メガネの選び方。女性がメガネを決めるときはココがポイント

女性がメガネを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?印象が大きく変わってしまうメガネはできるだけ失敗しないように無難なものを選びがちです。

しかし、きちんとあなたの顔のタイプに合わせて選ぶことでコンプレックスとなる場所がメガネによってわかりにくくすることができたりします。

女性がメガネを選ぶときにはこんなポイントをチェックしながら決めることをおすすめします。

ここでは女性のメガネの選び方についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネ【ウェリントン】の似合うメンズとは?タイプを紹介します

メガネのウェリントンフレームにはどのような特徴があるのでしょうか?メンズに人気なウェリントンフレーム...

メガネのコーティングが剥がれてしまう原因や予防方法を紹介

なんだか最近、よく見えないような・・とメガネを見てみると細かいキズがついている!?なんてことはありま...

サングラスに求める効果とは。大切なのはレンズの色ではない

 サングラスに求める効果はなんでしょうか? 変装したいという方や、メイクをしていないからなど...

【男のメガネの選び方】丸顔男性のメガネの選び方と似合う形

メガネを購入したいけど、自分にはどんなメガネが似合うのかわからずに困っている男性もいますよね。メガネ...

眼鏡の度数が合わないときとは?メガネに慣れるまでの期間

眼鏡の度数が合わないと、頭痛やめまいなどのような体調不良が起きやすくなってしまいます。買った...

眼鏡のレンズの交換は、どのように行えば良いのか

購入した時はしっかり見えていた眼鏡でも、数年経つとなんだか見えづらくなってしまったり、うっかりレンズ...

メガネがずれるのはどうして?防止する方法を紹介します

メガネがずれるのはどんなことが原因なのでしょうか?フィッティングをしてもらってしばらくするとまたずれ...

メガネをかけてメイクが崩れるのを防ぐには?鼻部分のメイク方法

メガネをかけていると、どうしても鼻部分のメイクがよれてしまいますよね。鼻は皮脂が出るところだからと諦...

丸メガネが似合わない男性の特徴とは?似合う男性になる方法

丸メガネが似合わないと決めつけてはいませんか? もしかしたら、それは丸メガネの選び方が間違っているの...

サングラスが似合う条件とは?似合わないならココを変えよう

サングラスが似合う条件とはいったいなんでしょうか?私もサングラスなんて恥ずかしくてかけることができな...

サングラスは偏光レンズと調光レンズどちらがいい?特徴をご紹介

車を運転するときに、眩しくてよく見えないというときはありませんか?サンバイザーを下げても西日のときに...

メガネの鼻パットの位置で正しいのは?ズレないポイントを紹介

メガネの鼻パットの位置が合っていないような…。メガネを使っているといつのまにかずれやすくなってし...

サングラスのフレーム修理ができる場合とできない場合

サングラスのフレームが曲がってしまったときには修理できるものなのでしょうか?メガネのフレームは修理が...

眼鏡の鼻あてが壊れたら?いろいろな修理の方法について

眼鏡の鼻あて部分、ふと目をやると鼻あてパッドにヒビが入っていたり、とっても汚れていて洗っても取れなか...

メガネのネジのゆるみを解消するには?購入店へ相談するのが一番

メガネのネジがゆるみ不安定な状態を改善するには、ネジを締め直す必要があります。自分でネジを締め直...

スポンサーリンク

女性がメガネを選ぶときには顔の形やサイズを確認

今やファッションアイテムの一つともなったメガネ。女性でも多くの人が愛用しています。オシャレの幅を広げるために、モデルや芸能人も、メガネを愛用している人は少なくありません。

そんな憧れの有名人に少しでも近づきたい、あんなオシャレなメガネをかけたいと思い、似たようなメガネを選んで見たものの、実際自分にはいまいちしっくり来なかったなんてことはありませんか。どんなメガネの選び方をすれば、自分に似合うメガネに巡り会えるのでしょうか。

メガネにも様々なサイズがあるように、人の顔の大きさも様々です。ですから顔の大きさにあったメガネフレームのサイズというのも人それぞれでしょう。フレームの縦の幅は、眉毛からアゴ先までの1/3程度の物がベストです。また、横幅は顔の一番広い部分の幅と同程度の横幅になるメガネフレームを選ぶべきでしょう。小さすぎると、つる部分がきつかったり食い込んだりしてしまう事も考えられます。

横幅と縦幅のサイズがベストであれば、大抵はレンズの中央に黒目がきます。中央に黒目が来ない場合は、掛けた時の印象がきちんと見えません。黒目が上すぎると頼りなく見え、下すぎると違和感が出ます。外や内に入ってしまうと、離れ目や寄り目に見えてしまいます。

小顔に見せようと、顔より大きいサイズのメガネを選ぼうとする人もいるかも知れませんが、上記の様なことを踏まえてもベストサイズのメガネを選ぶ事が、女性を一番良く見せるポイントとなるのです。顔のサイズにあった選び方が大切になるでしょう。

女性に似合うメガネフレームの選び方

女性に似合うメガネフレームの選び方を知りたいという人は、少なく無いでしょう。女性は、メガネというアイテムを使って、より自分を変化させたい、小顔に見せたいという願っているものです。

ふっくらとした女性の顔は、優しそうに見えるため魅力的ですが、もっと小顔に見せたりシャープな印象にしたいと願うのも女性の心理でしょう。そんな女性にオススメなメガネフレームを紹介します。

レンズの上下の幅が広いもの、トップリムが直線的なもの、セルフレームであり、セルが太く濃色のもの、レンズの間の橋渡しをしているブリッジ部分が低いもの、この4つを意識してフレームを選ぶと、より顔を小さくみせ、個性的でオシャレにメガネが決まります。知的で魅力的に見せてくれるはずです。

イメージに合わせてメガネフレームを決める選び方

メガネは、あなたの持っているイメージを変えてくれると同時に、普段持っているイメージをより引き出してもくれるアイテムです。今やオシャレに欠かせない存在とは言え、折角生活に取り入れるのであれば、可愛く素敵にかけ熟したいとはおもいませんか。

あなたはどんなイメージの女性になりたいですか。普段のファッションはどんなイメージですか。

イメージに合わせてメガネフレームを決める選び方であれば、どんな形でどんな種類のメガネフレームを選べばよいのか、決めやすくなるでしょう。

  • 優しい印象に
    もし、初めてメガネを購入するのであれば、オーバル型がよいでしょう。
    洋服やヘアスタイルを気にせず、どんな人にも似合います。横長の楕円形のこのメガネは、男女や年齢問わず、人気があります。女性らしい優しい印象を与えることもできるでしょう。
  • クラッシック的なオシャレな印象に
    ウェリントン型は、逆台形のメガネです。正方形に近いとは言え、下より上の辺の方が長くなっています。インテリでありながら、優しい印象も与えることができるため、女性にも人気のフレームです。メガネ自体に存在感があるため、小顔効果も狙えるでしょう。
  • 知的な印象に
    シャープで洗練された知的な印象を狙うのであれば、スクエア型がおすすめです。スクエア型のメガネは長方形が特徴です。シャープな形であるため、オフィスなどでも違和感なく取り入れられます。また、ちょっと太めの濃い色のセルフレームは、顔を引き締める効果も期待できます。
  • 都会的な印象に
    逆三角形のこのメガネフレームは、若い人の間で人気があります。丸メガネに近いこの形が都会的であり、知的な雰囲気を作り出してくれるでしょう。

若く見せるならプラスチックタイプのメガネ

メガネをかけると何だか老けて見られがちと悩む女性もいるかも知れません。あなたはメガネを店頭で選ぶ際、どの様なことを意識して選んでいますか。

フレームの色ですか、それとも形でしょうか。実は、それ以外にもメガネに重要な影響を与えているのが、フレームの素材です。素材によって見た目も変わると言ってもよいでしょう。

メガネには大きく分けて、プラスチック素材、メタル素材、樹脂素材などがあります。
若く見せたいのであれば、プラスチック素材のフレームを選ぶのが良いでしょう。ファッションアイテムとしても、プラスチック素材は人気があります。女性であれば、若くみえるというのは、メガネを選ぶ上で重要なポイントとなります。

プラスチックや樹脂のフレームは温かみがあり、プライベートでもカジュアルな洋服と合わせやすいのが特徴です。

一方、メタルフレームは、品が良く、クールな印象を与えてくれます。仕事ができる印象を与えたいというのであれば、メタルフレームが良いかもしれません。メタルフレームの中にも女性らしい可愛い色のものもあります。どうしても冷たい印象になりすぎてしまう、クールで男性っぽくなってしまうというのであれば、優しい色のメタルフレームを選びましょう。フォーマルな場所にも、自然と溶け込むことができるでしょう。

女性がメガネの選び方で外せないのはメイクの映え具合

女性がメガネの選び方として外せないのは、アイメイクの映え具合です。あなたはメガネをかける時、アイメイクをしていますか。していないという人も多いのでは無いでしょうか。マスカラを塗ると、まつ毛がレンズに付いたりして汚れたり、キズが付くということを気にしてメイクをしない人もいるかも知れません。

しかし、できれば、仕事中であってもプライベートであっても、メガネをしていても目力をアップしたいと思うのが女性の心理なのでは無いでしょうか。ですからメガネを掛けてもしっかりとアイメイクをして、目力を上げてしまいましょう。

では、どの様なメガネを選べば、マスカラをしてもメガネが汚れないのでしょうか。またアイメイクが映えるメガネとはどの様なメガネなのでしょうか。

セルフレームの中には、鼻あてが付いていないものが存在します。鼻あてが付いていないものは、目とメガネの距離が近くなってしまいます。この距離が近くなれば、アイメイクやマスカラがレンズについてしまうこともあるでしょう。セルフレームを選ぶ際には、鼻あてのある物を選ぶことが賢明です。

またメタルフレームであったとしても、目とメガネの距離が離れていれば、目が小さく見えたり、大きく見え過ぎたりすることもあるでしょう。目とメガネの極端すぎるないようなメガネを選ぶのがベストです。メイクが映える距離にメガネがくるもの、メガネ自体がアイメイクの邪魔にならないようなメガネを選ぶのもよいでしょう。

しっかりとアイメイクをして、メガネをしていてもあなたの印象を素敵なものにしてしまいましょう。

どんなメガネが自分にあうか分からないという人は、多いと思います。女性であれば尚更です。メガネはあなたの印象を左右します。しかしその左右はメガネの印象に頼り切ってはいけません。普段の雰囲気、なりたい自分、メイク、あらゆることに対してナチュラルに溶け込んでくれるメガネを選ぶべきではないでしょうか。それでこそあなたに似合うメガネなのです。是非、店頭で色々なメガネを掛けてみて、あなたにあう素敵なメガネを見つけましょう。