メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともあるので、ある意味難しいアイテムとも言えます。
そんなメガネを高校生になってから初めてかけるという女子は、メガネをかける事で異性から悪い印象を持たれないかと不安に思うかも知れません。
しかし、選び方さえ間違えなければ、その心配はありません。
そんなメガネをかけている高校生の女子が世間からどう思われているのか、メガネをかける時はどんなコーディネートをすべきなのかなどについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの上手な選び方!似合うメガネを選ぶポイント【女性編】

今はメガネもファッションの一部としておしゃれを楽しむ女性が多いですよね。メガネが似合う女性の特徴...

メガネでマスクが曇る本当の理由とその解決方法を教えます

メガネをかけている人にとって、花粉症の季節などにマスクをすると曇るのが一番の悩みではないでしょうか。...

サングラスで人気な形とは?レディースに似合うのはこの形

レディースサングラスで人気なものに挑戦したいけれど、自分に似合うか不安…というときには、まずどんな形...

メガネをプレゼントするならこのフレーム!彼氏にあげたいメガネ

そういえば、ブルーライトメガネが欲しいと言っていたような・・彼氏にメガネをプレゼントしたいけれど、ど...

男性に似合うメガネの色とは?女性ウケがよいメガネを紹介します

メガネ男子が人気ですが、そのメガネ本当に似合っていると言えますか?男性の場合は、自分に似合う色を...

メガネの横幅を自分で調整する場合の道具と注意点と体への影響

メガネをかけている時に緩くてメガネが落ちてくる、反対に横幅がきつくてこめかみの辺りが痛いと感じること...

乱視用のメガネは必要?乱視と乱視の眼鏡の特徴を紹介

乱視になってしまったときにはメガネが必要となるのでしょうか?なんだかぼやけて見えたり、メガネをかけた...

メガネの形は顔の輪郭やバランスを大切に。似合うメガネの探し方

新しいメガネを購入する時には、どんな形にしようか悩みますよね。お店にはたくさんの種類があり、自分...

メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お...

サングラスの紫外線カットと色の違いについて。大人女子の選び方

肌のシミやそばかすが気になる大人の女性には、サングラスで紫外線カットをするのがおすすめです。サングラ...

メガネでオススメなのは?メンズのビジネス向きフレーム

ビジネスシーンでは相手にできるだけ良い印象を持たせたいですよね。知的で説得力の増すメガネですが、選び...

ふだん眼鏡をかけている人がサングラスの度付きを買う時の選び方

眼鏡ではなく度付きのサングラスが欲しい、運転をしているときなど普段眼鏡をかけている人は眩しいときにサ...

メガネは顔の形で似合うかどうかが決まりますタイプ別にご紹介

メガネは顔の形によって似合う、似合わないがありますが自分の顔にはどんなメガネが似合うのか知りたいです...

眼鏡を掛けている人の印象と魅力!モテるメガネ女子の作り方

眼鏡を愛用している女性にとって、「メガネ女子は男性から見てどんな印象を持たれているんだろう」と気にな...

サングラスの選び方のポイントとは?色やイメージで選ぼう

サングラスはどんなものが日本人に似合うのでしょうか?日本人にも似合うサングラスの選び方のポイントとは...

スポンサーリンク

メガネをかけている女子高校生に対する世間のイメージ

メガネをかける事でできる人に見えて素敵に見える。

勉強ができるように見えたり、物を沢山知っているように見えます。そこにいたるまでの知識を身につけたゆえのメガネという印象があるのかもしれません。

可愛いメガネ女子と思われている。

おしゃれの一部だと思う人も居ます。ピアスや指輪ネックレスだと急に大人っぽくなってしまいますが、メガネで普段の服に変化をつけたりおしゃれのアイテムとして使ったりするところが気を使えるおしゃれな女の子に見られるのではないでしょうか。

素顔が良い。

メガネなしの素顔を好むという意見も聞きます。メガネをかける事でイメージが変わってしまうのかもしれません。

メガネをする際にもした時の髪形や選ぶメガネの形や色、フレームによって好みが変わってくるようです。

可愛い女子高校生になるためにも、メガネ選びはしっかりしよう

メガネ選びに大切なポイント

  • 大きさが合っている。
    顔の大きさにあったメガネを選びましょう。大きさがあっていないと見え方によってはわざとらしく見えてしまったり、現実離れしたようなアニメの中を意識した感じに見えてしまいます。狙いすぎな感じはあまり好まれないでしょう。
  • いかにも伊達メガネ
    レンズが入っていないものや、遊び心満載のメガネは個性が強すぎて周囲が受け入れられない事があるようです。
  • 自分に合っていない。
    流行の雑誌やテレビ番組などで見かけるようなフレームのメガネが学生向けとは限りません場所や立場をわきまえてメガネをかけているほうが理解してもらえるでしょう。

メガネと髪型の組み合わせで、より可愛い女子高校生になろう

メイクをしたり、アクセサリーをつけていく事が出来ない状況の時はヘアーアレンジで楽しみましょう。ストレートの場合は毛先を少し巻いたり、ふくらみを持たせるだけで雰囲気がかなり変わります。カールの度合いを変えるとさらにいつもとは違う感じになるでしょう。あらかじめ休日に試してみて自分の髪のクセを知るとカールをもっと楽しむ事が出来るでしょう。
  • ロング
    真っ直ぐストレートのロングをそのまま生かすのも良いでしょう。前髪は長いよりも少し短くしたほうがメガネをかけたときにすっきり見えるでしょう。
  • ボブ
    真っ直ぐきったボブも可愛いですが前髪や毛先を真っ直ぐ切らずギザキザに見えるようにカットすると、重たく見えず軽やかな感じがします。顔周りがすっきり見えるためメガネをかけてもすっきりした印象に見えます。

女子高校生らしいメガネコーデを楽しもう

流行が合うとは限らない。

はやっていても顔のつくりや雰囲気で合わないタイプのメガネがあります。顔の形や目の形、ヘアースタイルによって見え方が変わってくるので、メガネを選ぶ時はいろいろな種類のフレームを合わせてみましょう。

メガネに合ったメイクをしましょう。

休日や長期の休みの時などのメイクの時はメガネに合ったメイクを楽しみましょう。メガネのフレームが太く存在感のあるものの時はアイメイクを控えめに、フレームの色がゴールドやシルバーのような光る素材のメガネの時はマットな色合いのメイクにするなどメイクとメガネの印象が同じではなく、対照的なぶつかりあわない色合いをすると良いでしょう。

ヘアースタイルをあわせる。

メガネのフレームに存在感がある場合は少し柔らかく見えるスタイルにしてみましょう。空気感を持たせたふんわりスタイルや、毛先を遊ばせた動きのある感じが良いでしょう。フレームが細いタイプは毛先をはねさせたウェット感のある大人っぽいスタイルでメガネを楽しみましょう。

せっかくのメガネ女子もこんなかけかたはNGです

  • 汚れているメガネ
    特に汚れるような行動をしていなくてもメガネは汚れてしまうものです。人に会う前や出かける時、朝の洗顔の時など意識してメガネのお手入れをしましょう。メガネを購入したお店に行くと鼻あてやフレームのずれを見てくれてメガネの洗浄もしてくれます。自分で綺麗にするよりも細かな汚れが取れてクリアな視界になります。
  • 鼻眼鏡
    鼻の高さや、メガネの鼻あてによってメガネがずれてしまう場合があります。年齢によっては老けて見えてしまいますが学生がずれているのを見ると、おしゃれにみえるかメガネがあってなくてだらしなく見えるかのどっちかです。相手の見え方を知る事は出来ないので、だらしなく見えないようにきちんと合わせてかけると良いでしょう。
  • 雑に扱う
    何かをしながらメガネをはずしたり、片手で持って何かをしたり大事に扱っていない状態はどんな人がやっても見苦しいです。メガネを両手で扱ったり、使わないときはケースに入れたりぶつからない場所においておくなどメガネに気を使っている感じがまた素敵に見えるでしょう。メガネだけに限らずすべてにおいて丁寧に接しているように見えるためものに対しての行動も意識しましょう。
  • メガネが曇らない工夫をしましょう。
    運動の時の汗や熱気、湿気が多い時、冬寒い場所から温かい場所へ入った時などメガネが曇る場所や状況がおもいのほかあります。あらかじめ曇り止めをしておくと曇らず安全にメガネをかける事が出来ます。