オーバルメガネの似合う顔とは?オーバルの特徴を紹介

オーバルのメガネが似合うのはどんな人なのでしょうか?メガネは顔のコンプレックスを薄くしてくれるアイテムでもあります。オーバルのメガネが似合う顔にはどのような特徴があるのでしょうか?

オーバルメガネはビジネス、プライベートとどちらも使いやすいものですがよりよく見せるにはこんなポイントがあります。

その特徴をいかしてぜひあなたのコーデにいかしてください。オーバルメガネの選び方や合わせ方などコーデ方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのズレ防止は鼻がポイント応急処置と対処方法を紹介します

鼻まで下がってしまうメガネのズレ防止にはどのような方法があるのでしょうか?汗をかく夏や一生懸命仕事を...

眼鏡と老眼鏡の違いは何?老眼鏡を初めて買う場合

眼鏡と老眼鏡にはどのような違いがあるのでしょうか?手元が見えにくい、今かけている眼鏡を外すと見え...

メガネひとつでこんなに印象が変わる!しっかり者に見えるメガネ

メガネの印象は強いものですが、それを逆に使ってしっかり者に見せることもできます。メガネの地味や暗いと...

サングラスの選び方のポイントとは?色やイメージで選ぼう

サングラスはどんなものが日本人に似合うのでしょうか?日本人にも似合うサングラスの選び方のポイントとは...

カラーレンズメガネは夜にかけてもいい?夜も使えるメガネ

夜に運転をすると、対向車のライトが眩しく感じるときがありますよね。そんなときはカラーレンズメガネが必...

伊達メガネやレンズなしはダサい?ダサいメガネの特徴

伊達メガネでレンズなしがダサいと言われてしまう理由、メガネでダサいと思われてしまう理由とは?...

メガネのネジのゆるみを解消するには?購入店へ相談するのが一番

メガネのネジがゆるみ不安定な状態を改善するには、ネジを締め直す必要があります。自分でネジを締め直...

メガネの曇り止めに使える裏ワザ!マスクをしても曇らない方法

メガネをかけている人は、寒いところから温かいところに入った時やマスクをしている時に、メガネが曇ること...

メガネのサイズが書いてある場所とサイズ表記の見方を解説

メガネのサイズが合わないと、つけ心地が悪くなって日常生活を過ごしにくくなります。これからメガネを購入...

メガネが重いのは頭痛の原因?軽くする方法を紹介

メガネが重いとすぐにズレてしまったり、頭痛の原因のような気がしてしまいますよね。メガネが重いと感じる...

メガネを常用しなくてはいけない視力メガネをかけるタイミング

メガネを常用するようになる視力はどのくらいなのでしょうか?ゆるやかに視力が低下していると、メガネ...

サングラスとメガネは違いがあるようで違いがない

サングラスとメガネにはどのような違いがあるのでしょうか?レンズの黒いものがサングラスで透明なものがメ...

メガネの横幅が大きいものはあるの?メガネの合わせ方

メガネの横幅があるものが欲しい!顔の大きい人におすすめなメガネとは?どのようなメガネを選んだらい...

メガネコーデのポイント夏はシンプルだけどきちんと感を

夏のメガネコーデは、どうしたら地味にならないのでしょうか?同じコーデなのになぜかだらしなく見えてしま...

メガネ【女性40代】の選び方とは?似合うメガネを見つけるコツ

40代女性はどのようにして、メガネを選んだらいいのでしょうか?若作りしすぎるのも、老いて見えるのも嫌...

スポンサーリンク

オーバルはどんなフレーム?日本人に似合うオーバルメガネ

メガネのフレームの種類の中で「オーバル」というのを聞いたことがありますでしょうか?
オーバルとは、英語で卵型や楕円形を表す言葉です。
つまり、レンズの形が楕円形をしているものをオーバルと呼ぶのです。

オーバルは、かけている人も多く、人気のフレームの一つです。
レンズが縦に狭く、横に広い特徴があり、かけると、真面目で知的に見えます。
それに、アジア人の顔立ちによく合いますので、日本人に似合うメガネでもあります。

知的に見えるオーバルではありますが、「スクエア」のようにフレームが角ばっておらず、「フォックス」のようにレンズがつっているように見えませんので、それらのフレームよりも優しい印象があるのも特徴です。

とくにオーバルメガネが似合う顔のタイプ

オーバルは、比較的誰にでも似合うフレームの形ではありますが、その中でも特にオーバルメガネが似合う顔のタイプについてご紹介します。
それは、四角顔と三角顔です。

顎のしっかりとした四角顔の人は、フレームの縦幅が狭くて丸みのあるオーバルをかけると、輪郭のカバーをするだけではなく、優しげな印象にしてくれます。
逆に顎がほっそりとした三角顔には向いていないと思われがちですが、そんなことはありません。
シャープなフェイスラインを際立たせてくれて、キツく見えがちな三角顔の印象を柔らかくしてくれます。

丸顔の人の顔にも馴染みやすいですが、フレームの丸さからフェイスラインの丸さも強調されてしまう可能性があります。
また、面長の人も顔の長さが強調されてしまう可能性があるため、丸顔と面長の人は、オーバルが合わなかった時は、直線も含んだ「バレル」をおすすめします。

オーバルメガネが似合う顔なのはエラが気になる、頭が大きい人

輪郭の特徴以外にも、オーバルメガネが似合う顔は、「エラが気になる人」、「頭が大きい人」です。

エラがあったり、頭が大きいことが、一度気になりだすと、隠したりごまかしたりしたくなってしまいますよね。
それも個性のひとつですので、特別気にすることはありませんが、メガネ一つで気にならなくさせる事が出来るのであれば、是非取り入れてみましょう。

メガネのフレームには丸みがあったり、角があるものなどがありますが、自分の輪郭と同じタイプの形のものをかけると、それが強調されてしまいます。
逆に自分の輪郭と違うタイプのメガネをかけると、それが相殺されるのはなんだか面白いですよね。

頭が大きいタイプの人は、レンズを大きいものにすれば、対比で頭が小さく見えるような気がしますよね。
しかし、実際にかけてみると、レンズの大きいタイプより小さいタイプの方がスッキリして見えるのです。
ちょっと不思議です。
だからといって、さらに小さいレンズのメガネをかけると、今度は逆に頭が大きくなってしまいますので、ご注意ください。

これらのことは、人間の目の錯覚を利用するということなのです。
ですので、「自分の顔のここが嫌だな」と思った場合は、目の錯覚を利用してメガネでカバーしましょう。

オーバルメガネはスーツにも合わせやすい

オーバルメガネはスーツにも合わせやすい、フォーマルにも対応出来るメガネです。

ですので、プライベートの時も、ジャケットと合わせたきれいめカジュアルにピッタリです。
ただし、ストリートファッションや、ロック系などのハード目のコーディネートの時はオーバルの持つ優しさや真面目な印象から合わない可能性が高いです。
そういったファッションと合いやすいのは、「ラウンド」や「ボストン」、「スクエア」や「サーモント」がおすすめです。

メガネは高価なものが多く、たくさんのメガネを持っている人はあまりいませんが、仕事の時の服装とプライベートの時の服装に差がある人は、ファッションの使い分けと同じように、メガネも使い分けましょう。
万が一メガネを壊してしまった時にも備えになります。
予算があまりないという人も、素材にこだわらなければ、安価なメガネもあります。

オーバルメガネが似合う顔かどうかは顔だけで判断しないのがポイント

オーバルメガネが似合う顔かどうかは顔だけで判断しないのがポイントです。

これはどういうことかと言いますと、「全身のバランスも見る」と言うことです。
オーバルを試着してみた時に、自分の顔に合うから即購入というのは早計です。
メガネ店には全身を映すことの出来る姿見も設置されていますので、全身も映して、等身バランスや、自分の普段着る服との相性は良いかなども見るようにしましょう。

そこで「ちょっと違うな」と思った場合に、セルフレームとメタルフレームでの比較をしたり、フレームの色を変えてみましょう。
どうしても違和感を感じる場合は、違うタイプのフレームも試してみましょう。

そういったポイントを考えて選べば、自分に合ったオーバルのメガネや、それ以外のフレームを見つけられます。