眼鏡のレンズに寿命はある?使い分けで眼鏡寿命を伸ばそう

眼鏡のレンズに寿命はあるのでしょうか?子供のうちは、視力が低下するので視力検査をして以前より視力が下がっていれば新しい眼鏡を作るというわかりやすいタイミングでしたが、大人になるとレンズの寿命のような理由がなければ使い続ける人のほうが多いと思います。

私もそのうちの一人ですが、レンズをよく見てみると細かい傷・・。視力が安定した大人の眼鏡を新調するタイミングについて紹介します。

眼鏡のレンズは私達が思っているよりも傷つきやすいものです。眼鏡の正しい扱い方を覚えて眼鏡寿命を伸ばしちゃいましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡の鼻あてが緑になるのは緑青!原因と対処法を解説

眼鏡の鼻あてが緑に汚れていたら、一体何の汚れなのか気になる人もいるのではないでしょうか。もしかして眼...

メガネの形の選び方。輪郭に合わせた自分に似合うメガネの探し方

メガネを選ぶ時には、自分にはどんなフレームの形が似合うのかよくわからないという方は多いと思います。自...

サングラスの調整はテンプルでするの?掛け心地が悪い時には

サングラスにも調整が必要。テンプル(つる)の部分が耳と顔幅にフィットしないと、サングラスがす...

セルロイドのメガネは修理ができない?修理可能な場合もあります

セルロイドのフレームが可愛い!好みという方は少なくないですよね。しかしセルロイドのメガネは修理ができ...

メガネを作る時に必要な視力と度数について正しく理解しましょう

メガネを作るためには視力検査だけすればいい、そう思っていませんか。実は、視力だけではなく「度...

メガネの作り方で正しいのは眼科が先?メガネ作りの基本

最近なんだか視力が落ちてきたような・・今までメガネをしていなかったけれどパソコン作業やスマホをよく見...

メガネの鼻パットの位置で正しいのは?ズレないポイントを紹介

メガネの鼻パットの位置が合っていないような…。メガネを使っているといつのまにかずれやすくなってし...

メガネをかけてメイクが崩れるのを防ぐには?鼻部分のメイク方法

メガネをかけていると、どうしても鼻部分のメイクがよれてしまいますよね。鼻は皮脂が出るところだからと諦...

メガネのスポーツ用を購入する!野球用を選ぶときのポイント

子供が野球をするときにはどのようなスポーツ用メガネを選んだらいいのでしょうか?小学生のうちは壊してし...

メガネでマスクが曇る本当の理由とその解決方法を教えます

メガネをかけている人にとって、花粉症の季節などにマスクをすると曇るのが一番の悩みではないでしょうか。...

メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お...

メガネがサングラスになる跳ね上げとは?跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式とはどんなものなのでしょうか?サングラスが欲しいけれど、度付きのメ...

サングラスの紫外線カットには寿命がある!効果と正しい使い方

『サングラスの紫外線カット効果には寿命がある』そんな話を聞いたことはありませんか?レンズが壊...

メガネのつるが白くなる原因と対処法、お手入れの際の注意点

愛用しているメガネのつるが白くなる時ありませんか?メガネが全体的にくすみ、白く汚れてしまった...

男性がメガネを外すときにはこんな心理が隠れているのかも

男性がメガネを外すときの心理とは?気になっている人がメガネを外すしぐさを見せると「ドキ」っとしてしま...

スポンサーリンク

眼鏡のレンズの寿命は劣化したとき

どんなに丈夫に作られた眼鏡でも、残念ながらレンズには寿命があります。

一般的にはプレスチックレンズの寿命は二年ほどと言われてはいますが、それよりも前にレンズが劣化してしまったときは、レンズの寿命が早めに来てしまったと言えます。

レンズの劣化は、見た目にわかるものであれば、「レンズに細かな傷がたくさん入ってしまった」、「レンズに大きな傷がついてしまった」、「レンズのくもりのような汚れが取れなくなってしまった」など、見え方に影響するようになったり、他にも「レンズのコーティングが剥げしまった」、などといったものも寿命の例として上げられます。
他にも「視力が変わって、眼鏡をかけても見えづらくなってきた」といった場合も、レンズを交換したり、眼鏡を買い換える必要があると言えます。

しかし、コーティングは、見た目に剥げてしまった事が分かることがわからない場合もあります。
そのような場合は、メガネ店で眼鏡の診断をしてもらうと良いでしょう。
特に違和感を感じていなくても、フレームの歪みが出ていることもありますので、少なくとも2~3ヶ月に一度はメガネ店でメンテナンスを行っておくと、眼鏡異常を発見しやすくなります。

眼鏡のレンズとして見えにくくなったなら寿命

見た目には綺麗な眼鏡であっても、レンズが見えにくくなったら、その時が寿命です。

眼鏡自体には異常はないのに、寿命が来ているというのは、なんだか違和感を感じますが、使う人にとって不具合を感じたり、必要ないとされるのであれば、それが寿命が来たことなのだと説明することが出来ます。
人間は生きて行く上で体には常に変化が生じます。
それは、視力にも言えることです。
買った当時はピッタリの度数でも、年齢を重ねたり、パソコンやスマホを見るなどの生活環境などによっても視力が変わって来ます。
後から、乱視が入って来たことがわかったり、老眼が出てくることもあります。
それはごく自然なことなのですから、見え方が変わってしまう事は気にせず、「見えにくいな」と感じたら、遠慮なくレンズ交換や眼鏡の買い替えをすることをおすすめします。

眼鏡のレンズの寿命を短くしてしまう行動

プラスチックレンズなら2年ほどの寿命があるとは言われていますが、こんな行動は眼鏡のレンズの寿命を短くしてしまいますよ。

眼鏡レンズの乾拭きは眼鏡の寿命を縮めてしまうことも

「眼鏡が汚れたな」と感じたら、その場でティッシュやメガネ拭きなどで乾拭きをすることはよくあると思いますが、実はこれをすると、レンズに傷が入ってしまいます。
というのも、レンズの表面にはホコリやごく小さな砂粒などがついてしまいます。
それを水で流さずに拭いてしまいますと、その小さな粒をレンズにこすりつけてしまう事になりますので、乾拭きは避けて、水で表面のホコリを落としてから拭きましょう。

熱の影響も

眼鏡のレンズやフレームも実は熱に弱く、眼鏡をかけたままお風呂やサウナに入ったり、眼鏡をかけたままドライヤーの風を当ててしまうと、それが劣化の原因になってしまいます。
他にも、バーベキューやストーブなど、高熱を発するものの近くにいると、それが眼鏡の寿命を早めたり、壊れてしまう原因になります。

お風呂で洗ってはいませんか?眼鏡レンズのお手入れ方法

視力の悪い人は、お風呂や銭湯に入る時も眼鏡をかけて入ることがありますが、「ついでだから」と言って、お風呂で石鹸やボディーソープなどで眼鏡を洗ってはいませんか?
それをすると、ますますレンズの寿命が短くなってしまいます。

石鹸やボディーソープなどで洗った直後は、綺麗に見えても、のちに化学変化でレンズやフレームに白いシミのようなものを発生させてしまいます。
ですので、アルカリ性、または酸性の洗剤で眼鏡を洗浄するのは絶対にやめましょう。
眼鏡を洗う時は、台所用洗剤や、メガネ専用の洗剤に使われる、中性洗剤で洗うようにしてください。

眼鏡は乾拭き厳禁と言われていますが、眼鏡をすすぐ時にお湯を使うのもやめましょう。
お風呂程度の温度でもレンズやフレームを劣化させてしまう原因になります。
必ず水ですすぐようにしましょう。

眼鏡は使い分けることで寿命や目の負担を減らせます

お風呂やサウナで眼鏡は厳禁と言われても、眼鏡を外した状態で入るほうが見えなくなって危険だという方もいますよね。
そういった方は、お風呂専用の眼鏡を設けてみるのはいかがでしょうか。
眼鏡は使い分けることで寿命や目の負担を減らせます。

一日中お風呂に入る人はいませんから、多少度の合わなくなった古い眼鏡でも充分事足りるはずです。
また、お風呂やサウナに対応している眼鏡も売られていますので、必要性を感じた方は購入を検討してみるのも良いでしょう。

他にも、スマホやパソコンを見る時に、普段かけている眼鏡だと違和感を感じてしまうという場合もあるでしょう。
そういった場合は、それ専用の眼鏡を作ってみてはいかがでしょうか。
そうすれば、見え方も楽になって、目に負担がかからなくなります。

これらのことに気をつければ、レンズの寿命を伸ばしたり、レンズの寿命までの間を快適に過ごすことが出来るようになります。