メガネでサングラスを上からかけるタイプの使いやすさとは

メガネの上からサングラスをかける「オーバーグラス」にはどのような特徴があるのでしょうか?

普段、メガネをかけていると眩しくてもサングラスをかけることはできません。そんな悩みを解決してくれるのがオーバーグラスです。

運転中やスポーツなどで役立つオーバーグラスの選び方を紹介します。選ぶ時にはサイズやカラー、重さなどもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マスクでもメガネが曇らない方法を紹介!すぐできる対処方法

マスクをしていると困ってしまうのがメガネの曇りですよね。インフルエンザの時期や花粉の時期、マスクを手...

メガネが重い!鼻が痛くなる時にできる対処法で痛みを軽減

メガネが重いことが原因で、鼻が痛くなるというお悩みを抱えている人もいますよね。メガネを長時間かけ...

メガネの黒ずみ跡が消えない時の対処法と黒ずみの原因・予防方法

メガネをかけている女性の中には、メガネの鼻あての跡が黒ずんでしまい、消えない事に頭を悩ませている人も...

メガネ【女性40代】の選び方とは?似合うメガネを見つけるコツ

40代女性はどのようにして、メガネを選んだらいいのでしょうか?若作りしすぎるのも、老いて見えるのも嫌...

サングラスの形の種類や特徴とは?似合う型を見つける方法

サングラスにはさまざまな形や種類があります。お店に行ってひとつひとつ合わせるのもいいですが、自分の顔...

眼鏡の大きいサイズをチェックするには?大きい眼鏡の見つけ方

眼鏡で大きいサイズはどれですか?と聞くのはなかなか勇気が必要ですよね。そんなときに役立つのが、自分で...

メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お...

メガネの印象でどう変わる?女性のメガネはココがポイント

女性のメガネ姿からはどのような印象を受けやすいのでしょうか?メガネをかけると、きつく見られてしま...

メガネでメイクをしたら濃くなりがち可愛いく見えるメイク方法

メガネを掛ける時にメイクをするとなぜか、頑張っている感が出すぎてはしまいませんか?コンタクト...

サングラスに求める効果とは。大切なのはレンズの色ではない

 サングラスに求める効果はなんでしょうか? 変装したいという方や、メイクをしていないからなど...

メガネの耳当ての部分が臭いのは加齢臭かも。臭いを落とす方法

メガネをかけた瞬間、どこからともなく漂ってくる臭い。もしたしたら加齢臭では。加齢臭は耳の後ろ...

メガネは黒縁?それともべっ甲?迷った時は似合うほうに決めよう

もう何年も黒縁メガネをかけているけれど、べっ甲メガネは自分に似合うのだろうか・・と迷ったときには、ま...

メガネの位置が正しいかチェック!自分でできるフィッティング

メガネがよく落ちてしまう、きつくてメガネをかけにくいなど、メガネに関してのお悩みをお持ちの方もいます...

メガネに似合う髪型とは?女子におすすめなのはこのヘアスタイル

メガネ女子に似合うのはどんな髪型なのでしょうか?ショート、ボブ、ロングと髪の長さ別におすすめなヘアス...

サングラスの種類と特徴。レンズの機能性と上手な選び方

今はファッションアイテムとしても定番になったサングラス。女性の方でも多くの方が愛用していますよね...

スポンサーリンク

サングラスを上からかけるメガネ「オーバーグラス」とは

サングラスを上からかけるメガネ「オーバーグラス」というものがあることをご存知でしょうか?
視力の悪い人は、普段メガネをかけていますが、太陽の光や、道路や水面からくる反射光が眩しく感じられた時はサングラスをかけたいと思っても、いちいちかけかえるのは面倒ですよね。
そんな時に、便利なのがオーバーグラスです。
オーバーグラスは、メガネの上からかけられるサングラスですので、ちょっと眩しいなと感じた時にさっと装着することが出来ます。
メガネはかけたままですので、外す必要もありませんし、それによって一時的に視界がぼやけることもありません。

メガネとサングラスを二重にかけますので、「重たいのでは?」と考える方もいるかと思いますが、オーバーグラスは思いのほか軽く、かけている時間が長時間ではない限りは、その重さを負担に感じることもありません。

また、メガネの上からかけられるフリーサイズですので、ひとつのものを家族間で共有することも出来ます。

メガネの上からかけるサングラスの料金

メガネの上からかけるサングラス、オーバーグラスの料金についてご紹介します。

オーバーグラスは、いわば度なしのサングラスと言えますので、度入りのメガネよりは比較的安価です。
平均的な値段は、2千円から2万円程の間の商品が多いです。
値段の差は、ブランドや品質、大量生産かどうかなどがかかわることで変わって来るようです。

とはいえ、「安い=品物が悪い」、「高い=品物が良い」という訳ではないようです。
実際に手に取ったり、商品の評価や評判などを見て買うようにすると、失敗も少ないです。
また、サングラスをかける時の主な目的は、「光の眩しさを軽減させる」だと思いますが、それ以外にも、「目を紫外線から守る」という事も重視して選ぶようにしましょう。
特にあまり良くない品物ですと、光の眩しさも抑えられない上に、紫外線が瞳に入って、目にダメージを与えてしまう恐れもあります。

きちんとレンズにUVカットの加工がされているのかを確認して購入するようにしましょう。

メガネの上からかけるのでサイズを確認することが大切

オーバーグラスは、サングラス用に作られたものだけではなく、「花粉対策用」、「レジャー・スポーツ用」、「メガネ型ルーペ」などがあります。
それらのものは、メガネの上からかけられるように、大きく作られているとはいえ、実際にかけてみたら、窮屈に感じたり、小顔の人ですと逆にブカブカで返って邪魔に感じる可能性もあります。

メガネの上からかけるのでそういった事が起きやすいため、サイズを確認することが大切です。
購入の際は、自分がかけているメガネのツルの内側の数字でサイズを確認したり、大きいレンズのメガネでも問題なく使用できるかなどのポイントを事前に確認しましょう。
最も良いのは、メガネ店で実際に試着をすることです。
ただし、オーバーグラスを取り扱っていない店もありますので、事前に電話などで扱っているかどうかを確認してから行くようにしましょう。

サングラスのレンズカラーは何色がいい?色の特徴

いざサングラスを買おうと思っても、サングラスのレンズカラーは何色がいいのでしょうか?
レンズの色の特徴についてご紹介します。

オーバーグラスの場合も、レンズカラーは黒だけではなく、グレーやブラウン、イエローなど、いくつかの種類があります。
自分の好みや用途に合わせてレンズカラーを選びましょう。


  • サングラスと言えば、黒のレンズを思い浮かべますが、オーバーグラスの場合は、真っ黒なレンズは比較的少ないと言えます。
    というのも、オーバーグラスをかける場合は、運転する時が多いので、曇りがちな日やトンネルに入った時に、視界が暗くなりすぎてしまうからです。
    運転時に使用する目的で購入する場合は、色の薄いレンズにしましょう。
  • グレー
    オーバーグラスによく見られる色のひとつがグレーのレンズです。
    グレーは黒よりも薄い色をしていますので、少々周囲が暗くなっても、視界が暗くなりすぎることはありません。
    とはいえ、雨で周囲が暗い日や、夕方などは、暗く見えてしまいますので、注意が必要です。
  • ブラウン
    グレーと並んで人気の色なのがブラウンです。
    視界もクリアに見えるうえ、色のコントラストも損ないづらいのでおすすめの色です。
    特性はグレーと近いので、暗い日や時間には不向きです。
  • ブルー、グリーン
    アウトドアのレジャーやスポーツを楽しむ方におすすめなのが、ブルーとグリーンのオーバーグラスです。
    色のコントラストを変え過ぎずに眩しさを抑えてくれますし、コーディネートの一環としてもおすすめなカラーです。
  • イエロー
    サングラスの中でも少し変わった特性があるのがイエローです。
    イエローは周囲を少し明るく見せる効果があります。
    暗い日や時間に車のライトが眩しくて視界が邪魔されることって時々ありますよね。
    そういった時に、イエローのレンズにすると、周囲は暗くしないのに、ライトの光を抑えることが出来るのです。

メガネの上からサングラスを装着するので耳が痛くなることも

軽くて手軽なオーバーグラスですが、メガネの上からサングラスを装着するので耳が痛くなることもありますので、注意が必要です。

軽量に作られているとはいえ、0グラムではありませんので、長時間かけていると、重さや違和感を感じることは十分にあり得ます。
また、オーバーグラスをかけることで、元々かけているメガネのツルに負荷がかかり、それが耳に当たって痛く感じることもあります。
そういった場合は、オーバーグラスをかける時間を短くするか、メガネ店に持っていってツルの角度などを調整してもらいましょう。
場合によっては有料になることもありますが、メガネを購入したお店であれば、無料で行ってくれることの方が多いです。
遠慮せずに、まずは相談をしてみましょう。

そのようにして、オーバーグラスを上手く使えば、わざわざ高額な度入りサングラスを購入する必要もありませんので、お財布にも優しい方法といえます。