メガネは黒縁?それともべっ甲?迷った時は似合うほうに決めよう

もう何年も黒縁メガネをかけているけれど、べっ甲メガネは自分に似合うのだろうか・・と迷ったときには、まずべっ甲メガネをかけてみましょう!

あなたに似合っているかどうかを、他の人はチェックなどしません。だからこそ、あなたに似合うのか似合わないのかを知る必要があります。

黒縁メガネのほうが似合うのか、べっ甲メガネも似合うのか似合う人の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのレンズはキズがつくもの?キズを予防する方法とは

メガネのレンズにキズがついてしまう理由には意外にもこんなことが含まれています。乱暴に扱っているわけで...

伊達メガネのレンズ交換はできる?持ち込む時のポイント

伊達メガネのレンズを他のお店で交換してもらうことはできるのでしょうか?お気に入りの伊達メガネ...

眼鏡を初めてつけて慣れない。慣れるまでの期間や対処方法

初めて眼鏡をつくったけれど、なんだか疲れる、クラクラするというような人は多いと思います。初め...

メガネを超音波で洗浄!超音波洗浄機の使い方と使えないメガネ

メガネの細部まで綺麗に洗浄したいときは、超音波で洗浄をする方法があります。メガネ屋さんに置いてある、...

メガネのテンプルの長さとは?短いもの見つける方法

メガネを選ぶときにはどんなことを基準にしていますか?似合う、似合わないで選ぶことはもちろん掛け心地も...

メガネのフィッティングを他店でしてもらう時の心構え

メガネのフィッティングを他店でしてもらうことはできるのでしょうか?出先などで、すぐにメガネを購入した...

メガネのボストン型の特徴とは?この顔のタイプが似合う人

メガネのボストン型にはどのような特徴があるのでしょうか?似合う人の特徴とは?メガネのフレーム...

眼鏡の度数は弱めたほうがいい?大切なのは目の個性を知ること

眼鏡の度数はきちんと視力検査をして合わせたはずなのに、なんだか目が疲れる、ずっとかけているのが辛いと...

メガネのレンズが外れた時の応急処置とNGなこと・修理方法

愛用しているメガネのレンズが外れてしまったら困りますよね。特にお気に入りのメガネの場合、修理をし...

メガネのレンズの正しい外し方と長持ちさせるコツについて

自分がかけているメガネのフレームとレンズの間の汚れが気になる場合、レンズを外してきれいに拭こうと考え...

メガネのズレ防止は鼻がポイント応急処置と対処方法を紹介します

鼻まで下がってしまうメガネのズレ防止にはどのような方法があるのでしょうか?汗をかく夏や一生懸命仕事を...

メガネのタイプ選び。丸顔におすすめのフレームタイプと選び方

メガネを購入するときは、似合うメガネを購入して印象良く見せたいと思いますよね。似合わないメガネを購入...

メガネに似合う髪型とは?男子にオススメなヘアスタイル

メガネ男子は髪型によって、かっこよく見えたりダサく見えたりしてしまいがちです。地味に見えがちなメガネ...

メガネ調整を自分でする!メガネを使いながら微調整する方法

メガネの調整を自分でしたい!店員さんに伝えても、伝えきれないこの不具合。ちょっとなん...

メガネで困るのは髪型?前髪の長さに困ったときの対処方法

メガネで気になることといえば髪型、前髪とのバランスではないでしょうか?伸びてきたら、横に流しておけば...

スポンサーリンク

メガネの黒縁が似合うのはこんなタイプ

セルフレームのメガネを買おうと思った時に、黒縁にしようかべっ甲のフレームにしようか迷う事がありますよね。
そんな時に参考にしていただきたいのが、メガネの黒縁が似合うのはこんなタイプなのです。

  • 色白の人
    基本的に黒縁は誰にでも似合いますが、特に色白の人は色のコントラストがよく映えます。
  • きちんとおしゃれが出来る人
    黒縁メガネは、ほとんどの服や髪型にも合いますが、服や髪に無頓着な人がかけると、野暮ったさが倍増してしまいます。
    そうならないように、服も髪もしっかりおしゃれしましょう。
  • 髪色が暗めの人
    髪を茶髪などに染めている人は珍しくありませんが、明るい髪色の場合は、メガネか髪のどちらかが浮いて見えてしまうこともあります。
    同じ茶髪でも、ダークブラウンなど、髪色が暗めの人に黒縁が似合います。

黒縁メガネよりもべっ甲が似合う人とは

黒縁メガネよりもべっ甲が似合う人とはどんなタイプなのでしょうか?

  • 肌色がオークルの人
    べっ甲のフレームはまだらの模様が入っており、単色では表現できない魅力を持っています。
    使われる色は茶系が多く、そのため日本人に多いオークルの肌色の人に似合います。
  • ナチュラルなおしゃれが出来る人
    べっ甲は黒縁よりも色が軽いので、重たい色味のファッションでも軽く見せることが出来るアクセントになりますが、派手な色味のファッションをした場合は、その派手さを拍車をかけてしまいます。
    出来れば落ち着いたファッションにしてバランスを取るようにしましょう。
  • 髪色が明るめの人
    べっ甲の茶系の色は、茶髪などの髪色が明るめの人と相性が良いです。
    ですので、肌の色が白くても、髪色を明るくすれば、べっ甲とのバランスが取れます。

黒縁メガネが主流だからこそべっ甲がおすすめ

黒縁メガネは、さまざまな服や髪に合わせやすいため、メガネのフレームの中でも主流の色だと言えます。
しかし、黒縁メガネが主流だからこそべっ甲がおすすめなのです。

ちなみに一般的に売られているべっ甲のフレームは、プラスチック製の「べっ甲風」のものです。
デミ柄と呼ばれることもあります。
本物のべっ甲はウミガメの甲羅から作られており、値段も高価で毎日磨くことが必要だったり、こまめなお手入れが必要になります。
お金持ちで本物志向の人なら構いませんが、普通の人はプラスチックのべっ甲フレームを購入すると良いでしょう。

そんなべっ甲の魅力は高級感だけではありません。
独特のまだら模様は、レトロさもありながら、どんな服装にも合う飽きの来ないカジュアルさも併せ持っています。
ですので、今でも本物の代わりにプラスチックでのべっ甲風のフレームや装飾品が作り続けられているのです。

できる人は仕事は黒縁、プライベートはべっ甲とメガネを使い分けている

黒縁メガネも、べっ甲のメガネも、さまざまな場面でかけても問題はありませんが、べっ甲の方がややカジュアル寄りなメガネと言えます。
できる人は仕事は黒縁、プライベートはべっ甲とメガネを使い分けているそうです。

べっ甲は色味が落ち着いたものでしたら、ビジネスの場でかけても良いですが、色味が明るいものは、プライベート向きと言えます。
そういった特徴を活かして、メガネで仕事のオンとオフを使い分けてみてはいかがでしょうか。
仕事の時は真面目に見える黒縁メガネでカッチリ決めて、プライベートでは、遊び心のあるべっ甲メガネで気取らないおしゃれを楽しみましょう。

メガネを二つ作っておくと、気持ちの切り替えが出来るだけではなく、万が一片方のメガネが壊れてしまうなどのアクシデントがあった時に、予備のメガネとして使うことが出来ます。
そういった点でも、二つ以上のメガネを作っておくのは安心なことでもあります。

黒縁もべっ甲メガネも顔のタイプに合わせて選びましょう

カッチリとしていながらも、オールマイティに使える黒縁メガネも良いですし、落ち着いていながらも遊び心のあるべっ甲メガネも魅力的ですよね。
そんな黒縁もべっ甲メガネを選ぶ時も、顔のタイプに合わせて選びましょう。

「どちらかのメガネを買おうと思ったけど、黒縁とべっ甲のどちらもしっくり来ないかも」なんて不安に思っている方はいませんか?
そんな心配は無用です。
なぜなら、どちらのメガネも似合わないなんて事は、決して起こらないからです。

というのも、黒縁メガネは黒一色ですが、べっ甲は、プラスチックのものならカラーバリエーションも豊富だからです。
また、試着をしてみた時に、「似合わないな」と感じるのは、色や模様のせいだけではなく、フレームの形にある可能性が高いです。
メガネのフレームの形が豊富なのは、人の輪郭の形や眉毛の形も豊富だからです。
ですので、合わないと感じたメガネは、あなたの輪郭や眉毛の形との相性が悪かったのだと推測されます。
ですので、四角いフレームのメガネをかけてしっくり来なければ、丸いメガネをかけてみたり、レンズの縦幅が広いメガネと、縦幅の狭いメガネをかけくらべてみるなど、さまざまな形のメガネを試着してみましょう。

そのようにすれば、黒縁メガネにしようか、べっ甲メガネにしようか迷っていた人も、自分にピッタリのメガネを見つけられる事が出来るはずです。