メガネでオススメなのは?メンズのビジネス向きフレーム

ビジネスシーンでは相手にできるだけ良い印象を持たせたいですよね。知的で説得力の増すメガネですが、選び方次第でその印象は変わってきます。

では、ビジネスでメンズメガネを選ぶときにはどのようなものを選んだらいいのでしょうか?おすすめなメガネフレームとは?

ビジネスメガネを選ぶときのポイントやコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの上手な選び方!似合うメガネを選ぶポイント【女性編】

今はメガネもファッションの一部としておしゃれを楽しむ女性が多いですよね。メガネが似合う女性の特徴...

メガネの横幅が小さい!自分にピッタリなメガネを選ぶ方法

メガネの横幅が小さいと、メガネの掛け心地が悪くなって日常生活も過ごしにくくなってしまいます。できれば...

サングラスを購入する際のメンズの度付きの選び方や相場をご紹介

かっこいいサングラスが欲しいけれど普段からメガネをかけているから、もし買うとしたら度付きのサングラス...

眼鏡の鼻あてはシリコンがいい?シリコンの特徴と変え時

眼鏡の鼻あてのシリコン部分がなんだか汚れてきたような…。このシリコンの鼻あて部分はどのくらいの期間で...

眼鏡の度数が合わないときとは?メガネに慣れるまでの期間

眼鏡の度数が合わないと、頭痛やめまいなどのような体調不良が起きやすくなってしまいます。買った...

マスクでメガネが曇る女子のお悩み解決!簡単な曇り予防法を解説

世の中のメガネ女子のお悩みで多いのが、マスクをした時にメガネのレンズが曇るということではないでしょう...

そのメガネのサイズ合ってないかも!サイズを合わせるときのコツ

メガネのサイズが合ってないとどのような印象を与えてしまうのでしょうか?できるだけ自分の顔のサイズに合...

メガネの縁がグレーの場合の印象と感想。似合うメガネの選び方

最近は手軽な価格でメガネが購入できますので、ビジネスシーンやプライベートに合わせてメガネを着替える人...

サングラスケースを手作り!おすすめな作り方をご紹介

サングラスケースを手作りしましょう!どのように持ち運ぶのか、シチュエーションの違いによって、...

サングラスが似合う女性の特徴と自分に似合うサングラスの選び方

サングラスが似合う女性はとってもカッコいいですよね。自分もサングラスをかけてカッコよくオシャレを楽し...

ウェリントンはメガネの中で最もメンズにおすすめのフレームです

「ウェリントン」というメガネの種類についてご存知でしょうか?昔からあるデザインのひとつではありま...

メガネクリーナーの超音波洗浄機とは?特徴を紹介します

メガネをキレイにしてくれる超音波クリーナーは、メガネが手放せない人にとって憧れのアイテムですよね。...

メガネのパッドが緑になるのはナゼ?原因と対処方法を紹介

いつのまにかメガネのパッドが緑になっていたという経験はありませんか?なぜこのような現象が起きてしまう...

メガネレンズの選び方とお店によって値段が違う理由

今までと同じメガネを使っていて、「ちょっと最近見えにくくなってきたなぁ…」そう思うことが多くなってき...

メガネを買うならネット?安いものを買うときのポイント

メガネをネットで購入しようと思っているのだけれども、安いのが気になる・・。ネットでメガネを購入すると...

スポンサーリンク

ビジネスに役立つメンズメガネの特徴

仕事をする上で、メガネが役立つなんてちょっと意外に思われるのではないでしょうか。

ビジネスに役立つメガネとは

視力を補う

これは当たり前とも言えそうですが、目が悪いと遠くのものや近くのものがよく見えません。
ものがきちんと見えないと、ミスなどに繋がりますので、自分の視力に合ったメガネを使いましょう。
また、遠くのものと近くのパソコンなどを見る時に疲れを感じるのなら、その状況に合わせたメガネを使い分けても良いでしょう。

真面目な印象を持たせる

メガネをかけていると、真面目そうな印象を与えることが出来ます。
ビジネスの上では外見でも信頼を得ることは、とても大切なことです。
特にチャラそうなどと見られがちな人は、メガネでイメージチェンジをしましょう。

優しそうな印象に変える

特に怒っているわけではないのに、いつも怒っていると思われたり、目つきが悪いと言われがちな人は、「オーバル」や「ボストン」などの丸みのあるメガネをかけて、優しげな雰囲気に変えましょう。
メガネを変えると、印象がかなり変わりますよ。

ビジネスに向いているメンズのメガネの種類

メガネなんて、「自分に似合ってるものならなんでも良い」と言われそうですが、実はそんな事はありません。

ビジネスシーン向きなメガネ

ウェリントン

丸みのある台形を逆さまにして丸みを持たせたようなレンズの形をしている「ウェリントン」は、メガネの王道ともいえる種類です。
ウェリントンはセルフレームを選ぶ人も多いですが、キリッとして見えるメタルフレームもおすすめです。

スクエア

四角いレンズの「スクエア」はウェリントンよりもかっちりしたイメージを持たせる事が出来ますので、ビジネス向きのメガネと言えます。
ただし、キツくなり過ぎて「怖そうな人」と思われないように気をつけましょう。

ハーフリム

レンズのフレームが上側だけにある、半ブチの「ハーフリム」も真面目そうに見えますので、おすすめのメガネのひとつです。
下側にフレームのあるタイプもありますが、一歩間違うと、おじいちゃんっぽく見えてしまいますので、注意しましょう。

これはNG!ビジネスでメンズメガネに向いていないもの

メガネはどんな種類でも、ビジネスの場に合うようなイメージがありますが、中にはビジネスの場には相応しくないメガネもあります。
そんな、ビジネスに向いていない、もしくはNGとされるメンズメガネの種類をご紹介します。

メガネフレームが派手なもの

これは、言うまでもありませんが、デザインが凝りすぎていたり、色や模様が派手なメガネは、印象も良くありませんし、相手もメガネが気になって話が全く頭に入らないかも知れません。
それどころか「ふざけているのか!」と怒り出す人もいる可能性もあります。。

ラウンドはビジネスには向かない

まん丸なレンズが特徴の「ラウンド」は、かけてはいけない訳ではありませんが、ファッション要素が強いため、あまりビジネス向きのメガネとは言えません。
ただし、飲食店やクリエイター系の職場であれば、問題はありません。

メガネレンズに色が入っているもの

視力に問題があって、レンズに色を入れなくては行けない場合は仕方がありませんが、そうではなく、おしゃれにしたいなどといった理由でレンズに色が入っているメガネをかけるのはやめましょう。
仮に薄い色であっても、相手からすると「サングラスをかけたままで商談をするのか」と不快に思われてしまう可能性があります。

ビジネスシーンではこのカラーがおすすめ

メガネを選ぶ時は、デザインだけではなく、フレームの色もその場に相応しいものを選びたいものです。

ビジネスシーンでのメガネフレームの色

ビジネスだけではなく、プライベートでも使い勝手の良い黒いフチのメガネは、一番のおすすめの色だと言えます。
黒の落ち着いた色が、顔の印象を引き締めてくれます。

シルバー

メタルフレームをかけるのなら、黒以外にもシルバーがおすすめです。
シルバーは知的に見える色ですので、真面目で賢そうに見せてくれます。

茶色

基本的は、黒かシルバーがおすすめですが、他の色をかけたいと言う場合は、茶色でしたら、それほど悪い印象は与えないでしょう。
ただし、ダークブラウンなど、暗めの色を選ぶようにしましょう。

ビジネスマンはとにかく清潔感!合っているメガネをかけましょう

プライベートでは違和感がなくても、ビジネスの場面では相応しくない髪型やメガネになっていませんか?。
ビジネスマンはとにかく清潔感が大切。合っているメガネをかけましょう。

メガネは購入時にきちんとフィッティングをする

買った当初はサイズの合っていたメガネでも、しばらくかけていると、ツルがゆるくなってしまったり、鼻当てが合わなくなってしまったりして、いつもズレているだらしないメガネになってしまいます。
2~3ヶ月に1度はメガネ店に行き、正しくメガネがかけられるようにフィッティングをしてもらいましょう。

メガネは常に綺麗にする

どんなに真面目な顔でメガネをかけていても、レンズが汚れていたら、だらしない印象になってしまいます。
メガネは常に綺麗な状態を保つようにしましょう。
ちなみに乾拭きをすると、レンズに傷が入りますので、水ですすいでから拭くようにしましょう。

ビジネスシーンでは髪を整える

長髪はもちろんダメですが、メガネをかけていると、少し髪が伸びただけでも前髪がメガネにかかってモッタリとした印象になってしまいます。
マメにヘアカットをして、さっぱりとした印象の髪にしましょう。

出来れば黒髪で

今は昔ほど髪を染めることにうるさく言われることはなくなりましたが、それでも「黒髪=真面目、茶髪=チャラい」という印象は根深く残っています。
顔立ちが派手など、チャラく見られがちな人は、出来るだけ黒髪にするようにしましょう。

このようにして、メガネのデザインや種類選び、メンテナンスなどをきちんとすると、会社の人や取引先の人からも信頼される人になることが出来ます。