メガネのネジのゆるみを解消するには?購入店へ相談するのが一番

メガネのネジがゆるみ不安定な状態を改善するには、ネジを締め直す必要があります。
自分でネジを締め直すことはできますが、締める際は注意が必要です。
そこで、自分で締め直す方法やコツ、注意点をご紹介します。
また、ネジがゆるんで紛失してしまう場合もありますので、ネジを紛失してしまった場合の対処法も併せてご覧ください。
何度もネジがゆるんでしまうようであれば、一度購入店へ相談することをおすすめします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オシャレに見えるメガネコーデ!メガネの形別の印象と合うコーデ

メガネをファッションに上手に取り入れれば、コーデのアクセントになってオシャレ度もアップします。ですが...

メガネをかけた女性は仕事ができるように見える?メガネの選び方

仕事ができる女性に見られたいのなら、おすすめはメガネをかけることです。しかし、メガネをかけることで印...

メガネ姿のかっこいいメンズになるための近道を紹介します

メガネ姿がかっこいいメンズになりたい!と思ってはみても何から始めたらいいのかわからないというメガネ男...

サングラスのサイズ表記はどこ?サイズの確認方法

サングラスのサイズを確認するときにはここの表記を見ましょう。サングラスをかける前に自分の顔にはまるか...

鼻のメガネ跡を消す方法!簡単にできる対処方法をご紹介

今までは、時間がたてばすぐに鼻についたメガネ跡は消えていたのに最近はなんだかずっと残っているような…...

メガネクリーナーの超音波洗浄機とは?特徴を紹介します

メガネをキレイにしてくれる超音波クリーナーは、メガネが手放せない人にとって憧れのアイテムですよね。...

メガネで目が小さく見える時のメイク方法!近視女子のお悩み解決

近視用のメガネをかけている女性の中には、メガネのせいで目が小さく見えてしまう事に頭を悩ませている人も...

メガネの位置が正しいかチェック!自分でできるフィッティング

メガネがよく落ちてしまう、きつくてメガネをかけにくいなど、メガネに関してのお悩みをお持ちの方もいます...

メガネの印象は色でこんなにも違いが?似合う色の確認方法

メガネの印象が大きく変わるフレームの色はついつい無難なものを選んでしまいがちです。しかし、あ...

メガネのタイプ選び。丸顔におすすめのフレームタイプと選び方

メガネを購入するときは、似合うメガネを購入して印象良く見せたいと思いますよね。似合わないメガネを購入...

サングラスの効果はいつまで?寿命と買い替えどき

サングラスの紫外線をカットしてくれる効果はどのくらいの期間なのでしょうか?サングラスの寿命とは?...

メガネの正しい洗浄の仕方や使える洗剤を紹介します

メガネが汚いからといって、ティッシュで拭いたりTシャツで拭いたりしてはいませんか?その行為はメガネの...

サングラスの紫外線カットと色の違いについて。大人女子の選び方

肌のシミやそばかすが気になる大人の女性には、サングラスで紫外線カットをするのがおすすめです。サングラ...

メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?...

メガネで印象を優しい雰囲気にするには?色や形の選び方

メガネの印象で知的や真面目に見えるのは嬉しいポイントでもありますが、それに加えて冷たく見えたりきつく...

スポンサーリンク

メガネのネジのゆるみの原因は?店頭にあるあの機械も実はゆるみの原因に

メガネ愛用者の中には、自分では手荒に扱っているつもりはないのに、なぜかよく片方のメガネのネジだけがゆるんでしまうことを、不思議に思われている方も多いのではないでしょうか?いくら大切にメガネを扱っているつもりでも、毎日の習慣やクセなどによって、無意識のうちにフレームに不要な力が加わることで、少しずつネジがゆるむのだと考えられます。
しかし、中には普段ほとんど使っていないメガネにも関わらず、いざ使おうとするとネジのゆるみが生じていることもあります。これは一体、どういうことなのでしょうか?

メガネのネジのゆるみの原因がフレーム自体にあるケース

メガネのネジがゆるむ原因としては、ネジを締めることによって、ネジを受け止める土台が変形し、しっかりと締まらなくなってしまうことが挙げられます。また、片手でメガネを外したり、しょっちゅう折りたたんだりすることで、フレームに過度な力が加わってネジがゆるむこともあります。

実はお手入れのしすぎが原因となることも

メガネのレンズはふとしたことで汚れが付きやすいため、気付いた時に早めに汚れを取り除くのが一番です。とは言え、専用のクリーナーを使用したり、まずは水で汚れを洗い流すのが先決であるにも関わらず、そのまま洋服の袖やティッシュなどでゴシゴシと拭いている方もよく見かけますが、あの行為はレンズに細かな傷を付けてしまう原因にもなりますので、くれぐれもご注意を。

しかし、必要以上に頻繁にメガネを拭いたり、毎日のように超音波で汚れを落とす機械を使っていると、そのたびに少しずつネジがゆるむ可能性もあります。

メガネのネジのゆるみを自分で直す方法

以前、我が家の玄関ホールとリビングを隔てるドアのノブは、ネジがゆるんでドアノブがガチャガチャと動きやすくなっていることが度々あり、そのたびに気付いた人が自分でドライバーを使ってネジを締め直していたわけですが、またしばらくするとネジがゆるむというのを繰り返している時期がありました。おそらく、ただネジを締め直しただけでは根本的な解決には至らないのだろうと考えた結果、市販のゆるみどめ液というものを使うことで、その後はめったにネジを締め直す必要がなくなりました。同様に、メガネのネジがゆるみやすく、しょっちゅう締め直してもすぐにゆるんでしまう場合は、まずはこちらの方法を試してみるのも良いかと思います。

メガネのネジの締め直し方

メガネのネジはとても小さいため、通常サイズのドライバーでは役に立ちません。そのため、100円ショップなどでも販売している精密ドライバーと呼ばれる専用のものを用意する必要があります。さらに、一旦ゆるんでいるネジを抜き、ネジを受け止める側の部品に、ゆるみどめ液を垂らします。ゆるんでいるのがメガネを折りたたむ部分(丁番)のネジだった場合は、潤滑油を使うと良いでしょう。

メガネのネジのゆるみを自分で締め直す場合のコツと注意点

私は以前、自宅から離れた場所へ車で出かけた帰りの車中で、メガネの片方の丁番のネジがゆるんで外れてしまい、片方のツルが取れてしまったという経験があります。手元にドライバーがない状態ではネジを締め直すこともできず、スペアのメガネも持ち歩いていなかったため、仕方なくメガネを片手で抑えつつ、なんとか運転をして帰ってきたのですが、このような危ない状況に陥らないためにも、日頃からメガネのネジのゆるみに気付いたら、早めにお手入れしておくことを強くおすすめします。

メガネのネジを強く締めすぎるのもNG

ネジがゆるみやすいからと、必要以上に強い力で締め付けてしまうと、さらに歪みが悪化してしまう恐れがありますので、一旦ネジを緩めてから、軽い力でゆっくり締め直すようにしましょう。その際、サイズの合わないドライバーで無理やり閉めてしまうと、ネジの穴が潰れたり変形してしまい、上手くネジを回すことができなくなりますので、きちんとサイズの合うドライバーを使うことが重要です。

メガネのネジがゆるんで紛失してしまった場合の対処法

メガネのネジは非常に小さいため、ゆるみを直すつもりでネジを外したはいいが、慎重に扱わないと、そのまま誤って紛失してしまうケースもあり得ますよね。さらに、ゆるみを放置しているうちに、うっかりネジを落としてなくしてしまう可能性もあります。メガネのネジはあくまでも消耗品ですから、もしも紛失してしまった場合は、新しいネジと交換することになりますが、ホームセンターなどでメガネ用のネジを探すよりも、もっと簡単な方法があります。

自分でメガネのネジを付け替える裏技

一番手っ取り早いのは、手元にあるすでに使わなくなっったメガネのネジを使う方法です。これだと、わざわざネジだけを買いに行く手間を省くことができますので、とりあえずやってみる価値はあるでしょう。

手元に不要なメガネがない場合や、すでにネジが劣化してしまっているのでしたら、100円ショップで売っているメガネなどを買って試してみるという方法もあります。

メガネのことは基本購入したお店へ行って相談するのが一番。無料で修理してくれる可能性が高い

メガネのレンズ交換やフレームの破損などに対しては、販売店ごとに保証期間内であれば無償もしくは有料で修理をお願いすることができます。同じように、頻繁にメガネのネジがゆるむ場合は、お店で直してもらうのがより確実でしょう。ネジのゆるみや紛失といった程度の調整でしたら、混雑していなければ数分で済みますし、メガネを購入した店舗であれば、基本的には無料で行ってくれるハズです。

自宅から遠い店舗や、ネットショップで購入したメガネに関しても、ネジの調整程度であれば他の販売店でも無料で行ってくれるケースもありますが、可能であれば自宅か職場の近くに行きつけのメガネ店を作っておくとより安心ですね。

とくに不具合はなくても、半年から1年ごとにはお店でメガネの調整を行うことで、より長く愛用することができますので、上手に活用してみてくださいね。