メガネが重い!鼻が痛くなる時にできる対処法で痛みを軽減

メガネが重いことが原因で、鼻が痛くなるというお悩みを抱えている人もいますよね。
メガネを長時間かけていると、長い時間鼻あてが鼻に当たって、その部分に痛みが出てしまうことがあります。

メガネをかけないと周囲がよく見えないしけど、メガネをかけていると鼻が痛い。こんなときは一体どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、重いメガネで鼻が痛くなる時にできる対処法についてご紹介します。
自分でできる簡単なものから、メガネを買い替える時の選び方についてもお伝えしますので、是非にしてみてくださいね。

自分に合ったメガネを選び、毎日快適な生活ができるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マスクでもメガネが曇らない方法を紹介!すぐできる対処方法

マスクをしていると困ってしまうのがメガネの曇りですよね。インフルエンザの時期や花粉の時期、マスクを手...

メガネを選ぼう!似合う形は?面長男性に似合うメガネの形

メガネは人の印象を左右します。メガネを購入するときは、自分の顔に似合う形のメガネを選ぶと、素敵な印象...

メガネは黒縁?それともべっ甲?迷った時は似合うほうに決めよう

もう何年も黒縁メガネをかけているけれど、べっ甲メガネは自分に似合うのだろうか・・と迷ったときには、ま...

メガネのアンダーリムが似合う顔のタイプを紹介します

メガネにはさまざまなフレームの種類がありますが、その中でも個性的な印象を与えるアンダーリムにはどのよ...

メガネの耳当ての部分が臭いのは加齢臭かも。臭いを落とす方法

メガネをかけた瞬間、どこからともなく漂ってくる臭い。もしたしたら加齢臭では。加齢臭は耳の後ろ...

メガネの調整の頻度とは?フィッティングのタイミング

メガネを買ったときに調整をしてもらってその後、どのくらいの頻度でまた行けばいいのかよくわかりませんよ...

メガネのサイズの測り方とは?サイズを確認して眼鏡を選ぼう

メガネにはサイズが書いてあるのを知っていますか?測り方を知っておくのもいいですが、自分の顔のサイズに...

メガネのレンズが傷だらけになる原因とは?予防方法をご紹介

メガネを大切に扱っていても、レンズにキズがついてしまうことがあります。なぜメガネのレンズは、いつ...

メガネを買おう!黒縁の太いメガネの印象と後悔しないメガネ選び

これから黒縁メガネを買おうと思っている男性もいますよね。似合うメガネが見つかれば大人でカッコいい印象...

眼鏡の度数は弱めたほうがいい?大切なのは目の個性を知ること

眼鏡の度数はきちんと視力検査をして合わせたはずなのに、なんだか目が疲れる、ずっとかけているのが辛いと...

メガネをかけるときに気になる前髪はアレンジ次第で女子力アップ

メガネに前髪がかかるとなんだか、重たい感じになってしまいますよね。かといって、切るのも抵抗が…。...

サングラスが似合わない女性の特徴と似合うサングラスの選び方

サングラスをしてオシャレを楽しみたいと思っても、サングラスが似合わない女性もいます。自分にはサングラ...

メガネを買うならネット?安いものを買うときのポイント

メガネをネットで購入しようと思っているのだけれども、安いのが気になる・・。ネットでメガネを購入すると...

メガネのブリッジが折れた時の修理とお店に行けない時の対策

普段使っているメガネのブリッジが折れてしまった!そんな時に真っ先に浮かぶのが「折れたフレームを瞬...

メガネで印象を優しい雰囲気にするには?色や形の選び方

メガネの印象で知的や真面目に見えるのは嬉しいポイントでもありますが、それに加えて冷たく見えたりきつく...

スポンサーリンク

重いメガネで鼻が痛い時にできる対処法・鼻あての調整

メガネ自体にそれほど重さを感じなくても、長時間かけていると、重く感じたり、鼻に痛みを感じることってありますよね。
そのような重いメガネで鼻が痛い時にできる対処法・鼻あての調整についてご紹介します。

  • マッサージをする
    長時間鼻当てが当たっていると、鼻当てが良いものでも痛みや疲れを感じてしまうことがあります。
    そんな時は、一旦メガネを外して鼻当てが当たる部分を中心にマッサージをしましょう。
    そうして鼻を休めてあげると、痛みも軽減されますし、跡も残りづらくなります。
  • 鼻当て用のシールやクッションをつける
    座っていてお尻が痛いのであれば、座布団やクッションを敷けば良いように、痛みを感じるのであれば、鼻当て用のシールやクッションを付けてみてはいかがでしょうか。種類にはさまざまなものがありますので、自分に合った素材のものを選ぶようにしましょう。
  • 鼻当ての調整をする
    鼻が痛くなる原因は、メガネの重さや、鼻当ての当たりだけではなく、鼻当てやフレームの歪みによるものの可能性もあります。
    精密ドライバーなどでネジを締めなおしたり、メガネ屋さんに行って鼻当ての角度などの調整をお願いすると、その悩みを解消できるかも知れません。

重いメガネで鼻が痛いときはシリコンやパフを活用

重いメガネで鼻が痛いときは、シリコンやパフを活用してみるのはいかがでしょうか。

鼻当て用に小さく作られたものもありますし、細かい作業が得意な方は、シリコンやパフを小さく切って鼻当てにくっつけてみても良いでしょう。
ただし、使用した接着剤やテープでメガネを痛めてしまったり、変なニオイがついたりしないように気をつけましょう。

シリコンは柔らかいので当たりも優しく、鼻当てに最適な素材と言えますが、汗をかいて、そこが汗疹になってしまう可能性もありますのでご注意ください。

パフも柔らかく通気性のよい、鼻当てに向いている素材と言えますが、わずかに摩擦も生じますので、そこから痒みなどが出てしまうこともあります。
また、水分も吸い込むため、長期間使用しているとカビなどがついてしまう可能性もあります。
定期的に取り替えるようにしましょう。

メガネで鼻が痛いのはフィッティングが原因のこともある

メガネで鼻が痛いのは重さだけではなく、フィッティングが原因のこともありますよ。

メガネを購入する時に、入念にフィッティングをしてくれるところもありますが、激安店などは、簡単にしか行われないケースもあります。
メガネはきちんとフィッティングをしていても、メガネに生じたわずかな歪みから、かけ始めはなんとも無くても、時間が立つと痛みを感じるようになることもあります。

また、本人は気が付かなくても、体型が変わることでもかけ心地が変化してしまいます。
太った場合でも、痩せた場合でも鼻当てへの当たりが変わることもありますので、メガネ店に行って、フィッティングをし直してもらうことをおすすめします。

鼻当てだけではなく、ツルが歪んでいる可能性もありますので、そういった事を見てもらうとかけ心地を調整することが出来ます。

重いメガネで鼻が痛い!買い換えるときは薄型レンズに

「重いメガネで鼻が痛い!」そのような悩みを解決するために、買い換える方もいらっしゃるでしょう。
そのように買い換えるときは、薄型レンズにしてみてはいかがでしょうか。

視力の悪い人ほどメガネのレンズも厚みのあるものになりますが、その場合店員さんから薄型レンズにすることを勧められることがあります。
薄型レンズは見た目が薄くなるだけではなく、重さも軽いものになりますので、メガネの重さに悩んでいる人にはおすすめの方法です。

価格は少々上がりますが、レンズに瓶底のような線が入ることもなくなりますので、重さだけではなく見た目も気にする人はお願いするようにしましょう。

メガネが重いときは軽いフレームに買い替えて対処を

メガネが重いときは、軽いフレームに買い替えて対処をする方法もあります。

レンズは元々厚くなかったり、薄型のものを入れていた人でも、フレームが重ければ、もちろんメガネも重いものになってしまいます。
見た目はおしゃれでも、鼻に負担がかかってしまうのであれば、別の軽いフレームを選ぶ方が得策と言えます。

軽さを重視するのであれば、「リムレス」か「メタルフレーム」をおすすめします。
リムレスはフチなしメガネの事で、レンズにフチがない分、メガネ自体も軽いものになります。
強度はあまりありませんが、軽いものにしたい人にはおすすめのフレームです。
次におすすめなのが、メタルフレームです。
強度や、しなやかさもあり、フレームが細いので軽さもバッチリです。
最近ではセルフレームも軽いものが出ていますが、それでもリムレスやメタルフレームほどではありません。

購入の際は、メガネ店の人に相談をして、軽くて自分に合うメガネを選びましょう。
そうすれば、メガネの重さによって鼻が痛くなることが軽減されるはずです。