サングラスの紫外線カットと色の違いについて。大人女子の選び方

肌のシミやそばかすが気になる大人の女性には、サングラスで紫外線カットをするのがおすすめです。サングラスと言うと、おしゃれのために使うというイメージも多いですが、目の健康やお肌のためにも、とても有効なアイテムです。
そこで、紫外線カット効果のあるサングラスの選び方や、レンズの色の違いなどをご紹介します。
大人女子にとって、サングラスはちょっとハードルの高いアイテムかもしれませんが、大人女子にこそおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの黒ずみ跡が消えない時の対処法と黒ずみの原因・予防方法

メガネをかけている女性の中には、メガネの鼻あての跡が黒ずんでしまい、消えない事に頭を悩ませている人も...

メガネの位置が正しいかチェック!自分でできるフィッティング

メガネがよく落ちてしまう、きつくてメガネをかけにくいなど、メガネに関してのお悩みをお持ちの方もいます...

メガネをファッションのコーデとして取り入れるときのポイント

メガネをファッションのひとつとしてコーデしてみたけれど、真面目な学生にしか見えない・・という人はいま...

メガネのボストン型が似合うメンズとは?メガネ選びのポイント

ボストン型のメガネが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?顔にこのようなコンプレックスがある人はボス...

老眼鏡のレンズの種類とは?それぞれの特徴を紹介します

老眼鏡のレンズにはどのような種類があるのでしょうか?遠近両用、中近両用、近用などのレンズの種類の特徴...

メガネのブリッジが折れた時の修理とお店に行けない時の対策

普段使っているメガネのブリッジが折れてしまった!そんな時に真っ先に浮かぶのが「折れたフレームを瞬...

似合うサングラスサイズの選び方とおすすめカラー

サングラスは選び方を間違えてしまうと、なんだか残念になってしまう恐ろしいアイテム。眩しさをしのぐもの...

遠視の眼鏡で目が大きくなるのはナゼ?遠視メガネの特徴

遠視の眼鏡はどうして目が大きく見えてしまうのでしょうか?この違和感から、かけたくないと子供に言われた...

メガネをするとメイクが見えない、そんなときの対処方法

メガネを普段かけている人はメイクをするときに見えないけれど、そのときだけコンタクトするのも大変ですよ...

メガネは視力がいくつから必要?メガネを作るタイミング

視力がいくつからメガネは必要となるのでしょうか?大人の場合は、運転ができるかどうかがメガネをかけ...

メガネが似合うファッションコーデをご紹介!女子必見です

メガネ女子になりたいと思っても、どんなファッションコーデにすればいいのか迷う人も多いのではないでしょ...

老眼鏡の度数の調べ方は簡単?あなたに合った老眼鏡の探し方

最近、近くのものが見えにくい、新聞を読んだあとに視界がぼやける、などなんとなく違和感を感じ始めたら老...

メガネは黒縁?それともべっ甲?迷った時は似合うほうに決めよう

もう何年も黒縁メガネをかけているけれど、べっ甲メガネは自分に似合うのだろうか・・と迷ったときには、ま...

メガネの傷消しに消しゴムはNG!傷をつけない使い方とは

メガネの傷消しに消しゴムや研磨剤を使う方法がありますが、これらの方法はオススメできません。メガネ...

メガネの耳あてがあたって痛いときにはフィッティングに行こう

メガネの耳あて部分があたって痛い・・・。こどもが触ったときに歪んでしまったのが原因?メガネ屋...

スポンサーリンク

色の付いたサングラスやメガネのレンズは紫外線カットの加工がされているタイプを

近年はオゾン層の破壊で地球上に降り注ぐ紫外線の量が増加してきていると言われています。紫外線予防のために帽子を被ったり羽織ものを着たり日焼け止めを塗ったりする方は多いでしょう。

紫外線は目からも侵入する

目から入った紫外線は将来白内障などの目の病気になるリスクを高める原因になると言われています。また、目から入った紫外線を脳が感知してメラニンを育成するので肌に紫外線が当たるのと同様の害を及ぼすとも言われています。

私はサングラスをかけるとなんとなく安心感を覚えます。視界が暗くなり守られているような気分になるのです。しかし、それは気分だけの問題で紫外線からは全く守られていません。

紫外線から目を守ってくれるのは紫外線カットの加工

色による安心感に惑わされずに紫外線カットの加工がされているサングラスを選びましょう。
また、色が濃すぎると現実感から離れ過ぎれしまったり見えづらくもなるので、適度な色の濃さのものを選ぶと良いでしょう。

紫外線カットのサングラスレンズの色の違い

レンズの色によって印象が変わるだけではなく見え方にも影響があります。

黒系光を均一に遮るので本来の景色に近い見え方になります。眩しさを防ぐ効果が高いです。
茶系明暗の差がはっきりとするので事物の輪郭がシャープに見えます。
やわらかい印象になるのでサングラスをかけてハードな印象になりたくない場合におすすめです。
青系黄色や赤系の色味を抑えるので自動車のヘッドライトなどが見やすくなります。
そのためドライブやサイクリングのときに向いています。涼やかな印象になります。
緑系緑にはリラックス効果があるので、気持ちが落ち着くでしょう。ナチュラルな個性はのイメージになります。
ピンク系気持ちを高揚させる色です。かわいらしい印象になります。
ミラー系最も外から目元が見えづらくなります。近未来的なイメージになります。

サングラスを選ぶ時には色の濃さよりも紫外線カットの性能を重視

レンズの色の濃さで紫外線は予防できません。サングラスを購入するときは紫外線カット率を確認しましょう。

レンズを通る紫外線の割合を示した「紫外線透過率」

紫外線透過率は低いほど紫外線を多く防ぐ事ができます。最近のサングラスでは紫外線透過率は1パーセント以下のものが多いです。よく商品に表示されるのは紫外線カット率の方で「UV○○」と表示されます。この「○○」に数字が入り、紫外線透過率が1パーセントの場合は「UV99」となります。

99パーセントの紫外線を防ぐ事ができるということを意味します。

紫外線が肌に与える影響は大きい

紫外線が肌に当たるとシミができ、それが皮膚がんへと発展する可能性がある事が知られています。

シミの他にシワなど肌の老化の原因にもなります。紫外線は肌に悪影響を及ぼすだけではなく目からも侵入して悪影響を及ぼします。目では白内障などの目の病気になる可能性を高めると言われています。また、目から入った紫外線を脳が感知してメラニンを作らせるので肌に当たるのと同様の悪影響がある事も知られています。

目から入る紫外線を防ぐ事はとても大切

目は暗い場所では瞳孔を大きく開いて光を沢山取り入れて視界を調節します。そのためサングラスをかけると瞳孔が大きく開きます。この状態では通常よりも多くの紫外線が目に注ぎ込みます。

紫外線カット加工をされていないサングラスをかけると通常よりも多くの紫外線が目から侵入することになるのです。サングラスを購入するときは必ず紫外線カットの加工を確認しましょう。

サングラス以外にもしておきたい、紫外線を防ぐための対策

サングラスをかける他に行える紫外線対策を考えてみましょう。

肌を出さない晴れた日の屋外ではシャツやカーディガンなどを羽織り、肌を出さないようにします。

砂漠などがある熱帯の国では暑さをしのぐために長袖を着用します。風通しの良い素材で紫外線カット加工された羽織が望ましいです。

また、白よりも黒など色が濃い服の方が紫外線を防ぐのに効果的です。

手袋をはめる手の甲は日焼けをしやすい場所です。特に自動車や自転車を運転する時には欠かせません。

羽織を着るのが暑い場合は腕カバーをつけると良いでしょう。

日焼け止めを使用する着たりカバーして隠せない部分には日焼け止めを塗りましょう。

クリームタイプやスプレータイプ、顔に塗るパウダータイプなど色々あるので使用しやすい商品を選びましょう。

帽子を被る屋外での活動に帽子は必須アイテムです。サングラスをかけていても周囲の隙間からも紫外線が入って来ます。

帽子を被ると顔や首筋の他にサングラスの隙間から侵入する紫外線も減らすことができます。

日傘活動が少ない場合は日傘も紫外線を強力に防いでくれます。

近年熱帯のように突然大雨が降ることが多くなってきたので、晴雨兼用の日傘だと突然の雨対策にもなり便利ですね。