メガネのコーデを地味に見せない方法レディースコーデのポイント

レディースのメガネコーデはどうしてもいつも同じようなものになってしまいますよね。きちんと見せたいけれど、そればかりを意識すると地味に、かといって派手めにするとギャル化してしまいます。

どうしたらメガネコーデをちょうどよく仕上げることができるのでしょうか?

地味に見せないコーデのコツとは?メガネをかけるときこそ、チェックしておきたいポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

運転免許の取得・メガネやコンタクトで視力補助をして検査を

車の運転免許証を取得したくても、視力が悪いと裸眼で視力検査をパスすることができません。そんなときは、...

メガネストラップの付け方や選び方のコツで可愛くオシャレに

メガネストラップを付けてみたいけど、付け方がわからないというあなた。メガネストラップは付け方や使...

メガネのボストン型とは?似合うメンズの顔のタイプ

メガネのボストンが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?ウエリントンとボストンで迷っているのなら、顔...

メガネの黒縁スクエア型が似合う顔型とメガネを選ぶポイント

スクエア型の黒縁メガネは、年齢に関係なく似合う最もベーシックなタイプですが、スクエア型はどちらかとい...

メガネのレンズの非球面とは?非球面レンズの特徴をご紹介

メガネのレンズは非球面のほうがいい?今までは球面レンズだったけれど、進められたとおりに非球面レンズに...

サングラスの似合う形を顔のタイプ別に紹介します

日本人はサングラスが似合わないと思ってはいませんか?実はきちんと顔のタイプに合わせて選ぶことで似合う...

ウェリントンメガネが似合う女性のタイプとは特徴を紹介

ウェリントンメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?女性にも人気のあるウェリントンメガネの特徴を...

メガネのコーティングの寿命と普段の正しいレンズケアについて

今お使いのメガネが「ちょっと見えにくくなってきたなぁ」とか、「細かい傷が気になるなぁ」という方はいま...

メガネの上手な選び方!女子向け40代でも老けて見えないメガネ

40代になるとメガネを選ぶポイントも、いろいろと変わってきますよね。「見やすいメガネ」や「疲れないメ...

メガネを外すと別人になるのを防ぐには?ギャップを減らす方法

メガネを外すと別人になる時、それがプラスに働けばいいですがマイナスに働くのはどうにか避けたいですよね...

メガネをするとメイクが見えない、そんなときの対処方法

メガネを普段かけている人はメイクをするときに見えないけれど、そのときだけコンタクトするのも大変ですよ...

メガネでレディースのスクエアが似合うタイプや選び方を紹介

スクエアメガネとはどんなメガネなのでしょうか?また、どんな顔のタイプの人が似合うのでしょう。...

メガネをケースに入れる時の正しい入れ方やお手入れ方法を解説

メガネを購入したばかりの人は、メガネをどのように扱うのが正しい取扱い方なのかわからないこともあります...

伊達メガネやレンズなしはダサい?ダサいメガネの特徴

伊達メガネでレンズなしがダサいと言われてしまう理由、メガネでダサいと思われてしまう理由とは?...

メガネ調整を自分でする!メガネを使いながら微調整する方法

メガネの調整を自分でしたい!店員さんに伝えても、伝えきれないこの不具合。ちょっとなん...

スポンサーリンク

メガネのレディースコーデでよくやってしまうコト

メガネをかけると、なんだか暗い印象になってしまうという事に悩んでいる人もいるでしょう。オシャレをしているはずなのに、なんだかキマらない。それはメガネのせいなのでしょうか。なんだかメガネをかけるだけで、どれもこれも同じようなコーディネートに見えてしまうなんて人もいるかもしれません。

メガネは今やオシャレアイテムの一つとも言われています。

メガネはファッションと密接な関係にあるもの

メガネコーデがいつも同じになってしまったり、地味に見えたりするのは、メガネのせいではなくファッションのせいかも知れません。メガネのレディースコーデでよくやってしまうコトと言えば、何でしょうか。

ファッションとして無難な色と言えば、黒色を挙げる人も多いでしょう。つい、洋服を選ぶときに黒っぽい洋服を着てしまう、購入してしまうという人もいるのではないでしょうか。

選ぶ服の色は?

このオシャレな印象のはずの黒ですが、大人の女性、特に30代の後半あたりから、少しずつ似合わなくなってくる人もいます。黒色の服を着ると同時に顔色も暗く見え、目の下のクマやほうれい線がより目立ってしまうこともあるのです。
顔が険しく見えたり、老けて見られてしまいます。暗い色は、顔の中の線を強調するだけでなく、洋服の色に顔の色が近づいてみえるという効果を与えてしまうのです。

若いうちは、あなたも肌にハリもあり、黒をカッコよく素敵に着こなすことが可能だったかも知れません。しかし、年齢を重ねて行くことで、黒はより、あなたを老けさせて見せていることもあるのです。そのことを念頭に入れておくと良いでしょう。

黒は一見無難であり、どの色とも合わせやすく痩せて見えるなどという印象があります。しかし、印象が暗くなってしまう、同じようなメガネコーデにや悩んでいるのであれば、顔色が明るく見える自分に似合う色を探してみるのもよいでしょう。。

メガネコーデで大切なのはさじ加減やりすぎはNG

では、派手な色を顔周りに持ってくれば、それだけで明るい印象になるのか、オシャレになるのかと言えばそうではありません。やりすぎはギャル化してしまい逆効果になることも考えられます。ですから、大人のレディースならではのメガネコーデが大切になります。

例えば、白のシャツに黒のパンツの無難なのコーディネートだったとしても、ヒール靴に色柄が明るくはっきりしたもの、またはアニマル柄やヒョウ柄などを持ってくることで、オシャレ感が増します。更にそこにメガネが加わることで、一気に大人っぽい印象になるでしょう。シンプルなコーデでも靴やメガネで外しを作ると、色気のあるスタイルにまとめることが可能になります。

普段着がラフな感じであったとしても、アクセサリーやバッグ、靴などちょっとしたところに差し色をもってくると、一気にオシャレ上級者になれるでしょう。メガネコーデも地味にならずにすみます。

さじ加減は非常に大切です。できる女になるためにも、その様なちょっとした遊び心を上手に取り入れることが、大人のコーデには欠かせません。

メガネに似合うレディースコーデを見つける方法

ドレッシーなスタイルをしたときやオシャレに決めた時に限って、メガネをかけるといまいちメガネだけが浮いてしまって違和感が出てしまうなんてことはありませんか。

カジュアルやボーイッシュなスタイルだと、メガネコーデでも違和感が無いのに、なぜ、別のスタイルになると、メガネだけが浮いてしまうのでしょうか。

それはメガネに合ったコーディネートをしていないからです。勿論、外しでメガネをかけるオシャレな人もいるでしょう。しかし、それはあくまで上級者テクニックです。一般的な人であればなかなか難しいというのは否めません。

コーデはメガネをかけた状態から考えて見る

コーデの最後にメガネをかけるのと、最初にメガネをかけた状態でコーデを考えるのとでは、似合うコーデが変わってきます。

もし、きちっとしたときでもカッコよくメガネを掛けたいというのではれば、マニッシュな服装にトライしてみるのも良いかもしれません。ちょっぴり大人っぽいコーデであればニュアンスを出すことも可能になります。スカート姿でも、メガネが浮くこともありません。

女性らしさを加えるのがレディースメガネコーデのポイント

カジュアルなコーデにメガネは似合います。しかし、あまりにもカジュアルすぎると、なんだか男性っぽい印象になってしまうこともあるでしょう。

レディースのメガネコーデのポイントになるのは、女性らしさ

ほんの少し女性らしいエッセンスを取り入れるだけで、ぐんと色気をアップすることができます。

可愛い色のとろみ感のあるトップスや、秋冬であればもっちりとした手触りの明るい色のニットなど、女性ならではの色や質感のものをトップスに取り入れるだけで、洗練されていながらもお洒落で女性らしい、印象のメガネコーデになります。

髪型や小物使いも大切です。カジュアルになりすぎなコーデでも、髪型や小物で女性らしさやオシャレ感を演出できれば、メガネコーデが更にお洒落に決まります。

メガネコーデでしてはいけないのがノーメイク

メガネコーデでお洒落にキメるためには、コーデや髪型に気を使うことは勿論大事です。しかし、最も気をつけたいのは、メイクではないでしょうか。
レディースのあなたは、メガネをする時メイクをしていますか。どんなメイクを心がけていますか。

スッピン隠しのために、伊達メガネをかける人もいると聞きます。

ノーメイクでは決してメガネをしてもおしゃれには見えない

また、いつもと同じメイクでは意味はありません。メガネに合わせてメイクをするべきでしょう。

特にメガネとの相性で重要なのは、眉毛です。眉尻と眉下のアウトラインはフレームの形に合わせる様にすると、クールで知的な印象になります。

メガネを掛けたときは、チークはなるべく控えること

メガネのせいでチークがより強調されてしまうからです。チーク入れるのであれば、パウダータイプのもので全体にふんわり広げるように入れるのがおすすめです。顔色を明るく見せてくれます。

レディースのメガネコーデはどうしてもいつも同じようなものになってしまいがちですが、ちょっとした工夫やポイントで、地味な印象から垢抜けた印象に変えることができます。

お洒落にメガネコーデが決まれば、今まで以上にグレードアップできること間違いありません。メガネは知的でセクシーで色っぽい印象を与えることができるアイテムの一つでもあります。メガネがあると地味という印象は捨て、もっとメガネのお洒落を楽しんでみませんか。