メガネで目が小さく見える時のメイク方法!近視女子のお悩み解決

近視用のメガネをかけている女性の中には、メガネのせいで目が小さく見えてしまう事に頭を悩ませている人もいますよね。
近視の人は、レンズの厚みが厚くなってしまうほど、メガネをかけた時に目が小さく見えてしまいます。

目が小さく見えると、なんだかかわいく見えない気がして嫌ですよね。そんなときは、メイクでそのお悩みをカバーしましょう。

ここでは、近視のメガネで目が小さくなることを、メイクでカバーする方法についてお伝えします。

メガネをかけないと周りが見えませんし、目が小さくなるのも嫌。そんな人は、これからご紹介する内容を参考に、目が大きく見えるようにしてみましょう。

かわいいメガネ女子になれるメイク方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのボストン型の特徴とは?この顔のタイプが似合う人

メガネのボストン型にはどのような特徴があるのでしょうか?似合う人の特徴とは?メガネのフレーム...

メガネの黒縁が似合うメンズとは?似合うメガネを見つける方法

メガネの黒縁をかけたメンズが好きな女子は多いようです。しかし、誰でも似合うというわけではありません。...

眼鏡のレンズに寿命はある?使い分けで眼鏡寿命を伸ばそう

眼鏡のレンズに寿命はあるのでしょうか?子供のうちは、視力が低下するので視力検査をして以前より視力が下...

面長さんに似合うメガネフレームとは?メガネの選び方をご紹介

面長さんにはどのようなメガネフレームが似合うのでしょうか?選び方を間違えてしまうとメガネフレームはコ...

サングラスのレンズカラーの選び方あなたにオススメなものとは

サングラスのレンズカラーの選び方でポイントとなるのはどのようなことなのでしょうか?サングラス...

メガネの似合う形【丸顔の場合】オススメや選び方のポイント

メガネの似合う形とは、丸顔ならどんな形のメガネを選ぶべきなのか悩みますよね。少しでも自分の顔の形に合...

メガネをかけるときに気になる前髪はアレンジ次第で女子力アップ

メガネに前髪がかかるとなんだか、重たい感じになってしまいますよね。かといって、切るのも抵抗が…。...

ウェリントンとボストン、二つのメガネの違いについて知りたい

メガネのフレームには数多くの種類がありますが、その中でもウェリントンとボストンは人気の高いメガネの種...

メガネとコーディネートするときのポイント【レディース】編

メガネをかけるとどうしても地味に見えてしまいますよね。メガネをかけこなしている人とそうでない人に...

メガネのボストン型が似合う女子になりたい!メガネの選び方

メガネのボストン型が似合う女子とは?ファッションのひとつであるメガネは知的に見えたり、外したときのギ...

メガネ姿のかっこいいメンズになるための近道を紹介します

メガネ姿がかっこいいメンズになりたい!と思ってはみても何から始めたらいいのかわからないというメガネ男...

メガネのブリッジが広いとこう見える!ブリッジの特徴

メガネのブリッジが広いとどんな効果があるのでしょうか?メガネを合わせるときにフレームの大きさや太...

メガネのレンズが外れたら直せる?外れたときの対処方法

メガネのレンズが外れたら、自分で直すことはできるのでしょうか?無理にはめようとすると、メガネが壊れて...

メガネの形選び、丸顔に似合う形のメガネ【メンズ編】を解説

丸顔の男性の中には、自分に似合う形のメガネがわからずに頭を抱えている人もいますよね。丸顔のメンズがメ...

メガネのブリッジが折れた時の修理とお店に行けない時の対策

普段使っているメガネのブリッジが折れてしまった!そんな時に真っ先に浮かぶのが「折れたフレームを瞬...

スポンサーリンク

近視のメガネは目が小さく見える!メイクでカバーを

近視のレンズは真ん中がへこんでいて、近視が強ければ強いほど周りの人から見たら目が小さく見えてしまいます。

なので、メイクでカバーしちゃいましょう。

まずは、目をパッチリ見せるために、二重じゃない人は、アイプチなどで二重をつくっておきます。

  • アイシャドウ
    ブラウン系がおすすめです。
    ピンクなど暖色系は、膨張色なので腫れぼったく見えてしまう可能性が大きくなってしまいます。
    ベージュ系でアイホールに薄くぼかして、二重の幅位に、アイラインのように濃い目のブラウンで引き締めてぼかしましょう。
    暗めのブラウンを使用して眉と目の幅を狭く見せる事で奥行きが出ます。
  • アイライナー
    まつ毛とまつ毛が生えている間を埋めるように、点々と置くようにひいていきます。
    黒目の上辺りに太めに引くと、目が丸い印象に、目尻側に気持ち程度長めに引くと大きな目に見えることが可能です。
    間違えても下とガッツリ引いて囲まないようにしましょう。
  • マスカラ
    メガネをかける時は、まつ毛をしっかりとビューラーなどで根元から上げる事が大切です。
    マスカラを付けるならカールが長持ちするタイプで根元からしっかり付けて、下がらないようにしましょう。
    下がってしまうとレンズに付いてしまうかもしれません。
    ウォータープルーフの方がいいでしょう。

近視のメガネをかけている人のアイメイク・アイシャドウの色について

近視が強いレンズを使用していると、目が小さく見えてしまうので、アイメイクでぼやけてしまう事を避けましょう。

まずは、アイシャドウからです。

  • アイシャドウの色選び
    空白を少なくするため、また、アクセントをおくために、暗い色での引き締めか、発色のいい明るい色を選びましょう。
    濃い色の方が目線が目元にいきます。
    濃いブラウンをライン状にのせてぼかしたり、発色のいい派手な色を目尻などポイント使いして、空白を埋めていくようにぼかす事で、目元が印象的になります。
    ブルーベースの方はココアブラウン系、イエローベースの方はゴールドブラウン系が肌に浮かずに映えます。
  • ハイライト
    白っぽいアイシャドウを、目頭の辺りにいれる事で更に引き立ちます。
    ギラギラしすぎていないものを選び自然に入れましょう。

次はアイラインの引き方のご紹介です。
マスカラも大切なのでチェックしましょう。

近視メガネのアイメイクはアイラインの引き方もポイント

目をハッキリ見せるためにアイラインを引く事も効果的です。

アイラインを少し太め長めにする

目尻側を少し長めに引く事で、目にも横幅が出たように見せる事が可能になります。

目尻側のみ、もしくは黒目の上のみアイラインを太めにする事で、目をハッキリ見せる事が可能になります。

下側は、まつ毛とまつ毛の間を埋める程度に、点々と乗せるだけでも印象がハッキリします。

繋げてしまったり、太すぎたり長すぎると怖い印象になってしまうので気をつけましょう。

リキッドタイプの黒がおすすめです。
ラインは目尻のみカラーをポイント使いをしても、印象的な目元になります。

また、メガネのフレーム(レンズ)が大きいと、目との余白が多くなるので更に小さく見えてしまいます。
レンズと目との空白を少なくするためにも、小さめのフレームを選ぶ事で目が小さく見えてしまう軽減になります。

次はメガネをかける時に大切なまつ毛のメイク方法です。

近視メガネの人はまつげのメイク方法でも目の大きさに違いが出る

メガネをする時にまつ毛が下がっていると、レンズにまつ毛が当たってしまいます。

レンズにまつ毛が当たっていると、もちろん見た目も悪くなるし、違和感があるし、マスカラが落ちてレンズが汚れる事もあります。

根元からしっかりとまつ毛を上げる事が大切です。

まつ毛のメイク方法

ビューラーなどでまつ毛の根元からしっかりと上げましょう。

しっかりと上がる事で、目に影が落ちないしパッチリと見えます。

カーラー用のマスカラを使う事で、重みで下がってくることを避けましょう。

マスカラも根元からしっかりとダマにならないように、とかすように付けていきます。

下まつ毛にも忘れずに、マスカラを縦にとって1本1本付けていきましょう。

必ずメガネをかける前にしっかりと乾かします。

アイシャドウをカラーで遊んでいる場合、それに合わせて部分的にカラーマスカラを使用しても可愛いです。

近視メガネをかけている人のメイクのポイント

アイメイクのポイントをご紹介しましたが、全体的のメイクも大切です。

  • ベース
    薄めに粉おしろいなどのパウダーを、サッと薄くブラシなどでのせましょう。
    ブラシを使用する事により余分に付く事を防いでくれます。
    もしファンデーションを付けるとしても、鼻の辺りは特に薄めに仕上げる事が大切です。
    特に油分があると滑りやすくなってしまうので、リキッドタイプのものなどは気をつけましょう。
  • アイメイクを濃くした場合
    アイメイクにポイントをおいたなら、口元は薄めで自然な印象にしましょう。
    両方が濃くなると、ベースなどを薄くしても圧化粧に見えるし怖い印象になります。
    自然な薄付きピンクのリップ位がちょうどいいでしょう。
  • アイメイクが薄めの場合
    アイメイクをナチュラルに仕上げたなら、口元にポイントをおきましょう。
    赤みのあるカラーをのせたり、ツヤを出したりして口元に目線がいくようにします。
  • チーク
    チークは、メガネとのバランスが大切です。
    メガネで充分、そちらに目線が行くので、チークのつけ方によっては顔の印象が煩い感じになってしまいます。
    また、やりすぎ感が出てしまいやすくなるので、付けないか、小さめの細めのフレームやフレームがないレンズのみの場合でも、肌になじむ薄い色を、自然に薄く入れる程度の方がおすすめです。