メガネが似合う女子とは?30代女性が選ぶべきメガネの探し方

30代の女性にとってメガネ選びはとても難しいものと言えるでしょう。それは可愛らしさや若さを優先となるメガネ女子になるべきか、大人なメガネ女性を選ぶべきかの分かれ道となるからです。

ほとんどの人がメガネ女子にいきがちだと思いますが、そこはあえて大人な女性にいきませんか?

30代女性がメガネを選ぶときにはこんなポイントをチェックしながら、ぜひ決めてください。きっとあなたに似合うものが見つかるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡の度数が合わないときとは?メガネに慣れるまでの期間

眼鏡の度数が合わないと、頭痛やめまいなどのような体調不良が起きやすくなってしまいます。買った...

メガネをネットで買うには?度数を確認する方法

ネットでメガネを購入するときには、まず自分の視力がどのくらいなのかを知らなくてはいけませんよね。眼鏡...

メガネの縁がグレーの場合の印象と感想。似合うメガネの選び方

最近は手軽な価格でメガネが購入できますので、ビジネスシーンやプライベートに合わせてメガネを着替える人...

メガネに似合う髪型【ミディアム編】簡単・可愛いヘアスタイル

「メガネをかけているから暗い印象に見られてしまう」「メガネをかけていてもオシャレに見える髪型を知りた...

メガネのスクエア型が似合うメンズとは?特徴や選ぶポイント

メガネのスクエア型が似合うのはどんなタイプのメンズなのでしょうか?スクエア型が似合うのは、丸顔や三角...

ウェリントンメガネとは?特徴や受ける印象、コーデ術を紹介

ウェリントンメガネとはどんなメガネなのでしょうか?顔の印象が大きく変わるメガネだからこそ、自分に似合...

メガネの鼻パットの跡が残る原因と跡を付きにくくする方法

メガネを愛用している方の中には、鼻パットの跡がくっきりと残ってしまうという方もいると思います。この鼻...

メガネのズレ防止。子供におすすめなズレにくいアイテムをご紹介

うちの子供のメガネ、またずれている…。よく動く子供はメガネがずれていても気にしないかもしれません...

メガネの黒縁をかけるなら細いもの!オススメな理由とは

黒縁メガネは、真面目な印象を与えることができるファッションアイテムですが、付け方を間違えてしまうと地...

メガネのウェリントンが似合わない顔のタイプとは?選ぶポイント

メガネのウェリントンフレームが似合わないのはどんな顔のタイプの人なのでしょうか?誰にでも合いやすいと...

メガネの耳あてが臭いときには交換しかない?対処方法とは

メガネの耳あてがなんだか臭い、水洗いしても匂いが落ちないときにはどうしたらいいのでしょうか?...

メガネを作るときにはコンタクトで行くべきかの判断について

メガネを作るときには、お店にコンタクトをしていったほうがいいのでしょうか?コンタクトをしなければ...

メガネでメイクをしたら濃くなりがち可愛いく見えるメイク方法

メガネを掛ける時にメイクをするとなぜか、頑張っている感が出すぎてはしまいませんか?コンタクト...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

カラーレンズメガネは夜にかけてもいい?夜も使えるメガネ

夜に運転をすると、対向車のライトが眩しく感じるときがありますよね。そんなときはカラーレンズメガネが必...

スポンサーリンク

30代だからこそ女子らしさを忘れずに!似合うメガネを見つける方法

10代や20代とは違う、大人の女性のファッションやメイクを楽しんでいる30代の女性も多いと思います。

ファッションやメイク、バッグや小物に気を使っているあなたは、勿論メガネにも気を使っているのでしょう。とりあえず、快適な視界が得られればどうでもいいと、メガネのことはおざなりになっている人も、中にはいるかも知れません。

今やメガネもファッションの一部です。顔に直接かけるアクセサリーの様なものなのです。あなたを美しく見せるも、可愛らしく見せるも、そのメガネにかかっています。

ですから、メガネも本気で選びましょう。30代のメガネ女子であれば、女子らしさを忘れずに、オシャレにメガネを身につけたいものです。

スタイリッシュに成りすぎるモノトーンのコーディネートでも、小物やメガネ一つで、大人っぽくお洒落にキマることもあります。またラフなスタイルであったとしても、メガネをそこに加えてあげるだけで、スタイリッシュで引き締まった雰囲気にしてくれます。

キメすぎたときには外しアイテムとして、カジュアルすぎる時は引き締めアイテムとして、メガネは抜群な効果を発揮してくれます。メガネは今やお洒落には欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。

ところで、あなたのメガネの色はどんな色ですか。ビジネスシーンでも使用しているのであれば、地味な色のフレームを選んでいる人もいるかも知れませんが、しっかりとしたメイクをする人であれば、優しい薄い色のフレームの方が良いでしょう。普段メイクは眉や口のみ、ナチュラル系と言うのであれば、黒や茶などのはっきりとした色で顔を引き立てましょう。

どんなメガネが似合うのかを知っていてほしい30代女子

自分にどんなメガネが似合うのかが分からない女子も多いと思います。メガネ自体が似合わない、コンタクトレンズで日々を過ごしているという人も多いかもしれません。

実はメガネをかけるだけで、顔の欠点をカバーしてより美人にみえるということもあります。30代女子は若い頃と比べ、肌の色や髪の艶などに変化があるという人も多いと思います。

だからこそ、今、どんなメガネが自分に似合うのかを知るべきです。まずは、メガネをかけた自分の顔に慣れることから始めましょう。メガネは似合わないという意識を排除しましょう。

メガネを選ぶ際には、サイズ感はとても重要です。より小顔に見せようと、少し大きめのフレームを選ぼうとする人がいますが、自分の顔のサイズに対し大きい物をかけてしまうと、前から見た時にレンズのこめかみ部分の空間が空いてしまうため、寄り目に見えてしまいます。
瞳は必ずレンズの幅の中心来るような、メガネを選びましょう。

ビジネスシーンで使用する場合は、カチっとした雰囲気を出したいところですが、女性であれば、同時にやわらかさも必要です。

肌に馴染む優しいクリアカラーやピンク系のフレームを選ぶと、優しい印象になり、更に肌映りもよくなります。周りから話しかけられやすい雰囲気になるでしょう。

メタル系のフレームには、硬い印象がある人もいるかも知れませんが、丸みのあるフレームを選択すれば、印象を和けることもできます。髪の毛を結んで顔周りを明るく見せましょう。

30代女子はメガネを選ぶときにココをチェックしましょう

30代女子であれば、メガネ女子と言われるよりも、メガネ美人と言われたいという人も多くいると思います。メガネをかけることで、知的でありながら、お洒落で品のある雰囲気が出せたら、最高だとは思いませんか。

すっぴん隠しに、伊達メガネをかける人もいます。今やメガネはおしゃれアイテムだけでなく、顔周りを隠すカモフラージュアイテムにもなりつつあるのです。

また、メガネをかけるだけで、よりあなたを美しく、綺麗に見せることもできます。最強のアイテムと言えるでしょう。

もし、小さな目に悩んでいたり、より大きく目を見せたいのであれば、レンズが小さくなるフレームを選ぶことをオススメします。相対的に目が大きく見えるだけでなく、フレームが目の周りに来ることで、顔に対しての目の面積をより広げてくれます。

おむすびを逆さまにしたような形のボストン型のフレームは、レトロでな印象を与えるお洒落なメガネとして親しまれています。比較的幅が狭くて、縦の長さもあるので、目を大きく見せるには最適のメガネと言えるでしょう。

レンズとレンズの間のブリッジの形も、実はとても重要です。鼻が大きいことを気にしている人は、ブリッジがまっすぐな物を選びましょう。逆に鼻が低い人は、アーチ状のブリッジの物を選ぶことで、鼻を高く大きく見せる効果が得られます。

ブリッジのサイズも重要です。あなたの目は離れ目ですか、どちらかと言えば寄り目ですか。目の間隔が広い人は、このブリッジが広い物を選ぶとバランスが取れます。寄り目気味の人は、狭い物を選ぶと逆に広がって見えるでしょう。

30代のメガネ女子がこだわるべきなのはディティール

メガネを選ぶ際には、それなりにこだわってメガネを選ぶべきです。30代のメガネ女子がこだわるべきなのはディティールです。

メガネに近寄って見ると細部まで凝っていて細かい、そんなメガネであれば、周囲にオシャレにこだわっている印象を与えることができます。美人に見え、ビジネスシーンでも違和感なくかけられる物を選びましょう。もし、数本用意できるのであれば、プライベート用や、ファッションに合わせてかけかえることができるようにすると、更にオシャレ感が増します。

メガネはファッションアイテムでありながら、視力を矯正してより快適な視界を得るための医療機器でもあります。見え方が悪い場合は、目が疲れ、眼精疲労や体調不良に繋がることもあります。かけ心地が悪ければ、鼻や耳が痛くなり、ストレスを感じることもあるでしょう。

いくらオシャレであったとしても、それでは、メガネをかける事に対して不快になってしまいます。機能性が充分にあってこその、オシャレなメガネなのです。ディティールにもしっかりこだわって選ぶことで、あなたに似合う、快適なメガネに巡り会えるはずです。

30代メガネ女子におすすめなメイク方法

若く可愛くみせたいという気持ちは分かります。しかし、あなたの20代の頃のメイクを振り返って見て下さい。できるだけ目を大きく、口元も可愛らしく、メイクで常に可愛らしさを出すことに、全力を注いでいたはずです。

今はどうでしょう。あなたは30代です。同じメイクをしても、似合うとは限りません。30代の今のあなたに似合うメガネを選んだのであれば、30代の今のあなたに似合うメイクやファッションをするべきです。上品で、それでいてナチュラルな大人のメイクであれば、ビジネスでもプライベートでも、より素敵な大人の女性を演出できるるはずです。メガネ女子とはもう言わせません。メガネ美人になるべきです。

バサバサするほどの濃すぎるアイメイク、甘めのはっきりしすぎた色のチーク、尖りすぎた細い眉など、やりすぎなメイクはもう似合いません。ましてや、その盛りすぎたメイクにメガネが加わることで、顔のインパクトは強烈なものになってしまいます。若ければそれでも良いかも知れませんが、30代を過ぎたら卒業するべきです。
メイク一つひとつを丁寧に仕上げて、自然で上品な雰囲気にするのが賢明です。

メガネをかけると、目の周りの印象がそれだけ強くなってしまいます。ですから、それに合うようにリップにも気を使いましょう。可愛らしい大人の女性を演出したいのであれば、ダスティピンクがオススメです。ピンクの中でも、大人っぽい雰囲気あるこの色であるため、温かみの中に優しさも感じられ、色っぽい口元にすることができます。

細かい事ところまで気を使ってメガネを選ぶ、そしてメガネに合った、今の自分にあったメイクにすることで、可愛いメガネ女子から、素敵なメガネ美人へと変化させることができるのです。若い子に差をつけて、あなたの魅力を存分にアピールしてしまいましょう。