ウェリントンはメガネの中で最もメンズにおすすめのフレームです

「ウェリントン」というメガネの種類についてご存知でしょうか?
昔からあるデザインのひとつではありますが、メンズファッションとの相性の良さから長年愛されているフレームデザインの一つです。
そんなウェリントンがどういったフレームなのか、似合う人はどんなタイプなのかなど、さまざまな事柄についてご紹介いたしますので、ウェリントンの購入を考えている人は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネでマスクが曇る本当の理由とその解決方法を教えます

メガネをかけている人にとって、花粉症の季節などにマスクをすると曇るのが一番の悩みではないでしょうか。...

メガネのレンズはキズがつくもの?キズを予防する方法とは

メガネのレンズにキズがついてしまう理由には意外にもこんなことが含まれています。乱暴に扱っているわけで...

メガネに似合う髪型とは?女子におすすめなのはこのヘアスタイル

メガネ女子に似合うのはどんな髪型なのでしょうか?ショート、ボブ、ロングと髪の長さ別におすすめなヘアス...

メガネでかわいい女子に変身!人気のフレームと男子の本音

自分に似合うメガネやおしゃれでかわいいフレームのメガネをかけている女性は魅力的に見えますよね。メガネ...

サングラス【レディース】の選び方ポイントはバランス

レディースがサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 選び方を間違えて...

ウェリントンメガネとは?特徴や受ける印象、コーデ術を紹介

ウェリントンメガネとはどんなメガネなのでしょうか?顔の印象が大きく変わるメガネだからこそ、自分に似合...

メガネの似合う形【丸顔の場合】オススメや選び方のポイント

メガネの似合う形とは、丸顔ならどんな形のメガネを選ぶべきなのか悩みますよね。少しでも自分の顔の形に合...

眼鏡の鼻あての掃除方法!歯ブラシや歯間ブラシで綺麗に掃除

眼鏡の鼻あてには、緑色の汚れやメイク・皮脂汚れなどが付着してしまうことがあります。掃除をしたいと思っ...

面長さんのメガネフレームの選び方オススメはウェリントン

面長さんがメガネのフレームを選ぶときにはどんなものにしたらいいのでしょうか?メガネを選ぶときには、自...

サングラスが似合わない人の特徴と似合う人の特徴を説明

おしゃれの象徴でもあるサングラス、挑戦したいけれど日本人には似合わない特徴が当てはまりすぎるのを知っ...

サングラスで安物と高価なものとの違いについてご紹介

サングラスで安物と高価なものにはどのような違いがあるのでしょうか?見た目ではよくわからなくとも、...

ウェリントンとボストンの違いを解説!似合うメガネを見つけよう

メガネを購入しようと考えている人の中には、ウェリントンとボストンのどちらのメガネを購入しようか悩んで...

サングラスは偏光レンズと調光レンズどちらがいい?特徴をご紹介

車を運転するときに、眩しくてよく見えないというときはありませんか?サンバイザーを下げても西日のときに...

サングラスが似合わない女性の特徴と似合うサングラスの選び方

サングラスをしてオシャレを楽しみたいと思っても、サングラスが似合わない女性もいます。自分にはサングラ...

遠視のメガネで目大きくなるのはナゼ?対処方法を紹介します

遠視のメガネは目大きくなるのが悩みというお子さんは多いのではないでしょうか?小さい頃は、とくに気にし...

スポンサーリンク

ビジネス向けのメガネが欲しいメンズはウェリントンがおすすめです

私は長年メガネをかけてきました。
外見を意識した時期にはコンタクトレンズを使用してみましたが、装着時の不快感からやはりメガネに戻りました。

私のメガネ遍歴はフレームの形がどれもウェリントンであることに気がつきました。

私は最近まではフレームの形を特に意識した事がなく、好みの形のフレームをメガネ屋さんでかけてみて選んでいました。
私の中ではメガネといえばウェリントンしか目に入っていなかったのです。その事に気がついてから周囲の人のメガネを見て見ると、ウェリントンをかけている人が多いです。

ウェリントンは顔の形を選ばずに誰にでも似合いやすい

信憑性を感じます。多くの人がウェリントンを選んでいるのです。

ウェリントンは台形の角を落として逆さまにした形で、角張り過ぎず丸過ぎません。レンズの縦の長さは長めでレンズの面積も大きめです。

メガネはレンズが大きいほうがどんな顔にも似合いやすい

多少かける位置がずれても見え方への影響も少なくなります。

見かけ的にも、レンズが小さいと少しずれているだけで、顔の中でのメガネの位置が不自然になります。しかし、レンズが大きいと少しくらいずれていても見た目にも気にならないのです。
ウェリントンは多少調節が合っていなくても、ネジが緩んだりしてかける位置がずれても違和感を感じずに使えるメガネなのです。これは目にとっては良いことではないのですが、かける分には扱いやすいメガネと言えるでしょう。

ウェリントンはメガネの基本形の形をしていて癖がないので、ビジネスなどのあらたまったシーンにもぴったりです。
誠実なイメージになるのでその他どの様なシーンでも安心して使用することができます。

ウェリントンのメガネが似合うのは、どのタイプのメンズなのか

ウェリントンはどんな顔の形にでも似合うのでしょうか?

面長顔に最も似合い、四角顔にはあまり似合わない

ウェリントンは数あるフレームの形の中では角ばった種類に分類されます。そのため角の多い輪郭の四角顔にかけると角が多くなり、見る人に堅いイメージを与えてしまうのです。

面長顔は顔の長さがあるので、レンズの縦の長さが長いメガネをかけると顔の中でのメガネの比率が調度良くなるのです。

客観的に見た印象

ウェリントンのメガネをかけると真面目に見えます。もともとの印象が真面目で堅く見える人がかけると大変生真面目な印象になります。
反対にパーマヘアなどでちょっと印象が柔らかくなりすぎるのが気になる場合には、ウェリントンをかけると真面目な印象が加味されて良いでしょう。

ビジネスと私的時間で印象を変えたい場合には、ビジネスにはウェリントンをかけることをお勧めします。
演出したいイメージに合わせて使用すると良いでしょう。

ウェリントンメガネに合うメンズの髪型はコレ

ウェリントンはどちらかというと角ばった形をしているので、男性的イメージが強いメガネになります。そのため、ウェリントンメガネには男らしい短い髪型が似合います。
ビジネスマン風のジェルでセットした髪型にはぴったりと似合います。また、短髪でスポーティーな髪型でも、毛先を少し寝せてセットするとウェリントンのメガネが知的なイメージをプラスしてくれて格好良くきまります。

メガネのコーディネートは、色がポイントです

メガネは形だけではなく色でも楽しめます。

全身像を見てメガネが浮いてしまう場合

よく着る服の色にフレームの色を合わせると統一感が出て自然に見えます。

地味すぎて面白みが無い場合

差し色になるような目立つ色にしてみるとおしゃれになります。持っている服が黒やグレー系が多い場合には濃い紫や深みのある青色など濃くて綺麗な色が似合います。

色合いが明るいとビジネスシーンでは浮いてしまうので、深みのある濃い色を選ぶと良いでしょう。

また、色の他に質感がマットなフレームもあります。マットな質感は高級感と落ち着きを醸し出すので、ビジネスでも使用する場合にもお勧めです。

ウェリントンはどんな場面でも大活躍します

ウェリントンはかける場面を選びません。それはサングラスにおいても同様です。

天気の良い日のお出掛けではサングラスをかけると男度が増します。是非ともサングラスを使いこなして男らしいお洒落を楽しみましょう。

サングラスのフレームの形も、普通のメガネと同様のラインナップです。
そのため、サングラスでもウェリントンを選ぶとどんな場面でも万能に使うことができるのです。

サングラスは男らしい印象を受けるハードアイテム

そのため、サングラスを選ぶ時には通常のメガネを選ぶときよりも少し大きめでも格好良く見えます。

サングラスは外で着用する上着のような感覚

普通のメガネよりも少し大きくても格好よく見えます。特に男性の場合には大きめのサングラスがより男らしさを増す結果となるでしょう。
しかし、女性であまりハードな印象になりたくない場合には細いフレームのものを選ぶと良いでしょう。