眼鏡を初めてつけて慣れない。慣れるまでの期間や対処方法

初めて眼鏡をつくったけれど、なんだか疲れる、クラクラするというような人は多いと思います。

初めてで眼鏡に慣れないのはわかりますが、どのくらいで慣れてくるものなのでしょうか?眼鏡をかけている人でも新しいものにしたときには、慣れるまで時間がかかります。そんな慣れない眼鏡をかけるときのポイントや合わないときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

紫外線カット効果のあるサングラスが女性におすすめな理由

サングラスは強い日差しから目を守ってくれる効果がありますが、それ以外にも嬉しい効果があります。女...

メガネで目が小さくなるのをどうにかしたい!解消させる方法

メガネをすると目が小さくなるのを解消したいけれど、毎日コンタクトをするのは疲れてしまいますよね。...

サングラスを購入する際のメンズの度付きの選び方や相場をご紹介

かっこいいサングラスが欲しいけれど普段からメガネをかけているから、もし買うとしたら度付きのサングラス...

メガネのレンズの正しい外し方と長持ちさせるコツについて

自分がかけているメガネのフレームとレンズの間の汚れが気になる場合、レンズを外してきれいに拭こうと考え...

メガネと老眼鏡の違いとは?老眼鏡とわかりにくいメガネ

メガネと老眼鏡の違いとは?普段メガネをかけている人が老眼になったときには、どんなメガネに変わるのでし...

メガネのフレーム交換の値段はどのくらい?壊れたときの対処方法

メガネのフレーム交換だけしてもらいたいときにはどのくらいの値段がかかるのでしょうか?交換するフレ...

サングラスのサイズ表記はどこ?サイズの確認方法

サングラスのサイズを確認するときにはここの表記を見ましょう。サングラスをかける前に自分の顔にはまるか...

メガネの印象でどう変わる?女性のメガネはココがポイント

女性のメガネ姿からはどのような印象を受けやすいのでしょうか?メガネをかけると、きつく見られてしま...

チタンフレームの特徴とは?メガネを選ぶポイントを紹介します

チタンフレームのメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?いつもはフチの印象が強いセルフレームをか...

メガネの洗い方。フレームをキレイに保つ方法と注意点について

メガネの洗い方、知っていますか?レンズとフレームは顔や手の皮脂で汚れています。レンズ...

サングラスの紫外線カットと色の違いについて。大人女子の選び方

肌のシミやそばかすが気になる大人の女性には、サングラスで紫外線カットをするのがおすすめです。サングラ...

メガネのレンズに傷がついてしまったときの対処方法

メガネのレンズに傷が!?落としたりぶつけてしまったのであれば買い替え時と諦めがつきますが、いつのまに...

乱視用のメガネは必要?乱視と乱視の眼鏡の特徴を紹介

乱視になってしまったときにはメガネが必要となるのでしょうか?なんだかぼやけて見えたり、メガネをかけた...

メガネが似合うかどうかのポイントは?選び方を紹介します

似合うメガネはどのように選べばいいのでしょうか?似合うものを知るには、まず自分の形を知ることが大切で...

メガネ女子はかわいい!男子にモテるかわいいメガネ女子になろう

メガネをかけている女子をかわいいと思う男性はたくさんいます。女性からしてみれば、どうして男性がメガネ...

スポンサーリンク

初めて眼鏡をして慣れない・・慣れるまでの日数

はじめてメガネをかけるという方は慣れるまでに時間がかかったという方の話を聞いて不安に思ったりということもあるでしょう。

メガネはまず大前提としてメガネを作るときに、メガネを掛けたときに違和感のない状態を目指して作ります。

ですがフィッティングをしっかり行っていないと、なんだか違和感がという状態が続くこともあるため、メガネを作るときにはしっかりとしたフィッティングを行うことが大切です。はじめてメガネを作るときならなおさら、顔を左右に振ったり、うなずいたりという場面でもずれの少ない形にするほうが慣れやすいです。

フィッティングとは個人差のある顔の骨格や顔のパーツに合わせてメガネのパーツを合わせていく作業です。

耳が痛くなったり、鼻からずり落ちたりといったことを少なくするのもこの作業です。

違和感があるときは他の原因も考えられますが、フィッティングをするだけで解消されることもあるためまずは自分の顔に合っている状態作りができているかを考えていきましょう。

フレームが原因?眼鏡をして慣れない原因

フレームの形が変わったことで圧力の加わる部分が変化して、それに慣れないという場合もあります。

フレームの形が変わると鼻手の角度や、耳に当たるつるの長さなども変化します。
それが前のメガネと違うことでなんだか変だな、痛いなと感じるようになってしまっている場合、これもフィッティングをし直すことで解消される可能性もあります。

ですがこれはメガネの形状上仕方のないことともいえますし、フィッティングだけでカバーしきれることではありません。

慣れるまでの期間は疲れたと感じたらメガネを外し、顔の筋肉をあたためてほぐすなど、以前のメガネではしなかったようなケアをすることも必要になるかもしれません。

こうしたケアはメガネのためだけでなくリフレッシュなどにも繋がるため、できるだけ続けるようにしてもいいかもしれませんね。

慣れるまでと言わず、目の筋肉をほぐす意味も含めて、あたためてほぐすケアをしてみてはいかがでしょうか?

初めて眼鏡をするとなぜクラクラするの?慣れない理由

はじめてメガネをかけるとクラクラする、という意見、お聞きになったことがあると思います。

メガネのかけ始めにくらくらするのは空間視、というものに違和感が起きているからです。

その空間視の違和感というものはレンズと目の間の距離によって生まれています。
原因は裸眼でものを見るときには生まれない屈折などが起こり、モノの見え方が裸眼のときとは違うからです。

裸眼のときには自然に見えているものを、メガネを掛けた状態で見ると裸眼で見ていた状態よりも大きさや形が違うように見えるのでそれが違和感に繋がります。

この違和感は近視や遠視、乱視など目の状態によって変化するもので、それぞれの特徴があります。

慣れるまでの違和感はこうした原因と状態で起こっているものです。

初めての眼鏡に慣れるまでの過ごし方

はじめてのメガネに慣れるまでは、裸眼のときと同じような過ごし方ではなくできるだけ慎重に行動し、段差のある場所などに気をつけながら生活していくことをおすすめします。

階段などは手すりを使い、安全に登り下りが出来る状態を作りましょう。

目で見る以外の部分で安全に暮らせる環境を作ることで、慣れないメガネを掛けている期間を過ごします。

慣れないメガネで走ったり、激しい運動などをすると見え方の変化に目がついてくることができず思わぬアクシデントにつながる恐れがあります。

できるだけ安全確認をいつもよりも多く行うように心がけ、ゆっくりとメガネをかける生活に慣れていきましょう。

どうしても眼鏡に慣れないときには

いつまで経ってもメガネを掛けた生活に慣れられないときには、メガネ酔いを疑いましょう。

メガネ酔いとはレンズの度が強すぎることが原因で起こるものです。
平均的に4~5日で慣れられるメガネですが、それがなかなか自分の生活に身につかないとなるとそれは眼精疲労として体に蓄積されていきます。

メガネをかけると気持ち悪くなる、一週間が経ったけど違和感が消えない、という場合には購入店に持ち込んでレンズの度を下げてもらいましょう。

度を下げてもらうと見え方も変化するので、症状が改善される可能性が高いです。

保証期間内に持ち込めば無料で交換を行ってくれるお店も多いため、メガネを購入したときには一緒にもらう保証書なども確認しておきましょう。

保証期間は半年から1年間ほど、お店によってその期間内でも何が出来るかということが違います。
うまく活用していきましょう。

メガネに慣れるまでには期間を要するものです。
あまりにも症状がひどい場合は別ですが、最初にある多少の不便もこれからの見るをメガネにサポートしてもらう上で大切なことです。

出来る限り安全に暮らして、メガネにゆっくりと慣れていきましょう。