メガネのズレ防止は鼻がポイント応急処置と対処方法を紹介します

鼻まで下がってしまうメガネのズレ防止にはどのような方法があるのでしょうか?汗をかく夏や一生懸命仕事をしていて下を向いたときにズレてしまうメガネにイライラしてはいませんか?

そんなメガネがズレてしまうのを防ぐにはこのような方法やアイテムがおすすめです。

メガネがズレてしまうのは、メガネを購入してずいぶん経っているのも原因でしょう。自分に合うメガネやフィッティングしてもらうこともおすすめとなります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネが似合わない男性とは?似合うメガネを見つける方法

メガネが似合わない、メガネ姿がなんだか冴えない男性にはどんな特徴があるのでしょうか?メガネの...

メガネと髪型のロングを合わせるときのおすすめヘアスタイル

髪型のロングはいろいろなヘアアレンジができますがメガネと合わせるときには、どんなスタイルがおすすめな...

メガネケースを手作りしてみよう!簡単な作り方をご紹介します

メガネケースはメガネを購入したお店のものを使っている人も多いでしょうが、友達が持っているかわいい手作...

メガネのレンズが外れたら直せる?外れたときの対処方法

メガネのレンズが外れたら、自分で直すことはできるのでしょうか?無理にはめようとすると、メガネが壊れて...

男性に似合うメガネの色とは?女性ウケがよいメガネを紹介します

メガネ男子が人気ですが、そのメガネ本当に似合っていると言えますか?男性の場合は、自分に似合う色を...

メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?...

丸メガネが似合わない男性の特徴とは?似合う男性になる方法

丸メガネが似合わないと決めつけてはいませんか? もしかしたら、それは丸メガネの選び方が間違っているの...

メガネでマスクが曇る本当の理由とその解決方法を教えます

メガネをかけている人にとって、花粉症の季節などにマスクをすると曇るのが一番の悩みではないでしょうか。...

メガネを作る時に必要な視力と度数について正しく理解しましょう

メガネを作るためには視力検査だけすればいい、そう思っていませんか。実は、視力だけではなく「度...

メガネをかけた女性は仕事ができるように見える?メガネの選び方

仕事ができる女性に見られたいのなら、おすすめはメガネをかけることです。しかし、メガネをかけることで印...

メガネの上手な選び方!似合うメガネを選ぶポイント【女性編】

今はメガネもファッションの一部としておしゃれを楽しむ女性が多いですよね。メガネが似合う女性の特徴...

サングラスが似合う条件とは?似合わないならココを変えよう

サングラスが似合う条件とはいったいなんでしょうか?私もサングラスなんて恥ずかしくてかけることができな...

プールでメガネが禁止の場合は?対処方法を紹介します

プールではメガネが禁止なことが多いですよね。普段、メガネをかけている人にとっては困ってしまう問題です...

メガネで似合う色を見つけるには?いろいろな診断方法をご紹介

自分に似合う色とは?顔の印象に大きな影響をあたえるメガネの形にこだわる人は多いと思いますが、自分に似...

メガネはコーティングが剥がれたときが寿命?メガネの扱い方

メガネのコーティングが剥がれたときには、交換や買い換えしか方法はないのでしょうか?メガネのコ...

スポンサーリンク

メガネが鼻までズレてしまうのをすぐに直す方法

一日、何不自由なく生活する上で、メガネが切っても切れない存在であるという人も少なくないでしょう。それなのに、つい粗雑に扱ってしまい、いつの間にか鼻あてが広がっていた、フレームが歪んでいたなんてこともあるでしょう。

そのようなメガネを使用しているとメガネがずり落ちてきて、気づいたときには鼻パッドの位置が鼻の下のほうにきていたなんてこともあるかもしれません。そんなメガネに対してイライラしてしまう、常に気づいたらメガネを上にあげる動作をしているなんて人も多いのではありませんか。

メガネがズレていると、印象が良くないだけでなく、適切な視界が得られない場合があります。

メガネの歪みや鼻パッドの位置をどうにか正しい位置に調整したい、しかし、メガネ店に行く時間がないとか、仕事中だから今すぐどうにかしたいとか、近くにメガネ店がないのでなかなか出向けないなどと悩んでいるあなた。その悩み、とりあえず、輪ゴム2本で解消することが可能です。

簡単にできるメガネのズレ防止方法をご紹介します。

まずは、輪ゴムを2本用意して下さい。やり方は簡単です。メガネのつるの耳にあたるモダン部分に、輪ゴムを巻きつけるだけです。左右両方のモダン部分に輪ゴムを巻き付けましょう。これだけでズレ防止になります。早速かけてみましょう。ズレない事にびっくりするはずです。

見た目的には決して良いとは言えませんが、今すぐ、身近にあるものでデキるので、どうしてもずり落ちてきて仕事にならないなんて時にはとても便利です。少々耳の後ろの髪が長い場合などは、耳に隠れて見えないかもしれません。これはあくまでも応急処置ですので、どうしてもという時には、良い方法と言えそうです。

メガネのズレ防止には鼻パッドがおすすめ

大抵の日本人は鼻が低く、欧米人の様に鼻が高い人はなかなかいないのが現実です。だからこその悩みといえば、メガネがズレて落ちてくることではないでしょうか。
メガネのパーツとして、今や普通についている鼻あてですが、これは鼻の低い日本人が考え出したものと言われています。

そんな、素晴らしいものがついているにもかかわらず、どうしてもメガネがずり落ちてきてしまうという人も少なくありません。

そんなときは、鼻あてをちょっと一工夫してみませんか。そこで、オススメしたいのが、鼻あてにしっかりと張り付くタイプのズレ防止用のシリコンシールです。

鼻あてサイズの小さいシールですが、貼り付けてメガネをかけると、鼻と鼻あてのフィット感が増します。シリコンで出来ているため、弾力もあり、優しく鼻にフィットしてくれます。ズレ落ちるのも防いでくれる便利グッズと言えます。

セルフレームのメガネにおいても、この用なシリコンシールは抜群な効果を発します。セルフレームのメガネの多くは、鼻あてのないものや、フレーム自体にプラスチックの鼻あてが付いているものが多いため、鼻の低い日本人には、ずれ落ちてくることも多々あります。セルフレーム専用のこのシリコンシールなら、鼻あて部分も高くなり、ズレ防止の効果も実感できるはずです。

メガネは鼻以外に耳で支えています。ズレ防止はココもポイント

メガネを支えているのは、鼻だけではありません。メガネが肌に直接触れる部分と言えば、鼻以外に耳もそうです。鼻あてをシリコンに変えたり、シリコンのパッドを取り付けたりしたとしても、かなりの汗をかいたときなどは、メガネがどうしてもずれ落ちてくることもあります。運動したときなどは、特にそれ感じるのではないでしょうか。ランニングやマラソンを趣味としている人なら、このメガネやサングラスのズレは大きな悩みと言えるでしょう。

そんなズレ防止に最適なアイテムをもう一つご紹介します。メガネのつるのモダン部分に取り付けるメガネストッパーです。

素材は、ゴムで出来ています。フレームの耳にかかるモダン部分に装着するだけで簡単にズレ防止が可能になります。見た目的にはイマイチですが、耳の後ろなので、よほど髪が短くない限り隠れます。目立つ事が気になる様なら、半透明タイプを選ぶと無難です。

耳の後ろにしっかりとフィットしてメガネを支えてくれるため、少し位の前傾姿勢なら、前に落ちることもなりません。会社で挨拶した時に、メガネが落ちてしまったなんて、恥ずかしい経験をしたことのある人でさえ、このストッパーを使えばもう大丈夫でしょう。

メガネのズレ防止は鼻パットのついているものを選ぶようにしましょう

セルフレームには、鼻パッドのついていないものもあります。オシャレなセルフレームの中には、海外製のものも多くあります。先程も述べたように、鼻パッドは日本人が発明したと言われており、鼻の低い日本人でもメガネを使用した時にズレ落ちにくくなり、適度なレンズと目の距離感を保ってくれます。しかし、海外製のメガネフレームには、鼻あてがないものもあり、フィット感を求める日本人には向いていないと言えるでしょう。

メガネのズレ防止ためには、鼻パッドの付いているフレームを選ぶべきです。金属フレームであれば、鼻パッドが付いているものが多く、調整もしやすいのが特徴です。軽いチタン製であれば、メガネが重くて下にズレてくるということも避けることができます。

あくまでも、ズレ防止のためには、自分の顔のサイズに合ったメガネを購入することが大切です。小さくても大きくても、かけているうちにズレて来るだけでなく、様々なトラブルを招くことになります。

見た目だけでなく、どの様なものが快適にかけられるのか、長く使用していてもトラブルなく過ごすことができるのかを考えて、メガネを選ぶことが賢明と言えそうです。

メガネのズレ防止はサイズの合うもの、調整をする事が一番

メガネはかけているうちにどうしてもフレームが歪んだりしてきます。鼻あても広がってくることもあるでしょう。使用しているうちにずれ落ちてくることは仕方のないことかもしれません。

そんなときはメガネ店へ出向き、サイドしっかりとフィッティング調整してもらうと解消されるでしょう。定期的にフィッティング調整やメンテナンスをしてもらうことをオススメします。

フィッティングしてもらったにもかかわらず、それでもずれ落ちてきてしまうと人は、そもそのそのフレークのサイズがあなたに合っていない可能性があります。自分の顔のサイズに合わせてメガネを選ぶことが、ズレ防止にも繋がるのです。ズレ防止はメガネを選ぶところから始まっていると言えます。

適切なメガネを選び、しっかりとフィッティングしてもらったら、型崩れを少しでも防いてズレない状態を保つためには、気を配る必要があります。常日頃の取扱に十分に気をつけなければなりません。

メガネを外す際には両手を使って優しく外す、メガネをこまめに洗うこと、メガネを拭くときはしっかりと指で固定して拭くことなどで、メガネの型崩れを防ぐことができます。
保管するときは、ケースやメガネスタンドで保管すること、決して車などの暑くなるところに出しっぱなしにするのは良くありません。

メガネはあなたが思っているよりも繊細です。メガネに不具合を起こさせないためにも、丁寧に扱うことを心がけましょう。ちょっとした気配りで、メガネのズレを防止できるのですから。