サングラスが似合わない人の特徴と似合う人の特徴を説明

おしゃれの象徴でもあるサングラス、挑戦したいけれど日本人には似合わない特徴が当てはまりすぎるのを知っていますか?

かっこつけてると思われるのが恥ずかしいからかけないでいるけれど、実は家にあるという人は多いはず。その家にあるサングラスは似合わないかもしれませんが、自分の顔のタイプに合わせたものを選べば似合うものを見つけることができるでしょう。

似合う人、似合わない人の違いや自分に合うサングラスの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの選び方を解説!ウェリントン型メガネは面長顔におすすめ

メガネを上手にファッションに取り入れることで、なりたい印象になることができます。人気の高いウェリント...

メガネが必要となる視力はどのくらいなのか理解しよう

視力が下がってきたと自分でも感じてはいるものの、メガネはかけたくないと感じている人も多いでしょう。...

メガネをケースに入れる時の正しい入れ方やお手入れ方法を解説

メガネを購入したばかりの人は、メガネをどのように扱うのが正しい取扱い方なのかわからないこともあります...

サングラスで安物と高価なものとの違いについてご紹介

サングラスで安物と高価なものにはどのような違いがあるのでしょうか?見た目ではよくわからなくとも、...

ウェリントンメガネが似合う女性のタイプとは特徴を紹介

ウェリントンメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?女性にも人気のあるウェリントンメガネの特徴を...

メガネをかけても可愛いと言われる髪型にするなら

メガネを好きな男性は意外と多いのはご存知でしたでしょうか?しかし、メガネをかけると、顔の印象が大...

メガネのフレーム交換の値段はどのくらい?壊れたときの対処方法

メガネのフレーム交換だけしてもらいたいときにはどのくらいの値段がかかるのでしょうか?交換するフレ...

メガネの乱視の度数はどのように表示される?乱視について

度付きのメガネをかけているのに見えにくい、もしかして視力がまた悪くなってしまったのでは・・その症状も...

メガネの選び方。女性がメガネを決めるときはココがポイント

女性がメガネを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?印象が大きく変わってしまうメ...

メガネを常用しなくてはいけない視力メガネをかけるタイミング

メガネを常用するようになる視力はどのくらいなのでしょうか?ゆるやかに視力が低下していると、メガネ...

サングラスのレンズの傷消し方法と長く使用するための心得

お気に入りのサングラスを自分の不注意で落としてしまい、レンズに傷がつくとショックは大きいでしょう。...

メガネにブルーライトカットやUVカットは必要?特徴をご紹介

メガネを購入するときに迷ってしまうのがブルーライトカットやuvカットのオプションではないでしょうか?...

メガネを作る時に必要な視力と度数について正しく理解しましょう

メガネを作るためには視力検査だけすればいい、そう思っていませんか。実は、視力だけではなく「度...

メガネの曇り止めに使える裏ワザ!マスクをしても曇らない方法

メガネをかけている人は、寒いところから温かいところに入った時やマスクをしている時に、メガネが曇ること...

伊達眼鏡のレンズを簡単に取る方法を知りたい

長年かけると地味になると言われてきた眼鏡ですが、今は眼鏡はおしゃれアイテムのひとつとして認識されてい...

スポンサーリンク

多くの日本人が当てはまる?サングラスが似合わない人の特徴

眩しい時だけでなく、今やファッションアイテムとしてサングラスをかける人も多いと思います。かけるだけで、コーディネートをぐんと格上げしてくれるサングラス。しかし、かけてみると、いまいち似合わないと感じる人も多いのではないでしょうか。なぜ、あなたはサングラスが似合わないのか。それは、多くの日本人が当てはまる、サングラスが似合わない人の特徴に、あなたも当てはまっている可能があるからです。

似合わない人の顔の特徴

平坦な顔立ち

欧米人はサングラスが似合います。サングラスは海外セレブがかけるものという、イメージの人もいるかもしれません。サングラスは、凹凸のある顔立ちの方が似合うのです。

鼻が低い

凹凸がなく、彫りが浅いということは、鼻が低いということにも繋がります。鼻が低いとサングラスがずり落ちてしまいます。サングラスがしっかりと鼻に乗っていることが、かっこよくサングラスをかけ熟す秘訣なのです。

眉毛が見えている

鼻が低くてサングラスが下がってきてしまうと、フレームから眉毛がはみ出てしまうこともあるでしょう。それでなくとも、日本人は欧米人と比べて目と眉毛が離れています。
そのため、サングラスから眉毛がはみ出てしまうことも少なくありません。

サングラスをかっこよくかけるためには、フレームに十分眉毛が隠れていることが理想的です。欧米人は日本人と比べ、目と眉毛が近いのが特徴です。ですから、サングラスをかけたときもしっかりと眉毛が隠れて、かっこよくキマるのです。

サングラスが似合わない人の特徴は眉毛

先程も述べたように、サングラスの似合わない人の特徴の中に、眉毛とサングラスの位置が離れすぎてしまっているという事が上げられます。

あなたがそのサングラスを試着したときに、似合わないと感じたのは、眉毛がサングラス上からはみ出てしまっているからかもしれません。完全に隠れなくても、問題はありませんが、眉毛とフレームの位置が離れていればいるほど、それだけで間の抜けた印象なってしまいます。眉毛が隠れると、かっこよく見えることは間違いありません。

あなたのサングラスはしっかりと鼻に乗っていますか?フレームで眉毛が隠れていますか?

サングラスが似合わないのは、日本人だからというより、日本人の特徴にあっていないサングラスを選んでいる可能性があります。

少し大きめのサングラスを選んで、眉毛を隠すと意外と似合うこともあるのです。また、鼻にしっかりと乗っていないのであれば、日本人の鼻に合うような鼻パッドのついたサングラスを選びましょう。

日本人に合うサングラスの特徴とは

サングラスが似合わないと嘆くより、日本人のあなたに似合うサングラスを選ぶことを考えて見ましょう。日本人ににあうサングラスも勿論存在します。日本人に合うサングラスの特徴を見ていきましょう。

日本のブランドのサングラスを選ぶ

日本人に鼻が低い人が多い事は、周知の事実です。ですから、サングラスも日本のブランドの物を選ぶと、似合う可能性があります。
大抵のサングラスは海外ブランドの物が多いでしょう。しかし、海外ブランドのものは、海外の人の鼻の形に合わせて、鼻当てがついています。また、鼻の高い人が多いので、鼻当てがついていないものもあるでしょう。
そのような、サングラスをかけたところで、ずり落ちてきてしまうことは言うまでもありません。

それに比べ、日本のブランドのサングラスは日本人の為に作られています。鼻当ての位置も、日本人に合うように作らているのです。

もし、どうしても海外ブランドの物が良いのであれば、鼻当ての位置が自分に合っているのか、合っていなければ、調整や付替えが可能かどうか、お店に確認してみるのも良いでしょう。

眉毛が見えないように大きめのサングラスを選ぶ

また、眉毛が見えてしまうという場合は、少し大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。またフレームが太めであれば、眉毛が出たとしても目立つことは無いでしょう。

レンズの色は薄い色のサングラスを選ぶ

サングラスをイメージする時、黒いレンズを想像しがちですが、日本人の肌の色や髪の色には、重たくなりすぎない薄い色のブラウンのレンズなどが良く似合います。茶色のレンズは視界を自然に近い色に見せてくれます。それだけでなく、レンズの色が濃すぎる場合は、逆に瞳孔が広がりすぎて紫外線を多く受けてしまう可能性もあるのです。サングラスのレンズの色は薄めでも、十分に紫外線をカットすることができます。また、ブラウンは顔に深みを与えてくれる色で、自然な雰囲気でかけることもできます。

濃い色はクールな印象になりますが、いまいち決まりすぎて似合わない、かっこつけすぎの用な気がするという人は、ぜひ、薄い色のレンズを選んでみましょう。

サングラスは顔のタイプで選ぶとなじみやすい

サングラスにもメガネ同様、様々な形があります。お店に行って、サングラスを選ぼうとしても、色々ありすぎてどのサングラスを選べば良いか分からない、いいなと思ったサングラスを手にとってかけてみてもいまいち似合わないという人もいるでしょう。そんな時は、自分の顔タイプの特徴に合わせて、サングラスを選んでみましょう。

サングラスを選ぶ上で重要なポイント

勿論デザインもそうですが、自分に似合うかどうかです。自分の顔の形を良く観察してみましょう。顔の形もそれぞれで在るように、その顔の形にあうサングラスもそれぞれです。具体的には、顔の形と違うものを選ぶと、顔の形をカバーすることができ、バランスよく決まります。

丸顔

丸顔は、縦に長さがなく横に幅があり、卵のような顔立ちが特徴です。丸みを帯びているので、優しく柔らかい印象があります。ですから「スクエアタイプ」などの直線的なものを選ぶとよいでしょう。全体のバランスが取れ、スッキリとした印象になります。

また、「ブロータイプ」もお勧めです。眉毛のように、フレームの上部が太くなっているのが特徴のこのフレームは、かけるだけで一気にオシャレになることができます。逆に、ラウンドタイプを選んでしまうと、更に顔の丸みを強調してしまうので、避けましょう。

三角顔

三角顔の人は、アゴのラインがシャープなのが特徴です。「ブロータイプ」のサングラスであれば、そのシャープなアゴのラインを上手にカバーすることができます。特に底辺のあるブロータイプは、相性も抜群です。洗練された印象になるでしょう。

四角顔

直先的な輪郭をもち、メリハリのある四角顔のあなたには、顔の形とは逆の曲線的なフレームが似合います。「オーバルタイプ」を選べばスタイリッシュな印象に、「ボストンタイプ」を選ぶと、落ち着いていて柔らかい印象を与えることが可能です。

面長

面長の人は、ほっそりとしていてシャープな印象のある一方、顔に長さがあるため、アゴの印象が強くなります。「ウエリントンタイプ」は上下の幅が大きく、フレームの縦幅がフェイスラインと近くなるため、顔の長さを上手にフォローしてくれるでしょう。顔のバランスが取れ、整った印象になります。

サングラスが似合わない特徴の人が、誰にでも似合うサングラスを見つける方法

サングラスが似合わない特徴に自分が当てはまっていても、諦めてはいけません。誰にでも似合うサングラスは存在します。勿論、あなたにもです。

雑誌やテレビで、オシャレな人がサングラスをかけているのをみて、ちょっと真似してみたいと憧れを抱くこともあるでしょう。
だからといって、自分がサングラスをかけると、怪しい雰囲気になってしまったり、かっこつけているんじゃないかと思われることが心配で、サングラスなんて自分に似合わないと思い込んでいる可能性があります。

似合うサングラスをかければ、自然な雰囲気でイメージチェンジが可能です。そのためには、あなたにしっくりとくるサングラスを選ぶことが大切なのです。

勿論、眉毛がかくれるようなちょっと大きめのサングラスも良いのですが、あまり大きすぎると違和感が出ます。逆に小さいサイズも、顔の大きさが目立ってしまいます。顔幅とサングラスの幅は、同程度のものが一番よいでしょう。また、自分の顔の形とは反対のフレームを選ぶと、顔の特徴を上手にカバーしてバランスが取りやすくなるでしょう。

では、何を選べばよいのかと悩んでしまいがちですが、悩んだ時は、日本人の誰にでも似合いそうなサングラスをかけてみると良いでしょう。

細いフレームのサングラス

サングラスを選ぶ時、つい太めの黒いフレームを選んでしまう人もいるでしょう。しかし、そのようなフレームは初心者がかけるには若干インパクトがありすぎます。急にこのようなサングラスをかけたとしても、かっこつけているんじゃないかと思われてしまいかねません。そんな心配がある人にこそ、細いフレームがおすすめです。顔にも馴染み、自然にサングラスが溶け込んでくれます。

レンズは茶色のサングラス

サングラスと言えば、黒いレンズと思っている人もいるかも知れませんが、日本人には茶色のレンズが似合います。茶色のレンズはブルーライトを軽減してくれます。顔周りを優しい印象にし、更に深みも与えてくれます。自然に馴染むのはこの色でしょう。

茶色はサングラスの定番カラーです。カジュアルでもかっこよく決まります。また濃すぎる色は、眼にも良くないうえ、ちょっと怖く見えることもあるでしょう。似合わないと思うのであれば、ぜひ、茶色のレンズを選んでみましょう。

ウェリントンタイプのサングラス

上下の幅が広めで角が丸みを帯びた逆三角形のこの形は、レトロな雰囲気もあり、誰にでもにあう万能な形です。初心者であれば、まずウェリントン型をかけてみましょう。はじめてサングラスを選ぶのであれば、このような形が良いでしょう。

サングラスが似合わない人の特徴が、万が一あなたに存在したとも、気にすることはありません。似合うサングラスを選ぶのみです。

サングラスが似合う為に一番重要なのは、似合っていると思い込むこと。似合わないと思って、背中を丸めて恥ずかしそうに歩いていては、それこそ、変に思われてしまいます。勿論、サングラスをかけているあなたをみて、いつもと違う雰囲気に、視線を集めてしまうこともあるでしょう。それは変だから、似合っていないから見られているのではないのです。
そうです。そのサングラスはあなたに似合っているのです。ですから、堂々としてそのオシャレなサングラスをかけた自分をアピールしてみましょう。きっと、その方が何倍も素敵なはずですよ。