メガネの黒縁スクエア型が似合う顔型とメガネを選ぶポイント

スクエア型の黒縁メガネは、年齢に関係なく似合う最もベーシックなタイプですが、スクエア型はどちらかといえばシャープでスッキリとした印象を与えるので、似合う顔型、似合わない顔型があります。
似合うかどうかの判断基準にはなると思いますので、メガネ選びの参考にしてはいかがでしょうか。
ただ、「メガネに自分を合わせる」ことで、違和感をなくすことも可能です。
顔型で諦めず、挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネがずれる原因は何?ずれるメガネの対処方法

メガネを買ったときににはしっかり調整してもらい顔にフィットしていますが使っているうちになんとなくゆる...

メガネが似合わないのはナゼ?似合うメガネの選び方

新しいメガネにするときに似合わないものを選びたくないですよね。すると、今まで使っていたものとほとんど...

メガネ【女性40代】の選び方とは?似合うメガネを見つけるコツ

40代女性はどのようにして、メガネを選んだらいいのでしょうか?若作りしすぎるのも、老いて見えるのも嫌...

メガネをかけている時にマスクをしても曇らない方法を知りたい

普段メガネをかけている人がマスクをした時に困ることのひとつに「マスクから漏れた息でレンズが曇ってしま...

メガネのボストン型の特徴とは?この顔のタイプが似合う人

メガネのボストン型にはどのような特徴があるのでしょうか?似合う人の特徴とは?メガネのフレーム...

サングラスの選び方、ドライブ向きのサングラスは

サングラスを選ぶ時は、見た目のデザインや予算などから決める選び方をしている人が多いと思いますが、かけ...

シルバーフレームのメガネを選ぶならココがポイント

シルバーのメガネフレームをかけたいけれど年齢よりも上に見られてしまうのでは?地味に見えてしまいそうと...

メガネのコーティングを剥がす原因とは?予防方法を紹介

メガネのコーティングを剥がす原因にはどのようなものがあるのでしょうか?メガネをきれいにするつもりが、...

メガネのズレ防止。子供におすすめなズレにくいアイテムをご紹介

うちの子供のメガネ、またずれている…。よく動く子供はメガネがずれていても気にしないかもしれません...

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

カラーレンズメガネをコーデに取り入れてオシャレ度をアップ

今オシャレさんたちの間で密かなブームになっているのがカラーレンズのメガネです。実際にコーディネートに...

カラーレンズメガネのグレーが与える印象とオシャレの楽しみ方

カラーレンズのメガネをオシャレのアイテムとして取り入れてみたいと思っている男性もいますよね。グレーの...

メガネの似合う形がわかる!顔のタイプ別におすすめを紹介します

メガネの似合う形は顔のタイプによって大きく分けることができます。自分の顔のタイプを知っていれば、どん...

メガネマスクの曇らない方法とは?予防する方法をご紹介

メガネをしていてマスクをつけると、どうしても曇ってしまいますよね。この眼鏡が曇ってしまうのを予防する...

老眼鏡のレンズの種類とは?それぞれの特徴を紹介します

老眼鏡のレンズにはどのような種類があるのでしょうか?遠近両用、中近両用、近用などのレンズの種類の特徴...

スポンサーリンク

メガネ選びのポイント、黒縁のスクエア型が似合うのは「丸顔」

私はメガネ歴が長いので何本ものメガネを作って使用してきましたが、フレームの形を意識した事はありませんでした。しかし、いつも同じような形でマンネリしてきたのでフレームの形を変えてみようと思いました。

私は丸顔なので、調べてみるとスクエア型が最も似合うということがわかりました。顔の形が丸いので角ばりのあるスクエアをかけると引き締まって見えるのです。

角ばったスクエアは知的さや誠実さも加味してくれます。
顔の形が丸顔の方は自信を持ってスクエアのメガネをかけて下さい。柔らかい印象の顔にピリッとした要素が加わり、男性の場合には男度が上がるでしょう。

逆にスクエア型の黒縁メガネを避けたほうがいい顔型は「四角顔」

我が家は4人家族ですがそのうちの3人がメガネをしています。下の子供だけがメガネをかけていません。ただ、私も旦那さんも視力が悪いので下の子供も将来的にはメガネのお世話になるかもしれません。

スクエア型の特徴

スクエア型は横長の長方形で顔の形が丸顔の方に似合うと言われています。輪郭が丸いので四角いフレームがスパイスとなりバランスが良くなるのです。

人の顔の形というのは普段は意識してないものです。

私は旦那の顔は丸顔であると考えていました。体系からイメージすると自然とそうなったのです。しかし、昨日まじまじと見て見ると意外な事にあごが尖っています。えらも張っています。的確に言い表すならばベース顔です。

ベース顔は似合うメガネのフレームを選ぶ時の顔型としてあまり登場しません。ベース顔は三角と四角を合体させた形です。そのため三角顔と四角顔に共通して似合うメガネが似合うと考えられます。

三角顔と四角顔にはスクエアは似合いません

角ばった輪郭には丸みのあるフレームが似合うのです。角ばった輪郭に角ばったメガネをかけると堅い印象になります。

納得が行きます。旦那は生真面目そうで堅く見えます。
聞いてみるとメガネはいつも自分で適当に選んでいるそうです。次にフレームを選ぶ時には見立ててあげようと思います。

このように自分に似合う形を意識しないで適当に選んで似合わないメガネをかけている人は非常に多いと思われます。似合わないメガネをかけて対人関係でどで損をしてしまう場合もあります。メガネによって印象を変えると人間関係を円滑にする手助けとなる場合もあります。

スクエア型の黒縁メガネをかけたいなら、メガネに自分を合わることで違和感をなくすこともできる

メガネはフレームの太さや色でも印象がかなり変わってきます。

黒は濃い色、フレームの形が強調されて見える

その形の持つ特性も強く現れます。
黒縁のスクエア型はより丸顔限定となる傾向が強くなります。

しかし、顔型が丸顔ではない場合や、かけて見て似合わないと感じた場合でも黒縁のスクエア型をかけたい。そう思われる方は黒縁のスクエア型が似合う顔を作りましょう。

メガネが似合って見える条件

眉が重要なポイント

眉の形がレンズ上部のフレームの形と同じになるように整えます。

顔のバランスに大きな影響を与える前髪

前髪の厚みや長さ、流す角度をメガネが自然に見えるように整えてみましょう。

スクエア型と一言で言っても形は微妙に異なります。顔の長さが長めの場合にはレンズの縦の幅が長いものを選ぶと似合います。

レンズの面積が大きめの方が、どんな顔型にも似合いやすくなります。色々なスクエア型をかけて似合うものを選びましょう。

定番のスクエア型黒縁メガネも、選び方次第でよりおしゃれな印象に

スクエア型の黒縁は多くの男性に支持されているメガネです。それだけに「皆同じ」という印象になってしまいがちですが、フレームの色や質感で変化をつける事ができます。

殆ど黒に見えるけれど実は紫であったり、グレーであったり。またマットな質感であったりなど、微妙な色合いや質感でおしゃれ度を増すことができます。

メガネフレームは微妙な色合いや質感で全く印象が異なる

ポイントは「ちょっとの違い」

「明らかに紫」ではなく「よく見ると紫」という程の微妙さがおしゃれになるのです。
レンズの大きさは大きめのものを選ぶとモダンなイメージになりお勧めです。

お店へ行く前に考えよう、メガネ選びで失敗しない方法

新しいメガネを購入しにお店へ行く前に、どんなイメージになりたいのかを考えておきましょう。
まずはこれまでの自分のメガネを並べてみます。そうして、これまでかけたことの無い形をターゲットにして選びます。

メガネをかけている他の人をよく見てイメージを作るのも良いでしょう。雑誌やテレビに出ている人を見て、メガネが似合っているかを考えます。他人のメガネの顔を観察していると一つのパターンに偏らず様々なメガネスタイルを見る事ができるので、自分の新しいメガネスタイルについても色々と想像する事ができます。

目的がイメージチェンジならばフレームの形を固定せずに、まずは全ての形のメガネをかけてみることをお勧めします。