眼鏡のレンズは薄いほうがいい?薄く見せる方法を紹介

眼鏡のレンズは薄いと軽くもなるので、できれば薄くしたいと思いますよね。視力が低いと、レンズを薄くするのにオプション代金がかかるのは宿命と諦めてはいませんか?

メガネのレンズを薄くしなければならないと決めつける必要はなかったのです。もちろん、ある程度は薄くしたほうがいいのですが薄くすることによってデメリットもあるのです。

メガネレンズの厚さで悩んだときには、薄くするポイントを押さえたフレームを選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眩しいのはサングラスが透明だから?眩しくないサングラスとは

眩しいときにかけるサングラスは透明だと意味がないのでしょうか?サングラスをかける理由として、...

メガネをネットで買うには?度数を確認する方法

ネットでメガネを購入するときには、まず自分の視力がどのくらいなのかを知らなくてはいけませんよね。眼鏡...

眼鏡フレームの白よごれの原因と綺麗にする方法!眼鏡を大切に

愛用している眼鏡フレームに白よごれが付着していたら、どうしてそんなよごれがついてしまったのか、原因が...

メガネでメイクをしたら濃くなりがち可愛いく見えるメイク方法

メガネを掛ける時にメイクをするとなぜか、頑張っている感が出すぎてはしまいませんか?コンタクト...

老眼になったらメガネ?それともコンタクト?対処方法をご紹介

メガネやコンタクトが合わなくなってきたら、老眼の始まりかもしれません。早いと30代から始まる老眼の症...

メガネはコーティングが剥がれたときが寿命?メガネの扱い方

メガネのコーティングが剥がれたときには、交換や買い換えしか方法はないのでしょうか?メガネのコ...

サングラスのレンズに傷がついたときの対処方法と予防方法

サングラスのレンズにいつのまにか傷がついてしまった…。こんなときにはどうしたらいいのでしょうか?...

メガネを外すと別人になるのを防ぐには?ギャップを減らす方法

メガネを外すと別人になる時、それがプラスに働けばいいですがマイナスに働くのはどうにか避けたいですよね...

メガネの種類とは?名称と似合う顔のタイプを紹介します

いざ、メガネを選ぼうとしてもどんなものが自分に似合うのかわかりませんよね。そもそも、メガネにはどのよ...

メガネの作り方で正しいのは眼科が先?メガネ作りの基本

最近なんだか視力が落ちてきたような・・今までメガネをしていなかったけれどパソコン作業やスマホをよく見...

メガネの乱視の度数はどのように表示される?乱視について

度付きのメガネをかけているのに見えにくい、もしかして視力がまた悪くなってしまったのでは・・その症状も...

メガネのレンズに傷がついてしまったときの対処方法

メガネのレンズに傷が!?落としたりぶつけてしまったのであれば買い替え時と諦めがつきますが、いつのまに...

メガネのレンズが外れたら直せる?外れたときの対処方法

メガネのレンズが外れたら、自分で直すことはできるのでしょうか?無理にはめようとすると、メガネが壊れて...

セルロイドメガネの寿命はどのくらい?長持ちさせる方法

セルロイドのメガネフレームが白くなってきたときが寿命のしるし?大人になって視力が落ち着いてくると、メ...

サングラスの選び方は眉毛で決まる!似合うサングラスの見つけ方

サングラスでクールに決めたいのに、なぜか面白くなってしまった、こんなことはありませんか?サングラスの...

スポンサーリンク

眼鏡のレンズの厚い、薄いの仕組み

眼鏡を購入すると言う事は、視力の矯正が必要なのですから、なんとなく漠然とレンズを選ぶ人はいませんよね。
眼科の処方箋または、お店の視力検査によって計った視力に合わせたレンズが作られます。
その時に、分厚いレンズになってしまう場合と、薄いレンズで済む場合の違いは、どういったものなのでしょうか?

眼鏡レンズ仕組み

人間の目は水晶体という目の中にあるレンズのようなものを通して網膜に光を集めます。
しかし、遠視や近視になってしまうと、上手く網膜に光を集めることが出来ず、ぼやけて見えてしまいます。
この時にプリズムの集合体であるレンズを通して見ると、裸眼だとズレてしまう焦点を合わせる事が出来るのです。

視力が悪い人は強い効果のレンズが必要、それだけレンズも分厚くなる

ちなみに、近視の人は内側がへこんでいる凹レンズ、遠視の人は真ん中が膨らんでいる凸レンズを使用します。
レンズが分厚くなると、近視の人は眼鏡のレンズ部分の輪郭がへこんで見え、目も小さく見えます。
対して遠視の人は、レンズの部分の輪郭が膨らんで見え、目も大きく見えるのです。

眼鏡のレンズは「薄いと良い」というのは間違い

視力が悪くて厚いレンズになってしまう場合でも、追加料金を払えばレンズに圧縮をかけてもらい、薄いレンズにすることが出来ます。
その方が眼鏡もスッキリとして見え、かけた時に生じる顔の段差もなくなりますよね。
しかし、眼鏡のレンズは「薄いと良い」というのは間違いなのです。

薄いと割れやすい

眼鏡のレンズが薄くなるという事は、それだけ強度も落ちてしまいます。
ですので薄いのが良いと思っていても、割れやすくもろいレンズになってしまう恐れがあります。

薄いのに重くなる

レンズが薄いのに重くなるなんて不思議な感じがしますよね。
必ずそうなるというわけではありませんが、圧縮をかけると比重が重くなる事があり、見た目にはスリムでも通常よりも重くなるリスクも考えられます。

薄いけれど透明度が変わる

視力が悪くてもよく見えるようにレンズを薄くすると、目に見える透明度が変わってしまうことがあります。
薄いほうがよく見えると思っても、色が滲んで見えてしまうこともあります。

薄いレンズに見せるメガネフレームとは

レンズを薄く見せたいのであれば、圧縮をかけることが手っ取り早いですが、それですと費用も余計にかかってしまいますし、強度などが変わってしまうリスクも考えられます。
そんな時は、レンズの厚みを気にならなくさせるフレームを選ぶというのもひとつの手です。
薄いレンズに見せる眼鏡フレームとは、どういったものなのでしょうか?

レンズが小さくなるフレームを選ぶ

同じ見え方をするレンズでも、レンズが大きいと、それだけ輪郭の歪みが目立ってしまいます。
小さなレンズの眼鏡ですと、仮に輪郭がへこんで見えていても、それが僅かな差の程度に見えて、レンズが厚くても気にならなくなります。

フチがある眼鏡フレームを選ぶ

フチの無い眼鏡ですと、顔はスッキリとして見えますが、レンズの厚さがそのまま見えてしまいます。
しかし、セルフレームなどのフチのある眼鏡ですと、レンズに厚みがあってもそれを隠してくれます。

レンズが合わない、二度手間にならないメガネの選び方

薄型レンズはお金がかかるからと言って、分厚いレンズのままにしたり、分厚いレンズは野暮ったくて嫌だからと言って極限まで薄くしたレンズの眼鏡を買うなどした時に生じる可能性があるのは、「レンズが合わない」と言うことです。
これは、自分からの見え方だけではなく、他人から見る顔の雰囲気を損ねてしまうという場合も含まれます。
しかし、一度作ってしまった眼鏡はよほどの事がない限りは返品は出来ません。
仮に返品、交換が可能だとしても、もう一度眼鏡店に行かなくてはいけませんし、二度手間ですよね。
そのように二度手間にならないメガネの選び方についてご紹介します。

眼鏡の商品知識のしっかりした店員に相談する

自分自身がどういった眼鏡が欲しいのかは、きちんと言葉にしないと店員には伝わりません。
その時に商品知識のしっかりした店員であれば、そのレンズにした時のメリットやデメリットをアドバイスしてくれます。
ただし、それほどレンズが厚くならないのに、やたらと薄型レンズを勧めてくる店員は要注意です。

眼鏡を試着をしっかりする

あまり試着をしないで眼鏡を選んでしまうと、顔だけではなく、普段着る服にも合わない眼鏡になってしまう恐れがあります。
顔や髪型とのバランスを見るだけではなく、全身も映して眼鏡と服とのバランスも見るようにしましょう。

良いお店は眼鏡のレンズをとにかく薄いものにしようとはしない

レンズが厚いと、他人から見た顔の輪郭と目の見え方が変わってしまいます。
しかし、それはフレームのサイズや形でカバーすることは出来ます。
よほど分厚くなってしまうのであれば、眼鏡店の方でも薄型レンズを勧めて来ますが、良いお店は眼鏡のレンズをとにかく薄いものにしようとはしないのです。

薄いレンズは見た目にスッキリとして見えますが、その分強度が下がったり、レンズの比重が重くなったりしてしまいます。
なによりも色のズレを生じさせてしまう「アッベ数」が下がってしまい、色のにじみが起きてしまうリスクも考えなくてはいけません。

ですので、見え方に影響しない程度の薄さを提案する店員は問題ありませんが、色のにじみが強く出てしまうようなレンズを勧めてくる店員は、店の売上の事しか考えていませんので、お客さんにとって良い店員とは言えません。

そのようにして、眼鏡のレンズを選ぶようにすれば、レンズの薄さを気にしない良い眼鏡を購入する事が出来ます。