サングラスの似合う髪型とは?おすすめやポイントを紹介します

サングラスがよく似合う人は髪型もキマっていることが多いですよね。残念サングラスにならないためにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

女子がいいなと思うのは、個性的なサングラスや髪型ではなくトータル的に見て清潔感があるかどうかです。

男らしさを見せつつ、小奇麗さも身につければ好感度の高いサングラスボーイになるでしょう。サングラスと髪型がいまいち合っていないような・・と感じたときにはこのアイテムがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

老眼鏡のレンズは交換が必要?変えるタイミングをご紹介

老眼鏡のレンズ交換はいつがベストなタイミングなのでしょうか?そこまで見えないことが不自由でなければそ...

メガネの選び方。女性がメガネを決めるときはココがポイント

女性がメガネを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?印象が大きく変わってしまうメ...

メガネのサイズが書いてある場所とサイズ表記の見方を解説

メガネのサイズが合わないと、つけ心地が悪くなって日常生活を過ごしにくくなります。これからメガネを購入...

メガネレンズの値段の違いとは?自分に合うメガネをかけよう

メガネのレンズには値段の違いがありますが、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?私は小学校3年生...

ウェリントンメガネとは?特徴や受ける印象、コーデ術を紹介

ウェリントンメガネとはどんなメガネなのでしょうか?顔の印象が大きく変わるメガネだからこそ、自分に似合...

鼻がメガネを掛けると痛い時の原因と対処法。痛くならないメガネ

メガネを長時間掛けていると、鼻あての部分が痛いと感じることはありませんか?鼻が痛くなったり、鼻あ...

メガネのブリッジが広いとこう見える!ブリッジの特徴

メガネのブリッジが広いとどんな効果があるのでしょうか?メガネを合わせるときにフレームの大きさや太...

メガネケースを手作りしたい人必見!簡単な作り方を紹介します

メガネケースを手作りする人が増えてきていますが、裁縫が苦手だと作れないのではないかと思ってしまうこと...

サングラスと偏光グラスの違い、メリットとデメリットについて

釣りやゴルフ、アウトドアが好きな人のアイテムとして活躍してくれるのがサングラスです。強い日差しを遮っ...

メガネが重い!鼻が痛くなる時にできる対処法で痛みを軽減

メガネが重いことが原因で、鼻が痛くなるというお悩みを抱えている人もいますよね。メガネを長時間かけ...

メガネのコーデを地味に見せない方法レディースコーデのポイント

レディースのメガネコーデはどうしてもいつも同じようなものになってしまいますよね。きちんと見せたいけれ...

メガネは顔の形で選ぶ!40代・四角顔メンズのメガネの選び方

メガネを選ぶときは、顔の形に合わせて選ぶと自分にピッタリのメガネを見つけることができます。4...

眼鏡の鼻あてが緑になるのは緑青!原因と対処法を解説

眼鏡の鼻あてが緑に汚れていたら、一体何の汚れなのか気になる人もいるのではないでしょうか。もしかして眼...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

サングラスの似合う形を顔のタイプ別に紹介します

日本人はサングラスが似合わないと思ってはいませんか?実はきちんと顔のタイプに合わせて選ぶことで似合う...

スポンサーリンク

サングラスの似合う髪型といえばショートやツーブロック

見た目にも格好良いサングラスをかけようと思ったら、服装だけではなく髪型もおしゃれなものにしたいですよね。
そんなサングラスに似合う髪型といえばショートやツーブロックが王道なのではないでしょうか。

サングラスの似合う俳優やモデルを見た時に、多くの人はさっぱりとしたショートカットやツーブロックにしています。
短い髪は、もみあげの部分がサングラスの邪魔をして変な感じにもなりませんので、おすすめな髪型と言えます。
どちらの場合も、切りっぱなしではなく、ワックスで毛の流れを整えるようにしましょう。
寝癖があったり、モッサリとしたパサパサヘアだと、せっかくのサングラスもかっこ悪く見えてしまいます。
顔やスタイルがモデル並みの人であれば、そういった無造作な感じでも良いですが、ほとんどの人はそうではありませんので、しっかりとヘアセットをしましょう。

髪型別に似合うサングラスをご紹介

髪型別に似合うサングラスをご紹介します。

髪型に合わせたおすすめのサングラスのタイプ

ショートヘア

ベリーショートを含めたショートヘアの人におすすめなのが、「ボストン」のサングラスです。
レトロさとカジュアルさがショートヘアの魅力を引き立ててくれます。

ツーブロック

男らしいツーブロックにしている人は、「ブロー」や「サーモント」と呼ばれる、フチが上側だけにあるハーフリムのサングラスをおすすめします。
これをかけると、より男らしさが際立ちます。

センターもしくはサイド分け

ベーシックなセンターやサイド分けにしている人におすすめなタイプは「ウェリントン」のサングラスです。
ウェリントンの落ち着いた雰囲気が、センター分けにもよく合います。

マッシュ

若い男性に人気のマッシュヘアーの人におすすめなサングラスは「ラウンド」です。
レトロさとファニーさを持ち合わせたこのタイプは、カジュアル系やモード系にも合いますので、ファッションとの組み合わせも考える人におすすめです。

ロング

個性的なロングヘアをしている人におすすめなサングラスは、「ボストン」と「ラウンド」です。
ロングヘアの縦長ラインをボストンやラウンドのような丸い眼鏡でバランスを取ることが出来ます。

坊主

男らしさの極致にいるような髪型の人におすすめなサングラスは、「ウェリントン」と「ブロー」、「サーモント」です。
柔らかい雰囲気を出したいのであれば、ウェリントンをかけ、強面でいかつい雰囲気を出したいのであれば、ブローやサーモントをかければ、恐いものなしです。

サングラスの似合わない髪型はコチラ

格好良くて男らしいイメージのサングラスですが、似合わない髪型もあります。

どんな髪型が似合わない?

それはおしゃれに言うと「ナチュラル過ぎる髪型」、シンプルに言うと「野暮ったい髪型」の事です。

きちんと手入れをしていたり、ヘアアレンジをしていないと、ダサい人が無理をしてサングラスをかけているように見られます。

サングラスが似合わない理由

同じ服を来てても、「こっちの人は格好良いのに、そっちの人はなんだかイマイチ」なんて事がよくありますよね。

その原因は顔にあると思われがちですが、実はそれだけではありません。
他に考えられる原因は「姿勢」です。
姿勢が悪いと格好良い服装をしてサングラスをかけてもなんだかキマらないのに対し、背筋を綺麗に伸ばしていると、シンプルな服装でもそれなりに見えます。

せっかくオシャレなサングラスをかけるのであれば、髪型や服装だけではなく、姿勢にも気をつけましょう。

サングラスに似合う髪型にするポイント

サングラスをかける前に髪を整える必要がありますが、具体的にどういった感じでセットしたら良いのがよくわからないという方もいらっしゃるかも知れません。
そういった方は、サングラスに似合う髪型にするポイントを押さえれば、いい感じにキマります。

サングラスをかける上で一番気をつけたいのは、「前髪」

長いままですとサングラスに前髪が当たって、邪魔になったりおかしなハネ方をしてしまうことがあります。
そうならないようにするためには、前髪は「上げるか、横に流す」といったスタイリングをするようにしましょう。

次に気をつけたいのは、「もみあげ」

もみあげの周辺の髪に長さがある場合は、サングラスのツルの上に髪を出したほうが良いのか、髪をツルの下になるようにした方が良いのか迷うと思います。
上手くキマるのであれば、どちらでもかまいませんが、髪質や髪の長さによっては、どちらにしても変な感じになってしまうという時があります。
そういった場合は、思い切って、もみあげ付近の髪を短く刈り込みましょう。
そうすれば、ツルで髪が変な感じになりませんし、スッキリして男らしい雰囲気になります。

髪型に自信がないならサングラスと帽子のコーデ

「サングラスはかけたいけど、髪型をどうしたら良いのかわからない」などといったように、髪型に自信がないならサングラスと帽子のコーデをしてみるのはいかがでしょうか。
髪を上手くセット出来るようになった後も、スタイリングの時間が無い時に、さっと帽子をかぶれば良いだけなので、便利なアイテムになりますよ。

オールシーズンに使えるベースボールキャップやバケットハットをひとつ持つようにしても良いですし、季節に合わせて帽子の種類や素材の使い分けが出来たら、かなりポイントが高いですよ。
寒い季節はニットキャップ、暑い季節はカンカン帽、それから自分の着る服に合わせて帽子を選ぶようにすると、失敗しないですよ。

お店で色んな帽子を試着して、サングラスに合う色やデザインのものを見つけましょう。

サングラスに合う髪型や帽子を見つけることが出来たら、おしゃれの幅もグッと広がりますので、色々研究してみてください。