メガネのコーティングを剥がす原因とは?予防方法を紹介

メガネのコーティングを剥がす原因にはどのようなものがあるのでしょうか?メガネをきれいにするつもりが、間違った洗い方をしてしまうとコーティングを剥がしてしまう原因になることがあります。

ついつい、レンズを下向きに置いてしまう、車に置きっぱなしにしていたなどの扱い方がコーティングの寿命を縮めてしまいます。

そんなコーティングを剥がす原因と予防方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスフレームの色は黒?ブラウン?選ぶポイントを紹介

サングラスのフレームはどんな色だとしっくりくるのでしょうか?まだまだサングラスをかけることに抵抗のあ...

メガネにブルーライトカットやUVカットは必要?特徴をご紹介

メガネを購入するときに迷ってしまうのがブルーライトカットやuvカットのオプションではないでしょうか?...

眼鏡の度数は弱めたほうがいい?大切なのは目の個性を知ること

眼鏡の度数はきちんと視力検査をして合わせたはずなのに、なんだか目が疲れる、ずっとかけているのが辛いと...

メガネタイプの老眼鏡で安いものと高いものの違いと選び方

最近なんだか小さい文字が見えにくい、気がつくとスマホを遠ざけているなど老眼鏡が必要と感じてはいるけれ...

メガネが似合う女子とは?30代女性が選ぶべきメガネの探し方

30代の女性にとってメガネ選びはとても難しいものと言えるでしょう。それは可愛らしさや若さを優先となる...

メガネの違和感は鼻に出やすい?その原因や対処方法をご紹介

メガネをかけるとなんだか鼻に違和感があるときはどうしたらいいのでしょうか?新しいメガネを買って、何日...

メガネはウェリントン型にしよう!レディース向けの選び方

面長の人に似合うと言われるウェリントン型のメガネ。しかし、どんな種類や色のメガネを選べばよいのかわか...

メガネのボストン型とは?似合うメンズの顔のタイプ

メガネのボストンが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?ウエリントンとボストンで迷っているのなら、顔...

メガネのつるがゆるいときの対処法と自分で直すときの注意点とは

メガネのつるがゆるいと感じてきたら、メガネが落ちていたり、下がってきたりするのでとても不便ですよね。...

伊達メガネのレンズ交換はできる?持ち込む時のポイント

伊達メガネのレンズを他のお店で交換してもらうことはできるのでしょうか?お気に入りの伊達メガネ...

目が細いとメガネが似合う?自分にピッタリなメガネの探し方

目が細いのがコンプレックス・・・。メガネをかけると細い目がさらに細く見えてしまう近視の人に似合うメガ...

プールでメガネが禁止の場合は?対処方法を紹介します

プールではメガネが禁止なことが多いですよね。普段、メガネをかけている人にとっては困ってしまう問題です...

メガネの傷消しに消しゴムはNG!傷をつけない使い方とは

メガネの傷消しに消しゴムや研磨剤を使う方法がありますが、これらの方法はオススメできません。メガネ...

メガネのネジの締め方とは。ネジなのでドライバーで締めます

メガネのネジって、とっても小さいですよね?その、小さいネジをよく見ると、きちんとプラスかマイ...

眼鏡とサングラスの2wayになる調光レンズとは?特徴をご紹介

普段からメガネをかけている人は、まぶしくともサングラスをかけることができませんよね。そんなときに役立...

スポンサーリンク

メガネのコーティングを剥がすのは熱

メガネとの付き合いはかれこれ30年以上になります。小さい頃は両目とも2.0ととても視力がよかったのですが、急に視力が下がりメガネが必要になりました。姉妹でずっと同じような生活をしていても姉は視力が良いままなので、もともとの目の素養なのでしょうか。長いメガネ生活のなかでメガネはかなりの回数買い替えをしています。そのなかでフレームが壊れて買い換えたのは1回、度が合わなくなって買い換えたのは2~3回、後の5回以上はコーティングの剥がれで見づらくなり買い換えました。正確に言うと、コーティングが剥がれて見づらいというよりも見た目が「ぼろぼろのメガネ」になってしまっていたたまれずに買い替えました。視界的にはそれ程気にならなかったのですが、コーティングが剥がれていると目にも良くないのは確かですね。
コーティングがぼろぼろに剥がれたメガネをメガネ屋さんへ持って行くと「メガネをお湯で洗ったりメガネをかけたままお風呂に入ったりしていませんか?」と尋ねられました。私は温泉へ行ったときにはいつもメガネをかけたまま入っていました。そうしないと一緒に行った母や姉を見つける事が出来なくなるためでした。そうして温泉の湯気で曇ったメガネを温泉につけて曇りを取っていたので、確かにコーティングが剥がれるはずです。それ以降は温泉でメガネをかけないようにしていたのですが、子供が生まれて歩き回るようになると温泉へも連れて行きました。子供を見失っては大変なので、やはりメガネは欠かせなくなりました。今ではやはり温泉に入るときにはメガネをかけたまま入りますが、温泉につけて曇りを取る事はしないように注意しています。
そのおかげか、コーティングは剥がれていません。

メガネのコーティングはお風呂の熱でも剥がれる

メガネをかけていて必要にせまられて温泉内にメガネをかけて入ったとしても、お湯にメガネをつけなければコーティングは大丈夫なようです。
その他、メガネを置くときにはレンズを上に向けて置く。ちょっと外すときもカバンにそのまま入れずに必ずメガネケースに入れるなど、とにかくレンズが擦れないように気をつけましょう。メガネケースに入れていても高温になる場所には放置しないようにしましょう。車の車内に置きっぱなしにするのはメガネに大変よくありません。

コーティングを剥がすから洗剤はメガネ用を使いましょう

私は毎日お風呂に入る前にメガネを外したときにメガネを洗います。水道の蛇口をシャワーにしてその流水でレンズの埃を流し、ティッシュで拭き取ります。
しかし、先日は子供にスナック菓子を食べた後の手でメガネを触られてしまいました。レンズは指の跡にギラギラと油が光っています。こうなるとは水だけではきれいになりません。こんな時には、レンズを水で濡らした後に食器を洗う中性洗剤を一滴ずつレンズに垂らします。そうして指でクルクルと中性洗剤を伸ばすようにしてレンズの油を浮かせます。ついでにレンズの裏面も洗います。それから水道の水でよく流します。
このように、メガネは普段の軽い汚れは水だけで、汚れが酷いときには台所用の中性洗剤を利用すると良いでしょう。

これがメガネコーティングを剥がす原因!?ついついしてしまう乾拭き

メガネのレンズが汚れたからといきなりティッシュやメガネクロスで拭いてはいけません。レンズの表面の埃や微細な砂などをレンズに擦りつける事になるのでレンズに傷がついてしまいます。

正しいメガネの洗い方をご紹介します。

  1. 水道の蛇口をひねりレンズに水をかけて誇りなどを流します。
  2. 洗剤を使う場合はレンズに数滴垂らして優しく指で広げます。擦らずに洗剤を塗り広げるようにします。
  3. 水でよく流します。擦らずに水流で洗剤を流します。
  4. ティッシュを当てて水分を取ります。ぎゅっぎゅっと擦らないようにします。
  5. メガネクロスで拭きます。力を入れないように気をつけましょう。

コーティングは年数がたつと剥がれてしまう事も…メガネの寿命

コーティングはお湯をかけないようになどと気遣って大切に扱っていても剥がれて来てしまうのもです。

外に出れば日光の熱を浴び、湿度の高い空気にさらされたり、レンズの掃除で拭かれたり、何かにぶつかってしまうこともあります。そういった日常的な使用でコーティングは弱り、寿命は2年程度とも言われています。少しでも長く使うためにメガネを置くときはメガネケースに収納する。日光が当たったり温度の高い場所には置かないなどメガネの取り扱いを気遣ってあげまょう。

メガネのコーティングだけを直すにはレンズ交換か買い替え

メガネのコーティングが剥がれてしまっただけで他には問題がないので、コーティングだけを直す事ができるのか聞いてきましたが「残念ながらできません」との回答を得ました。レンズごと交換するか、新しいメガネに買い換えるしかないとの事です。私は高価なフレームを購入する事はないので、新しいメガネに買い換える事にしました。フレームが気に入っていたり高価なものでない場合はメガネ全体を買い替えると良いでしょう。
メガネの買い替え時は「コーティングが剥がれてしまった時」「フレームが緩んでネジをしめても直ぐに緩むようになった時」「度が変わった時」「フレームが壊れた時」などでしょうか。紫外線カットやブルーライトカットはメガネをかける事によって得られる数少ないメリットです。このメリットを逃さないように、コーティングを気遣って取り扱いましょう。