メガネの作り方で正しいのは眼科が先?メガネ作りの基本

最近なんだか視力が落ちてきたような・・今までメガネをしていなかったけれどパソコン作業やスマホをよく見るからひとつメガネを作ろうかな?と思ったときにはショップに直接行けばいいのでしょうか?

コンタクトの場合は、眼科に行き処方箋をもらう必要がありますがメガネを作るときにも眼科に行ったほうかいいのか気になりますよね。メガネの作り方で失敗しないために眼科には行くべきな理由を紹介します。

安心してメガネを作るためにも、まずは眼科に行きましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネが重い!鼻が痛くなる時にできる対処法で痛みを軽減

メガネが重いことが原因で、鼻が痛くなるというお悩みを抱えている人もいますよね。メガネを長時間かけ...

眼鏡の鼻あてが跡になるのをどうにかしたい!予防方法を紹介

眼鏡の鼻あて部分に跡がついてしまうのはどうしたらいいのでしょうか?まずは、そのメガネが合っているのか...

メガネの鼻パッドの黄ばみが気になる時には交換がおすすめ

鼻パッドが付いたメガネを長く使っていると、どうしても鼻パッドの黄ばみが気になりますよね。メガ...

メガネがずれる原因は何?ずれるメガネの対処方法

メガネを買ったときににはしっかり調整してもらい顔にフィットしていますが使っているうちになんとなくゆる...

サングラスが似合わない理由と似合うサングラスの選び方を解説

サングラスをファッションに取り入れたいと考えていても、自分にはサングラスが似合わないというお悩みを抱...

メガネの傷を修理したい。自己流がオススメ出来ない理由とは

2・3年使っていると愛用のメガネが曇ったように感じませんか?実はそれには、細かな傷がついてしまっ...

メガネのコーディネート!ラウンド型メガネでオシャレメンズに

メガネをファッションアイテムとしてコーディネートに取り入れている男性はたくさんいますよね。オシャレメ...

サングラスのサイズの確認方法。メンズサングラスの選び方

新しいサングラスを購入しようと思う時には、フレームやサイズ、レンズのカラーに迷う方が多いと思います。...

メガネの似合う形がわかる!顔のタイプ別におすすめを紹介します

メガネの似合う形は顔のタイプによって大きく分けることができます。自分の顔のタイプを知っていれば、どん...

スクエアメガネが似合う人とは?知的なレディースになれるメガネ

スクエアメガネはメンズに人気なメガネですが、レディースにもおすすめなメガネとなります。とくに、ビジネ...

老眼鏡の度数の調べ方は簡単?あなたに合った老眼鏡の探し方

最近、近くのものが見えにくい、新聞を読んだあとに視界がぼやける、などなんとなく違和感を感じ始めたら老...

メガネ【女性30代】の選び方自分に似合うものを見つけよう

老けてみえるのは嫌だけれど、若作りしていると思われたくない微妙なお年頃の30代。髪型や洋服はもちろん...

メガネとファッションの相性は大切!男性向けメガネの選び方

自分に合ったメガネ選びに迷った時には、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。失敗のないメ...

サングラスの選び方のポイントとは?色やイメージで選ぼう

サングラスはどんなものが日本人に似合うのでしょうか?日本人にも似合うサングラスの選び方のポイントとは...

男性がメガネを外すときにはこんな心理が隠れているのかも

男性がメガネを外すときの心理とは?気になっている人がメガネを外すしぐさを見せると「ドキ」っとしてしま...

スポンサーリンク

メガネの作り方で安心なのは眼科が先

メガネを作るときには眼科でしっかりと検診を受け、診断書のある状態でメガネを作った方がより確実で安心です。

メガネ屋さんでも視力を測ってもらえるので、診断書がなくても簡単にメガネを作ることはできますが、メガネ屋さんでは視力が下がった原因まではわかりません。

視力が下がった原因が、本当に見えにくくなってきただけならそれでもいいですが、もしなにか別の異変が目にあって見えにくくなってきているとしたらそれは問題です。

その問題を発見してもらうためにも、見えにくくなってきたなと感じていたら眼科で検診を受けましょう。

さらに視力が下がったと感じているときの原因には様々あり、近視であるのか、乱視であるのか、はたまた老視や屈折異常などこれらのことは眼科の専門医でなければ判断ができない事なのです。

メガネを新しく作るときには眼科で検診を受けて、目に異常が起きたわけではないことを確かめてからメガネを作りに行きましょう。

メガネ屋さんは見えるようにすることが目的

眼鏡屋さんではあなたの見やすい環境を作り出せるメガネ作りをサポートしてくれます。基本的には眼鏡屋さんで視力測定も行ってもらえますし、目に合う形にフィッティングも行ってくれます。

眼科検診を受けたら眼鏡屋さんでメガネを作りましょう。

店員さんに相談すればより見えやすい環境づくりに協力してくれる場合がほとんどですので、悩みがある場合は相談してみましょう。

もし眼科検診を受けずにメガネを作りに行っても、相談の中で視力の低下以外に目のことで心配になる部分があれば眼科検診を店員さんから勧められる場合もあります。

メガネを作るときは先に視力測定を行って、自分の使うレンズを入れられるフレームの中から好きなデザインのものを選びましょう。

レンズの度数によっては使うことのできなフレームなどもあるため、新しくメガネを作るときは測定後にフレームを選ぶのがおすすめです。

メガネを作るときに眼科を進められる人失敗しない作り方

メガネを作るのがはじめての方は眼科検診を勧められます。
基本的にメガネは視力を矯正するために使用するものなので、はじめてメガネを作る方や中学生以下のお子さん、眼病をおもちで眼科を受信されていたり、屈折異常のある方は処方箋が必要になります。

度数を測ることはメガネ屋さんでもできますが、はじめてメガネを作る方や視力が特殊な方などは基本的に処方箋があるほうが目に合ったメガネを作りやすいです。

メガネもそう安いものではありませんし、毎日使うものです。
快適に見える、快適に使えるものを作るためにはしっかりとした処方箋があるほうがいいです。

メガネは度数が目に合っていることが重要です。
きちんとした視力と目の情報が必要になりますので、できる限りメガネを作るなら上記の処方箋が必要になる場合に該当しなくても、処方箋をもって作りに行く方が確実ではないかと思います。

失敗しないメガネ作りを実現させるには、処方箋が必須となるでしょう。

メガネの作り方で気をつけたいのはかける目的

メガネを作るときはそのメガネを何の目的でかけるのかということを考えて作っていきましょう。

メガネを作る際にどんな目的で使うのかということを尋ねられたご経験はありませんか?
それは使う目的によってメガネの度数やオプションなどが変わってくるためにされている質問です。

パソコンやスマートフォンを使う時間が長いならレンズにブルーライトカットが搭載されている方がいいですし、家の中で使うメガネとして作るならそこまで遠くまで見える度数にしては目が余分に疲れてしまうかもしれません。

このように目的に合わせて適切な加工がなされたレンズを選んだり、度数を調整することでメガネを快適使えるものへとしていきます。

メガネを新しく作るときにはどんな場面で使うのか、どのくらいの頻度で使うものなのかということなども考えておきましょう。

メガネの作り方 優良店は眼科を紹介してくれる場合も

メガネの基本的な作り方の大まかな流れ

  1. 検査、相談
  2. レンズの種類や度数の選定
  3. フレーム選定
  4. レンズとコーティングの選定
  5. 会計
  6. メガネ制作
  7. フィッティング

眼鏡屋さんは近くの眼科と提携を組んでいる場合もありますので、メガネを作るときには近くの眼科や眼鏡屋さんを調べるときにお得に購入できるような環境があるかを調べておくのもおすすめです。

かかる時間は作るメガネにより変動しますが、早くて40分ほどです。
レンズが特殊な場合は取り寄せなどで時間がかかることもありますので、店員さんに尋ねておきましょう。

メガネの基本的な作り方についてご紹介しました。
できるだけ眼科検診を受けてからメガネを作るのが正解と言えます。
見えにくいと感じた原因をしっかりと突き止めてからメガネを作るようにしましょう。

しっかりとした手順でメガネを作り、快適にかけられるメガネを手に入れてください。