが似合うでしょう。きつい印象が柔らかくなります。

サングラスを取り入れたファッションのコツ

先程も述べたように、サングラスが似合わない理由というのが、全体の雰囲気にあっていないということも考えられます。

あなたはいつもどんなファッションをしてますか。カジュアルであれば、比較的問題はありません。ファッションのポイントとして、サングラスが普段着をよりオシャレな雰囲気に引き上げてくれます。

かっちりした着こなしに、ハズシでサングラスをかけるという人もいるかも知れません。その場合は、細身のメタルフレームなどが良く似合います。

洋服の印象にサングラスが違和感なく溶け込めるかはとても重要

髪型もまたしかりです。

顔の形とサングラスが合っているか、顔の色とレンズの色に違和感はないか、そして、最後にファッションや髪型に似合っているかどうかをクリアしてこそ、サングラスが似合う人になれるのです。

サングラスはファションアイテムとしても便利なアイテム

目を守ってくれるという重要な役目もあります。似合うサングラスにめぐりあうためには、とにかく数多くの色々なサングラスをかけてみることです。

あなたに似合うサングラスはきっとあります。諦めずに根気よく探してみましょう。