メガネでマスクが曇る本当の理由とその解決方法を教えます

メガネをかけている人にとって、花粉症の季節などにマスクをすると曇るのが一番の悩みではないでしょうか。

しかし、グッズを使ったりマスクを折ってつけることによって、メガネが曇ることを防ぐことができるのです。

今回は、メガネをかけるとマスクが曇る理由とその解決方法について説明します。いろいろな対策方法があるので、ぜひ試してみて下さい。

一番効果的な方法は、メガネに曇り止めを塗ることです。スプレーやクロスなど種類もあるので、自分の使いやすいものを選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

偏光サングラスの特徴とは?スポーツをするときに最適

スポーツをするときに、サングラスをかける理由とはいったいなんでしょうか?ただ単純に眩しいからとい...

メガネの似合う色の選び方ポイントとは?髪や肌の色

メガネを初めて買うときには似合う色が何色なのか気になりますよね。選び方を間違えてしまうと、顔色が悪く...

伊達メガネのレンズ交換!持ち込み交換が可能かについてご紹介

目が悪くなくてもおしゃれで伊達メガネをかけている方は、たくさんいらっしゃいます。そしてお気に...

【メガネの選び方】顔の輪郭別、本当に似合うフレーム探しのコツ

新しいメガネを購入する時に、どうしても前のタイプに近い形のフレームを選んでしまうという方も少なくない...

メガネで似合う色を見つけるには?いろいろな診断方法をご紹介

自分に似合う色とは?顔の印象に大きな影響をあたえるメガネの形にこだわる人は多いと思いますが、自分に似...

メガネを作るのにかかる値段とは?安いメガネと高いメガネの違い

メガネを作るときに大きく値段が変わるのは何が原因なのでしょうか?小学生の頃からメガネをかけている...

運転用メガネの度数はきつめが正解?正しい眼鏡の作り方

運転するときのメガネは度数をつよくしたほうがいいのでしょうか?もし、パソコン用に少し弱めの眼...

メガネの正しい洗浄の仕方や使える洗剤を紹介します

メガネが汚いからといって、ティッシュで拭いたりTシャツで拭いたりしてはいませんか?その行為はメガネの...

メガネに合うレディースコーデを探したいなら

メガネはおしゃれアイテムのひとつとされていますが、使いようによっては、野暮ったく見えてしまうこともあ...

鼻にふきでものコレはメガネが原因?メガネニキビの予防方法

メガネをしていると、鼻にニキビができやすい?鼻の部分、しかもメガネが当たるところにニキビができる...

メガネにブルーライトカットやUVカットは必要?特徴をご紹介

メガネを購入するときに迷ってしまうのがブルーライトカットやuvカットのオプションではないでしょうか?...

似合うサングラスサイズの選び方とおすすめカラー

サングラスは選び方を間違えてしまうと、なんだか残念になってしまう恐ろしいアイテム。眩しさをしのぐもの...

メガネが似合わない男性とは?似合うメガネを見つける方法

メガネが似合わない、メガネ姿がなんだか冴えない男性にはどんな特徴があるのでしょうか?メガネの...

メガネ【女性30代】の選び方自分に似合うものを見つけよう

老けてみえるのは嫌だけれど、若作りしていると思われたくない微妙なお年頃の30代。髪型や洋服はもちろん...

メガネで目が小さくなるのをどうにかしたい!解消させる方法

メガネをすると目が小さくなるのを解消したいけれど、毎日コンタクトをするのは疲れてしまいますよね。...

スポンサーリンク

なぜマスクをするとメガネが曇るのか、その理由について

私は常にメガネをかけています。ちょっとそこまで足りない食材を買い足しに行きたい時などは「お化粧をしなくてもマスクをすれば大丈夫」とマスクをかけて家を出ます。しかし、外が寒い場合はとにかくメガネが曇ります。曇って見えなくなるので結局はマスクを外す事になってしまいます。

マスクでメガネが曇る理由

寒い場所から暖かい部屋に入った時などはメガネ全体が曇りますが、寒いときにマスクをかけて曇るのはマスクの下の部分からです。そう、マスクと顔の隙間から息が漏れてメガネのレンズにかかり曇るのです。息がメガネのレンズ近くで冷えて水滴となりレンズに付いて曇りになります。
寒い外から暖かい建物の中に入るとメガネが曇るのも、メガネをしたまま温泉に入ったら曇るのも同じ原理です。空気中の水分が冷たいメガネのレンズに触れると細かい水滴となり付着するためです。

マスクをした時にメガネが曇ることを防ぐための簡単で効果のある方法

私は裸眼では0.1もないので常にメガネが手放せません。そんな私が風邪を引いてマスクをかけると大変不便な思いをします。マスクをかけているとメガネが曇るのでマスクを外してしまいたいのですが、お化粧をしていない顔を隠すのとは違い咳をゴホゴホとしているのにマスクを外すと周囲に迷惑をかけてしまいます。温かい室内などではマスクをかけていても曇らなく問題がないのですが、寒い場所ではどうしてもメガネが曇ってしまいます。マスクかメガネかどちらか一方を取しかないとなると結局はマスクを外す選択になってしまいます。
しかし、最近マスクを外さなくても曇るという問題を解決できる良い方法を知りました。
マスクの上の部分を折る方法です。

メガネの曇り対策!マスクの折り方

  1. マスクの口に接触する面を上にして置きます。
  2. マスクの上部の鼻に当たる部分に針金が入っています。その針金の下辺りで谷折りにします。
  3. その状態でマスクをかけます。
  4. 針金を鼻の形に曲げてマスクと顔の隙間がなくなるようにします。

このようにマスクを折るとマスクと顔の隙間から息が漏れるのを防ぐことができるのです。

メガネが曇らないようにするためのおすすめグッズ

マスクをした時にメガネを曇らせないための補助グッズがあります。

100均でも販売されているようです。

【マスクに装着するスポンジ】

マスクをかけた時に、鼻とマスクの上部の隙間を塞いで吐く息が漏れないようにするためのスポンジです。鼻のカーブに合わせてくぼみがあり、全体は顔にかけたマスクの形に合うように湾曲しています。そのため、快適に装着することができます。
使用方法は簡単です。

  1. スポンジに付いているシールの裏紙をはがします。
  2. マスクを口につける面を上にして置き、スポンジの粘着面を、マスクの上の辺に合わせて貼り付けます。
  3. マスクをかけてスポンジの位置を調節します。
  4. マスクのスポンジを押して鼻とマスクの隙間をなくします。

メガネ専用のマスクを使うという方法もあります

メガネ専用のマスクも販売されています。

マスクの鼻に当たる部分にスポンジのようなパッドが付いていて、吐く息がメガネのレンズにかからないように設計されています。先に紹介しいた「マスクに装着するスポンジ」がもともと付いているような商品です。
このマスクを装着するとメガネの曇り対策には非常に良いです。難点としては次の事項があげられます。

  • マスクの存在感が大きい。
    通常のマスクと異なる点はマスクにボリュームが出て顔の中でのマスクの存在感が大きくなります。しかし、マスクのボリュームがあると顔が小さく見える効果が得られるようで、利点にもなり得ます。
  • 視界が狭くなる。
    目のすぐ下の鼻の部分に膨らみがあるので下を見るときの視界が狭くなります。人によってはかなり違和感を感じるでしょう。
  • 価格が高い。
    通常のマスクよりも価格が高くなります。花粉症対策などで毎日使う場合はかなり費用が嵩んでしまいます。

マスクでメガネが曇ることを防ぐための一番良い方法は「曇り止めの使用」

マスクにパッドを入れると物理的に吐く息を遮断できるので曇り止め効果は抜群ですが、視界が狭くなる事や価格が高い点が気になる場合には曇り止めの使用がお勧めです。
曇り止めにはスプレーやジェル、曇り止め液を浸み込ませたクロスのタイプがあります。それぞれの使い方をご紹介します。

【スプレータイプ】

  1. メガネのレンズに水道水を当てて埃を流します。
  2. レンズに付いた水をティッシュで拭き取ります。
  3. レンズに曇り止めスプレーをかけます。
  4. ティッシュで伸ばしながら拭き取ります。

【ジェルタイプ】

  1. メガネのレンズに水道水を当てて埃を流します。
  2. レンズに付いた水をティッシュで拭き取ります。
  3. レンズにジェルをのせてティシュでレンズ全体に伸ばしながら拭き取ります。

【クロスタイプ】

  1. メガネのレンズに水道水を当てて埃を流します。
  2. レンズに付いた水をティッシュで拭き取ります。
  3. クロスでレンズを拭いて、クロスについている曇り止め液をレンズに付けます。
いずれの方法でも先にメガネを洗ってきれいにしておくことが大切です。それにより曇り止め成分がレンズにしっかりと付着します。
メガネを洗うときはまず流水でレンズ表面のほこり等を流してからティッシュで水を拭き取ります。いきなり拭くとレンズ表面の細かい砂や埃を擦り付けることになり傷が付いてしまいますので気をつけましょう。
曇り止めは一日で取れてしまう場合もあります。毎日お出掛け前に塗るようにすると良いでしょう。