メガネでレディース【40代】に似合うものとは?メガネの選び方

40代女性に似合うメガネとはどんなメガネなのでしょうか?
似合うメガネの探し方は顔の形や普段の服装、どんな印象にしたいかなどいくつかのポイントがありますが、老けて見えない、かといって若作りにも見せないレディースのメガネがあるならそれを選びたいですよね。

若く見せるというのは難しいかもしれませんが、メガネをかけることによりクマやシミを隠せたり、顔色を明るくすることはできます。

40代女性がメガネを選ぶ時のコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスをかけるとき日本人は眉毛をだすからダサくなる

サングラスは日本人に似合わないと思ってはいませんか?実はサングラスの似合わない原因のひとつに眉毛が出...

サングラスとメガネは違いがあるようで違いがない

サングラスとメガネにはどのような違いがあるのでしょうか?レンズの黒いものがサングラスで透明なものがメ...

メガネのレンズが外れた時の応急処置とNGなこと・修理方法

愛用しているメガネのレンズが外れてしまったら困りますよね。特にお気に入りのメガネの場合、修理をし...

サングラスのレンズカラーの選び方あなたにオススメなものとは

サングラスのレンズカラーの選び方でポイントとなるのはどのようなことなのでしょうか?サングラス...

サングラスの形は自分に似合うものを選ぶことがポイントです

初めてサングラスを買う女性は、少しでも自分に似合う形のフレームや色のものを選びたいもの。しか...

老眼鏡は必要?近視でメガネをかけている人の老眼鏡の選び方

近視でメガネをかけている人は老眼にならないというのはホントでしょうか?なぜ、このように言われているの...

セルロイドメガネの寿命はどのくらい?長持ちさせる方法

セルロイドのメガネフレームが白くなってきたときが寿命のしるし?大人になって視力が落ち着いてくると、メ...

メガネの黒縁で大きめをかけるのは止めましょう!メガネの選び方

メガネの黒縁は大きめをかけとけば小顔に見える、可愛く見えると思ってはいませんか?確かに、黒縁...

眼鏡の調整が必要なときとは?鼻パッド部分の調整について

眼鏡の鼻パッド部分がなんだか合っていないような、この部分だけ調整にお店に行くのもなぁ、自分で直すこと...

眼鏡のレンズが外れたときにはどうしたらいい?対処方法とは

眼鏡のレンズが外れたときには、すぐ直したいために自分で無理にはめてしまいたくなってしまいますが、それ...

メガネは使い分けたほうがいい?度数によっての違いとは

メガネは度数で使い分けをしたほうがいいのでしょうか?メガネをすると視力が下がる、メガネをかけないと負...

サングラスのレンズの種類は?それぞれの長所と短所を解説

アウトドアが好きな人は、天気の良い日になると思い切りアウトドアを楽しみたいと思いますよね。太陽の光を...

メガネのズレ防止。子供におすすめなズレにくいアイテムをご紹介

うちの子供のメガネ、またずれている…。よく動く子供はメガネがずれていても気にしないかもしれません...

メガネの耳あては交換が可能!交換のタイミングと気になる費用

メガネの耳あて部分が気になることありませんか?かけた感じが今までと違った感じがする。何だか違和感を感...

メガネで可愛い女子を目指して好印象を与える方法とは

メガネで可愛い女子になるにはどうしたらいいのでしょうか。メガネをかけなければならないなら、やっぱり好...

スポンサーリンク

40代レディースが選びたいのはこんなメガネ

40代になって初めてメガネをかけるというあなた。
あなたはメガネをかけた人にどんなイメージがありますか。

メガネをかけた男性に対しては、品があって格好いい、できる男というイメージなどを持っている人も少なくないと思います。しかし、いざ女性の自分がメガネをかけるとなると、良いイメージも湧かず、それでなくとも40代になって初めてメガネをかけるなれば、目の老化ではないかと、周りの人に老けてみられること心配している女性もいるでしょう。
今やメガネはオシャレの一部とも言われ、ファッションのポイントとしても取り入れられている時代です。それは女性であっても同じです。知的で清楚な印象を与えることもできるのがメガネなのです。レディースメガネは、男性とは違う女性らしい魅力を引き立てるフレームも沢山存在します。

40代になってメガネをかけると、良いことも沢山あります。顔の中心にメガネという存在を作ることで、シワやシミなどをカバーしてくれる効果が期待できるのです。
ですから、40代レディースであれば、是非、綺麗に見える肌映りのよいフレームを選びましょう。

  • 肌の色がピンク
    肌の色がピンク系であれば、肌の色が明るく透明感があるので、柔らかい色が似合います。またブルーやシルバーなどの色とも相性が良いでしょう。綺麗な肌色をより綺麗に見せてくれます。
  • 肌の色がオークル
    日本人であれば肌の色がオークル人がであることが、多いのではないでしょうか。
    オークルほ肌の人は淡い色のフレームが似合います。淡いゴールドやピンク、アイボリーなどのフレームが良いでしょう。
  • 色黒
    色黒であれば、黒や紺、緑や黄色などのはっきりとした色が似合います。ゴールドなども良いでしょう。肌色を気にするのであれば、肌より少し明るい色を選ぶことがお勧めです。
  • 色白・赤ら顔
    肌のくすみや血色の悪さが気になる人、色白の人は、暖色系のフレームを選ぶと良いでしょう。寒さのせいで顔がすぐに赤くなってしまうという人は、寒色系のフレームを選びましょう。

メガネ店で様々ないろのメガネを試着してみましょう。鏡を見て、一番肌映りの良い色を選ぶのがベストです。メガネに存在感があるたけで、化粧をしなくても肌映りが良くなります。メガネが上手にスッピンをカバーしてくれるのです。

40代より上に見られてしまうメガネとは?選ぶときのポイント

老眼は40代から始まると言われています。近くの文字が見えづらくなったり、遠くから近く、近くから遠くへの距離の違うものにピントがなかなか合わなかったり、新聞を話して読まないと見えづらくなったり、そんなときはありませんか。それは老眼の始まりかもしれません。

老眼になってはじめてメガネを作るという人もいるでしょう。しかし、メガネをかけることで、40代より上に見られてしまうなんて気にする場合は、下記のポイントを参考にメガネを選んで見ましょう。

下がったメガネをかけない

下がったメガネをかけていると、それだけでも一昔前のお婆さんの様になってしまいます。瞳がフレームの上部に近づいている状態であれば、メガネが下がっているということです。またメガネの幅はあなたに合っていますか。横の幅はどうでしょうか。

顔のサイズに合わせる

縦の幅は、メガネのアゴから眉毛までの長さの1/3程度が良いと言われています。また、フレームの幅が顔の横幅と同程度がベストなバランスです。これよりフレームが広い場合は、レンズの真ん中に目が来ないため、寄り目に見られてしまいます。大きい方が小顔に見えるのではと、大きなフレームを選んでしまうと顔の大きさに合っていないため、掛け心地も悪く、メガネが下がって来たり、適正に視力が矯正されない場合も考えられます。
正しい位置でかける、顔に正しいサイズのフレームを選ぶという事が老けて見られないポイントになります。

目の下のたるみを目立たせない

知的なイメージがある細めのフレームについては、目の下がたるんでいる場合、それが目立って見えることもあります。そんなときは、ちょっと太めの楕円形型のオーバルタイプのメガネを選んでみましょう。色は明るい色がお勧めです。オーバル型のフレームは優しい印象を与えるだけでなく、目の下のクマやたるみを上手にカバーしてくれる効果が期待できます。明るい色であれば、顔のシミを目立たなくしてくれるでしょう。

若くみせるよりもキレイめを重視!40代レディースのメガネの選び方

40代レディースであれば、若く見せるというよりもキレイに見せるということを重視してメガネを選びましょう。

40代の女子に人気があるのは、丸メガネと言われるラウンド型や逆三角形に近いボストン型、台形を逆さまにしたようなウェリントン型も人気です。少しクラシカルな感じのデザインであれば、キレイめに決まるだけでなく、知的でエレガントな印象になること請け合いです。

  • ラウンド型
    ラウンド型は、若い女性に人気の形です。そのため、40代レディースは似合わないのではないかと懸念する人もいるかも知れませんが、細いメタルフレームであれば、40代レディースであったとしても、違和感なく顔に馴染んでくれるでしょう。今以上に知的な印象になることは間違いありません。
  • ボストン型
    ラウンド型に近いのですが、ボストン型もお勧めです。ちょっと重たい印象になってしまうと気にするのであれば、レンズ周りのフレームがセルでつるの部分がメタルになっているコンビフレームはいかがでしょうか。掛け心地も良く、オシャレで上品な印象が、顔のポイントになってくれるでしょう。
    フレームがすこし大きめであれば、小顔効果もあり、すっぴんで合ったとしても上手にカバーしてくれます。

メガネを選ぶときは普段のレディースコーデから決めるのもアリ

普段、あなたはどんなファッションをしていますか。普段のレディースコーデからメガネを選ぶと、全体的にしっくりと纏まり、メガネをかけた時にオシャレに決まります。

  • トラッド
    正統派のトラッドファッションが好みであれば、メガネはボルドー色や濃いブラウンなどのウェリントン型がお勧めです。洋服自体も茶系が多いはずです。メガネもボルドーやブラウンであれば違和感なく溶け込んでくれます。靴や靴下、インナーやベルトなど、一部に黒を持ってくることで引き締まった印象になります。またエレガントな雰囲気も醸し出すことが可能です。
  • カジュアル
    普段はジーンズという、カジュアルが定番の40代レディースであれば、細フレームのオーバル型も良いでしょう。色は顔馴染みの良いピンクなどのメタルフレームがオススメです。ジーンズにジャケットをあわせたようなスタイルも、細フレームのオーバル型のメガネが優しい雰囲気にしてくれます。どんなスタイルとも相性の良いのがこのオーバル型のメガネです。
  • ビッグシルエット
    今流行りのカジュアルなビッグシルエットには、黒のウェリントン型がお勧めです。ビックシルエットと言うだけあって、洋服しめる面積が広くなるため、つい洋服に目を奪われがちですが、その存在感に負けないためにも、顔を印象付ける黒のウェリントンフレームはお勧めです。メガネが目立つので、イメージチェンジにも使用できます。
  • エレガント
    普段エレガントな服装が多いのであれば、フォックスタイプのメガネはどうでしょうか。両サイドが吊上ったこのデザインは、性格がきつく見えたり、教育ママという印象がある人もいるかもしれませんが、ヨーロッパではセクシーでエレガントに見えるということで非常に人気にあるデザインです。人よりも個性を出したい人や、ファッションに関心の高い女性に人気の形です。

40代で初めてメガネを作るなら

40代に入って、視力が落ちてきた、初めてメガネの必要性を感じてきたという人も少なくないと思います。まずはメガネを作ろうと、はじめからメガネ店に足を運ぶ40代レディースもいるかも知れませんが、いきなりメガネ屋さんへ行くよりも、まずは眼科へ行って検査してもらうのが賢明です。

メガネ屋さんでも視力検査は可能です。しかし、40代という年齢からも、目に何らかのトラブルがあることも考えられます。一度、しっかりと眼科で検査してもらいましょう。近視か乱視か、はたまた老眼なのかということもわかるはずです。

今は老眼でなくとも、40代は老眼が始まる年齢でもあります。コンタクトという選択肢はありません。なぜなら、コンタクトを作って遠くが見えるようになったとしても、老眼になったときにはコンタクトでは近くのものは見えないのです。

高年齢になれば、ドライアイになりやすく、コンタクトにした場合、目が乾いてしまうと、それだけで辛くなってしまいます。できれば、メガネを作って対応するべきです。

今まであなたはメガネなしで過ごしていたのであれば、40代になってはじめてメガネをかけると、確かに老眼だと思われてしまうこともあるかもしれません。しかも、40代ではじめて顔にメガネが加わるのですから、違和感を感じることもあるでしょう。

しかし、要は考え方です。イメージチェンジの良い機会なのです。思い切って色々なファッションやヘアスタイルに挑戦して、メガネデビューを楽しんでみてはどうでしょうか。気づいた時に、視力が落ちていたり、老眼になっていたなんて人はあなただけではありません。お気に入りの一本を見つけて、快適なメガネライフを送りましょう。