メガネの正しい選び方【男性編】失敗しないメガネ選びのポイント

メガネのフレーム選びは難しいですよね。
今までとはちょっと違うデザインのメガネを掛けたいと思っても、結局は今までとあまり変わらないメガネを選んでしまったり、小学生の頃からほとんど変わらないデザインを選んでいるという方も少なくないのではないでしょうか。

メガネのフレームに悩む時には、まず自分の輪郭に似合うフレームを探すというのがおすすめです。
男性向け、失敗の少ないメガネの選び方のポイントをご紹介します。

メガネ一つで顔の印象は大きく変わります。今の自分に似合うメガネを選ぶのも大切ですが、メガネはなりたい自分に近づけてくれるツールにもなります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの鼻パットの跡が残る原因と跡を付きにくくする方法

メガネを愛用している方の中には、鼻パットの跡がくっきりと残ってしまうという方もいると思います。この鼻...

眼鏡の鼻あてはシリコンがいい?シリコンの特徴と変え時

眼鏡の鼻あてのシリコン部分がなんだか汚れてきたような…。このシリコンの鼻あて部分はどのくらいの期間で...

メガネのボストン型に似合う髪型はコレ!バランスがポイント

メガネのボストン型にはどんな髪型が似合うのでしょうか?ボストン型が似合う、面長さん、三角顔さん、四角...

メガネの選び方。女性がメガネを決めるときはココがポイント

女性がメガネを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?印象が大きく変わってしまうメ...

メガネのボストン型とは?似合うメンズの顔のタイプ

メガネのボストンが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?ウエリントンとボストンで迷っているのなら、顔...

メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?...

メガネの似合う色の選び方ポイントとは?髪や肌の色

メガネを初めて買うときには似合う色が何色なのか気になりますよね。選び方を間違えてしまうと、顔色が悪く...

運転用メガネの度数はきつめが正解?正しい眼鏡の作り方

運転するときのメガネは度数をつよくしたほうがいいのでしょうか?もし、パソコン用に少し弱めの眼...

メガネの形の選び方。輪郭に合わせた自分に似合うメガネの探し方

メガネを選ぶ時には、自分にはどんなフレームの形が似合うのかよくわからないという方は多いと思います。自...

メガネを外すしぐさを男性が見せたら好かれているサインかも

急に男性がメガネを外すのは、あなたに好意があるためかもしれません。しかし、メガネを外したらすべて好き...

【メガネの選び方】顔の輪郭別、本当に似合うフレーム探しのコツ

新しいメガネを購入する時に、どうしても前のタイプに近い形のフレームを選んでしまうという方も少なくない...

メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲...

メガネのスポーツ用を子供に買うときのポイントや選び方

子供にスポーツ用メガネを買うときには、どのようなことが選ぶポイントとなるのでしょうか?スポー...

運転免許取得に必要な視力とメガネ等と明記された場合の注意点

運転免許を取得するには、視力検査をパスしなければなりません。不合格になってしまった場合はメガネ着用が...

サングラスに求める効果とは。大切なのはレンズの色ではない

 サングラスに求める効果はなんでしょうか? 変装したいという方や、メイクをしていないからなど...

スポンサーリンク

メガネのフレームにはどんな種類があるのか

メガネのフレームには様々な種類があります。ファッションにもトレンドがあるように、メガネにもトレンドがあります。特にメガネとファッションには密接な関係があります。
しかし、どんなに流行のメガネをかけたからと言って、あなたがオシャレになれるとは限りません。勿論トレンドを押さえることは大切ですが、格好いいメガネ男性になるには、自分に似合うメガネを選ぶ事が必要になります。メガネの選び方を考える前に、まずはメガネの種類を見ていきましょう。

代表的なメガネのフレームをご紹介します。

  • ラウンド型
    丸メガネといえば、このラウンド型のことを指します。顔の個性を引き立たせ、かけることで強い印象を与えてくれます。若々しく、かわいいイメージでありながら、知的な印象を与えることができるのがこのラウンド型のメガネです。
  • オーバル型
    レンズの形が楕円形のたまごの様な形になるフレームです。上下の幅は浅い物が殆どですが、深めのものも存在します。バリメーションも豊富で、男女問わず好まれています。柔らかく優しい印象になるため、誰にでも似合います。男性であれば、ハードな印象を和らげてくれる効果が期待できるでしょう。
  • スクエア型
    レンズの形が四角形の横長の角型や長方形のフレームです。直線的であるため、シャープで知的な印象を与えます。トラディショナルな男性によく好まれています。顔の印象を引き締める効果があるため、丸顔の人におすすめです。
  • ボストン型
    逆三角形寄りの楕円形のフレームが、知的な印象を与えてくれます。古くからある定番の形の為、レトロでトラディショナルな印象がありますが、男性には人気のある形の一つです。若々しく活動的で顔の長さを短く見せてくれるのが特徴でしょう。
  • ウェリントン型
    逆台形で、ほぼ正方形に近い定番デザインです。シンプルで落ち着いた印象があり、知的で大人な男性に良く似合います。

男性向け似合うメガネの選び方は輪郭に合わせて

こんなメガネがほしい、こういうメガネをかけたいと思ってメガネ店へ出向いても、実際かけてみると思ったほどしっくり来ないことがあります。それはいくらそのメガネが流行であったとしても、あなたの顔の輪郭にあっていないからです。

選び方としては、そのメガネが自分の顔の輪郭にあっているかどうかはとても重要です。メガネがかっこよく決まっている男性は、メガネがオシャレなのではなく、自分に似合うメガネをかけているかどうかで、キマると言っても過言ではありません。

特に、メガネは顔の輪郭によって、相性が変わってきます。フレームと顔の輪郭のバランスが悪ければ、相性も悪く似合わないメガネということになってしまいます。

  • 丸顔
    丸顔の人は、幼く見られがちです。直線的なフレームをえらぶと良いでしょう。丸顔の印象を強めるような曲線的なふっくらとしたフレームでは、ますます丸顔の印象を強めて逆効果になってしまいます。細目のタイプがおすすめです。
  • 四角顔
    角の無いボストン型やオーバル型のフレームが似合います。顔が四角なので、丸みのあるメガネが似合うでしょう。四角顔の人には大きな顔に悩んでいるという人も多い為、上下の幅が広いメガネで、顔を小さくみせると良いでしょう。
  • 逆三角顔
    アゴが尖っていてシャープな印象がありますが、逆にキツそうと思われることもあるでしょう。細めのボストン型やオーバル型などで、丸さをプラスしてあげルト柔らかい印象になります。逆にスクエアやウェリントンなどの四角いフレームで、角を強調してしまうのは良くありません。
  • 面長
    上下の幅の広いメガネを選ぶと、顔の長さをカバーして見せることができます。特にウェリントン型などの角のあるフレームは、引き締まった印象を与えてくれるでしょう。

眉毛と瞳のバランスを意識したメガネの選び方

もっとかっこよく、爽やかにメガネを掛けたいと思っている男性のメガネの選び方としては、眉毛と瞳のバランスを意識することも重要です。より似合うメガネを選び出すことができるでしょう。

あなたの眉毛の形はどんな形ですか。メガネのフレームのトップリムの形は、眉毛のラインと平行になることが理想的です。これが一番綺麗に見えるバランスです。

トップリムと眉毛の位置が重なって、眉毛が少し見えるくらいであれば、自分自身の印象にあまり変化を与えることが無いので、自然にメガネが似合います。

尻上がりの眉毛であれば、それにメガネのトップリムを合わせてしまうと、キツイ印象になってしまいます。尻上がりの眉毛の場合は、眉頭がトップリムに重なるようなメガネを選びましょう。眉頭と眉尻の高さが違う様な場合は、どちらか低い方をトップリムに合わせるとよいでしょう。

またメガネのトップリムと眉毛の間が離れてしまい広さがある場合は、間の抜けた感じになってしまいます。年齢より老けて見られることもあるでしょう。ですから、眉毛とフレームの間はあまり離れず、重なって上からみえる程度か、沿った感じになるようなメガネを選ぶと、知的にみえます。

メガネの選び方はTPOに合わせて変える男性も多い

仕事では知的でできる男を演出したい、プライベートでは、オシャレで粋な男性になりたいと、イメージを変化させたいと思っている人もいるでしょう。

実際、ビジネスではスーツに似合うメガネだったとしても、プライベートのカジュアルな服装には、仕事で使っているメガネはいまいちしっくり来ないなどと感じている男性もいると思います。逆のことも言えます。ちょっとオシャレで派手なメガネは、仕事には向かない場合もあります。

メガネを掛けている男性は非常に魅了的です。知的で大人な印象があり、女性からもモテます。しかし、そのようなモテる男性は、メガネがとても似合っているのです。

いくら顔の輪郭に合わせたところで、きているファッションにそのメガネが合わなければ、本当のオシャレな男性とは言えないでしょう。

オシャレな男性の中には、幾つかメガネを持って、ファッションやTPOに合わせて使い分けている場合があります。

仕事で使用するようなメガネであれば、フレーム色味やデザインは、控えめな物がおすすめです。形はオーバル型やスクエア型などの、シンプルで横長なタイプの方がスッキリとして知的に見えます。フレーム自体も細身の方がおすすめです。

プライベートであれば、自分の好みで選んでも構いません。自分のいつものファッションには、どんなメガネが似合うのかを考えると選びやすくなるでしょう。
ちょっと太めのフレームであれば、より個性をアピールすることができるでしょう。

できる男性を目指して!自分がどうなりたいのかイメージを

あなたはどんな男性になりたいですか。仕事のできる男性になりたいのであれば、それにふさわしいメガネを選びましょう。

メガネは顔の一部であると言われている様に、かけるメガネによってその人の印象を変えることができます。知的になりたいのであれば、知的に見えるメガネ、オシャレに見せたいのであれば、それに合うメガネを選ぶべきです。最終的には、自分がどうなりたいのかをイメージしてメガネを選ぶと良いでしょう。

雑誌に出ている人や、好きな俳優が掛けているメガネをかけてみたいと思うのであれば、積極的にメガネ店で似たようなかけて見ましょう。そのイメージに自分が近づけなくても、万が一似合わなくても、それに近い形で自分に似合うメガネを見つければよいだけのことです。

街へ出て、自分と似たようなファッションや好みのファッションの人がどんなメガネをかけているのか、できる上司や憧れの上司がかけているメガネはどんなメガネなのかを観察してみるというのも良いでしょう。どんな自分になりたいのか、どんなメガネならかっこよく慣れるのかを見つけることが大切なのです。

メガネ店でメガネを選んだら、全身が映る鏡で見てみましょう。
顔にそのメガネが似合っていても、全体を見てみるとメガネの印象が違うように見えることもあります。人によって背丈やファッションは違います。トータルバランスでメガネを選ぶべきです

メガネ店では、店員さんに自分がどんなイメージになりたいのか伝えて、相談してみるのもよいでしょう。恥ずかしがってはいけません。もし、そのお店で自分の理想のメガネが見つからない場合は、買わなくてもよいのです。積極的にたくさんのメガネをかけてみることです。似合ったとしても掛け心地が良くない場合もあるでしょう。かけてみないと分からないことは沢山あります。

メガネを選ぶのには、顔の形やパーツに合ったメガネを選ぶことは勿論ですが、どんな自分になりたいのかを想像しつつ、自分のファッションやTPOを考慮して、本当に好きな形を選ぶというのが、最終的には一番大切になります。

自分のメガネを選んだのであれば、あとは似合うと信じることです。メガネをかけた自分が素敵だと信じていれば、それは表情に出ます。明るい表情は明るい未来を引き寄せます。毎日かけたくなるワクワクするようなメガネを選びましょう。