老眼になったらメガネ?それともコンタクト?対処方法をご紹介

メガネやコンタクトが合わなくなってきたら、老眼の始まりかもしれません。早いと30代から始まる老眼の症状ですが、もともとメガネをかけている人、コンタクトをしている人が老眼になったときにはどのような対策をしたらいいのでしょうか?

老眼鏡をかけたくないという人におすすめなのは、遠近両用コンタクト。いったいどんなコンタクトなのでしょうか?

この遠近両用コンタクトの使用に適している人とは?目が悪い人が老眼になったときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスが似合う女性の特徴と自分に似合うサングラスの選び方

サングラスが似合う女性はとってもカッコいいですよね。自分もサングラスをかけてカッコよくオシャレを楽し...

眼鏡の調整が必要なときとは?鼻パッド部分の調整について

眼鏡の鼻パッド部分がなんだか合っていないような、この部分だけ調整にお店に行くのもなぁ、自分で直すこと...

失敗しないメガネの選び方女性の50代はこのメガネがおすすめ

50代女性はどのようなメガネを選んだらいいのでしょうか?若作りと思われるのは嫌だけれど老けて見ら...

サングラスの種類と特徴。レンズの機能性と上手な選び方

今はファッションアイテムとしても定番になったサングラス。女性の方でも多くの方が愛用していますよね...

【メガネの修理】フレームについているネジ紛失の費用や修理方法

メガネのフレームが緩んでいると思ったら、よく見るとネジが取れている!すでにネジ紛失!なんてことがあり...

鼻がメガネを掛けると痛い時の原因と対処法。痛くならないメガネ

メガネを長時間掛けていると、鼻あての部分が痛いと感じることはありませんか?鼻が痛くなったり、鼻あ...

メガネに似合う髪型とは?メンズにおすすめなヘアスタイル

メガネをかけているメンズに似合う髪型とは?メガネをかけていると暗く見えてしまったり地味に見えてしまう...

遠視の眼鏡で目が大きくなるのはナゼ?遠視メガネの特徴

遠視の眼鏡はどうして目が大きく見えてしまうのでしょうか?この違和感から、かけたくないと子供に言われた...

メガネが似合わないのはなぜ?似合わない理由とメガネの選び方

メガネをファッションアイテムとして取り入れたいと思っても、自分にはなぜかメガネが似合わない!こんなお...

偏光サングラスの特徴とは?スポーツをするときに最適

スポーツをするときに、サングラスをかける理由とはいったいなんでしょうか?ただ単純に眩しいからとい...

メガネのフレームの修理ができる素材と難しい素材について

メガネのフレームが折れてしまったという時には、新しいメガネを購入する方も多いと思いますが、修理するこ...

マスクでメガネが曇る時の対処法!メガネの曇りを防いで快適に

マスクを着用すると、メガネが曇ることはメガネ愛用者のみなさんが直面する大きな壁です。マスクが曇ってし...

メガネを買おう!黒縁の太いメガネの印象と後悔しないメガネ選び

これから黒縁メガネを買おうと思っている男性もいますよね。似合うメガネが見つかれば大人でカッコいい印象...

メガネを超音波で洗浄!超音波洗浄機の使い方と使えないメガネ

メガネの細部まで綺麗に洗浄したいときは、超音波で洗浄をする方法があります。メガネ屋さんに置いてある、...

眼鏡の鼻あてが跡になるのをどうにかしたい!予防方法を紹介

眼鏡の鼻あて部分に跡がついてしまうのはどうしたらいいのでしょうか?まずは、そのメガネが合っているのか...

スポンサーリンク

メガネやコンタクトをはやく外したいと思ったら老眼の初期症状

普段、メガネやコンタクトを使用しているのに、何だか以前より目が疲れやすくなったなんてことはありませんか。はやく外して目を休ませたい、メガネやコンタクトをしているとよけい疲れるので、くつろぐ時や家の中では外して生活しているなんて人もいるでしょう。

新聞やスマホの小さい字を見る時、以前よりも離さないと読みづらい事はありませんか。薄暗いと字が読みづらい、手元を見ていてふと顔を上げた時、遠くの景色がぼやけてみえる、頭痛や肩こりなどが最近増えてきた、夕方になるとかすみ目に悩まされるなんてときは、老眼の初期症状かもしれません。

いつもと違う、ちょっとした違和感がある場合、老眼を疑ってみましょう。
今のコンタクトやメガネが合わなくなっている為、調整が必要になる場合もあるでしょう。

老眼になってメガネをかけたくないならコンタクト

メガネをしていても、老眼となれば自分が老けたような感じがして、老眼鏡に抵抗を感じる人もいるでしょう。普段コンタクトをしているのであれば尚更、老眼になってメガネをかけるのに違和感を覚えることもあるでしょう。

しかし、老眼は40代前後から始まる目の老化です。最近では、パソコンの画面を見て行う仕事の人も増えています。その様な人は、通常の人より早く老眼になることが多いのです。近く見る作業が多ければ多いほど、老眼が強く出ると言っても良いでしょう。

また体調が悪い人も老眼になりやすいと言われいます。近視の人も勿論老眼になります。近視の人はメガネやコンタクトを外せば、近くの物が見えるので、老眼になったことに気付きにくいようですが、メガネやコンタクト装着時には、近くの物が見えにくくなります。

老眼の初期症状を感じたときは、まずは眼科へ行きましょう。自分では老眼だと思っていても、実は違う病気のせいで視力が低下している可能性もあるからです。また、年齢や今使っているコンタクトやメガネの度数や種類、その視力低下の症状によって、どの様な対処法がベストであるのか診断してもらうことができます。

万が一、老眼の初期段階であれば、現在使用しているメガネの度数を変えるという方法でも対応できる場合があります。コンタクトも然りです。
しかし、この方法では遠くがぼやけて見えてしまうこともあるので、老眼鏡をかける方が賢明でしょう。

どうしても、老眼鏡に抵抗があるのであれば、遠近両用のコンタクトレンズを使用するという方法もあります。今までコンタクトだったのに急にメガネをかけた場合、周囲に老眼なのではと気付かれてしまうこともあるでしょう。また、その装着感になれないという人もいるかもしれません。

遠近両用のコンタクトレンズであれば、周囲の人に気付かれることはなく、老眼への対応ができます。近くの作業が必要になる都度かける必要がある老眼鏡とは違い、かけ外ししなくても良いという利点もあります。

まずは、試して見ないと、自分にあうかどうかわからないという人は、使い捨ての遠近両用コンタクトレンズを使用してみるとよいでしょう。

コンタクトをしている人が老眼になったら?メガネなどの対策方法

老眼は40代になってから、早い人では30代でも始まるといわれています。目の水晶体がピンとをあわせる力が弱まってくるにつれ、近くの物が見えにくくなり、老眼の症状を感じるようになります。いづれにせよ、老眼は、年齢とともに誰もがなるものと考えてよいでしょう。

では、コンタクトレンズをしている人が老眼になったら、どの様に対応してすればよいのでしょうか。

コンタクトレンズ自体を、遠近両用のコンタクトレンズに切り替えるという方法もあります。しかし、ちょっと近くを見る時に不便だという程度なので、簡単な方法で対応したいと思う人もいるかも知れません。

そのような人は、近くや手元を見る時にだけ、老眼鏡を使用してみるという方法で対応してみてはどうでしょうか。コンタクトは、勿論外す必要はありません。しかし、老眼鏡をかけた状態で遠くの物をみるとぼやけてしまうので、あくまでも手元を見るときだけ装着しましょう。

見るものの距離によって、メガネをかけたり外したりしなければならないため、この作業が億劫だと感じる人には向きません。しかも、コンタクトレンズの上から老眼鏡をかけるというのであれば、コンタクト自体のメリットもなくなってしまいます

老眼で遠近両用コンタクトをするときは使い分けもおすすめ

老眼になる頃には、丁度、更年期を迎えつつあるという女性もいるでしょう。更年期になると、目の乾きに悩まされることもあります。目の表面は、涙によって潤っています。その涙には目を保護する役割があるのです。しかし、年齢とともに目が乾きやすい人が増えてきます。特に女性であれば、その傾向が強くでる為、辛いと感じる事が多いはずです。
コンタクトレンズには、涙は必要不可欠です。涙の力を利用して、目の表面に浮かんで装着されるのです。しかし、コンタクトを使用することで、涙が蒸発しやすくなったり、涙がコンタクトに吸収されたりするため、コンタクトを使用することで余計に、目の乾きに悩み、それを辛いと感じる人も多くなります。ドライアイに悩んでいる様な人は、これを機にコンタクトを辞めて、老眼鏡を使用するのも良いかもしれません。

しかし最近では、遠近両用のコンタクトレンズの中にも、ドライアイの症状を軽減する効果がある物が作られています。

遠近両用のコンタクトレンズを作る際には、その様なコンタクトレンズを選び、外出時にはしっかりと見えるタイプのものを、目を酷使するようなビジネスシーンなどでは度数を弱めにして作るなどと、2つの遠近両用コンタクトレンズを使い分けるのもおすすめです。更に目の乾きの悩みに対応することができるでしょう。

パーティーシーンなど、メガネが雰囲気に合わない場合でも、この様な遠近両用のコンタクトレンズを装着すれば、益々オシャレを楽しむことができるでしょう。

老眼用のコンタクトが向いていない人

老眼用の遠近両用のコンタクトレンズは、普段、コンタクトをしている人であれば違和感なく使うことができます。メガネよりも手元がよく見えるという人も中にはいます。通常の老眼鏡は、上の部分で遠くを下で手元を見るように作られています。よって、遠くをみたり近くを見たりするたびに、メガネをずらさなければなりません。

その点、遠近両用のコンタクトレンズであれば、近くも遠くも切り替える必要がなく、自然にみることができるでしょう。

遠近両用のコンタクトレンズは、まだ、それほど使っている人は多くはありません。コンタクトレンズに抵抗があるという世代の人も多いからです。更に、その様な老眼用の遠近両用のコンタクトレンズが向いていな人もいます。

細かい文字や数字を常に見なければならない人、遠くや近くをはっきりと見る必要のある人、運転などで遠くまでしっかりと見なければならない職業の人等には、適しているとは言えません。なぜなら、遠近両用のコンタクトレンズは、通常の視力矯正のコンタクトレンズの様に単焦点のレンズで1箇所にしっかりと焦点をあわせるものとは、違うからです。

遠近両用という様に、1つのレンズで遠くも近くも、両方にピントをあわせる必要があります。近視や遠視のコンタクトレンズやメガネの様に、しっかりと見えない可能性もあります。そのせいで、仕事や生活には合わないという人もいるでしょう。乱視が強い人も同様に、遠近両用のコンタクトレンズが合わない場合があります。

いずれにせよ、老眼は誰にでも訪れます。老眼鏡に抵抗があったり、普段はコンタクトをしていて仕事や生活的にも100%しっかりと見る必要がないというのであれば、遠近両用のコンタクトレンズという選択肢もあることを覚えておくとよいでしょう。