メガネの印象は色でこんなにも違いが?似合う色の確認方法

メガネの印象が大きく変わるフレームの色はついつい無難なものを選んでしまいがちです。

しかし、あなたに似合う色のメガネフレームを選べば肌を今より明るく見せることができますよ。暗い色や同じようなフレームではなく新しいフレームの色や素材に挑戦してみませんか。

あなたに似合うメガネフレームカラーを見つけるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのレンズはキズがつくもの?キズを予防する方法とは

メガネのレンズにキズがついてしまう理由には意外にもこんなことが含まれています。乱暴に扱っているわけで...

メガネが似合わない人はいない?似合う人の特徴を真似しよう

メガネが似合わないからいつもコンタクトをしているけれど、最近目の疲れがひどい・・という人は似合うメガ...

メガネのコーデを地味に見せない方法レディースコーデのポイント

レディースのメガネコーデはどうしてもいつも同じようなものになってしまいますよね。きちんと見せたいけれ...

メガネケースを手作りしてみよう!簡単な作り方をご紹介します

メガネケースはメガネを購入したお店のものを使っている人も多いでしょうが、友達が持っているかわいい手作...

メガネはコーティングが剥がれたときが寿命?メガネの扱い方

メガネのコーティングが剥がれたときには、交換や買い換えしか方法はないのでしょうか?メガネのコ...

メガネの耳あてが臭いときには交換しかない?対処方法とは

メガネの耳あてがなんだか臭い、水洗いしても匂いが落ちないときにはどうしたらいいのでしょうか?...

メガネストラップの付け方や選び方のコツで可愛くオシャレに

メガネストラップを付けてみたいけど、付け方がわからないというあなた。メガネストラップは付け方や使...

メガネのボストン型に似合う髪型はコレ!バランスがポイント

メガネのボストン型にはどんな髪型が似合うのでしょうか?ボストン型が似合う、面長さん、三角顔さん、四角...

メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お...

プールでメガネをかけられないときはどうする?ゴーグルの選び方

普段、メガネをしている人がプールに行くときに困ってしまうのが目の悪さですよね。プールによってはメガネ...

メガネの横幅が狭いほうがいいタイプとは?メガネの選び方

メガネの横幅が狭いと、こめかみが痛くなってしまったり顔が大きく見えてしまうのでは?と思ってしまいます...

メガネの曇り止めに使える裏ワザ!マスクをしても曇らない方法

メガネをかけている人は、寒いところから温かいところに入った時やマスクをしている時に、メガネが曇ること...

サングラスが似合わない人の特徴と似合う人の特徴を説明

おしゃれの象徴でもあるサングラス、挑戦したいけれど日本人には似合わない特徴が当てはまりすぎるのを知っ...

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

【男のメガネの選び方】丸顔男性のメガネの選び方と似合う形

メガネを購入したいけど、自分にはどんなメガネが似合うのかわからずに困っている男性もいますよね。メガネ...

スポンサーリンク

メガネの印象は色によって変わります自分に似合う色を見つける方法

メガネを買おうと思った時に、一番に見るのがフレームの形なのではないでしょうか。
輪郭のタイプによって似合うフレームの形も異なりますので、メガネ選びの重要なポイントとなります。
しかし、フレームの形が自分に合っていても、フレームの色の選択を間違えると、顔の印象を大きく変えてしまいます。
そのようにメガネの印象は色によって変わります。
自分に似合う色を見つける方法について、こういったものがありますので、いくつかご紹介します。

  • 自分の持つイメージで選ぶ
    色によって人間が感じる印象は異なります。
    ですので、自分自身が真面目でその通りに見られたいのであれば、黒やシルバーが良いでしょう。
    赤は女性らしさも持ちますが、やや攻撃的に見られることもありますし、ピンクは可愛らしい印象、黄色は明るい人、青はかっちりした人など、自分が持つイメージと、他人に持たせたいイメージによってメガネを選ぶのも良いでしょう。
  • 髪色、肌色によって選ぶ
    メガネのフレームの色を選ぶときには、自分の髪の色や肌の色によって選ぶこともおすすめの方法のひとつです。
    髪が黒かったり、茶髪であったり、また、肌の色も色白な人やオークル系の人など、その人の髪や肌色のタイプに合わせたメガネを選びましょう。
  • 使っているアイシャドウの色によって選ぶ
    もし自分が使っているアイシャドウが青系でしたら、選ぶメガネも青や水色などの青系統にすると、相性が良いです。
    他の色の場合も同様です。
    パープル系なら紫のメガネ、ピンク系なら赤やピンクのメガネを選ぶようにしましょう。

メガネフレームカラーは肌の色が選ぶヒントに

メガネは顔にかけて使うものですので、選ぶメガネフレームカラーは肌の色が選ぶヒントになります。

自分の持つイメージに合わせたメガネを選ぶことも重要ですが、選んだメガネによって血色がよく見えたり悪く見えたりするのであれば、出来るだけ顔色がよく見えるメガネを選びたいですよね。

顔の印象をよく見せたいのであれば、顔色がよく見えるメガネにしましょう。

  • 色白の人
    肌に透明感がある色白の人は、ピンクや赤などの暖色系で、色も淡いタイプが合います。
    フレームの色の効果で肌に赤味が差した血色の良い肌に見えます。
    青や水色などの寒色系は肌の白さを引き立ててくれますが、一方で顔色が悪く見えてしまうこともありますので、注意が必要です。
  • 普通肌の人
    平均的な日本人の肌の色はオークルと呼ばれる薄いベージュ色の肌をしています。
    そういった肌色をしている人は、血色のよく見える赤のフレームもおすすめですが、べっ甲柄の茶色いフレームも肌なじみが良くおすすめです。
  • 色黒の人
    肌が健康的な色をしている色黒の人は、シルバーやベージュなどの薄い色のフレームがおすすめです。
    また、黒や青などの濃い色のフレームとの相性も良いので、フレームの太いセルフレームに挑戦しても良いでしょう。

定番の黒縁メガネの印象とは

定番の黒縁メガネの印象とはどのようなものなのでしょうか。

黒縁メガネをかけている人を見た時に多くの人は「真面目そう」、「かっちりしてそう」などと思うのではないでしょうか。
真面目で仕事が出来そうなどと良いイメージを持つ反面、「暗そう」、「近寄りがたい」などのネガティブなイメージも持っています。

ですので、色んな服装や色との相性の良い黒縁メガネは、服装を暗くしてしまうと、その暗さを倍増させてしまうので注意が必要です。
とはいえ、使い勝手の良さから、仕事とプライベートでのメガネの使い分けをしない人が選択するメガネの色のひとつと言えます。
黒は大抵の人に合う色ですが、メガネに負けない着こなしをするようにしましょう。

なりたい印象に近づけてくれるメガネフレームの色

自分が他人からこう見られたいというイメージが固まっている人ならフレームカラー選びも楽になるかも知れませんが、なかなかそこまでしっかり固まっている人は少ないでしょう。
しかし、おぼろげながらでも、「人からどう思われたいか」というのが形作られたのなら、なりたい印象に近づけてくれるメガネフレームの色を選ぶようにしましょう。

  • 真面目に見せたい
    真面目に見せたいのであれば、やはりおすすめの色は黒です。
    ただし黒はとっつきにくいイメージもありますので、シルバーのフレームや、べっ甲柄の茶色いフレームにしても良いでしょう。
  • 一味違う感じを出したい
    かっちりしたイメージを持ちつつも、人とはちょっと違った雰囲気を出したいのであれば、青や紺、緑などのフレームを選ぶと良いでしょう。
    この時フレームが太すぎるとビジネスシーンにはあまり合いませんので、太すぎないフレームのものを選ぶようにしましょう。
  • 女性らしさを出したい
    メガネで真面目そうな雰囲気も出しつつも、女性らしさも出したいという人は、赤やピンクなどのフレームを選ぶと良いでしょう。
    同じ赤やピンクでも、クリアカラーを混ぜたものや、グラデーションを取り入れたものにすると、服とのコーディネートもしやすくなります。

メガネの印象をアップさせるにはバランスが大切

いくら高価で質の高いメガネをかけていても、本人に似合わないのであれば意味はありません。
メガネの印象をアップさせるにはバランスが大切です。

お店でメガネを試着をする時は、顔や髪型と合うかどうかなどを見るかと思います。
しかし、それだけでは十分にバランスを見ているとは言えません。
きちんとバランスを見るには、全身も見る必要があります。
多くのメガネ店では顔用の小さい鏡だけではなく、全身が映せる姿見も置かれています。
ですので、その姿見で自分の全身とメガネのバランスも見るようにしましょう。
もしかしたら、そのメガネが自分の普段着る服とは合わないこともあるかも知れません。
そういった事もきちんと加味してメガネ選びをすれば、自分に合った良いメガネを見つける事が出来ます。