メガネが似合うコーデとは?メンズにおすすめなコーディネート

メガネをメンズコーデに合わせるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

メガネのせいでコーデがパッとしない、なんだかガリ勉っぽく見えてしまうなどの悩みはこのようなことを意識すれば大丈夫!

姿勢をよくして、シンプルで清潔なコーデにすればマイナスにはなることはないでしょう。メンズにおすすめなメガネコーデについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡の調整が下手かどうかを見分ける方法と調整のタイミング

眼鏡の調整がいまいちしっくりきていないような…。もしかしてあのお店はフィッティングが下手なのでは...

セルロイドとアセテートのメガネフレームの違い!特徴と長所

メガネのフレームは、大きく分けると金属系フレームとプラスチックフレームに分類されます。そして、プ...

サングラスが似合わない理由と似合うサングラスの選び方を解説

サングラスをファッションに取り入れたいと考えていても、自分にはサングラスが似合わないというお悩みを抱...

メガネのネジはホームセンターで手に入れて自分で修理。裏技も

メガネを使っているうちに、自然とネジが緩んでレンズが外れてしまうことがありますね。外れてしまった...

ウェリントンはメガネの中で最もメンズにおすすめのフレームです

「ウェリントン」というメガネの種類についてご存知でしょうか?昔からあるデザインのひとつではありま...

男性がメガネをかけるときには髪型のココがポイント

メガネをかけた男性にはどのような髪型が似合うのでしょうか?なんだか冴えないのはメガネのせいと決めつけ...

紫外線カット効果のあるサングラスが女性におすすめな理由

サングラスは強い日差しから目を守ってくれる効果がありますが、それ以外にも嬉しい効果があります。女...

メガネで大きめなものが似合うのは四角顔のメンズ

メガネは大きめしか似合わないというメンズは多いのでしょうか?女性よりも顔の大きい男性は、大きめの形の...

メガネを外すと別人になるのを防ぐには?ギャップを減らす方法

メガネを外すと別人になる時、それがプラスに働けばいいですがマイナスに働くのはどうにか避けたいですよね...

サングラスのレンズの種類は?それぞれの長所と短所を解説

アウトドアが好きな人は、天気の良い日になると思い切りアウトドアを楽しみたいと思いますよね。太陽の光を...

メガネがサングラスになる跳ね上げとは?跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式とはどんなものなのでしょうか?サングラスが欲しいけれど、度付きのメ...

メガネが似合う女子とは?30代女性が選ぶべきメガネの探し方

30代の女性にとってメガネ選びはとても難しいものと言えるでしょう。それは可愛らしさや若さを優先となる...

メガネのボストン型、ウェリントン型とは?似合う顔の形

そろそろ、新しいメガネを購入しようかなと考えているのならボストンやウェリントンフレームはいかがでしょ...

メガネに似合う髪型とは?メンズにおすすめなヘアスタイル

メガネをかけているメンズに似合う髪型とは?メガネをかけていると暗く見えてしまったり地味に見えてしまう...

メガネの黒縁が似合うメンズとは?似合うメガネを見つける方法

メガネの黒縁をかけたメンズが好きな女子は多いようです。しかし、誰でも似合うというわけではありません。...

スポンサーリンク

メンズはメガネに合わせてコーデを決めるのもおすすめ

普段からメガネを愛用しているという男性は多いですが、メガネをかけていることによってなんだかコーディネートが上手くいかない、パッとしないという悩みを持つ男性は多いのではないでしょうか。

メガネの種類にあわせたてコーデがおすすめです!
というのも、メガネには色々な種類があり、その形もデザインさまざまです。

コーディネートを先に決めるのではなく、自分のかけているメガネに合わせてコーディネートを決めればなんだかメガネと服装が合わない、パッとしないということを防げるというわけです。

例えば、ボストンというメガネの種類がありますが、ボストンは丸みのある柔らかなデザインのメガネです。

ボストンのメガネをかけているというときには、このボストンの柔らかい印象にあわせてコーディネートも落ち着いたファッションコーディネートにしてみるといいでしょう。

また、その他にもウェリントンという種類もありますが、ウェリントンはボストンに比べてみると少し角があるタイプのメガネになります。

ウェリントンのメガネを選ぶのであれば、カジュアスタイルのコーディネートを始め、シンプルなファッションがよく似合うので参考にしてみてください。

メンズメガネコーデで外せないのがさわやかシャツ

視力が悪いためにメガネを普段の生活から愛用しているという男性もいますが、今はオシャレアイテムのひとつとしてメガネをかけているという男性も多くいます。

メガネコーデを1発できちっと決めたいときはシャツ

さわやかなシャツを取り入れたファッションコーディネートがおすすめです。

というのも、さわやかなシャツとメガネを組み合わせたコーディネートというのは外すことが無いと言えるほど組み合わせの良いアイテム同士だからです。

さらに、さわやかなシャツに合わせてカーディガンを羽織ってみたり、ジャケットを羽織ったりしても雰囲気がまた変わるのでコーディネートに飽きがきません。

組み合わせを変えることによってさまざまなコーディネートを楽しむことが出来るので、シャツやカーディガン、ジャケットなどを数枚用意しておくと良いでしょう。

メガネが細すぎると真面目な印象にコーデに合わせるなら少し印象のあるものが◯

メガネの形にはいろいろな種類がありますが、メガネのフレームの太さというのもいろいろなものがあります。

メガネのフレームの太さ・細さのイメージ

フレームの太さでコーディネートを決めるという方法も良いでしょう。

例えば、メガネのフレームが太くてメガネの印象が強く出るというときには、カジュアルなシンプルコーディネートとあわせてみましょう。

コーディネートがカジュアルでシンプルなのに対して、かけているメガネのフレームが太くてアクセントがあるので、メガネがコーディネートを引き締めてくれるのです。

女性から特に人気がある男性ファッション

VネックのTシャツやニット

VネックのTシャツやニットというのはメガネとの相性がばっちりなファッションアイテムです。

見える首筋から胸までのラインと、男性がメガネをかけた姿というのは知的さとセクシーさを兼ね合わせたファッションになります。

メガネにアクセントがなく、ファッションもシンプルですっきりしているときには、なんだか地味な印象になってしまうので、どこかに1つアクセントを置くように注意しながらコーディネートをまとめてみましょう。

自分に自信があるメンズにおすすめなのは丸メガネコーデ

ウェリントンやボストンなど、さまざまなメガネの種類がありますが、丸いフレームのメガネをかけているオシャレな男性というのもいます。

しかし、真似をして丸いフレームのメガネをかけるというときには注意も必要です。

丸メガネは、合わせるコーデもハイセンスを要求される

自信がないときには丸メガネは避けておいたほうが無難です。
もしも、丸メガネをかけたいというときには、ニット帽子やベレー帽などの小物と合わせてかけるとオシャレな印象になります。

メンズのメガネコーデでコレはNG!女子が嫌いな服装

メガネとコーディネートを合わせようと頑張ることは大切ですが、もしかしたらそのコーディネートは女子受けが最悪なコーディネートになっているかもしれません。
最後に、女子が嫌いなコーディネートを確認しておきましょう。

メガネとさわやかシャツの組み合わせは最高であるとお伝えしましたが、自分の身体に合わないピッチピチなシャツやダボダボなシャツを着ていたり、シャツがシワッシワというときには非常に女子受けが悪くなります。

どんな時も清潔感のあるコーデが基本

女子受けするためにはコーディネートの中に清潔感を感じさせるということも重要なポイントのひとつであるので意識しましょう。

組み合わせも注意

また、チェックなどの柄は女子からも人気の柄のひとつではありますが、上下ともに柄ものをもってきてしまうと、コーディネートがまとまらずにごちゃついた印象になってしまうので、柄物に手を出すときにもコーディネートのバランスを見て取り入れるようにしてみましょう。