メガネに鼻当てを付けるには?アイテムや付け方を紹介します

メガネにまつ毛があたってしまう、なぜかすぐにずり落ちてしまう…そんなときには鼻当てを付けるといいでしょう。

メガネに鼻当てを付けたいけれど、どのようなタイプがあるのでしょうか?
鼻当てにはシールのタイプのもの、かぶせるタイプのものなど種類があります。

あなたのメガネに合うものを探してみてくださいね。ズレるのを防ぐには耳にかける部分で防止するのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

伊達メガネやレンズなしはダサい?ダサいメガネの特徴

伊達メガネでレンズなしがダサいと言われてしまう理由、メガネでダサいと思われてしまう理由とは?...

メガネの選び方を解説!ウェリントン型メガネは面長顔におすすめ

メガネを上手にファッションに取り入れることで、なりたい印象になることができます。人気の高いウェリント...

メガネの似合う髪型とは?メガネ女子におすすめな髪型

メガネに似合うのはどのような髪型なのでしょうか?メガネをかけているときこそ、髪型に力を入れるべきなん...

サングラスのフレーム修理ができる場合とできない場合

サングラスのフレームが曲がってしまったときには修理できるものなのでしょうか?メガネのフレームは修理が...

メガネのコーティングが剥がれてしまう原因や予防方法を紹介

なんだか最近、よく見えないような・・とメガネを見てみると細かいキズがついている!?なんてことはありま...

メガネに合うレディースコーデを探したいなら

メガネはおしゃれアイテムのひとつとされていますが、使いようによっては、野暮ったく見えてしまうこともあ...

メガネ【ボストン型】似合う人の特徴や選び方と楽しむコツを紹介

メガネをボストン型のものにしたいけど、自分に似合うかどうかわからないという人もいるでしょう。メガ...

男性にしてもらいたいメガネと髪型!かっこいいは作れる

メガネ男子が悩む髪型、どんなものが似合うのか迷走している人は多いのではないでしょうか?メガネ...

サングラスで安物と高価なものとの違いについてご紹介

サングラスで安物と高価なものにはどのような違いがあるのでしょうか?見た目ではよくわからなくとも、...

メガネに似合う髪型とは?男子にオススメなヘアスタイル

メガネ男子は髪型によって、かっこよく見えたりダサく見えたりしてしまいがちです。地味に見えがちなメガネ...

メガネで前髪が邪魔なときのヘアアレンジと対処方法

メガネに前髪がかかって邪魔、こんなときはどうしたらいい?切ったほうがいい?それとも保留?伸ばすべき?...

メガネで目が小さくなるのをどうにかしたい!解消させる方法

メガネをすると目が小さくなるのを解消したいけれど、毎日コンタクトをするのは疲れてしまいますよね。...

サングラスの選び方のポイントとは?色やイメージで選ぼう

サングラスはどんなものが日本人に似合うのでしょうか?日本人にも似合うサングラスの選び方のポイントとは...

眩しいのはサングラスが透明だから?眩しくないサングラスとは

眩しいときにかけるサングラスは透明だと意味がないのでしょうか?サングラスをかける理由として、...

メガネのボストン型、ウェリントン型とは?似合う顔の形

そろそろ、新しいメガネを購入しようかなと考えているのならボストンやウェリントンフレームはいかがでしょ...

スポンサーリンク

メガネに鼻当てを付けるならシリコン製がおすすめ

セルフレームなどのオシャレなフレームに限って、鼻当てが付いていないなんてことありませんか。実は、鼻当ては日本人が作ったと言われています。レンズと目との程よい距離感を保ってくれるだけでなく、ズレ落ちも解消してくれます。

しかし、フレームには、鼻当てが付いていないものが多々あります。特にセルフレームには海外ブランドのものが多く、日本人の低い鼻には、北欧人に合わせたメガネフレームだと鼻の高さが合わないことがあるためです。

そんな鼻当てとフレームが一体化したメガネは、やはり鼻の低い日本人には合いにくいでしょう。かけているうちに、ズルズルと下がって来て不快な思いをすることもあるかもしれません。

更に、マスカラをたっぷりつけていたり、つけまつげを付けているときなどは、レンズにまつ毛が当たってしまい、汚れてしまうことも考えられます。それでは、折角のオシャレが台無しになってしまいます。アイメイクを可愛く決めたのであれば、それが崩れないように、オシャレにメガネをかけ熟したいのは誰もが願うところでしょう。

そんな時に便利なのが、後から付けることのできるの鼻当てです。鼻当てがないメガネや、鼻当てが低いメガネに、シールで貼り付けるだけ鼻当てを高くすることができます。まつ毛や目とメガネのレンズの距離を離すことができるのです。素材もシリコンタイプであれば、ずれ落ちてくることもありません。

透明のタイプや、サングラスの時用などの黒色の色がついているものなどが存在します。サイズも数種類ある為、使用しているメガネに合わせたり、もともと付いている鼻当てに合わせたりなどすることも可能になります。

ちょっとした工夫で鼻当てを高くしてまつ毛とのぶつかりを防ぐことができれば、快適にメガネを使用することができるでしょう。

メガネの鼻当ては取り外しのできるものもあります

実は、鼻当ての高さを調整できるのは、貼り付けタイプだけではありません。貼り付けタイプだと、後に調整したいときや、メガネを洗浄するときなど、気をつけなければならないこともあるでしょう。後から付けた鼻パッドが汚れてきたときなどは、剥がして新しい物をつけなければなりません。剥がそうとした時に、上手く剥がれないことも考えられるでしょう。

そんな心配のある人にオススメなのが、取り外しのできる後付けの鼻当てです。しかし、これは、もともと鼻当てが付いているメガネのみの使用に限ります。メガネの鼻当てが一体型のセルフレームには使用できません。

もともとの鼻当てに、かぶせるだけで、鼻当ての高さを変えることができるます。勿論取り外すこともできるので、鼻当て自体の色素沈着の予防にも最適です。シリコンタイプであるので、つけ心地も抜群です。

つけまつげをした時やロングマスカラを使用した時だけメガネの高さを変える、なんてことも可能になります。汗や化粧、皮脂で汚れたら、外して水洗いできます。衛生的と言えるでしょう。サイズも数種類あるので、今お持ちのメガネに合わせて選ぶと良いでしょう。

メガネの鼻当てを付けるときの注意点

しかし、そんな便利な後付けの鼻当てですが、注意しなければならないこともあります。
伊達メガネであれば、勿論問題はありませんが、矯正用のメガネには、レンズに度数が入っています。メガネは、購入時には自分の視力に合わせて、フィッティングしてもらったり、レンズ調整してメガネを作っています。

目とレンズとの距離感によって、正しいフィッティングがなされているのです。その距離感がズレてしまうと、正しい視力が得られず、本来のメガネの持つ性能を、十分に発揮できない可能性があります。

後から鼻当てを自分で付けた場合は、目とレンズの位置とが、鼻当ての厚み分だけ離れてしまい、矯正力が落ちてしまいます。近視の場合は、遠くのものが見えにくくなることもあるでしょう。

長時間使用しない場合は、それほど問題はないかも知れませんが、日常的にメガネを使用している、メガネが無い生活は考えられないというような人は、その点に注意するべきでしょう。

メガネの鼻当てを付ける必要のないものを選ぶのも方法のひとつ

オシャレに敏感な女子であれば、勿論メイクにも気を使っていると思います。つけまつげやマスカラは、メイクにはもはや欠かせない存在です。もともと、まつ毛が長いという人もいるかもしれません。しかし、そんなまつ毛の長い女子のメガネに対するストレスと言えば、レンズにまつ毛が当たることではないでしょうか。

セルフレームで鼻当てがないタイプだったりメガネの鼻当てが一体型のセルフレームであれば、必ずしも、まつ毛が当たらないように、その様な後付けの鼻当てを付けなければならないものなのでしょうか。

後付けの鼻当てを使用したくないのであれば、そのままかけてもまつ毛に当たらないかどうかを確認して、メガネを選ぶことが賢明です。

鼻パットが付いているメガネであれば、事前に高さや幅を調整してから、レンズとまつ毛の距離を離した状態で、メガネを作るべきです。

またメガネの角度によっては、まつ毛にメガネのレンズあたってしまうことも考えられます。フィッティングの際、角度を調整してもらうこともできると思いますが、極端に角度調整すると、見え方が変わってしまうため、注意するべきでしょう。

メガネの鼻当てがなくズレてしまうものはココで調整

普段、まつ毛がレンズにつかないとしても、メガネの鼻当てが無いものであればズレ落ちてくることで、いつの間にかレンズにまつ毛が当たってしまうなんてこともあるかもしれません。

後付けの鼻当てを使用したり鼻当ての位置を調整したり、シリコンの鼻当てを使用したりするなどの方法で、このズレは防ぐことができます。
しかし、もう一点、ズレ落ちに対して気を付けなければならない箇所があります。

実は、メガネがズレ落ちないためには、鼻当て以外にメガネの幅や、耳にかける部分のテンプルの先にあるモダン部分がしっかり曲がっていること、この3つが重要になります。メガネの幅に対しては問題ない場合は、鼻当て以外に調整したいところと言えば、このモダン部分になります。

あなたのメガネのモダン部分は、耳の頂点部分から曲がっていますか。ここからしっかり曲がっているメガネであれば、ズレ落ちが少なくなります。しかし、モダン部分が、こめかみ寄りで曲がっていると、テンプル部分が浮いてしまいます。また、モダン部分が耳の付け根の頂点よりも、後ろ寄りで曲がっていると、モダンが、耳にかかりません。

もし、このモダン部分の曲げを調整したのであれば、自分で行うこともできますが、折れてしまうという危険もあります。ですから、できればメガネ店で相談し、フィッティングし調整してもらうとよいでしょう。ずり落ちを解消することができれば快適なメガネライフを送れること間違いありません。

中には、メガネをかけているからメイクをしないという人もいるかも知れませんが、オシャレな女子であれば、メガネであってもメイクも可愛く決めたいところでしょう。
今やメガネもファッションの一部です。しかし、メガネにまつ毛が当たってしまったり、すぐにずり落ちてしまううようでは、決してオシャレメガネ女子とは言えないのです。

ちょっとした工夫や調整で、そんな悩みも簡単に解消することができます。是非、あなたもおしゃれメガネ女子目指して、メガネの細かい部分にも気を使ってみませんか。