メガネが似合うファッションコーデをご紹介!女子必見です

メガネ女子になりたいと思っても、どんなファッションコーデにすればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな心配は必要ありません。いつものファッションにメガネをかけるだけでもネガネ女子に変身することができるのです。

ただ、よりおしゃれなメガネ女子になりたい人のために、今回はメガネが似合うおすすめのファッションコーデをご紹介します。ぜひ参考にして下さい。

また、メガネに合うヘアスタイルやおすすめフレームなどもご紹介します。自分がなりたいメガネ女子を目指してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

運転免許の取得・メガネやコンタクトで視力補助をして検査を

車の運転免許証を取得したくても、視力が悪いと裸眼で視力検査をパスすることができません。そんなときは、...

メガネのテンプルを自分で調整する方法。熱で曲げる合わせ方

普段使っているメガネがずり落ちるようになって、メガネをよく見てみるとテンプルの部分が曲がっていたり、...

メガネフレームの正しい選び方。似合うフレームを見つけるルール

メガネのフレームにはたくさんの種類があり、自分に似合うメガネを探すのは難しいですよね。フレー...

メガネが似合うコーデ【冬】のポイントを紹介します

冬のコーデはなんとなく重くなりがち。メガネをするとなおさら地味に見えてしまう、そんな悩みを解決するコ...

メガネのフレーム「ウェリントン」とは?特徴と選び方をご紹介

メガネはフレームによって印象がガラリと変わりますよね。そんなメガネのフレームの「ウェリントン」にはど...

男性のメガネから心理がわかる?メガネ男子の気持ちを見抜く

あなたの好きな人はどんなメガネをかけていますか?顔の印象が大きく変わるメガネはかけている人の心理が隠...

サングラスが似合わない人の特徴と似合う人の特徴を説明

おしゃれの象徴でもあるサングラス、挑戦したいけれど日本人には似合わない特徴が当てはまりすぎるのを知っ...

メガネのパッドが緑になるのはナゼ?原因と対処方法を紹介

いつのまにかメガネのパッドが緑になっていたという経験はありませんか?なぜこのような現象が起きてしまう...

いけてるメガネ女子になる方法 髪型を変えて垢抜けよう

地味になりがちなメガネ女子は髪型を少しアレンジするだけで垢抜け女子に!?メガネでも地味に見え...

サングラスの色んな形の名称について知りたい

サングラスと一言で言っても、さまざまな形があります。あまりサングラスに詳しくない人は、「丸いレン...

メガネは視力がいくつから必要?メガネを作るタイミング

視力がいくつからメガネは必要となるのでしょうか?大人の場合は、運転ができるかどうかがメガネをかけ...

メガネはウェリントン型にしよう!レディース向けの選び方

面長の人に似合うと言われるウェリントン型のメガネ。しかし、どんな種類や色のメガネを選べばよいのかわか...

サングラスのフレームの種類と特徴。女性向け似合う形の探し方

女性向けのサングラスもいろいろな種類があり、どれを選べばいいか悩む方は多いと思います。形もさまざ...

サングラス【メンズ】を選ぶ基準とはスポーツごとに特徴をご紹介

スポーツをするときには、サングラスをかけることで見やすさや目の保護、眩しさに邪魔をされないなど様々な...

カラーレンズメガネのグレーが与える印象とオシャレの楽しみ方

カラーレンズのメガネをオシャレのアイテムとして取り入れてみたいと思っている男性もいますよね。グレーの...

スポンサーリンク

おしゃれなメガネ女子になりたい人におすすめのファッションコーデをご紹介

オシャレ女子の必須アイテム、メガネですが、実際どんなファッションにもメガネが似合うのでしょうか。上手にメガネをファッションに活用したい、そう考える女子は少なくないはずです。

大抵のファッションメガネは合う

いつものファッションコーデに加えるだけで、こなれ感が増す場もあります。雰囲気作りに、一つ、メガネというアイテムを加えてはみませんか。

例えば、カジュアルな服装をしたときに、ちょっと地味すぎるなんて感じるときはありませんか。そんなときにもメガネは活躍してくれます。カジュアルすぎてしまったときにも、メガネが引き締めの役割を与えてくれます。

スポーティ過ぎたり、ボーイッシュになりすぎたりしても、そこにメガネが加わるだけで、知的さを感じられるようになるのです。

そのままの格好ではちょっと今の自分に違和感があるという時なども、メガネをかけるだけで意外とスッキリとまとまることがあるのです。

メガネのイメージを大切にしたいからと、ファッションをキレイめにまとめるという人もいるでしょう。キレイめのファッションには勿論メガネは似合います。似合いすぎて、ちょっと面白みがないなんて時は、足元に外しを作ったり、色を持ってきたりしても面白いのではないでしょうか。

メガネのフレームによって、似合うファッションも違います

メガネと一言で言っても、フレームの形は様々です。その中でも、今オシャレ女子が注目しているメガネフレームは3つです。その3つのメガネフレームを順に見ていきましょう。

ウェリントン型

この形は、大抵の人なら似合ってしまう形の定番です。上下の幅が広く、少し丸みのある逆台形の形をしています。
昭和30年頃にも流行ったと言われているウェリントン型。よって、ビンテージ感のある洋服でも、バッチリ決まるでしょう。ウェリントン型にもメタルフレームやセルフレームのものなど、様々なフレームの種類が存在します。オススメなのが、ちょっと太めのセルフレーム。形がシンプルなので、それほど太くても主張しすぎません。

ボストン型

最近、よく見かけるようになったこの形。ボストン型は既に、オシャレな人に定番のメガネの形になって来ました。下が細く丸みがあり、かけることで、ちょっぴり古典的な雰囲気を醸し出すことができます。きつい印象の人でも、優しい雰囲気になるのもポイントです。

そんなクラッシクなイメージのあるボストン型ですから、イメージを崩さないようにするとオシャレに決まります。特にチェックのシャツやワンピースなどとは相性バツグン。カーディガンやジャケットなどにもぴったりです。部分的にほんの少しチェック柄を取り入れるだけで、優等生風な雰囲気に。

また、シンプルな装いにボストン型のメガネをかけると、クールな印象になりますよ。

丸メガネ型

ラウンド型のメガネとも言います。最近有名人がよくかけているメガネとしても知られていますよね。

オシャレな人の中には、丸メガネを上手にファッションに取り入れている人を時々見かけます。しかし、個性が強すぎて、自分にはちょっと無理かもと思っているそこのあなた。ぜひ、細身のメタルフレームで丸メガネに挑戦して見てはいかがでしょうか。

かけるだけで、知的な雰囲気になり、普段の何気ないファッションにもこなれ感が加わります。オシャレな人に見られること間違いなしです。

自分の顔の形に合ったメガネの選び方

自分の今のファッションに、どうあがいてもメガネが似合わないと悩んでいるそこの女子。
メガネが似合わないのは、本当にファッションとのバランスが悪いせいですか。

もしかしたら、あなたが似合うメガネを選んでいない、あなたの顔にそのメガネがあっていないというだけのことかもしれません。

今流行のファッションだから、トレンドファッションだからと、トレンドのメガネをかけたとしても、あなたに似合うとは限りません。

雑誌やテレビで見かけけたモデルが、こんなファッションでこんなメガネをかけていたはずと思って、似たようなメガネをかけても、実際しっくりこないのは、あなたの顔に合っていないということが原因かもしれませんよ。

ファッションが原因なのか、スタイルや顔が違うから、そう考えることは間違ってはいませんが、一番大切なのは、あなたがどんな顔の形をしているかです。

顔の形と、メガネのフレームには密接な関係があるのです。

丸い顔

顔の横幅があり、顎にも丸みがあるので、全体的に優しい印象があります。そのような丸顔の人が、流行りの丸みのあるメガネを選んでしまうと、顔の丸さがさらに強調されてしまいます。

できれば、横のラインを感じさせるフレーム、レンズが楕円形に近い形のシャープなメガネフレームを選ぶとバランスがとりやすくなるでしょう。

スクエア型、オーバル型、ハーフリムなどがお勧めです。

面長顔

日本人に多いとされている面長の顔。縦に長いというイメージがありますが、流行りのボストン型やウェリントン型が似合う顔でもあります。上下の幅がある、スクエア型などもバランスよく決まります。

四角い顔

四角顔の人も、ウェリントンやボストンが似合います。エラが張っているため、丸みのある形のメガネでバランスをとると良いでしょう。

三角の顔

シャープなあごのせいで、きつい印象に見られることもあるでしょう。丸みのあるボストン型や、楕円形のオーバル型をかけることで優しい雰囲気にしてくれます。

ちょっと小さめのメガネを選ぶというのもポイントです。

おしゃれなメガネ女子になりたいなら、ファッションだけではなくメイクにも注意

おしゃれなメガネ女子を目指すのであれば、ファッションとともにメイクにも気をつかうべきです。

メガネはすっぴん隠しアイテムではありません

メイクをしてこそ、メガネの良さがより引き立つのです。顔が隠れてしまうから、メイクなんてしても無駄だと思うのは大間違い。

あなたのメガネの奥にあるすっぴんを、みんなしっかりと見ています。

メガネの印象が強くなればなるほど、あなたの印象ではなく、メガネの印象しかのこらなくなります。なんとなく垢抜けないなんてときは、メイクが薄い場合があるので注意が必要です。

アイメイクはメガネをかけた場合は、よりしっかりとするべき

目の印象を引き立てることが、メガネをかけたときに、違和感がでないポイントになります。

また、リップの色もメガネとのバランスを考えると良いでしょう。フレームに近い色を選ぶと、顔にまとまりが出ます。

眉毛も気をつけたいところ

太いフレームの上に、太い眉毛が来ると、濃い印象になりすぎてしまいます。フレームの色が濃かったり太かったりする場合は、眉毛は薄めに、逆に、メタルフレームのときや、フレームが細かったり色が薄い場合は、しっかりと眉毛を描きましょう。眉の形は、フレームのトップに合わせましょう。

ファッションを決めたら、メガネ女子に似合うヘアスタイルに変えてみませんか

メガネに合わせてファッションやメイクを決めたら、次はヘアスタイルです。メガネ女子のヘアスタイルは実はとても重要になります。

ロングヘアのメガネ

黒い長い髪に、太い黒縁のメガネだと、顔が重たい印象になってしまいます。

できれば、ロングヘアでメガネをかけるのであれば、顔周りをスッキリと見せたほうが無難です。

髪をアップにしたり、後ろに流したりすることで、メガネにハッキリとした印象、目元が目立つ印象を与えます。どうしても髪をアップにするのが嫌だという場合は、細身のメタルフレームを選ぶとしっくりきます。

ショートカットは、あらゆるメガネが似合う

ショートカットの女性はちょっと活発な印象がしますが、そこにメガネが加わることで、知的な雰囲気も加わります。かっこいいと思わせることも可能です。

ショートでもなく、ロングでもなくボブやセミロングという人もいるでしょう。そのような人は、顔周りがスッキリとする様に、横の髪に動きを与えると、メガネがより素敵に決まるります。

メガネはどんな髪型の女性にも似合いますが、ヘアアレンジ次第でより、オシャレにより、素敵に見せることが可能になるのです。

あらゆるところにこだわってこそ、素敵なメガネ女子です。トータルバランスを考えて、オシャレに決まれば、今まで以上にメガネ生活が楽しくなること間違いなしです。