メガネの種類・ウェリントン型とボストン型メガネの特徴を解説

メガネには様々なフレームタイプがあります。中でも人気が高いのが「ウェリントン型」と「ボストン型」のメガネフレームです。

メガネを購入するときは、自分に似合うメガネを購入したいと考えるものです。ウェリントン型のメガネやボストン型のメガネは、一体どんな顔の形の人に似合うものなのでしょうか。

ここでは、ウェリントン型とボストン型のメガネの特徴についてお伝えします。それぞれのメガネフレームがどんな顔の形の人に似合うのかや、おすすめのシーンについても併せてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

自分に似合うメガネを見つけて、毎日を明るく楽しい日々にしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのサイズの測り方とは?サイズを確認して眼鏡を選ぼう

メガネにはサイズが書いてあるのを知っていますか?測り方を知っておくのもいいですが、自分の顔のサイズに...

メガネに似合う髪型とは?メンズにおすすめなヘアスタイル

メガネをかけているメンズに似合う髪型とは?メガネをかけていると暗く見えてしまったり地味に見えてしまう...

メガネに付いた傷は自分で研磨できるの?レンズの傷について

メガネのレンズに付いた傷を自分で研磨して、キレイにしたい!でも、ちょっと待ってください。...

偏光サングラスの特徴とは?スポーツをするときに最適

スポーツをするときに、サングラスをかける理由とはいったいなんでしょうか?ただ単純に眩しいからとい...

メガネのテンプルの長さとは?短いもの見つける方法

メガネを選ぶときにはどんなことを基準にしていますか?似合う、似合わないで選ぶことはもちろん掛け心地も...

メガネの鼻当ての直し方のコツと道具を紹介。直す時の注意点も

数年使ったメガネは色々なところに不具合が出てきます。鼻当ての部分もぶつかったり、普通に使って...

メガネのテンプルを自分で調整する方法。熱で曲げる合わせ方

普段使っているメガネがずり落ちるようになって、メガネをよく見てみるとテンプルの部分が曲がっていたり、...

【男のメガネの選び方】丸顔男性のメガネの選び方と似合う形

メガネを購入したいけど、自分にはどんなメガネが似合うのかわからずに困っている男性もいますよね。メガネ...

いけてるメガネ女子になる方法 髪型を変えて垢抜けよう

地味になりがちなメガネ女子は髪型を少しアレンジするだけで垢抜け女子に!?メガネでも地味に見え...

メガネのズレ防止。子供におすすめなズレにくいアイテムをご紹介

うちの子供のメガネ、またずれている…。よく動く子供はメガネがずれていても気にしないかもしれません...

サングラスの紫外線カットの確認方法を紹介します

買ってから何年も使っているサングラスの場合、紫外線カットができているのかどうか気になりますよね。紫外...

メガネをケースに入れる時の正しい入れ方やお手入れ方法を解説

メガネを購入したばかりの人は、メガネをどのように扱うのが正しい取扱い方なのかわからないこともあります...

メガネの縁がグレーの場合の印象と感想。似合うメガネの選び方

最近は手軽な価格でメガネが購入できますので、ビジネスシーンやプライベートに合わせてメガネを着替える人...

眼鏡にブルーライトカットをつけるべき?PCメガネの選び方

最近、目がショボショボするのが気になることはありませんか?スマホやパソコンを長時間見ていると疲れてし...

メガネが重い!鼻が痛くなる時にできる対処法で痛みを軽減

メガネが重いことが原因で、鼻が痛くなるというお悩みを抱えている人もいますよね。メガネを長時間かけ...

スポンサーリンク

ウェリントン型メガネの形の特徴

メガネの中でも、一番ベーシックで定番ともいえる、ウェリントン型メガネの形の特徴についてご紹介します。

ウェリントンは、レンズの形が丸みのある台形を逆さまにしたような形が特徴のメガネ

スクエアよりも丸みがあって、レンズの縦幅も広いメガネです。
名前の由来は、ウェリントンで作られたからとも、ウェリントンという名前の人にゆかりがあるとも言われ、実はハッキリした理由はわかっていません。

流行も1950年代から始まったと言われており、その歴史はかなり長いものとなっています。
クラシカルでありながら、カジュアルな服にも合うウェリントンは、おしゃれアイテムとしても重宝され、多くの人々に愛されています。

ウェリントンは、セルフレームのものがイメージとして強いですが、同じ形で上部分にだけフレームのある、ハーフリムや、フチの細いメタルフレームでもかけている人は多く見受けられます。

ボストン型メガネの特徴

次に、ウェリントンと同じくらい、もしくはそれ以上に人気が高いと言われているボストン型メガネの特徴についてもご紹介します。

ボストン型のメガネは、レンズがウェリントンよりもさらに丸みのある形になっています。

丸メガネのラウンドにも似ていますが、レンズの上側がやや平らになっていて、下側がウェリントンよりも丸くなっているものがボストン型メガネです。
ちなみに、ウェリントンとボストンの良さを合わせたボスリントンという形もあります。

ボストンの名前の由来は、ボストンで流行したという説が有力ですが、こちらもハッキリとした由来はわかっていません。
ボストンもウェリントンと同じように、1950年代から流行したと言われています。
恐らくですが、今までは丸メガネしか無かったものが、技術の進歩で他の形も作られるようになったり、映画の普及によって、服だけではなくメガネもおしゃれなものとして認識されるようになったことで、ウェリントンやボストンの人気に火がついたのではないでしょうか。

ボストンもウェリントンと同じように、レトロさとカジュアルさを併せ持つ使い勝手の良いメガネです。

ウェリントン型メガネが似合う顔の形

そんな使い勝手の良いウェリントン型メガネを着こなすためには、似合う顔の形についても知っておく必要があります。

ウェリントンは四角いフォルムを持っていながら、丸みがあり、丸みがありながら四角い形をしている、いわば中間のフォルムを持つメガネです。
そのため、多くのタイプの顔に合いますので、それが多くの人から愛される理由ともなっています。

特にウェリントンが似合う顔の形は、面長です。
縦幅の広いレンズが面長の輪郭をカバーすることが出来ます。
顎の細い三角顔もフレームを大きすぎないものにすれば、ピッタリ合います。
童顔に見られやすい丸顔の人も四角寄りのウェリントンをかければ、かっちりした大人の雰囲気にすることが出来ます。
輪郭のがっしり四角顔の人もウェリントンをかける事で、さらに貫禄のある顔にすることが出来ます。
ただし、四角顔が強調されて、貫禄が出すぎることもありますので、充分に試着をした上で選びましょう。

ボストン型メガネが似合う顔の形

愛用者も多数のボストン型メガネが似合う顔の形についても、学んで行きましょう。

ボストンも似合う人の多いメガネですので、誰にでも似合うと言いたいところですが、最もおすすめと言える顔の形は、三角顔です。
広いフレームとほっそりした顎が相まって、小顔効果も高くなります。
また、四角顔の人はボストンの丸みのあるレンズと相性が良く、顔の印象も柔らかくなります。
面長の人もレンズの縦幅の広いボストンと相性が良く、知的でありながら、とっつきづらさを無くしてくれます。
丸顔の人も、ボストンをかけると、レンズの丸さと相まって可愛らしい印象にはなりますが、輪郭の丸さも強調されてしまうため、自分がなりたいイメージに合うかを試着で確認してから買うようにしましょう。

ウェリントン型・ボストン型のメガネが似合うシーン

ウェリントン型・ボストン型のメガネが似合うシーンとは、どのようなものなのでしょうか。

ウェリントンもボストンも、カジュアルにもきれいめコーデにも合わせやすいメガネです。
しかし、きちんと感を出したい時はウェリントン、カジュアル感を出したい時はボストンの方が向いていると言えます。
また、フレームが太すぎたり、フレームがカラフルなものではなければ、どちらもビジネスシーンやフォーマルな場所でもかける事が出来ます。

一番オールマイティなのが黒い色のフレームですが、おしゃれな人なら、服装が場面に合わせて、フレームの太さや色を変えたり、ウェリントンとボストンを使い分けても良いかも知れません。

そのようにして考えると、ウェリントンとボストンのどちらを買えば良いのかなどを決める時に参考になるのではないでしょうか。